CHIMAN さん プロフィール

  •  
CHIMANさん: ほっこりマレーシア滞在記
ハンドル名CHIMAN さん
ブログタイトルほっこりマレーシア滞在記
ブログURLhttp://fanblogs.jp/chiman2017/
サイト紹介文マレーシアの片田舎に滞在中。 色々なマレーシアの楽しいところをお伝え中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 99日(平均4.9回/週) - 参加 2017/08/16 14:43

CHIMAN さんのブログ記事

  • イポー出身 ハリウッド女優。ミシェル・ヨーさん
  • イポーの出身者でマレーシアでも、ハリウッドでも大成功を収めているミシェル・ヨーさん。最近はアメリカのドラマスタートレック ディスカバリーで主演します。Embed from Getty ImagesここでMichelle Yeoh (ミシェル・ヨー)さんのご紹介。イポーの鉱山で生まれました。ミシェルさんのご両親は弁護士と政治家らしいです。そして英語とマレー語(ご両親は英語とマレー語で話すため英語とマレー語を最初に覚えたとか。)、中国語、 [続きを読む]
  • クアラルンプール マスジッド ジャメ駅で乗換える。
  • マスジッド ジャメLRT駅は、マレーシアのクアラルンプールにある駅でLRTアンパンライン及びスリプタリンラインとLRTクラナジャヤラインの2つの線の乗換駅になります。駅はクアラルンプール中心部のマスジッド・ジャメにちなんで名付けられているらしいです。この駅のエントランスがどこに出てくるかが少々分かりにくい案内看板だと思ったので説明してみます。まず地図を見てください。バーガーキングが隣にある駅と道(Jalan Tun P [続きを読む]
  • 歴史的スポット ムルデカスクエア。
  • おそらく、マレーシアで一番有名な歴史的スポットの1つは、独立広場でしょう。ムルデカスクエア(Merdeka Square)を訪れると、高さ100メートルの柱が見えます。そして、世界で最も高い旗柱であると知られています。1957年8月31日の深夜12時に、英国旗が下げられ、マレーシア旗があげられました。そこでは多くの人々が見守っているなか国家が生まれたのです。もともと英国人のクリケット場になっていたムルデカスクエア広場にある [続きを読む]
  • 最高速度 時速140?の鉄道ETS
  • マレーシア国営鉄道会社KTMがマレーシアとタイ国境近くにあるPadang Besar(パダン ブサール)駅とクアラルンプールから南に約170?にあるGemas(グマス)駅間を運行している鉄道ETS。ちなみにこのパダンブサール駅からグマスまで焼く7時間40分かかるとか。列車は丸紅社が設計し、韓国のヒュンダイと三菱電機が共同で建設したものであるようです。 ETSの最大操作速度は140km / hであるが、最大160km / hになるように設計されてい [続きを読む]
  • 食の都?!イポー
  • イポーに滞在の間、毎回悩むことといえば「何食べよう?」これにつきます。チキンライス、飲茶、麺…。片っ端から食べてみたいー!胃袋のサイズに限界がなければ…。と思いながら、今回も渾身の選定をするわけです。そして、あと1週間滞在できればなー…と思うわけです。ピラック州にお住いの日本人の方々が少し羨ましく思ってしまいます。イポー駅からスルタン・イドリス・シャー通り(Jl Sultan Idoris Shar)を東に1Km ぐらい向 [続きを読む]
  • イポーの街の時を刻み続けるバーチメモリアルクロックタワー
  • 1909年に建てられた英国初代駐在官J.W.W.バーチの追悼碑。ビクトリア調の彫刻が施された時計台で、ペラ州立モスク前にあります。ジェームズ・ウィーラー・ウッドフォード・バーチ氏は1826年に生まれ、1974年にマレーシアのペラクで初めてのイギリス人居住者となります。バーチ氏のペラクでの仕事は税金を徴収し、ペラックを管理することでした。当時、マレーシア人の間では、バーチ氏のマレーシア人に対する威圧的な態度や、彼らの [続きを読む]
  • イポー ペラ・トン洞窟寺。
  • イポーの周辺には30カ所以上の洞窟の寺院があり、ペラ・トン寺は中でも有名で人気の洞窟お寺の1つです。 平日の朝に訪れたのですが観光客は少なめでした。話を聞くと、週末には結構混雑しているという事でした。こちらのお寺の歴史をちょっと調べてみました。1926年に中国の膠リン省から来たチョン・セン・イーと妻チョン・チャンヨックは、ペラ・トンを発見しました。ペラ州政府の承認を得て、彼らは洞窟寺院を開拓し始めました。 [続きを読む]
