Ohnari Yuzu さん プロフィール

  •  
Ohnari Yuzuさん: 卵巣がんに負けない!ステージIVからの挑戦
ハンドル名Ohnari Yuzu さん
ブログタイトル卵巣がんに負けない!ステージIVからの挑戦
ブログURLhttps://newstartforlive.blogspot.jp/
サイト紹介文零細企業でフルタイム勤務しながらステージIVの卵巣がん〜現在、脳腫瘍の闘病中。
自由文卵巣がんステージIVの診断を受けた2016年6月。家族を始め多くの方々の支えのおかげで半年後には寛解にたどり着いたかに見えました。しかし脳腫瘍が見つかり、再び闘病の真っ最中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供303回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2017/08/18 02:16

Ohnari Yuzu さんのブログ記事

  • 少年野球のお手伝いで免疫アップ
  • がん告知から898日目。息子の少年野球のバーベキューの手伝いに行きました。普段、当番を免除してもらっているので、少しでも役に立ちたいと思いました。良く晴れて温かく、たくさん動き回って日光浴と運動がたっぷりできました。楽しく会話しながら作業して、よく笑ったのも免疫アップになったと思います。鶏肉のから揚げなどがメインだったので、私には食べられずお手伝いだけして帰宅しました。子供たちのあふれる笑顔に癒され [続きを読む]
  • こまめに水分と休憩をとりました
  • がん告知から896日目。風邪をひき始めて4日になります。長引くので免疫力の低下を痛感します。今日も引き続き、かき鍋にネギ、生姜、ニンニクをたっぷり入れて食べました。お風呂で鼻うがいをしたり、鼻づまりを緩和するツボを押したりしました。職場では紅茶や緑茶をこまめに飲んで、ビタミンC入りスギナ茶も間が空きすぎないように気をつけました。だるさはなくなったので、つい動き続けてしまいがちですが、短くても休憩をとる [続きを読む]
  • 風邪にはたんぱく質を摂るとよい
  • がん告知から895日目。まだ風邪が良くならず咳まで出てきました。夕食の汁物に、今日もニンニク、生姜、ネギをたくさん使い、ニラ、春菊、豆腐、エノキ、シイタケも加えました。家族にはキムチを足してキムチチゲにしました。キムチは好きですが、塩分が多いうえ、意外と糖分もあります。乳酸菌は加熱で死んでしまうので、チゲにするのはもったいないかもしれません。風邪のときは、血液のもとになるたんぱく質も摂ると良いそうな [続きを読む]
  • ネギ、生姜、ニンニクをたっぷりと
  • がん告知から894日目。昨日からの風邪がまだよくなりません。今日は鼻水と咳まで出てしまいました。のどの痛みが峠を越えたので、より奥に風邪との戦いが移ってしまいました。夕食には温かくて消化の良い、豆腐のカニかまあんかけを作りました。ネギ、生姜、ニンニクたっぷりで温まりました。乾燥小エビ、エノキ、ゴマも入れました。 自分のケトン食なので片栗粉抜きです。あんかけになっていませんが。温かくして養生したいと思い [続きを読む]
  • 喉が猛烈に痛く
  • がん告知から893日目。昨日の夜から喉が猛烈に痛くなり、うがい、トローチ、喉スプレーなどで改善を試みました。時間とともに痛みが増し、あまり効果が感じられませんでしたが、何もしなかったら睡眠にも支障が出るところでした。 昨日病院ではマスクをしていたのですが、空気も乾燥し、検査のため荷物をロッカーにしまったため、ビタミンC入りスギナ茶を待ち時間に継続的に飲めませんでした。風邪予防の心構えが甘かったとしか言 [続きを読む]
  • 全身CTと頭部MRIを撮りました
  • がん告知から892日目。脳転移から398日目。全身CTと頭部MRIを撮りました。全身CTの結果は今月29日の診察時に聞く予定です。頭部のMRIは当日、脳外科の診察で聞きました。1か所小脳に白い点があり、昨年10月にあった転移の名残ではないかとのことでした。脳転移から早くも1年が過ぎ、全脳照射の影響が出始めていました。脳細胞が壊死したところが白く写っていました。これからそれが必然的に増えていき、避けることはできません。一 [続きを読む]
  • たまには赤ワインの効能
