谷真子ピアノレッスン・ルーム「musica」 さん プロフィール

  •  
谷真子ピアノレッスン・ルーム「musica」さん: 奈良市学園前谷真子ピアノ教室「musica」
ハンドル名谷真子ピアノレッスン・ルーム「musica」 さん
ブログタイトル奈良市学園前谷真子ピアノ教室「musica」
ブログURLhttp://masakotani190.blog.fc2.com/
サイト紹介文奈良市学園前にある谷真子ピアノ教室です。
自由文当教室では、<スタンダード・コース><音高・音大受験コース><大人コース>の3つのコースがございます。初心者から上級者まで、基本から丁寧に指導致します。

講師紹介
東京音楽大学卒業。全日本学生音楽コンクール小学部門入選、中学部門入賞。プラハにて親善コンクール第3位。東京、神戸、大阪、奈良にてコンサート多数出演。奈良市学園前にて谷真子ピアノ教室主宰。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 96日(平均7.0回/週) - 参加 2017/08/18 16:46

谷真子ピアノレッスン・ルーム「musica」 さんのブログ記事

  • 暗譜の練習方法①
  • ピアニストというお仕事はコンサートの準備のために暗譜がつきものです。リトル・ピアニストの方やアマチュア・ピアニストの方が出場する教室の発表会でも本番では暗譜をします。暗譜をするというコンサート形式は当時人気ピアニストであったクララ・シューマンの頃(19世紀)から始まったようですが、リヒテルというピアニストはいつも楽譜を置いて演奏していました。リヒテルのインタビュ―での話を聞いたことがありますが、楽 [続きを読む]
  • 体験レッスンの方が見えました。
  • 体験レッスンの高校生の方が見えました。大学を専門に進みたいという事で副科のピアノのレッスンとソルフェージュのレッスンを受けたいという事でした。ピアノはほとんど経験がないというお話でしたが、上手に弾かれますので、専門に進まれても問題はないかと思います。夢を叶えて頂きたいと願います。♪谷ピアノ教室公式サイトはこちらへ♪ [続きを読む]
  • 今日のレッスン
  • 今日は、来月の12月17日の発表会に初めて参加される年中さんの男の子のレッスンでした。初めての発表会ですので、お辞儀の練習も含めて本番と同じように通して弾くレッスンを致しました。先週よりも、だんだん確実に暗譜も出来るようになり、上手くなってきました。にこにこワークブックの音あてゲームもいつもパーフェクトですし、耳が良いので、綺麗な音でいつもピアノを弾きます。小学校2年生の女の子レッスンでは、いつも [続きを読む]
  • 体験レッスンの方が見えました。
  • 大阪から転宅してこられたお子さんが体験レッスンに見えました。小学4年生のお子さんですが、きれいな音で弾かれるお子さんでした。バーナム4、ルクーペの練習曲、ブルグミュラー25の練習曲から「無邪気」という曲をレッスン致しました。ピアノの先生を変わるというのはお子さんにとって、結構プレッシャーのかかる大変なことです。またご縁のあるのをお待ちしております。♪谷ピアノ教室公式サイトはこちらへ♪ [続きを読む]
  • 今日のレッスン 発表会へ向けて〜あと1カ月です
  • 今日のレッスンでは、小学1年生の生徒さんはクレメンテイのソナチネのレッスン。 you tubeで色々演奏を聴いてみたところ、早めに弾いている人が多く、少しテンポを上げました。 コンクールでもそうですが、速く弾けるにこしたことはないですが、丁寧に確実に弾けることの方がまず大事です。幼稚園年中さんのレッスンでは、モーツアルトのメヌエット。とてもかわいらしい曲です。 ピアノが好きだそうで、レッスンでは先生の注意を [続きを読む]
  • バッハの原典版
  • バッハの原典版を読むには、多くの知識が必要です。演奏に必要な考えられる要素として、アーテイキュレーション、フレージング、デュナーミクなどが挙げられるでしょう。アーテイキュレーションは、音符と音符をつなげて弾くのか、切って弾くのかなど、指番号の決定にも関係する要素だと思います。デュナーミクとは、強弱記号のことです。 全体にfで演奏する箇所、pで演奏する箇所など大まかのことだけでなく、一つずつの細かい [続きを読む]
