ななつ さん プロフィール

  •  
ななつさん: LIFE BLOG シンプルに暮らす。52歳で家を買う。
ハンドル名ななつ さん
ブログタイトルLIFE BLOG シンプルに暮らす。52歳で家を買う。
ブログURLhttp://nanulife.work/
サイト紹介文52歳からでも家を買うことができる。シンプルに無駄無く暮らして夢を叶える。
自由文フリーランスの音楽家が52歳で家を買う。どうやってローンが組めたのか?また、日頃のシンプルライフを紹介しながら、何かのお役に立てれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 102日(平均7.6回/週) - 参加 2017/08/16 20:27

ななつ さんのブログ記事

  • なったら、なったでええやん。不安と悲しみは、ダークサイドに。
  • お隣さんとの柵については、境界線中心に安価な柵を作る。この点は、お互いに意見が一致している。問題は雛壇の処理。お隣さんが、雛壇をどうするかで、私達の外構費が大きく変わる。私達はすでに徹去しているので、お隣さんも徹去すると、高さが同じになるので、土留めをしなくて済む。現状のままなら、土留め工事が必要になる。これは、施工前から分かっていたが、大きな賭けになっている。今朝、ヘーベルTから連絡があった。「 [続きを読む]
  • 瓦礫と水仙。カリスマ美容師の取り越し苦労。
  • 今日は、昨日予告した水仙の植え替えと、カボスの剪定をする。足場を組む時に、痛めてしまう恐れがあるからだ。すでに、ノコギリとスコップは買っている。久しぶりのガーデニング、しかも新居のためとなると腕がなる。先ずは、カボスの剪定から?どうしてこんな切り方するのか??そんな木を公園などでよく見かける。バッサリ太い枝を切った様な。絶対そんな風にしたく無かったので、自分で切ると申し出たのだ。ヘーベルさんには失 [続きを読む]
  • 警備員さんも家作りの一員。
  • 杭打ち作業が終わってしばらくたった。次の基礎工事、躯体工事が始まるまでに、水仙を植え替える必要がある。(これについては前記事参照)今後の作業の邪魔にならないよう、安全な場所を探しに来た。一昨日の雨が影響して、地面が少しぬかるんでいる。水仙に伝えて下さい「ここやな。ここがいい。」奥さんに写メを送った。「OK!明日植え替えすること、水仙に伝えて下さい。カボスにも剪定することを伝えて下さい。」奥さんは、剪 [続きを読む]
  • 親孝行も、心を込めて節約を。布団は毎年新調する。
  • 運気を上げるために、布団と枕を毎年買い替える。と、何かの本で読んだことがあった。布団や枕に邪気が溜まると言うのだ。しかし、これを実行するには勇気がいる。何年もしなかったが、3年前から買い替えるようになった。理由は、独居する義母の認知症が進んだからだ。親孝行布団交換システムヘルパーさんからの電話「お母様のお布団、今日も干しています。そろそろ新しくした方が良いかと、、、」義母の布団を週に一度のペースで [続きを読む]
  • 山の中から木を選ぶ。シンボルツリーは何がいい?
  • シンボルツリーは、実際に見て決める。ヘーベルハウスの外構デザイン担当(ガーデンK)とは、年が明けてから見に行くことになっていた。「今からでは早すぎて、ご覧になられても、決めることが出来ません。」今選んでも、直前に枯れることもある。そのため、2カ月前からしか選べない。しかし、どうしても見たい。紅葉の時期は今しかない。山の中から木を選ぶ造園会社の敷地は広大。というか、ただの山。「この辺り全部がそうです [続きを読む]
  • ヘーベルハウスの床下収納。ここでいいの?
