オクラ さん プロフィール

  •  
オクラさん: しゅふなせいかつ
ハンドル名オクラ さん
ブログタイトルしゅふなせいかつ
ブログURLhttp://inakasyuhu.hatenablog.com/
サイト紹介文都会を離れて四十年。田舎に暮らす60代主婦の思うこと、食べもののこと、読んだ本のこと、など。
自由文田舎暮しブームの来るずっと前、東京から山の麓に移り住みました。憧れていたのか、どうか今はさだかではありません。梅干し作りも、沢庵漬けるのも、畑つくりも今や日常。でも、好きな本を開くと我にかえります。いわゆる田舎暮しに埋没できない町育ちの老女かな?遅ればせの老支度も実行しながら書くことができたら嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 106日(平均5.5回/週) - 参加 2017/08/16 14:42

オクラ さんのブログ記事

  • 干しリンゴと干し芋 自然の甘味が美味しい
  • 遠くの山も雪に煙って、小寒い日。おとといまでの晴天に、白菜だの、大根だの、サツマイモをせっせと干していたのですが、夫も負けじとリンゴを薄切りにして干し始めていました。このリンゴは、安いものを箱で買ったのですが、食感がもうぽそぽそで、スポンジ一歩手前のような感じ。もったいないから我慢して食べようと思いましたが、ジャムにしたり、お菓子に入れたりしても、まだあります。ある朝、「やっぱりサクッとした新鮮な [続きを読む]
  • 白菜のクリーム煮 干し白菜、カニの身を使って/なめこの佃煮
  • 木枯らしの一日。青空なので、相変わらずお日様の下、白菜を干しています。今日のメニュー。これもごひいきの、「ばーさんがじーさんに作る食卓」で覚えたお料理。いえ、白菜のクリーム煮というのは知っていましたが、干し白菜、鶏ガラスープ、カニのむき身という組み合わせが、作る意欲をそそりました。ちょうど白菜は干してあるし、昨日鍋物をした時に少し残しておいたカニの脚があります。わざわざ鶏ガラでスープはとって [続きを読む]
  • 干し芋を作って見ました  巨大サツマイモと寒風の日
  • 青空ですが、朝から強い風、はじめは雨混じりでびっくりしましたが、十一月の気候は不思議。先日、巨大サツマイモをいただきました。気候不順で、一本の苗に1個の芋 しかならなかったけど、こんな大きいのだそうです。お味は保証できない、とのことなので、この寒風と晴天を利用して干し芋を作ることにしました。大きいので、蒸し器に入る大きさにカットします。包丁がスッと入ります。これはあまり芳しくない。ホクホクの芋 [続きを読む]
  • 「倍賞千恵子の現場」倍賞千恵子著 PHP新書 を読んで
  • 表紙には、「男はつらいよ」のさくら役でお馴染み、エプロン姿の倍賞千恵子。そう、これは寅さんシリーズを愛する人たちの本です。撮影の裏側、渥美清という俳優の素顔、エピソードなど、これまでTVの特集番組などでも語られた内容も多いのですが、淡々と、役柄そのままの普通の語り口で倍賞千恵子は話してくれます。有名な「寅さんのアリア」、台本と実際に渥美清が言ったセリフとが 比較されていて、台本そのものも寅さん [続きを読む]
  • えびニラ餃子 うちの餃子はこんな風です。
  • 焼きたてを食べると、餃子はたいていおいしいですけど、それぞれのお家の味が微妙に違うのが面白いです。餃子は娘の料理の十八番。月に2回は作ってくれます。うちで長年作っているのは 、栗原はるみさんのレシピのえびニラ餃子を元に、いろいろアレンジしたもの。ずうっと昔の雑誌に載っていて、そのページを拡大コピーして透明フアイルに入れ、普段は冷蔵庫のドアに、お料理する時は調理する目の前にマグネットで留めてすぐ見 [続きを読む]
  • 発酵がいらない フライパンで焼く 惣菜パン
  • 以前お昼どきにかかるお客さんの時、何か軽くて、変わったものをお出ししたいと思い、ひらめいたのがこれ。一度作ってみたいと、頭の隅にレシピは入っていました。イーストのパンより、もっちり、やさしい味わいに、おかずっぽい具が絶妙です。「粉ものごはんの本」(つむぎや)から、巻き巻きパン2種を作ってみました。ツナをのせたり、ハムを巻き込んだり、お休みの日の朝でも、気軽にできる楽しいパンです。ちょっと [続きを読む]
  • かぼちゃケーキ シンプル版 しょうがの香りでホッとする
  • 実はこのレシピ、大昔の乙女の雑誌に載っていたもので、書き写し、何十年も持っていたのですが、うっかり、フアイルごと捨ててしまいました。何回も作っているので、思い出しながら、久しぶりに焼いたら、見事失敗。かぼちゃの分量を間違えていました。でも、とにかくかぼちゃのマッシュはたくさんあるので、再度挑戦!材料 かぼちゃマッシュ250グラム(カップ1くらい) 小麦粉200グラム [続きを読む]
  • 柿と大根のサラダ かぼちゃのサラダ 秋においしいサラダ2種
  • すっかり日が短くなって、うかうかしているとすぐに日没です。お客さんがあって、話し込んでいるうちに、もう宵の闇が迫っていました。薪ストーブを使っていると、明るいうちに薪の用意をしなければなりません。その日の夜の分と翌朝焚く薪を、いつもは夫がせっせと薪小屋から運んで来ます。今日は娘に声をかけて、薪の用意を頼みました。手慣れたもので、ジャンパーを引っかけて外に出ると、一輪車を操ってたくさんの薪を運んで、 [続きを読む]
