谷真子ピアノレッスン・ルーム「musica」 さん プロフィール

  •  
谷真子ピアノレッスン・ルーム「musica」さん: 奈良市学園前谷真子ピアノ教室「musica」
ハンドル名谷真子ピアノレッスン・ルーム「musica」 さん
ブログタイトル奈良市学園前谷真子ピアノ教室「musica」
ブログURLhttp://masakotani190.blog.fc2.com/
サイト紹介文奈良市学園前にある谷真子ピアノ教室です。
自由文当教室では、<スタンダード・コース><音高・音大受験コース><大人コース>の3つのコースがございます。初心者から上級者まで、基本から丁寧に指導致します。

講師紹介
東京音楽大学卒業。全日本学生音楽コンクール小学部門入選、中学部門入賞。プラハにて親善コンクール第3位。東京、神戸、大阪、奈良にてコンサート多数出演。奈良市学園前にて谷真子ピアノ教室主宰。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2017/08/18 16:46

谷真子ピアノレッスン・ルーム「musica」 さんのブログ記事

  • 各種コンクールのご紹介
  • 今、子供向けのコンクールは数多くありますが、当教室でよく利用するコンクールは、三木楽器フレッシュコンサートと日本クラシック音楽コンクールと全日本学生音楽コンクールです。この3つはコンクールの目的と厳しさが異なり、生徒さんの目的に合わせて、ふさわしいコンクールをご紹介しております。三木楽器フレッシュコンサートは、趣味でピアノを習われる方にも挑戦しやすく、それほど厳しいコンクールではありません。日本ク [続きを読む]
  • 生徒さんがコンクールで優秀賞という最高の賞を頂きました。
  • 第10回三木楽器フレッシュピアノコンサートが、本日、大阪本町の開成館で開かれました。当ピアノ教室からも、加登志乃さんとおっしゃる生徒さんが参加され、見事、優秀賞という最高の賞で予選を通過されました。大変、良く弾かれるお子様で、益々の研鑽を積んで、大きく成長してくれる事を願っております。弟さんも副科ピアノですが、すいすい弾かれ、優秀な姉弟さんです。本選は11月18日、ムラマツリサイタルホール新大阪で [続きを読む]
  • 生徒さんから四国のおみやげを頂きました。
  • 四国のお父様のご実家へ帰省されていた生徒さんが、お土産を持って元気な顔を見せてくれました。幼稚園の時から、通ってきてくれている生徒さんですが、来年の発表会ではゲールの蝶々を弾きます。きれいな曲ですので、喜んで練習してくれています。高学年になって、いろんな難しい曲を弾いてくれるようになるのを、楽しみにしています。♪谷ピアノ教室公式サイトはこちらへ♪ [続きを読む]
  • 生徒さんから宮崎のおみやげを頂きました。
  • 宮崎のおばあちゃまの所へ帰省されていた生徒さんが、おみやげを持って元気な顔をみせてくれました。ピアノが習いたくて、始められた生徒さんですが、まだ1年少しなのに、来年の発表会ではショパンのワルツを弾きます。お土産は、都城の島津荘園というかるかんの御饅頭ですが、大変美味しかったです。♪谷ピアノ教室公式サイトはこちらへ♪ [続きを読む]
  • 次回の発表会のお知らせ
  • 次回の発表会の日時は、2019年9月29日(日)に決まりました。奈良の猿沢の池徒歩2分にあるギャラリーTakenoで、ランチコンサートになります。部外者の方は立ち入り禁止で、生徒さんのご家族も事前にランチを申し込まれた方に限定されます。少し日にちがあきますので、みなさん大きな曲に挑戦されます。お父様、お母様には楽しんで頂けるのではないかと思います。今、入門されましたら、初心者の方でも、参加は可能かと思います。♪ [続きを読む]
  • 体験レッスンに見えた方が入会されました。
  • 体験レッスンに見えた大人の方が、入会されました。趣味でピアノをお勉強されていますが、もう少し、レベル・アップしてお勉強したいと、当教室の門を叩いて下さいました。次の課題として、ドビュッシーの月の光とショパンのノクターンをお渡ししました。お仕事もされているので、大変だとは思いますが、マイ・ペースで続けていってほしいと思います。♪谷ピアノ教室公式サイトはこちらへ♪ [続きを読む]