  • イポーの街のコンキュバイン通り⁈って…
  • イポーはおいしい料理やホワイトコーヒーの発祥の地で知られています。しかし、コンキュバインラインという名前のエリアがあることを知っていますか?直訳すると(愛人通り??)奇妙な名前と思うかもしれません。コンキュバインラインは、1908年に設立されたと考えられているイポーの細長い不均等な道です。テラス建造物で囲まれた道です。1908年に設立され、裕福な中国の大物と英国の役人たちが愛人を住まわせていた住宅地だったよ [続きを読む]
  • イポーの街でオールドタウンアート(壁画アート)を探せ
  • イポーの町興しのためにマレーシアのコーヒーメーカーOld Town White Coffee 社がペナン、クアラルンプール、ジョホールバルで壁画アートで有名なリトアニア人のアーティストErnest Zacharevic(アーネスト ザカレビック氏)と協力して、「OLDTOWNのアート」を作り上げました。 Old Town White Coffee 社はマレーシアでも有数のコーヒーメーカーで、このコラボレーションに関連して、アーネスト氏は独自の芸術的な創造性を活かし [続きを読む]
  • マレーシア 重厚感のあるイポーステーション
  • イポー駅は主要鉄道ターミナルとして機能し、KTMインターシティサービス、ETSサービス、貨物列車の取り扱いしています。プラットフォームは2あります。そもそもこのイポー駅、電気化したのは2000年からの大規模工事によるものらしいです。最も劇的な変化は、列車乗車場の高さに合わせた新しいプラットフォームのようです。プラットホームのオリジナルの木製のベンチだけはそのままにしてあるのだとか…。斬新さの中にひときわ目立 [続きを読む]
  • イポー。 チキンライスともやしセットのコスパの高さ!
  • イポーの人気ナンバーワン、チキンライスをさっそく食べてみました。訪れたお店は、Restauran Lou Wong Tauge Ayam Kuetiauとっても有名店です。しかし、このお店以外にもこのお店の前の通りJalan Yau Tet Shin 通りやその周りはたくさんのチキンライス屋さんがひしめき合っておりました。どこも混んではいたものの平日に伺ったので直ぐにテーブルに着くことができました。お店に入ると注文をさっそく聞かれたのですが、メニューも [続きを読む]
  • マレーシア イポー
  • イポー。マレーシアの首都クアラルンプールから北へ高速道路で約200?、ペラ州内に人口約75万人の街であります。今、マレーシアのリタイアメントの方々にも移住エリアとして注目の場所らしい。調べてみると、降水量はクアラルンプールに比べてやや多いものの年間通じての気温はは平均28℃でなかなか過ごしやすそうです。人口の割合も少し興味深く、中国人が 約44%マレー人 約38%インド人 約14%その他 と中国人の人口がダン [続きを読む]
  • マラッカ ババ・ニョニャ ヘリテージ ミュージアム
  • ババは男性、ニョニャは女性の事のようで、ババニョニャとは昔、華僑のの男性がマレーシアに移り住みマレーシアの女性と結婚して生まれた子孫の事。このババニョニャの子孫、チャン家の家をムージアムにとして観覧できるようになってます。当時のお金持ちのきらびやかな暮らしぶりがうかがえます。美しい家具や衣服なども飾られています。マラッカに来たらここは必須の観光地の一つでしょう。一押しです。残念ながら中の様子は撮影 [続きを読む]
  • マラッカ・ジョンカーストリート。
  • ジョンカーストリートを囲む両側にはショップやレストラン、ホテルなどが軒を連ねております。週末は骨董市場なども開催したりと活気があるストリートです。延長は500m程しかないようなのですが、通り抜けるまで寄り道の誘惑が沢山なので、気がつくと1時間以上は経ってるかも・・・雑貨屋、洋服屋さん、お菓子屋さん、喫茶店 etc…そして公園にはこんなモニュメントが・・・。楽しい雰囲気であります。ここはマレーシア??な感 [続きを読む]
  • マラッカでショッピング。
  • とにかくジョンカー通りにはショップが多いです。アートショップ、雑貨や、お菓子屋さん、アクセサリー、洋服屋さん・・・種類も豊富。かわいい物がたくさんあって目移りしちゃいます旅行に来ていた海外の女子達もとっても興奮して買い物を楽しんでいました。アクセサリー屋さん、石鹸屋さんに行ってみました。Jeo's Design さんのアクセサリーはとっても素敵で目移りしちゃいますお店の雰囲気も落ち着いていてゆっくり手作りのア [続きを読む]
