勝木 淳 さん プロフィール

  •  
勝木 淳さん: 来るわ来るわ何が来る
ハンドル名勝木 淳 さん
ブログタイトル来るわ来るわ何が来る
ブログURLhttps://ameblo.jp/jam1246/
サイト紹介文優駿エッセイ賞2016において「築地と競馬と」でグランプリ受賞。競馬から感じたことを書く
自由文競馬は人と馬が作るドラマであり、スポーツであり、ギャンブルだ。多角的な側面を同時に持っている文化は他にない。馬券が好きだ。この複雑難解な問に対し、自分なりの解を導き、その正誤が出る。だから私は馬券が外れた時はこう言おう。

「買ったあたしが悪かった」

また馬と人が表現する何かを感じ取りたい。それを文章で表現する事で人間を描き出したい。そう思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 119日(平均4.3回/週) - 参加 2017/08/16 16:46

勝木 淳 さんのブログ記事

  • またプロレスに戻ってきました
  • 思えばどうしてプロレスを観なくなったかよく分からない。いつの間にか離れていた。それが今月から急にプロレスに接近することになった。ちょっと戸惑っている。私が観ていた頃のプロレスとは当然ながら今のプロレスは違うわけです。 ワールドプロレスリングは録画してちょくちょく観ていたので新日本プロレスはある程度把握しているのですが、サムライTVを観ながら毎日驚いています。 ですが、プロレスは変わりません。私は実 [続きを読む]
  • いつの間にかそこにいる、ミツバ
  • 2歳重賞から翌春クラシックシーズンまでの路線図が複雑になっている。首都圏の鉄道網のように入り組んだ地図は比較検討の難易度を上げた。 春クラシック緒戦が牡牝ともに予想しがいあるものになったのはいいが、複雑化は分散化と同義であり、頭数が揃わない重賞が増えてしまった。買わないレースを興味深くとらえ続けるのは気力が必要だ。 2歳戦整備に似ているのがダート路線だ。指定交流が盛んになって久しいダート競馬は一堂 [続きを読む]
  • ジャパンカップに輝きを
  • ジャパンカップほど難解なレースはなかった。日本の一流馬と世界の馬たち。やってみなければ分からない比較のしようがなかった。日本の馬場に合う馬はいるのか。本気度はどの程度なのか。そして、どのぐらい強いのか。 こんな想像をしなくなって久しい。今や外国馬を除いた日本馬同士の東京2400M適性だけを予想すればよくなっている。何故、ジャパンカップが盛り上がらないのか。時期なのか、馬場なのか、検疫なのか。抜本的 [続きを読む]
  • 包囲網を突破せよ。テイエムオペラオーに並ぶなら
  • キタサンブラックの生涯獲得賞金とGⅠ勝利数が注目されることでテイエムオペラオーの名前がスポーツ新聞などで目にする。競馬は記憶と記録と歴史のスポーツだ。こうしてテイエムオペラオーが蘇えると気持ちが2000年代初めに飛んでいける。 私が競馬を始めたころ、大学を卒業して間もなくターフを賑わせていたのがテイエムオペラオーだった。私と同年代の和田竜二騎手が乗っていると知り、若いのに凄い騎手だと感じた。当時の [続きを読む]
  • モンゴルからやって来た力士たち
  • 私は常日頃、モンゴル人力士たちに感謝をしている。あの若貴ブーム以降の人気が落ちた相撲界を支えてきたのはモンゴル人力士たちだったからだ。2003年の貴乃花引退後、今年1月に横綱に昇進した稀勢の里まで日本人横綱は現れなかった。14年間の日本人横綱不在を埋めたのは朝青龍、白鵬、日馬富士、鶴竜のモンゴル人横綱だった。 だからこそ、昨今の報道は辛い気持ちになる。暴行を肯定する気にはならない。だが、稀勢の里が [続きを読む]
  • マルターズアポジーを捕まえろ
  • 群雄割拠のマイル路線は統一に最も近い馬が安田記念を勝ったサトノアラジンだろう。天皇賞秋は馬場が合わずにノーカウント。良馬場ならば安田記念の上がり33秒5、毎日王冠2着が32秒6とディープインパクトらしい切れ味を発揮する。 もう1頭がレッドファルクスだろう。史上3頭目のスプリンターズステークス連覇という偉業を達成し、春は安田記念で3着に入っている。スプリンターという枠を超える可能性を感じる。パフォー [続きを読む]
  • 日本相撲協会はまたもドン底へ落ちていいのか
  • なんとも言えない思いを抱えている。大相撲は1年納めの九州場所はまたも不祥事に話題をさらわれている。90日間満員御礼とやっと大相撲に人の目が集まっている手応えがあっただけに「またかよ」という思いが拭えない。人気が低下した時期も変わらず愛好家として土俵を見つめてきただけに連日の報道は辛いものがある。 日本相撲協会はまた同じ過ちを繰り返すのか。何故、こんなに後手な対応でマスコミに好き勝手させているのか。 [続きを読む]