  • 第28回日本クラシック音楽コンクールの要綱が届いております。
  • 2018年度第28回日本クラシック音楽コンクールの要綱が協会の方から届いております。幼児から一般の方までエントリーできます。課題曲は自由曲で予選から全国大会まで同じ曲で受ける事も可能です。予選は審査員の平均点が70点以上の方、本選は平均点が80点以上の方、全国大会入賞は平均点が86点以上の方です。3位以上に入賞された方は、入賞者演奏会に出場でき、1位の方はコンチェルトもさせて頂けます。(チケットノ [続きを読む]
  • スケール練習
  • スケールとは、音階練習のことです。24調のスケールとアルペジオとカデンツァが弾けるようになると、ピアノを弾く上での基本的なテクニックは一通り習得できます。(ハノンピアノ教本の中に含まれています)当教室では、幼稚園の生徒さんには、子どものハノンを、それが終了すると大人のハノンをお渡ししておりますが、子どものハノンがまだ難しいかなと思われるもっと小さい生徒さんには、5線ノートに手書きで1オクターブだけ [続きを読む]
  • ブラームス ラプソディー
  • 今週は、レッスンで早速新しく買い換えたオーディオでCDを聴きました。アルゲリッチのブラームスのラプソディーを聴きました。先生から曲を頂いて、最初から、CDを聴くのは、表面上の真似だけをして弾けたつもりになってしまうのでよくないですが、ある程度、読譜が出来てきたら、全体の曲のイメージを掴むために、一度楽譜を見ながらCDを聴くのもよいかと思います。ブラームスは、どの曲もたくさんの和音を掴まなければいけ [続きを読む]
  • バッハ シンフォニア第2番 c moll
  • バッハのインベンションやシンフォニアには、必ず核となる主題(テーマ)が出てきます。まず、それを探し出して、その主題が他の声部の中に埋もれてしまわないよう、主題を堂々と弾き始めましょう。声部の弾き分けの練習する時は、耳をよく使って練習すると良いでしょう。第2番は、8分の12拍子の複合拍子ですので、リズムに乗って軽やかに弾きましょう。♪谷ピアノ教室公式サイトはこちらへ♪ [続きを読む]
  • ツェルニー40番第1番
  • ツェルニー40番の練習曲集に新しく入られた生徒さんが数名いらっしゃるので、第1番について書きたいと思います。ツェルニーはピアノを弾く上での、メカニック的な習得のために欠かせない教本です。40番練習曲集の第1番は、右手部分は、1拍目は常に16分休符によるお休みです。この16分休符の間に、前の音符から、2オクターブ以上すばやく鍵盤上を手が跳躍することになります。左の全音符は、充実した音で、4拍分しっか [続きを読む]
  • 生徒さん出演のコンサートが終了致しました。
  • 今日、生徒さんが出演していた「小さな紳士・淑女のためのコンサート」が無事終了致しました。落ち着いて、練習通りに弾けたので、ホットしております。コンクールとはまた違う雰囲気で、コンサート形式でしたので、会場にはお客様も多く、聴いている私の方が緊張していたかもしれません。小さい頃にお習いしたことのあるピアノの福井亜貴子先生にも会場で偶然お会いし、お久しぶりにご挨拶して参りました。福井先生は、私がお習い [続きを読む]
  • 小さな紳士・淑女のためのコンサーin 秋篠音楽堂
  • 今日は、秋篠音楽堂にて小さな紳士・淑女のためのコンサートに小学1年生の生徒さんが出演なさるため、聴きに行きます。午前11時からリハーサルが始まり、小さい子供たちで会場はにぎやかでした。楽屋にて静かに待っていたYちゃんと一緒に。本番で上手に弾けるとおまじないと称したフォーションのチョコレートのプレゼントを手渡した後、楽屋にて記念写真撮影。良い音がしていました。ホールと自宅が近いため、一旦帰宅して、お [続きを読む]
  • 子供の日に生徒さんがコンサートに出場します。
  • 子供の日に、生徒さんがコンサートに出場します。昨日、お母様がプログラムと招待券をわざわざ届けて下さいました。リハーサルから立ち会う予定です。日時;2018,5,5 15時開演場所: 秋篠音楽堂入場料:無料出演者: 公募出演者30名(小学6年まで)お友達はバッハのメヌエットを演奏します。 皆さん、応援に行ってあげて下さい。♪谷ピアノ教室公式サイトはこちらへ♪ [続きを読む]
