まつりょう さん プロフィール

  •  
まつりょうさん: まつりょうの雑記
ハンドル名まつりょう さん
ブログタイトルまつりょうの雑記
ブログURLhttps://matsup.hatenablog.com/
サイト紹介文生物採集、飼育・栽培、料理、リズムゲーム等の雑記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2017/08/17 14:46

まつりょう さんのブログ記事

  • アンチョビを作ってみたい
  • 唐突ですが、アンチョビを作りたいと思ったことありますよね?ね?(威圧)アンチョビは新鮮なカタクチイワシを塩漬けして発酵させたものをオリーブオイルでつけた「調味料」だと聞いたことがあります。クック○ッドで作り方を調べてみたのですが、どれもこれも「○ヶ月間、冷蔵庫で発酵させる」「○ヶ月、野菜室で熟成させる」だとか書いてあります。おかしい!!冷蔵庫なんかにブチ込んで、発酵なんか出来ないでしょうが! [続きを読む]
  • マムシを素手で捕獲した話 2018
  • 2017年の11月から今年の3月にかけての豪雪、4月に島根県西部地震、6月の大阪北部地震、7月の西日本や中部地方、北海道を襲った豪雨、猛暑、9月の北海道胆振東部地震、そして台風21号、24号と平成の終わりに詰め込んだ形で災害がやってきました。このブログ読者様、たまたま閲覧されている方、大丈夫でしょうか?私の住んでいるところも被害を受けて更新が途絶えていました。今回は生存報告を兼ねて。みなさんは去年、こんな頭の [続きを読む]
  • アサリ飼育310日目
  • はじめに…実家に長期間戻る予定があったので、アサリ達と一緒にしていたホタテガイを飼育するのは断念し、美味しくいただきました。数ヶ月飼育してみて、水温を保てるなら長期間飼育できそうといった感じです。ホタテガイの代わりに水温の変化に過敏にならなくても大丈夫だと思われる生物をスーパーで入手。水が濁っているように見えるけど、室内の光で写真を撮ったこうなった…はい。後ろに見えるのはスジエビですよ。手前の赤 [続きを読む]
  • 今更ながらLet's noteをSSD換装した話
  • 皆さん、Let's noteというデキる男が所有している(イメージのある) Panasonic製のノートパソコンを知っているであろうか。そして今回の主役はCF-SX2という2012年頃に生産終了したノートパソコンで、現在は中古で3万〜5万円代*1で購入できるノートパソコンです。パナソニック(Panasonic) CF-SX2JDHYS [12.1型液晶ノートパソコン HDD250GB/Core i5/4GBメモリ/Win7Pro/スーパーマルチドライブ/WEBカメラ搭載 Let's note SX2(レッツ [続きを読む]
  • ゲームでSSRを出しすぎたのか単独事故を起こした件
  • 4月頃からこのブログの更新が少なくなったのを皆さんは気付いていると思います。最近では大阪北部地震、平成30年豪雨などの影響で更新が少なくなっていましたが、今回の話はそれよりも前の話。これは本当にあったっぽい怖い話 ー…そう、あれは、ミリシタで正月ガシャに課金してから、何故か無料ガシャを引く度にSSRが出ていて、そろそろ死ぬんじゃないのかな?と思っていた時のことです引けば出るというウハウハな時期がありま [続きを読む]
  • 外来種は悪か
  • まず、外来種が善なのか悪なのかを判断する前に、そもそもの用語の解説からはじめよう。ここでの悪とは、在来生態系に影響を与えるという意味で使う。外来種…元々その地域にいなかったのに、(意図的・非意図的を問わず)人為的に持ち込まれた生物。導入された時期は問わない。国内の外来種と国外の外来種の2つがある。外来生物…一般的に外来種と同義で使われる。外来生物法で「海外から我が国に導入されることによりその本来の [続きを読む]
  • サツマイモの袋栽培
  • みなさん、サツマイモの袋栽培というのはご存知でしょうか?サツマイモをベランダに置いたプランターで育てるのはとても広さ的に難しいです。しかし、培養土が入った袋を縦に置き、袋の上部を開けてサツマイモの苗を植えることでサツマイモを栽培することができるらしい。では、やってみよう安納芋の苗を買ってきて、ベランダで安納芋を大量に作ってやります!とまぁ、初めてなので予備実験的な意味で1つだけ。サツマイモの芋の部 [続きを読む]
  • ブルーギルを食ってみる
  • タナゴを釣ろうとしたらブルーギルが釣れ、現地で締めたのちに持ち帰った話。釣れたブルーギル下処理については前々から紹介している方法で行います。ブルーギルの下処理ウロコ、内臓を取り除いた後、塩をかけて滑りを取るか、滑り(タンパク質)を熱変性させて取り除きます。熱変性は熱湯をかけるだけですが、かけすぎると身の部分にも熱が伝わり、身がボロボロになってしまします。滑りが固まればたわし等でこすり、取り除きます。 [続きを読む]