  • ヘーベルハウスの床下収納は、賛否がある。私が気になり出したのは、つい最近。間もなく地縄張り、という施工直前。図面を見ながら地縄をイメージしていた。「お風呂の出口に、こんなんあるで。」床下収納があるのをすっかり忘れていた。奥さんは、ここにお掃除グッズを入れたいと考えた。しかし、他の人はどういう使い方をしているのか気になり、早速、検索スクロール。取り越し苦労が始まった。「毎日、大人が踏むので軋みそう」 [続きを読む]
  • 止水栓は横向きに。ガスメーターは “さりげなく”
  • 地縄張りが済んだあとの確認事項。図面上でイメージしにくいことは、現場で確認するようになっていた。止水栓は縦?横?「止水栓の向きですが、どちらがいいですか?縦と横です。今は、道路に面して縦ですが?」人生初の止水栓の位置決め。しかし、どっちでも良さそうだ。「水道屋さんが来た時、ここを(止水栓のふた)開けてメーター見ます。どっち向きに、?しゃがんで見るか??ですわ。」現場担当の職人さん(抹茶味のお菓子が [続きを読む]
  • 大きな課題。お隣さんとの柵はどうなる?その2。
  • お隣さんとの柵は、まだ決定していない。それが、進展した。私達の希望は、境界線中心に出来るだけ安価な柵を折半して作ること。ヘーベルハウス(ヘーベルT)にはそう伝え、連絡を待っていた。希望は一致した「お隣さんとのお話が進みました。先ずは、ご報告まで。」ヘーベルTは電話で進捗状況を伝えてくれた。柵についてはまだハウスメーカーが決まっていないので、よく分からないそうだ。ただ、私達と同じく境界線中心に、安価 [続きを読む]
  • ガーデニング魂。ノコギリとスコップ(ショベル)を買いに行く。
  • 地縄張りを確認していたときのこと。工事責任者の方から、残してあるカボスの木のことについて、話しがあった。「建物からは、離れているのですが、足場を組むときに枝が当たります。それで、少し枝を切るかも知れません。」仕方がないことなので、了解した。「事前に、私が切っておきます。どの辺りまでですか?」水仙が芽吹いていた「それと、(カボスの)足元の水仙は、痛めてしまうと思います。杭打ちのあと基礎工事まで期間が [続きを読む]
  • 差し入れは、心を込めて節約を。
  • 奥さんは、新築したばかりの友達に、職人さん達の差し入れについて質問した。「小さめのペットボトルのお茶やコーヒーを持って行きました。何度か足らなくて、走って買いに行くという、ダサいことをした日もありました、、。」ペットボトルのお茶は想定内。お菓子はどう?「中途半端なチョコが喜ばれました。」職人さんは男性なので、甘いものが嫌いな人もいるかも。でも、疲れたときは別。何か甘いものが欲しくなるはず。中途半端 [続きを読む]
  • 作業現場を見学。手ぶらは、あかんやろ?
  • 作業3日目の今日は、実際に杭を打つ。先日は、基礎杭より更に深く杭を打つ為の前作業だった(そういえば、杭がどこにも見当たらなかった)。地中深く、地盤が硬いところまで穴を掘っていたのだ。巨大な重機から、いかに深く掘っていたか想像できる。手ぶらは、あかんやろ?今日も夜まで、仕事で見ることが出来ない。奥さんに、様子を見に行って欲しいと頼んだ。「いやや」思いもよらない返事「なんで?ちょっと行って、スマホで写 [続きを読む]
  • 大きな課題。お隣さんとの柵はどうなる?
  • 施工が始まり、一安心と言いたいところだが、大きな課題が残っている。それは、お隣さんとの境界についてだ。元々のお隣さんではなく、更地のままのお隣さん。大きな土地を半分にして購入したことは、プログに何度も書いている。そのお隣さんとの境界に作る柵をどうするかが、まだ決定していない。測量を済ませ境界線はあるが、私達がこの土地を購入した後に売り出したので、買い手が決まるまで保留になっていた。土地を販売してい [続きを読む]
  • 地盤が弱いところに深く杭を打つ。
  • マンションを建てるのか?と、お思えるほど巨大な重機が、敷地内にそびえ立つ。4日間の杭打ち作業は今日で2日目。温泉か石油でも採掘しているようだ。深く杭を打つ地盤調査の結果、地盤に一部弱い所がある為、通常より深く杭を打ち込む(地盤改良)ことになった。そうヘーベルハウス(ヘーベルT)から聞いたとき、費用が上がることだけが気にかかった。しかし、実際この作業を見ると ” 安過ぎないか? “ と、思った。こんな小 [続きを読む]
  • 地縄張り、そして施行。「いるよな、トイレ」
  • 地縄張り(地縄式)という言葉から、勝手に地面に縄が張られていると思っていた。「実際にお建てする家の大きさを示します。平面なので、小さいと感じると思いますが、ご心配なく。」ヘーベルハウス(ヘーベルT)からは、そう聞いていたので、?目安?程度に受け止めていた。想像では神社のしめ縄までいかなくても、わらの縄かロープで四角く囲い、多少はおごそかな感じだろうと思い込んでいた。が、全然違った。完全に測量を済ま [続きを読む]
  • 工事期間中の水道代、誰が払うん?
  • 突然、水道栓があらわれた。砂漠のオアシスのように、その水道栓はたたずんでいる。「昨日、作ったんかな?」明日から施工が始まる。更地も見納めなので、奥さんと散歩がてら見に来た。何の為かは容易に想像できる。工事期間中に使う水道だろう。この土地は、126坪ある敷地を半分にして買った。幸いにも私達が買った半分側に水道とガスは引き込んであったので、工事は必要なかった。(お隣さんは、水道とガスを新たに引き込むこと [続きを読む]
  • 机の引き出しの中は男のロマン。でも、ゴミはゴミ。
  • 運気を上げるには掃除が一番。身の周りを綺麗に掃除することが大事。奥さんは徹底して掃除をこなしている。最近は、特に拍車がかかってきた。「家が出来るまで、このマンションに感謝して掃除せなあかんねん。あなたもやってや!自分の部屋は!」何事もにも感謝の気持ちを表すには、掃除。それが奥さんの考えだ。私も同じ考えを持っているが、完璧ではない。部屋は綺麗でも、机の引き出しはそうでもない。というか、ダメだ。15年前 [続きを読む]
  • 器具ごと交換LEDのダウンライト。寿命は15年?