  • こねないフオッカッチャの作り方 オリーブオイルの香りがいい
  • 週末ごとに台風の雨。雨の日はイーストの発酵がうまくいくので、簡単なこねないフオッカッチャを作りました。粉もの大好きの私は、その名も「粉ものごはんの本」(つむぎや)というのを数年前に買って、面白い食事パンを作っています。思いたってすぐ作り始め、一時間で食卓に出せるところが、このフオッカッチャのいいところ。こねないパンというのが、今流行っていますが、台の上でこねない生地は、粉など材料を混ぜたボールの中で [続きを読む]
  • やさしい味の大根のお漬物とキムチ餃子のスープ
  • 今うちでは、白菜漬け、きゅうりのみそ漬けを交互に食べ、時にはキムチやザーサイも買います。また、時々目先の変わった漬物も、食卓を楽しくするので、季節の野菜で、何かしら作っています。やさしい味の大根のお漬物今年も沢庵を漬けると思うけれど、それまでのつなぎというか、大根が安い時に作ってすぐ(一晩で)食べられるお漬物。べったら漬けのようなやさしい甘さ、デパ地下で買う京都のお漬物のような風情です。昔、生協 [続きを読む]
  • 続 収穫の秋 ハヤトウリ/ ポポー
  • ようやく晴れた一日。朝の気温はこの秋一番の冷え込みで、9度くらいでした。晴れたらあれをしよう、これを片付けようと頭の隅で考えてましたが、午前中は寒くてなかなか動き出せません。ただ収穫物はどんどん迫ってくるので、夫の手伝い。まずは、ハヤトウリです。ハヤトウリは隼人瓜と書くように南国、暑いところが原産なのですが、標高700メートルくらいのこちらでも実がなるようです。この季節になると、農家の直売所でよ [続きを読む]
  • いつか作る料理のレシピ は 生活のモチベーションを上げる
  • 料理のレシピのスクラップフアイルを整理していて、いつも捨てられない紙切れや、メモがあります。パン屋さんの昼食メニューもう十年近く前、関西に行った時、娘が雑誌で見つけて訪ねた、食事もできるパン屋さんのメニューの紙です。茶色く焼けていますが、初めからザラッと藁半紙のようなカジュアルな感じで、メニューの楽しさが、いっそう引き立ってます。夫と私は仕事があって行けなかったのですが、実際に店内で昼食をとっ [続きを読む]
  • 秋雨の贈り物 なめこ クリタケが出ていました きのこ栽培の実り
  • わが家の食料宝庫、畑にもしていない薮のようなところですが、このところの低い気温と湿度がちょうど良かったのか、クリタケとなめこがたくさん出ていました。何年か前に植菌したものですが、毎年忘れた頃に見事なキノコの姿を見せます。この薮、春は、フキノトウから始まり、みつば、山椒の芽、実を収穫し、梅の木もあり、椎茸の原木も置いています。早速なめこ汁にしました。こんな時は、自家製味噌の出番です。三つ葉も採っ [続きを読む]
  • 焼りんご / カレーパン / あんドーナツ
  • 今日も朝から雨模様、とても寒いというわけではありませんが、何だか寒々しい秋の雨です。紅玉を買ってあったので、朝食の後にすぐ食べられるようにオーブンに入れ、焼りんごを作りました。焼りんご丸々一個で作るより、半分の方が時間が短いかなと思いましたが、210℃で25分位かかりました。たて半分に切った紅玉の芯をくりぬき、バター1?角、砂糖小さじ1、シナモンをふり、オーブンに入れます。一個ずつ、アルミホ [続きを読む]
  • 郵便局の窓口にオッパイが!あってもいいのですか?
  • 郵政民営化になってから、郵便局の中がカラフルになったなあと思っていました。文房具を販売したり、民間らしいサービスも増えて、私は利用したことはありませんが、便利に使っている方もいるでしょう。しかし、これって、あってもいいのですか?久しぶりに、ちょっと大きい郵便局に行ったら、窓口にピンクの座布団状というか、ぬいぐるみ状というか、盛り上がったオッパイの模型(?)があったのです。思わず二度見。気持ち悪 [続きを読む]
  • 病気を得たことがターニングポイントになる
  • おととい半年ぶりに東京に出ました。主な目的は病院での検診ですが、せっかく東京に行くので、デパートを見たり、夕方からは友人と会って食事を楽しんだりと早朝家を出て、深夜の帰宅まで遊び過ぎました。昨日は仕事とも言えないような仕事ですが、予定があったので頑張ってこなし、いよいよ疲れが出てぼんやりしています。十数年前に大病をして、手術を受けその後検診を、毎月から、三カ月に一度、ようやく半年に一度となり、今 [続きを読む]
  • 杜仲茶を一年分作る/古新聞を燃料にする準備
  • 世間は三連休。うちは相変わらずの一日でした。杜仲の木を植えて、もう何年も経つのですが、お茶にして飲み始めたのは、この三年くらいでしょうか。去年作って、冷凍保存しながら、飲み続けていたのが、ちょうど切れる頃で、そろそろ今年も作るかということになりました。朝から枝を切り落として、広い場所まで持って行った夫から、「手伝って」と声がかかり、軍手をはめて出て行くと、広げたブルーシートに木の葉の山。1メート [続きを読む]