  • 昨日のレッスン
  • 昨日の年中さんのレッスンでは、発表会の曲2曲と、バーナム(ミニブック)、ピアノ・パーテイーC,みんなのオルガンの本1、おんぷにこにこワーク4、みんなだいすき!リズムの本3をレッスンしました。お家での宿題は、主に発表会の曲2曲。今は暗譜を頑張っています。小学2年生の生徒さんのレッスンでは、現在は、発表会の曲2曲、バーナム(導入書)、ミッキーのバイエル2、みんなのオルガンの本1、リズムの基礎、小学生のた [続きを読む]
  • 教本の重要性
  • ピアノ教本、教則本には、バーナム、トンプソン、バスティン、ハノン、ブルグミュラー、ソナチネなど最近ではさまざまな教則本が出回っています。指導者としては、生徒さんのご性格や到達度に合わせて色々なシリーズの教本を選べるようになり、たくさんあってどれにしようか選ぶのに迷うくらいです。よく、生徒さんのお母様からコンクールの課題曲だけを1年以上レッスンしている状態だが、大丈夫でしょうか?ピアノを習い始めて、 [続きを読む]
  • グランド・ピアノでの事前練習
  • 12月17日の発表会の会場となりますアートサロン空でのホールでの事前練習について大人の生徒さんよりご質問がありましたが、おそらく出来るのではないかと思います。 詳しくはアートサロン空までお問い合わせ下さい。→アートサロン空TEL0742−43−2250小さい生徒さんで、お家にグランド・ピアノを持っていらっしゃらない場合は、コンクール前に、グランド・ピアノのある部屋を借りて練習される方が多いそうです。 [続きを読む]
  • 初めての発表会
  • 習い始めて7ケ月ほどの小学校2年生の生徒さんがいらっしゃいます。レッスンには契約タクシーでお一人で通われ、いつも熱心に休まず通われています。音楽がとてもお好きなようで、いつもピアノの鍵盤を丁寧に歌心込めて弾かれ、とても美しい音がします。発表会では、外国曲 お話 轟千尋さん作曲のおさんぽという曲2曲を演奏します。まだ習い始めて7カ月での初めての発表会ですので、普段の教本もストップしないよう進めつつ、 [続きを読む]
  • ショパンワルツ告別
  • 昨日のレッスンでは、ショパンのワルツOp.69-1をレッスンしました。副題に「別れのワルツ」と付いており、短調で悲しみにあふれた曲です。小学6年生の生徒さんは、とても上手くなってきました。音も美しい音で弾かれ、先週レッスンしたペダルも綺麗に直ってきました。発表会では楽しく演奏してほしいと思います。ピアノという楽器には、ペダル機能が付いていますが、音が響いたり、指で届かないところを、レガートでつなぐくこと [続きを読む]
  • 先週のレッスン
  • 週末は連休が取れましたが、また今週からレッスンが始まります。年中さんの男の子の生徒さんは、バスティンの教本からシャープのダンスとあの雲のようにという外国曲を発表会のために練習中です。小さい生徒さんには音符が確実に読めるようになるまで、音符ワークブックや、弱い部分の補強のために適宜音符カードの宿題を出しています。 レッスンの中で、ワークブック課題を行う時に簡単なテストを行い、進度の様子を見ていますが [続きを読む]
  • バッハの演奏
  • 大人の生徒さんでハノンを全部終了し、フランス組曲第5番に新しく取り組まれた生徒さんがいらっしゃいます。G durによる明るい曲で、バッハ演奏によくある難解なイメージはなく、大変美しい曲です。レッスンでは、ヘンレ版をお勧めしていますが、ヘンレ版は原典版であるため、音符以外、強弱記号もスラーも何も書かれていません。何も書かれていないので、どのように演奏しても良いということになりますが、バッハを弾く上でのあ [続きを読む]
  • 発表会へ向けて
  • 12月17日の門下生発表会に向けて、発表会の曲を中心にレッスンを進めています。年齢の大きな生徒さんや大人の生徒さんたちは、ほぼ暗譜もでき徐々に仕上がって来ました。幼稚園の生徒さんや小学校低学年の生徒さんは、暗譜が出来てきている生徒さんや、あともう少しというペースでレッスンが進んでいます。発表会本番へ向けて、あと1ケ月強頑張りましょう!私が小さい頃の記憶ですが、コンクールでの本番は結果がつきものですが [続きを読む]