  • がん告知から891日目。久し振りに赤ワインを50ccほど飲みました。抗がん剤の代謝で酷使した肝臓に負担をかけさせてはいけないと思いアルコールは避けていますが、たまに少量なら飲むこともあります。赤ワインに含まれるポリフェノールにはアントシアニン、タンニン、レスベラトロール、カテキンなどがあります。これらのポリフェノールはアルコールと一緒だと体に吸収されやすいです。ポリフェノールは抗酸化力があり、コレステロ [続きを読む]
  • 義母が来てくれました
  • がん告知から890日目。義母が来てくれました。スモークサーモンやイワシのマリネなど解凍してすぐ食べられる魚類や、クルミなどのナッツ類を差し入れてくれました。免疫アップに良いケトン食で、とても助かります。温かい心遣いに感謝します。 昼食には、家族みんなに美味しいパンやのり巻きを買ってきてくれました。私のためにしめさばの押し寿司も用意してくれて、嬉しかったです。分厚くて脂のたっぷり乗ったしめさばはとても美 [続きを読む]
  • ゆっくりスクワットで免疫アップ
  • がん告知から889日目。隙間時間でスクワットをするようにしています。1日10回といった少しの時間でも、なるべく毎日できるよう心がけています。ゆっくりした動きで筋トレをすると、白い筋肉(速筋)と赤い筋肉(遅筋)の中間の性質を持つ筋肉(桃色筋肉)が作られ、ミトコンドリアが増えるそうです。ゆっくりしたほうが膝への負担が軽く感じるので自然とそうなっていたのですが、そんな効果があるとは初めて知りました。ミトコンド [続きを読む]
  • 腫瘍マーカーの上昇が止まらず
  • がん告知から888日目。脳転移から394日目。 婦人科の診察とアバスチンの点滴を受けました。白血球数は2700/μl、リンパ球数は996/μlと少なかったです。大腸カメラで絶食した影響かもしれません。腫瘍マーカーCA125は21.7、CA19-9も26.1と上昇傾向が止まりませんでした。昨年の値を見直すと、脳転移が発覚して上昇したときと、増加率がほぼ同じです。このペースで行くと2か月後には余命宣告が出そうな勢いです。医師に昨年もずるず [続きを読む]
  • いま善玉菌を増やすチャンス
  • がん告知から887日目。昨日大腸カメラは終わったのに、お腹の調子が良くなく、昨晩から下痢でした。昨晩に引き続き、豆腐や豆乳グルト、納豆などケトン食のなかでも消化の良いものをメインに食べました。せっかく腸をきれいに空にしたので、腸内の善玉菌を増やすまたとないチャンスです。少しでも腸内環境を改善しようと魚介類は控えめに、乳酸菌錠剤ラクトーンやキャベツのすんき漬けを多めに摂りました。乳製品を避け代わりに豆 [続きを読む]
  • 大腸カメラ頑張りました
  • がん告知から886日目。いよいよ大腸カメラ当日が来ました。寝る前の下剤で朝4時半からトイレに駆け込むことになってしまいました。6時までトイレに行ったり布団に戻ったりが3回ほどあり、起きるのがしんどかったです。7時から2lの下剤を飲み始めることになっていましたが、10時までに飲み終われるか不安だったので6時からスタートしました。案の定すぐお腹がいっぱいになってしまい、ペースが落ちて10時すぎまでかかりました。冷え [続きを読む]
  • 大腸カメラの前日は水絶食
  • がん告知から885日目。いよいよ大腸カメラの前日です。医師からの指示では、食事は18時までに白米のおかゆだけを摂るようにとのことでした。普段作っている野菜ジュースは食物繊維が入ってしまうためNG、ビタミンC入りスギナ茶は例がなく検査への影響が不明なので飲まないようにとのお話でした。糖質抜きのケトン食にしているのでおかゆは食べられません。そこで水やお茶のみの絶食にチャレンジしました。野菜ジュースとビタミンC [続きを読む]
  • 大腸カメラに備えています
  • がん告知から884日目。明後日、大腸カメラを受けるので、明日の水断食に備えて普段より食事量を増やしました。夕食後には「畑のバター」と呼ばれるアボカドを丸々1個食べました。アボカド1個(可食部約130g)で243kcal、ビタミンEは1日の推奨摂取量の40%が摂れます。ナッツ類やサンマ、カキなど消化に時間がかかりそうなものは、三食に分けて一度に多くならないようにしました。今日は小雨が降り、昨日の暖かさから一変、底冷えして [続きを読む]
  • ウォーキングの姿勢で変わる!