  • 今日のレッスン
  • 今日は、年長さんのレッスン。やさしいインベンション、バステインピアノのおけいこ1、みんなのオルガンの本2、バーナム導入書、スケール、小学生のためのおんぷワーク2、リズムの本4をレッスン致しました。やさしいインベンションは、バッハの導入書として取り入れていますが、今日は、両手で上手に弾いていました。男の子で力が強いですので、良い音で、だんだんピアノらしい曲を上手に弾けるようになって来ました。小学2年 [続きを読む]
  • 子どもの日コンサート
  • 5月5日子どもの日に秋篠音楽堂で行われる小さな紳士・淑女のためのコンサートin あきしのに、ピアノ教室musicaからは、小学1年生の生徒さん1名が出演されます。演奏曲目は、有名なバッハのメヌエットト長調です。準備期間は1カ月ほどの短い期間でしたが、暗譜も1週間でこなし、よく頑張って練習されました。本番までレッスンは、あと1回です。コンサートでは、普段の実力を発揮できることを願うばかりです。♪谷ピアノ教室 [続きを読む]
  • 先週末〜
  • 先週末は、年中さん〜小学高学年生の生徒さんをレッスン致しました。年長さんの男の子のレッスンでは、スケール(音階練習)の宿題は、1つだけでしたが6つぐらいの調を弾いて来ておられました。指番号も守ってきちんと弾けていたので、合格となり、どんどん先に進みそうです。小学3年生の女の子の生徒さんは、コンクールに出られるので、しばらくはメンデルスゾーンの3つの練習曲という曲を中心に練習していらっしゃいます。こ [続きを読む]
  • 今週末は恩師の演奏会へ伺います。
  • 今日は、真夏日のように暑い日でした。昨日の小学3年生の学園前アフタースクールの生徒さんのレッスンでは、新しく入った教本をレッスン致しました。バーナム導入書、ツェルニーのリトルピアニスト、みんなのオルガンの本2、やさしいインベンション、リズムの基礎、小学生のための音符ワーク2をレッスン致しました。習い始めてちょうど1年が経ちましたが、リトル・ピアニストも難なく弾けるようで、順調に教本を進めていらっし [続きを読む]
  • フーガのアナリーゼ
  • バッハのフーガ(インベンションやシンフォニア・平均律クラヴィーア曲集など)を初めて弾く時には、まず、主題(一番大切な旋律)を探して、主題に蛍光ペンで色を塗ってきてもらいます。先週のレッスンでも、小学生の生徒さんがこれで合っているのかどうかと聞いておられましたが、主題の変形や逆行形(鏡文字と同じようなもの)もあるので、答えが合っているのかどうかの判断は、自分では難しいと思いますが、最初は、まず自分で [続きを読む]
  • メンデルスゾーン3つの練習曲
  • 昨日は、小学4年生のレッスンでした。夏休み明けの秋には、楽器店主催のコンクールに出られるので、メンデルスゾーンの3つの練習曲から第1番と第3番を譜読みし始めました。とても、華やかな聴き映えのする曲ですが、練習曲的な要素も持ち合わせている曲です。小学6年生のレッスンでは、ベートーヴェンのピアノソナタと平行して、バッハの3声シンフォニアとツェルニー40番の2冊の新しい教本に入りました。♪谷ピアノ教室公 [続きを読む]
  • 新しい教本
  • 今日は学園前アフタースクールの生徒さんのレッスンでした。小学3年生になられました。ミッキーのバイエル2とみんなのオルガンの本1が終わり、ッェルニーのリトル・ピアニスト、みんなのオルガンの本2、リズムの基礎の3冊の新しい教本に進みました。この4月に中学生に上がられた生徒さん。引き続きブラームスのラプソデイーに取り組んでおられます。拍を数えて、片手ずつしっかり和音をつかめるように、練習中です。教本の方 [続きを読む]
  • 小さな紳士・淑女のためのコンサートinあきしののお知らせ
  • 子供の日に秋篠音楽堂で「小さな紳士・淑女のためのコンサート」というコンサートが開かれます。当教室からも小学1年生のお子さんが一人出場されます。バッハのメヌエットを弾かれますが、良く練習されており、当日の演奏を楽しみにしております。毎年、子どもの日に開催されているようですので、来年の出場をご希望される方は、受付までお申し出下さい。参加費は5,000円で、小学6年生の方までが対象です。 先着30名まで [続きを読む]