  • マラッカの街が一望できる!マラッカタワー。
  • ムルデカ広場の丘から見下ろすと展望タワーのようなアトラクションのような物が見えます。2008年にオープンされた、ムナラタミンサリ(マラッカタワー)です。高さ110mのタワーから展望したいマラッカの街を展望するのだぁ!足早とマラッカタワーへ向かい、チケット売り場の長蛇の列に並びます。マレーシアの人たちにも人気です。円形のキャビン内には縁にそってベンチが設置されて、座って展望できるようになっています。キャビン [続きを読む]
  • マラッカ、ショップハウスを訪れてみた・・・。
  • マラッカのチャイナタウン周辺にはアンティークや雑貨などを扱うお店がいくつもあります。そのショップハウス、MALAQA HOUSEを訪れてみました。お店の中に入るとアンティーク家具や雑貨が陳列されていて、その周りにはお茶を飲んでいる人がいたりと自由で気ままな時間が流れております。これまた長ーい建物を奥へ奥へはいっていくと熱帯植物をふんだんに飾った中庭や池を日光が降り注いでおります。かわいらしい雑貨や骨董品に囲 [続きを読む]
  • ニョニャ料理体験してきました。
  • マラッカの伝統料理、ニョニャ料理。ニョニャ料理とはお母さんの味のようです。ジョンカーストリートの隣トゥンタンチェンロック通りにあるKocik Kitchenでニョニャ料理を体験。ニョニャ料理を存分に堪能したくコース料理に・・・食べ切れる勇気が全く足りないので体験・完食をテーマとして、単品でオーダーしました。ニョニャラクサやホッケンミー、オタオタ、ンゴヒアンロールを注文してみました。ニョニャラクサはエビの出汁と [続きを読む]
  • マラッカ、とっても雰囲気のあるホテルでした。
  • 今回お世話になりました、マラッカでのホテルを紹介しますね。マラッカの伝統的なディタッチドハウスの建築物をそのまま改装してホテルとして使用されてます。Courtyard @ Heeren Boutique HotelJONKER WALKのすぐ隣にあるTun Tan Cheng Lock通りにあるので立地条件は凄く良いです。ジョンカーストリートのナイトマーケット、パブで飲みすぎても余裕で帰れます。入口の戸枠が太い材木で頑丈に造られていてこの地方の雰囲気が出てお [続きを読む]
  • マラッカ オランダ広場に行ってきました。
  • マラッカに来たので早速オランダ村へ行ってみました。週末なのもあり、沢山の人が観光を楽しんでいました。オランダ村の横を流れるマラッカ川も朱色の建造物とともに雰囲気を出しておりました。スタダスの後ろの小高い丘に登ると、ムルデカ広場などが一望で来て、気持ちが良いです。ムルデカ広場前からド派手で大音量で音楽を流しながら自転車人力車、Rickshaw(リックショウ)が迎えます。ピカチュー、ドラえもん、キティーちゃん [続きを読む]
  • そごうクアラルンプール店を訪れました。
  • クアラルンプールのアンパンライン(Ampang Line)のバンダラヤ(Bandaraya)駅から通路をいくとそごうにつながります。1Fは広々とコスメティック中心の売り場。沢山の香水のブランドがそろっておりました。婦人服売り場へ行ってみました。ムスリムのご婦人達用の肌の露出を抑えた洋服がずらり・・・そうですここはマレーシア。日本のきらきらして、多種の婦人用品とは違い、控えめで落ち着いた洋服が多いのです。ヒジャブも多種多様 [続きを読む]
  • マレーシアでマクドに行ってみました。
  • 海外旅行で旅行先国の物価を推測するためのの指標一つとしてマクドナルドの値段を良くチェックしてしまします。そしてそこの国のご当地メニューなどもチェックできると楽しいですよね。おいしくて安い料理が沢山あるのにもかかわらず、マクドナルドへいざ。でもマクドナルドは大好きです。お昼時だったのでサラリーマンの人であふれておりました。メニューを見てみると・・・全体的にチキンのメニューが主体になってます。ムスリム [続きを読む]
  • 解毒作用に効く南国の果物でデトックス!
  • スーパーで甘い香りに誘われて購入してしまいました。パパイヤは解毒作用に効く果物として有名です。しかもパパイヤ含まれるイソチオシアネートという酵素が、デトックスに効くようなので早速トライしてみます!朝食に置き換えて食べてみよう!まだ熟れていないパパイヤでありましたので待つこと1週間。だんだん皮の色が緑色から黄色に変色それから甘い香りが漂うようになったので・・・食べごろのサイン。早速「パッカーン」しま [続きを読む]