  • 和田竜二は外を回らない
  • さぞ悔しかろう。ゴール後に勝ったモズカッチャンのミルコ・デムーロ騎手に笑いかけた2着クロコスミアに乗っていた和田竜二騎手を思う。モズカッチャンは和田騎手がオークス2着に導いた馬だ。秋のローズステークスで乗り替わりになり、和田騎手はそのレースをラビットランで勝った。 迎えたエリザベス女王杯は1000M通過62秒0の完全なスローペースになった。和田騎手は2番手の絶好位をとった。後続は直線で伸びても物理 [続きを読む]
  • 身の程を知りながら
  • 大河ドラマ「おんな城主直虎」がクライマックスに向けてかなり面白くなってきた。物語が井伊直政の出世物語に移り、戦国ドラマらしくなってきた事が一因だろう。 それでもこの物語は女性ながら井伊家の家督を継承した直虎の物語だ。井伊谷の主になった近藤を巧みに利用して自らの理想を実現していく姿は現代の処世術を表現している。 自分の身の程を知ることで出来る事が必ずある。道はどこへでも開けている。ガンガン仕事をこな [続きを読む]
  • まだまだ、これからです
  • 金曜の夜にのんびりと競馬予想をする時間は新鮮だ。今月に入ってから真逆な生活に慣らす日々が続く。今も夜中の4時にはっと目を覚ますことがある。9年間に染み付いた体内時計を変えるまではまだ時間が掛かる。 本を作るという仕事に携ってその面白さを日々感じている。残業早出は当たり前と言う世界だが、それでも余る興味と興奮を覚える。このままこの世界で生きていきたいと心底思える。 40歳でそんな世界に出会えて幸せだ [続きを読む]
  • 全国に誇れる大井外回りコース
  • JBCは3競走とも見応えたっぷりのダートの祭典に相応しい競馬だった。 大井通いとしてはララベルの勝利と荒山調教師の涙に熱くなり、横山典弘騎手の神業とも言える進路取りに唸らされ、最後はクラシックの馬体を並べての迫力ある叩き合いに酔った。 見ている側がゴールまでどの馬が勝つか分からない競馬は高揚感と共に美しいとさえ思う。 もちろん、各陣営が馬を仕上げ、ジョッキーが持てる戦略を余すことなく発揮するからこそ [続きを読む]
  • 大井は変わらず変わり続ける
  • 私が大井競馬場へ通いだした頃、緑色の2号、3号スタンドが馬場とパドックの間に建っていた。2号スタンドの下にはモツ煮と今川焼きが売られていた。 寒い冬の昼間開催だった。夕暮れが美しく、モツ煮が風に晒された体を温めてくれた。やっている事は同じでも中央競馬のスタンドでは感じない匂いを嗅いだ気がして、それから大井競馬場へ通うようになった。 何度足を運んだか憶えていない。2号スタンドが壊されてどんな建物が建 [続きを読む]
  • 懐かしきストロングスタイル
  • キタサンブラックのラストシーズン、秋の古馬中距離戦線の主題はこれである。 懐かしきストロングスタイル。かつて新日本プロレスが標榜したストロングスタイルとは何なのか。アントニオ猪木や藤波辰彌、長州力が表現したプロレス、試合を支配する力こそがストロングスタイルの原点だと考えている。相手の良さを引き出してあげる愛あるジャイアント馬場のプロレスとは違う。知らぬ間に空間を支配するような魔力に近い。時に殺気と [続きを読む]
  • 平和でいいじゃないか
  • 昼下がり、総武線のホームにあるベンチに座って行き交う列車を眺める。成田エキスプレスが猛スピードで東京方面を走り去り、江戸川の向こうから千葉方面へ向かう総武線がやって来る。降車客がホームへ散り、乗車客が車内へ消える。 こんな平和な時間を過ごしてはいけないのかとふと思った。もう平和なんて寝ぼけた事を言ってはいけないのだろか。そんな考え事をしてしまった。世界は広く、この総武線のホームのような平和とはかけ [続きを読む]
  • 山川の日本史
  • 台風21号が去ればやっと秋の空が戻ってくると信じていたが、同じような位置に台風22号が発生し、またも週末は荒天予報に週間予報がひっくり返ってしまった。台風は前の台風が残した水蒸気の道を辿るような性質があるようで何とも憎らしい。週末の台風、競馬に関わる人馬が気の毒でならない。近所の保育園も運動会が延期に継ぐ延期で悲鳴を上げている。自然相手とは言え、10月の意地悪はもう止めて欲しい。 今日は京急でのん [続きを読む]
  • 血が騒ぐ、菊花賞
