naobow さん プロフィール

  •  
naobowさん: 膵炎、糖尿、そして日々想う事
ハンドル名naobow さん
ブログタイトル膵炎、糖尿、そして日々想う事
ブログURLhttps://www.tfmwish.com/
サイト紹介文急性膵炎から慢性膵炎に、さらに糖尿病になった体験談やその後の経過、血糖値の測定記録などについて。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2017/08/16 12:47

naobow さんのブログ記事

  • 2018.08自己管理記録/「暁現象」か「ソモジー効果」か
  • 先月からの傾向、空腹時血糖値が高めで食後2時間との差が小さくなっている事は相変わらず。(ただ、同じ食後2時間でも、昼食後は高めになってきているが・・)空腹時というのは、朝食前の血糖値を測定していることがほとんどだった。8月は測定点は少ないけれど、昼食直前・夕食直前の血糖値も測ってみた。測定点が少ないので何とも言えないのだが、それなりの数値まで下がっているように思う。ということは、朝食直前の血糖値は、 [続きを読む]
  • 患者自身の抗体、発症の一因 自己免疫性膵炎で京大グループ解明
  • 患者自身の抗体、発症の一因 自己免疫性膵炎で京大グループ解明患者本人の抗体が、膵臓の細胞周辺にある特定のタンパク質を攻撃していることを突き止めた。新しい診断法や治療法の開発につながる成果として、米科学誌に9日、掲載される。患者から抽出した抗体を投与したマウスで、ヒトと同様の膵炎が発症することを確認。抗体が、膵臓内の細胞の周辺組織で接着剤的な役割を持つタンパク質「ラミニン511」を攻撃すること突き止 [続きを読む]
  • 2018.07自己管理記録/眼底検査後で始めてサングラスを使用
  • 前回と同じ事ばかりになってしまうが、ここ数か月と同じように空腹時血糖値が高めに出ている。140超えがポツポツとある。その分といって良いものではないのだが、食後2時間の血糖値が低い傾向にあり、空腹時と食後2時間の差が小さくなってきている。常に高い状態という事だったりするのだろうか。ただ、食後のピークはやはり180超え200近くまで行っていて、この辺は変わらないと思う。以前、HbA1cと血糖値の関係について、別の記事 [続きを読む]
  • 昔やったダイエットと、今行っている膵炎・糖尿病対策が似てきた
  • 0-0.ダイエット回顧録急性膵炎になるもっと前の話。学校を卒業して社会人になってから、10年ほどかけて徐々に体重が増加し、85kg超えしたことがある。仕事のストレスやなんかで、いつの間にか暴飲暴食を繰り返すようになっていた。ポテチやアーモンドチョコレートをツマミに、それなりの量のアルコールを摂取していた。牛丼屋とか蕎麦屋では大盛りにすることが多く、ラーメン屋ではダブル炭水化物は当たり前。結果体重は85kg以上に [続きを読む]
  • 2018年前半の病状経過まとめ
  • 2018前半は、昨年11月のリパクレオン服用開始によって起こったと思われる事に対する投稿内容が多かったように思う。リパクレオン絡みも含めて、多くの投稿で以下の項目について触れている。・消化酵素 ・体重・便の状態 ・脂質関連 ・HbA1c ・食後ピークの血糖値 ・低血糖リパクレオン服用と関係ないものもあるが、これらについて振り返るとともに今の状況について見ていきたいと思う。 消化酵素リパーゼとトリプシンは変わってい [続きを読む]
  • 2018.06自己管理記録/「かかと落とし」
  • ここ数か月と同じように、空腹時血糖値が高めに出ている。体重も上昇傾向にある。炭水化物を減らした効果は出ているのかいないのか。半年前くらいに、「体重減った、体重減った」と、そんな投稿を多くした。今度は、体重増えた・・と。炭水化物の件は、もう少し継続様子見が必要だろうと思う。炭水化物を減らしたと言えば、食後血糖値のピーク値対応も兼ねていた。測定点は少なく、効果が出ている感じがしないのは前回投稿でも書 [続きを読む]
  • 2018.06自己管理記録/「かかと落とし」