  • LED電球の寿命が約15年というのは、ヘーベルハウスのインテリアを決めるとき初めて知った。「キッチンの上はダウンライトにしましょう。手元灯の蛍光灯が必要ないなら、あった方がいいです。」ヘーベルハウスのインテリアコーディネーター(コーデT)が提案してくれたのが、キッチンの天井灯をLED電球のダウンライトにすることだった。「普通の電球ではだめですか?色的に電球が好きなんですけど。」奥さんは色にこだわった。「ダ [続きを読む]
  • 去年の今日は土地探し。まもなく着工。
  • 「去年の今日、何してたか覚えてる?」奥さんは毎朝、10年日記を付けている。「木津まで、土地を見に行ってた日やで。あそこのケーキ屋さんでもらったスタンプカード、日記に貼っててん。」昨年の夏、ヘーベルハウス(ヘーベルT)に出会い、希望の光が見えた。ローンは何とかなる。あとは、ローン内で収まる安い土地を探すこと。しかし、11月中に何とか見つけないと、ローンの借り入れ額が下がる。そうなると、更に安い土地を見つ [続きを読む]
  • 家の入り口ができた。「あんた、良かったな」
  • 3日間で、雛壇の一部を削り取る作業が完了した。石積みを取り除いた直後は、爆撃にあったような感じがしたが、今朝は綺麗になっていた。雑配水管やガス管の処理は最後。家の入り口ができた階段になるところも、くり抜かれている。重機が通った跡があり、土が流れないよう補強されているようだ。ようやく石の壁だった所が、家の入り口になった。ここに家が建つ。大きな土地を半分にして買ったので、自分達の土地がどれくらいあるの [続きを読む]
  • 人生初の芝刈りは、プランター芝生。
  • 芝刈りは、人生で一度も経験がない。実際に作業しているところも見たことがない。写真や映像で見たことはあっても、自分がそれをするなんて、夢にも思っていなかった。それが今、現実になろうとしている。大袈裟な前振りだが、ベランダで育てているプランター芝生のこと。メチャ小さい。人生初の芝刈りがプランターの芝生とは、これまた思いもしなかった。プランター芝生は観察が目的。種から育て、発育の早さや芝刈りの頻度を調べ [続きを読む]
  • あったものを壊して家が建つ。雛壇の石積みはどうなった?
  • ヘーベルハウス(ヘーベルT)から電話が入った。「昨日、今日で雛壇の石積み撤去作業が、概ね完了しました。明日は仮の補強をいたします。今日はもう暗くなるので、明日以降お時間がございましたら、ご覧になって下さい。」夕方の6時を過ぎていた。昨日から雛壇の石積みを一部撤去する作業が始まり、今日で大体終わったようだ。仕事で立ち会うことが出来なかったので、一体どんな感じになったか非常に気になる。雛壇の石積みはどう [続きを読む]
  • 暖房器具は使わない。我が家はモンベルの寝袋。
  • 木枯らし一番が吹いたと、気象庁から発表された。「そろそろ、寝袋出す?」我が家は暖房器具をほとんど使わない。冬は寝袋だけで過ごしている。以前住んでいた家は極寒だった。マンションに住むようになってからは、その機密性の高さに感動した。以前はストーブが3台あってもまだ寒いくらいだったが、今のマンションは小さい電気ストーブ1台でも十分。それだけ以前の家が寒かった、ということかも知れない。だが、2年も経つ頃には [続きを読む]
  • いよいよ始まる。まずは外構の一部から。記録写真を撮ります。
  • 明日から、いよいよ始まる。まずは外構の一部を解体する作業から。しかし、残念ながら仕事があるので、立ち会えない。いつもは自宅で作業することが多いのに、明日に限って外で仕事。どんな風に石積みを取り除くのか見たかったが、仕方がない。本格的な施工は1週間後。字縄張りを済ませてから。その日を楽しみにしよう。記録写真を撮る作業前に雛壇の最後の姿を写真に収めることにした。しばらくは同じ位置、同じ画角で撮影する。 [続きを読む]
  • 終の棲家と新築ブルー。
  • 終の棲家。まだ施工も始まっていないのに、そんなことを言われてもピンとこない。「終の棲家って感じ?やっぱり。マンションはちょっと違うよねー。」奥さんの友人の多くは、私も共通している。しばらくご無沙汰していた友人(ミスビオラと呼ぶ)が遊びに来たときのこと。「終の棲家って、ここで死ぬってこと?」奥さんは少し外した。「ちょっとだけ違う。死ぬまで暮らす家っ。」ミスビオラは横浜に住んでいて、最近になって、終の [続きを読む]