  • シーズン末期に日本にやってくる台風21号と秋雨前線の悪さによって菊花賞は史上最悪の極悪馬場になる公算が高い。 先週に行われた秋華賞も道悪だったが、終わってみると穴馬は出現せず、オークス上位着順の馬が1〜3着を占めた。菊花賞も終わってみれば春の上位馬で決まる可能性はある。やはりクラシックロードを一直線に歩んできた馬たちが身につけた底力は侮れない。ただし、秋華賞が2000Mという慣れた条件だったのに対 [続きを読む]
  • 速ければいいのか
  • 東名高速の事故以来、テレビで乱暴な運転をする車が多いと取り上げられている。1日に50キロ近く車を運転していたドライバーの端くれである私は今更何をという気がしなくはない。ずっと昔から夜の国道357号線はトラックやダンプのサーキットと化している。 私は軽自動車乗りなので、あおられたり、追い抜かされたりする側だが、そんなに急いでどこ行くのと思うことは多い。前の職場の仲間の中には高速を何キロで走ったかとか [続きを読む]
  • 切なさ掠める菊花賞
  • 秋のクラシックは切なくて険しい。 私はクラシックの中で好きなレースは皐月賞と菊花賞だ。皐月賞は春のまだまだ若い馬たちによる三冠ロードの出発地点であり、菊花賞はひと夏を超えた逞しさを増した馬たちによる三冠ロードの最終地点だからだ。 始まりがあれば終わりがある。物語の結末はハッピーであれバッドであれ切なさを帯びる。舞台も映画も小説も結末まで辿り着いた時、私の胸を掠める切なさがある。ああ、もう終わってし [続きを読む]
  • 昨日、素晴らしい競馬をみた。そんな月曜日は
  • 昨日、素晴らしい競馬をみた。 雨降りの3歳牝馬GⅠは不安になるが、雨中の障害重賞も心配になる。長距離を障害飛越しながら走らねばならないレースに道悪という要素が加わると想像以上にタフな競馬になるからだ。 絶対王者オジュウチョウサンに勝つためにタマモプラネットに乗る小坂忠士騎手が1番枠を利して大逃げに出た。ターフビジョンのスイッチイングでとんでもなく離れているタマモプラネットが映る度にスタンドがざわつ [続きを読む]
  • 鍵は横山典弘が握っている
  • 今年の3歳牝馬クラシック路線は推理難易度の高いものだった。2歳から主導権を握ったのはディープインパクトではなくフランケルとハーツクライだった。そして桜花賞を勝った伏兵レーヌミノルはトライアルで助演女優に甘んじていたダイワメジャーの娘だった。 フラワーカップを圧勝したファンディーナは遅れてきたディープインパクトの娘で皐月賞挑戦で1番人気に押されたが7着。以後は早めの夏休みとなった。 オークスはフラン [続きを読む]
  • 今週も非根幹距離馬を探す
  • 先週は勝負レースに挙げた月曜東京9R山中湖特別で馬連150倍強が的中した。一応は有益な情報を発信できた事でほっとした思いだ。 このレースは東京1800Mの牝馬限定戦。非根幹距離レースだった。本命にしたナムラムラサキは父トーセンホマレボシで戦績から明らかに1800Mで力を発揮しており、非根幹距離馬の予感があった。戦略家津村明秀騎手らしく内枠からロスなく先行して2着にギリギリ粘ってくれた。勝ったのは大 [続きを読む]
  • 絶望を笑え
  • 人は知らぬうちに日々の流れを作って生きている。 私は自分がルーティンの中で生きている事を思い知らされている。 先月までは夜9時に寝て2時半に起きて決まった時間に車に乗って決まった時間に店に出て5時30分のセリに合わせて仕事をし、だいたい同じような内容の仕事をこなして同じような時間に市場を出る。 この流れが染み付いていて未だに落ちない。起きる意味がない時間に目を覚ましてしまう。それだけでなく、妙なミス [続きを読む]
  • 明日は裏東京
  • 毎日王冠は非根幹距離馬のためのレースだと言う見立ては正しかったわけだが、終わってみればリアルスティールという非根幹距離GⅠ馬が快勝だった。見立ては正しかったわけだ。 恨み言はさておき、競馬は明日も開催される。日曜日は5万人超えだった東京競馬場だが、明日は裏開催で盛岡の南部杯も重なり、騎手も番組も手薄になっている。馬券勝負はやりがいがありそうだ。 メインはグリーンチャンネルカップ。ヘビー加入者として [続きを読む]
  • 非根幹距離GⅡ、毎日王冠
  • 4回東京が開幕した。秋の始まりは同時に今年の終わりを意識する。ここから年末までは時の流れが早い。築地にいれば来月には年末をそれぞれ意識し始める。暮れこそ築地市場のクライマックス。今年もみんなは築地で暮れを迎える。あの新しい市場は何のためにあるのか。すでに部外者ではあるが、憤りを感じずにはいられない。 4回東京の開幕カードと言えば毎日王冠だ。中2週で天皇賞秋と言うのは少しばかり厳しい条件のようで毎日 [続きを読む]