  • ここ数か月と同じように、空腹時血糖値が高めに出ている。体重も上昇傾向にある。炭水化物を減らした効果は出ているのかいないのか。半年前くらいに、「体重減った、体重減った」と、そんな投稿を多くした。今度は、体重増えた・・と。炭水化物の件は、もう少し継続様子見が必要だろうと思う。炭水化物を減らしたと言えば、食後血糖値のピーク値対応も兼ねていた。測定点は少なく、効果が出ている感じがしないのは前回投稿でも書 [続きを読む]
  • ブログを始めて1年/保管庫作成とテーマ「Cocoon」への変更
  • このブログ、去年の6月下旬から始めたのだが、これで1年が経ったことになる。記事数も50記事になった。1年で50記事。更新ペースは遅い。そこで、と言っては何だけれど、保管庫のようなものを作り、ブログのテーマも「cocoon」に変更した。 保管庫のようなものこの1年の記録を一纏めにしたようなページを作った。これから先も記事が更新されれば、こちらに追加していくことになると思う。リンクは、右サイドの下の方に置いてある。 [続きを読む]
  • 2018.05自己管理記録/HbA1c下がった
  • 前回の投稿で、炭水化物量を減らす、といった内容の事を書いた。始めたのは5月下旬からで、現状では何か変わったことは起きていないと思う。食後血糖値のピーク値は、センサーは余ってしょうがない時もあれば、足りなくなってしまったらどうしよう、というのがあって、測定点はどうしても少なくなる。さて、5月の自己管理記録を見ると、今度は体重が若干増えてきている感じがする。便の状態が改善しているので、あちらを立てればこ [続きを読む]
  • 炭水化物の量を見直すことにした/ご飯盛り付け画像あり
  • HbA1cが上昇してきたこと、そして、今まで何度か書いてきたと思うが、食後1時間のピーク血糖値が高い時がある、という事があって炭水化物量を見直すことにした。リパクレオンを止めるという選択肢はないと思っている。脂肪タンパク質が消化されていない状況は、他への影響が大きいし、便の状態が元に戻ってしまうのは避けたいところ。超即効型インスリン量を増やすことも考えた。でも本末転倒のような気もする。経済的な面もある。 [続きを読む]
  • 【追記あり】耳たぶの裏のおでき、粉瘤(ふんりゅう)?を取ってきた
  • 1年以上前からになるだろうか。耳たぶの裏にコブ?のようなものが出来ていることに気付いた。大きさは1cm以上になろうか。痛くはないのだが、お風呂に入って洗う時、結構気になったのでいろいろ調べてみた。粉瘤は、なんらかの原因で皮膚の下に嚢胞(のうほう)と呼ばれる袋状の構造物が作られることでできます。袋はもともと皮膚であるため、ターンオーバー(新陳代謝)によって古い角質や皮脂がアカとなって排出されます。通常で [続きを読む]
  • 2018.04自己管理記録/HbA1c上昇中/クロちゃんを見習え
  • 4月の自己管理記録は上にある通り。空腹時血糖値に、ポツリポツリと130超えが見られる様になっている。リパクレオンの影響が出てきたのかどうなのか。4/9に低血糖の記入がある。これは外出中に起こった低血糖。今まで、低血糖になるときは自宅での場合が多かった。外出時の低血糖は数える程しかなかった。測定器を持っていかなかったので、数値がどの程度になっていたのかは不明。糖尿病IDカードも持って行かなかった。症状は明ら [続きを読む]
  • これまでのHbA1cの推移/2018.04測定値追加
  • 今回は、2017.07に投稿したものに、それ以降のHbA1c測定値を追加して、加筆修正した。―――――――――?HbA1cについて、測定開始以降の推移をプロットしてみた。治療内容などに大きな変更があったのは以下の通り。2013.08下旬ランタス開始2013.10上旬アピドラに変更2014.07下旬ヒューマログに変更2017.11中旬リパクレオン服用開始ランタス時代は治療が始まったばかりで、値が大きいので載せていない。因みにその時のデータは [続きを読む]
  • 糖尿病IDカードとMedical ID−低血糖を周りに知らせる方法は?