  • 人に教えたい一番簡単なブルーギルの下処理
  • ブルーギルを釣って現地で締めた後、持ち帰って料理する人向けの内容です。あらかじめご了承下さい。また、ブルーギルには寄生虫がいます。食材の十分な加熱はもちろん、使用した包丁やまな板などの調理器具類も熱処理を忘れずに。(下の写真はまな板の上にブルーギルを乗せていますが、牛乳パックを開いてまな板代わりに使う方がよいです)持ち帰ったブルーギル現地で血抜きをして持ち帰り、家でウロコを取った後を仮定して話を進め [続きを読む]
  • カサゴのその後
  • 近況報告:骨にヒビが入って痛い…少しの間、ブログを更新していませんでしたが、今日から復活です。__水槽で飼育していたカサゴの餌付けに成功しました!今では餌を近づけると、水面まで浮上してきます。(アサリも無事に飼育できています。あともう少しで7ヶ月!!)カサゴちゃん。とてもキュートですね。それとアサリ。注目していただきたいのはお腹。腹!なんといってもこの腹のパンパン具合。すごく柔らかそう。(こいつ、オスな [続きを読む]
  • 一人暮らしの生ハム作り 完成?
  • 前回、室内で燻製をした後の話になります。燻製の後、肉のブロックをキッチンペーパーで包み、冷蔵庫内で放置しました。放置してから何ヶ月経ったのだろう…(12ヶ月以上熟成させるみたいですが、小さなブロック肉なのでたぶん大丈夫でしょう)待ちきれなかったので切ってみました。ハムみたいかな?こっちの方が生ハムっほい??これは成功なのか…食ってみた感想として、上はベーコンで下は生ハムでした。頑張れば家で生ハムを作 [続きを読む]
  • 少しの間お休みします
  • 突然で申し訳ありませんが、少しの間お休みします。寄生虫とかが原因ではありません。単に怪我をしただけです。体を動かすのが辛い状態なので、完治するまでお待ち下さい。(※書き溜めていた記事は公開します)アサリやホタテガイ、最近追加したカサゴやクサフグなどの飼育も継続中です。 [続きを読む]
  • 浴槽でコイを飼う(最終回)
  • -これは、ひょんなことからコイを入手してしまった男がコイを料理するまでの記録である- 注意! コイの胆のうには5a-シプリノール硫酸エステルという毒があります。*1薬効があったとしても絶対に食べないでください。また、このブログで食べられる植物や動物を紹介しますが、実際に食べるのは知識がある人のみでお願いします。自然毒のリスクプロファイル:魚類:胆のう毒|厚生労働省食中毒の危険性を理解したうえで閲覧して [続きを読む]
  • 海水水槽の新しい仲間 (Early 2018)
  • メインブログを見られた方はある程度、察しがついていると思います。like-fish.hatenablog.comそうです。海に行ってまいりました。ということは当然、生物採集をしてきています。今回は海水水槽に追加した生き物たちを紹介します。遂に魚を追加 クサフグまずはクサフグ。小さくて可愛いですよ。やっと海水魚飼育と言えそうです。イソギンチャク(今回追加)と前からいるホタテガイも元気です。続いては…魚類2種類目はカサゴです。2 [続きを読む]
  • 本物・偽物見分け方 DRESS CAMP×Championのジャージ
  • 最近はインターネットで衣類や食料を買える時代になりました。家から一歩も出ることなく玄関先で受け取れるので、ついついオンラインショッピングにハマってしまう人がいるのではないでしょうか?実際に手にとって実物を見ていないので、古着のオンラインショッピングやヤフオク、メルカリなどのオークションサイトで購入は不安ですよね。今回は偽ブランドの見分け方を紹介しますが、基本的にブランド物で激安と謳っているサイトで [続きを読む]
  • 【重要なお知らせ】本日2018/4/01 0:00より発生している不具合について
  • 注意:Mobile Safari、Android標準ブラウザ、GoogleChrome、Firefox、Safari、Internet Exploreは最新バージョンで閲覧してください。また、一部のブラウザ(Opera等)では正しく表示されない可能性があります。全てが反転しているため、この記事では鏡が必要になります。うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ [続きを読む]
  • 【もうすぐで180日】アサリ飼育178日目