  • がん告知から883日目。公園を娘と散歩しました。前半はスキップ、後半は早歩き、仕上げにジョギングと、約20分間という短い時間の中で変化をつけてみました。どれも娘のほうが速かったので、体力の衰えを反省しました。ウォーキングする際に、歩幅と手の振りを大きくしたりしてみましたが、気をつけていないとすぐ普段歩くのと変わらい状態に戻ってしまいます。朝散歩するときや通勤時に見かける、上手にウォーキングしている方々 [続きを読む]
  • 生命力たくましいニラのパワー
  • がん告知から881日目。ニラがたくさん手に入ったので、生でサラダに入れたり、汁物にしたりしています。ニラはホウレン草よりもβカロテンが多く含まれ、抗酸化作用や活性酸素の除去などの効果があります。ニラに含まれるアリシンは殺菌作用があります。ニンニクやネギにも含まれる、臭いの成分です。 アリシンにはビタミンB1の吸収を助ける効果があるそうで、胃液の分泌や発汗など代謝を良くし、冷え性の改善にも効くそうです。さ [続きを読む]
  • ひじきの栄養とリスク
  • がん告知から880日目。おからの炒り煮をたくさん作り、お弁当にも入れています。おからはあまり日持ちしませんが、加熱調理すれば3、4日は食べられます。ひじきやこんにゃく、自作の干しシイタケ、黒と白のゴマを擦って加え、黒酢とごま油でで味付けします。ひじきは好きですが、無機ヒ素が多いのが心配です。2016年にWHOが「余命損失」の食べ物に認定し「ひじきを食べると58分寿命が縮まる」としているので食べ過ぎないよう注意が [続きを読む]
  • 私のスーパーフードは、おから
  • がん告知から879日目。米や小麦粉、芋を食べないケトン食にしているので、夕食のカレーは、電子レンジで加熱したおからにかけて食べました。おからは100gあたり食物繊維が 11.5gとごぼうの2倍もあります。ごぼうは糖質が多くほとんど食べることがないので、おからで食物繊維が摂れるとなれば願ったり叶ったりです。おからの炭水化物はオリゴ糖が豊富で、腸内の善玉菌の餌になってくれます。 大豆の搾りかすとはいえ、ゆで大豆の40 [続きを読む]
  • ビタミンDを増やそう
  • がん告知から878日目。週末に干したマイタケを汁物に使ってみました。香ばしい香りが強まって美味しかったです。キノコに含まれるビタミンDは、紫外線に当たると約10倍になるそうです。味も日持ちも良くなるそうです。干さない手はありません。 職場の先輩から頂いた天日干し用のネットが大活躍です。3部屋に分かれているので、マイタケとシイタケを分けて同時に干すことができました。マイタケは今回初めて干しました。秋になり、 [続きを読む]
  • ぎんなんの栄養は?
  • がん告知から877日目。旬のぎんなんを食べました。カロテンやカリウム、マグネシウム、リン、鉄などが含まれ、栄養価は高いです。古くから咳や痰、夜尿症の薬として用いられてきました。ぎんなんにはメチルビリドキシンという物質が含まれ、ビタミンB6の作用を阻害するので摂りすぎてはいけないそうです。一日に10個までなら大丈夫らしいですが、念のため3粒までにしています。葉は食べたことがありませんが、葉に含まれるフラボノ [続きを読む]
  • 婦人科と消化器内科の診察を受けました
  • がん告知から874日目。お腹の調子がこのところ良くないので、婦人科と消化器内科の診察を受けました。体重は44kg台に回復したものの、お腹ばかりが出っ張っているので、脂肪か、宿便か、腹水か、他の病気か解らず不安に思っていました。腫瘍マーカーCA125が上昇傾向にあったので、再発すると起こりやすい腹水でないか超音波で調べました。腹水は無く、ひとまずほっとしました。約2年前にCEAが上昇したときに、大腸カメラの検査を受 [続きを読む]
  • 腸の働きを良くするには
  • がん告知から873日目。バーナード・ジェンセン著『汚れた腸が病気をつくる』を部分的にですが、読み返しました。それによると、腸の働きを良くするには1 規則的な生活2 朝起きたらすぐ体温と同じくらいの温水をコップに2〜3杯飲む3 水をたっぷり飲む(1日に2l)4 食物繊維の多い食品を食べる5 毎日軽い運動をする。特にウォーキング(45分以上)をすると腸の動きが活発になるとあります。自分の生活を振り返るとできてい [続きを読む]
  • お腹の調子が…
  • がん告知から872日目。朝から腹痛と下痢であまり体調がすぐれませんでした。何度もトイレに駆け込んだり、みぞおちのあたりがきりきりと痛かったので横になりたい気持ちでしたが、そのうち良くなるだろうと出勤しました。会社でもお腹が痛かったのですが、職場の先輩に「冷えているんじゃない?お腹を温めてごらんよ」とカイロを頂き、貼ってみました。「野菜ジュースも冷えるから、温かい飲み物と交互に飲んだら?」ともアドバイ [続きを読む]
  • コスモスのお花見
  • がん告知から871日目。職場の先輩とコスモスの花見をしながら公園でお弁当を食べました。日差しがとても暖かく、日光浴にもなりました。「体調はどう?」と気遣ってくれました。ありがたく、嬉しかったです。ケトン食などの食事療法について「よく続けられるね〜。私には無理だわ」と言っていました。柚子入りの豆腐を何も調味料をつけないで食べていると、「豆腐も味付けなしなんだ」と驚いていました。柚子の味がするのでそれが [続きを読む]
  • キノコ観察会に行きました
  • がん告知から870日目。公園へキノコ観察会に行きました。このところ天気が良かったせいか、前回6月に訪れた時と比べるとなかなかキノコが見つかりません。長年参加してらっしゃる方に伺うと、キノコの数や種類は例年よりかなり少なかったようです。それでも赤色が鮮やかなヒイロタケや不思議な生え方をするエゴノキタケなど、初めて見るキノコに驚かされ、楽しかったです。野生のシメジが人工栽培のシメジと形が違っていたのにも驚 [続きを読む]