  • 外出先などで低血糖になった時、そのことを周りに知らせるにはどうすれば良いだろうか。まだ余力があって、自分で対処できるようであれば問題は無いのだが、昏睡状態まで行ってしまうと自分ではどうしようもない。何のSOSも発しなければ、恐らく救急車は呼んで頂けるだろうが、ブドウ糖を飲ませて頂けるまでには至らないのではないかと思う。救急車が来るまで、持てばいいのだけれど。こうした緊急時、IDカード・アクセサリ・スマ [続きを読む]
  • 膵炎で2回・糖尿で1回の体重減少を経験
  • 過去3回に亘って大きな体重減少を経験してきた。その内訳は以下のような感じになっている。減りっぱなしのものもあれば元に戻ったものもあるので、それらについてまとめてみた。1回目:慢性膵炎によると思われるもの(1)2回目:糖尿病によると思われるもの3回目:慢性膵炎によると思われるもの(2)1回目:慢性膵炎によると思われるもの(1)減少時期は急性膵炎での入退院から3-4年経過後急性膵炎の入退院から数か月後に「脂肪 [続きを読む]
  • 2018.03自己管理記録/診察時の医師とのお話について
  • 3月も2月と同様に血糖値、体重共に安定している感じ。測定点は少ないが、食後1時間後の血糖値も確認している。食べる速さをゆっくりすること、食後の座りっぱなしを改善することで安定してきたかと思う。低血糖も起こっていない。この辺は継続するしかない。定期受診HbA1cは、6.3。前回と変わらず。自己管理記録を見る限り、下がっていても良さそうなものだが変わっていない。もう暫くのウォッチが必要か。医師との話は大体一緒 [続きを読む]
  • 慢性膵炎になってからのコレステロール・中性脂肪の推移
  • 前回の投稿でコレステロール値が気になる旨書いた。今回は、過去の血液検査値を拾ってみた。・糖尿病での通院開始が、2013.08。 ・リパクレオン投与開始が、2017.11中旬。 ・慢性膵炎による消化不良と思われる体重減が、2017.07辺りから。・善玉コレステロール(HDL)は、下限付近でほぼ横ばい。 ・LDLは下限ギリギリどころか、大きく割り込んでいるものがある。 ・2015.10くらいから、値がばらつき始めている。 ・LH比は、今回の [続きを読む]
  • 2018.02自己管理記録/採血の結果
  • これが2月の自己管理記録。リパクレオン服用後、体重は元に戻ってきていたが、今月は横ばい状態で安定している。BMI的にみると、若干多いかなぁ、といった感じ。定期通院血糖値コントロールHbA1cは、6.3と上がってしまった。前回投稿分で、空腹時の血糖値がやや高めになっている、といったようなことを書いているのだが、これの影響が出ているのかもしれない。HbA1cは、ここ1-2か月間の血糖値の状態を表している。あってもおかしく [続きを読む]
  • 2018年1月の自己管理記録/定期通院
  • 年が明けてからの1月の自己管理記録がこれ。空腹時の血糖値がやや高めになっている。毎年だいたい1月は高めに出る。寒いからなのか、お正月・新年会の季節からなのか。それとも、リパクレオンを服用し始めた影響がまだ残っているのか。リパクレオン服用後、食後1時間の上がり方が大きくなっていたが、2017年後半の病状経過まとめ で書いたような、食べる速さと食後の運動を行う事によって、元に戻ってきており、安定してきたかと [続きを読む]
  • 持続血糖測定器(CGM)使ってみたい
  • 14日間連続で測定できる持続血糖測定器、保険適用で注目腕に貼り付けたセンサーが体のグルコース(ブドウ糖)濃度を断続的に測定し、血糖値変動を推測する糖尿病患者向け持続血糖測定器が昨年9月、保険適用された。いったん装着すると、痛みはほとんどないという。間質液(細胞周辺の体液)からグルコース濃度を測って15分ごとに記録し、最大14日間の連続測定が可能。保険償還価格の設定から、採算割れを懸念して採用を踏み [続きを読む]
  • 2017年後半の病状経過まとめ
  • 2017年12月の自己管理記録11月の自己管理記録 の時に低血糖が頻繁に起こるようになった、といったような内容を投稿した。食事や運動の見直しで、経過を見守る事としていた。やった事と言えば、ゆっくり食べるよう心がけること、食直後はなるべく、椅子には座らずに立ったりその辺をウロウロしたりすることを心掛けた。結果、80台まで下がることはあったが、低血糖の症状が出るようなことはなくなってきている。食後1時間後の上が [続きを読む]
  • 血糖値測定器が変更になった/測定器比較
  • 何らかの病院側の都合によるものだと思うが、測定器が変更になった。今までは、ACCU CHECK Compact Plus を使っていた。これからは、ACCU CHECK Aviva Nano  になる。はじめて自分で購入したものから数えて、これで4種類目となった。 →2-7.糖尿病退院後の定期通院・自己管理使い始めは、慣れるまで勝手が違ってしまう。どちらも一長一短があり、どちらが使い易いかは、なかなか言えないものがある。使いながら慣れていくしかな [続きを読む]