  • あともうすぐで180日目になるアサリ飼育。アサリとは別水槽で管理していた個体をついにアサリ水槽に投入しました。少し水が濁っているようにみえるけど、実際はかなり透明ですよ。餌は以前に紹介した通り、クロレラ錠剤を水に溶かして与えるようにしています。あいかわらず元気そうなアサリ達の近くに謎の物体とそれに付着する海藻。謎の物体の正体は…そうです。北海道産(天然)ホタテガイです。前に稚貝をスーパーで購入して飼育 [続きを読む]
  • これは私の仕業かもしれない
  • これは早春のある日のこと。Googleでいつも釣りに行く池を検索すると、1つの口コミが私の目に留まりました。その口コミがこちらです。(※投稿者のアイコン等にはモザイク処理をしております)この方がコクチバスしかいないと言っていますが、小型のオオクチバスのことを指しているのだと思います。なんせ、ここにはコクチバスはいませんから。…という話をするのではなく、重要なのはこの後に書かれている「雷魚は、昔、いたけど… [続きを読む]
  • 公園で食べられる野草を探して料理
  • ようやく桜の花が咲きました。まだ、夜間の気温がマイナスになることもありますが。それにしても春という季節はいいですね。世間では出会いの春と言われ、この季節に異性と巡り会うということが多いらしいですが、それは非常に勿体無い。出会いなんかどうでもいいので、野山に分け入りましょう。これは少し伸びていますが、ふきのとう。フキの花の部分です。これは野生のミツバ。親子丼を作る時はここにきて回収しようかな。。。目 [続きを読む]
  • 浴槽でコイを飼う 3日目
  •  -これは、ひょんなことからコイを入手してしまった男がコイを料理するまでの記録である- 注意! コイの胆のうには5a-シプリノール硫酸エステルという毒があります。*1薬効があったとしても絶対に食べないでください。また、このブログで食べられる植物や動物を紹介しますが、実際に食べるのは知識がある人のみでお願いします。自然毒のリスクプロファイル:魚類:胆のう毒|厚生労働省 食中毒の危険性を理解したうえで閲覧 [続きを読む]
  • 浴槽でコイを飼う 2日目
  •  -これは、ひょんなことからコイを入手してしまった男がコイを料理するまでの記録である- 注意! コイの胆のうには5a-シプリノール硫酸エステルという毒があります。*1薬効があったとしても絶対に食べないでください。また、このブログで食べられる植物や動物を紹介しますが、実際に食べるのは知識がある人のみでお願いします。自然毒のリスクプロファイル:魚類:胆のう毒|厚生労働省 食中毒の危険性を理解したうえで閲覧 [続きを読む]
  • 一人暮らし学生による生ハム作り 後編
  •  お待たせしました。生ハム作り後編になります。 今回は生ハムを作るために欠かせない、燻製の工程を行います。 私は"一人暮らし"の"学生"という身分なので、室内でバカやったとしても誰も注意する人がいません。と、なると何をするか。 お気付きの人は察しがいいですね。 そう、室内で燻製をします。 とりあえず、アウトドア用の皿に濡れた布巾と小さい皿を乗せ、周りをダンボールで囲いました。小さい皿の上にスモーク用の [続きを読む]
  • 浴槽でコイを飼う 1日目
  •  -これは、ひょんなことからコイを入手してしまった男がコイを料理するまでの記録である- みなさんはコイと聞くと「観賞用」と答える方が多いですが、観賞用だけじゃありません。立派な食材です。今回は食べるために泥抜きをしようと思います。 注意! コイの胆のうには5a-シプリノール硫酸エステルという毒があります。*1薬効があったとしても絶対に食べないでください。また、このブログで食べられる植物や動物を紹介しま [続きを読む]
  • ズワイガニの標本作り
  •  前回はズワイガニを水槽にブチ込み、生きていることを確認しました。 結局のところ、5日間生存したのは3匹中1匹でした。前回購入したズワイガニ(メス) 死んでしまった個体も、鮮度がいいので食べることにします。 もちろん、カニ鍋で。 これからの写真は鍋の後、カニ殼を洗って乾かした後の物になります。 あ、標本を作るといいましたが、生きていた時の色のまま標本を作るのではなく、茹で上がった時の赤い色で欲しかった [続きを読む]
  • 【重要なお知らせ】海外からのスパムコメントについて
  • 「まつりょうの雑記」管理人のまつりょうです。当ブログの記事中のコメント欄に海外のユーザーからスパムと思われるコメントが投稿されたため、ご報告いたします。※「お知らせ」というページがありますが、多くの人が見ていない可能性があるため、新しい記事として作成しました。問題のスパムコメント*1ですが、下の画像の様にコメント+URLリンクを貼り付けたものになっております。スパムコメントは見つけ次第削除*2して [続きを読む]