  • 今日のレッスン
  • 今日は小学5年生のレッスンでした。ショパンの子犬のワルツでは、先週思い切ってテンポを上げましたが、安定して弾けるようになってきました。小さい時は1曲を集中して練習することで、指がよく回るようになったり、テクニックが付いたりと実力がぐっと伸びることがよくありますので、コンクールなどでも1曲を集中して練習して取り組むことは良いことであり、コンールに参加することは弊害だけではなく良い事もあります。そろそ [続きを読む]
  • 昨日のレッスン
  • 昨日は風邪でお休みだった年長さんの生徒さんの振替レッスンでした。テンポも元気よく弾けるようになってきました。モーツァルトのメヌエットは、バッハに似ているところもあり、左手の暗譜が難しく、今は暗譜できるように練習しています。大人の方のレッスンでは、ショパンのバラード第1番のレッスンでした。大人の方は、日々お忙しい中レッスンに通われ、お子さんの発表会と違って出場されるだけでも立派なことですので、楽譜を [続きを読む]
  • ショパンのベルカント奏法
  • 発表会でショパンのワルツに取り組んでおられる生徒さんがいらっしゃいます。ショパンには、子犬のワルツのようにテクニックを駆使した速く軽快な華やかな曲も多いですが、ノクターンのようにゆったりしたスローテンポの曲も多く含まれています。速い曲の場合は指が動いていない、弾けていないなど自分でもすぐに分かりますが、ゆったりした曲はそんなにたくさん練習しなくても弾けてしまうところもあるので、自分の演奏が仕上がっ [続きを読む]
  • 体験レッスンの人が来られました。
  • 小学2年生の男の子が体験レッスンに来られました。学校の伴奏をしたりコンクールに出たりして人前で弾くのがお好きなお子さんだそうです。教本をあまりしていないので教本を進めてほしいというお母様のご希望がありましたので、教本を何冊かしてみました。優秀なお子さんでスムーズにレッスンは進みました。当教室では体験レッスンは通常のレッスンと同じく30分通常通りにレッスン致します。お代は幼・小・中の方は2,500円 [続きを読む]
  • 発表会のプログラムが完成しました。
  • 発表会のプログラムが完成しました。台紙はネットで見つけた可愛い台紙ですが、あとは手作りのプログラムです。講師演奏もありますので、簡単な曲目紹介も載せました。華やかなリトル・コンサートにしたいと考えております。日時: 12月17日(日) 14:00開演(13:30開場)場所: アートサロン空(近鉄学園前駅徒歩2分)出演者: 講師谷真子と門下生達プログラム: 講師 谷真子シューベルト 即興曲Op.90-2ド [続きを読む]
  • 衣替え
  • 今日から衣替えという事で、小学生の生徒さんが冬服の制服でレッスンに来られていました。セーラー服の可愛い制服の学校ですが、今日は30度近く気温が上がっていましたので、少し暑そうでした。大人でも衣替えをすると気分が変わりますが、少しおすましした様子で玄関を入って来られていました。発表会まであと2か月ですが、皆気合が入ってきています。♪谷ピアノ教室公式サイトはこちらへ♪ [続きを読む]
  • 発表会プログラム
  • 現在、レッスンの合間に12月17日の発表会のプログラムをパソコンで作成しております。プログラム台紙出来上がり次第、近日中にレッスン時に生徒の皆さまにお渡し致します。お友達、ご家族の皆さまをお誘い合わせの上、是非大勢でご参加ください。講師演奏もございますので、ご近所の方も是非お気軽に訪れてみて下さい。(入場無料)日時: 12月17日(日) 14:00開演場所: アートサロン空(近鉄学園前駅 徒歩2分 [続きを読む]
  • ピティナ・ピアノコンペティション
  • 私はピティナの指導者会員となっておりますので、自宅へピティナの要項や会報等が送られてまいります。先日結果特集号が送られて参りました。今年の特級のグランプリは我が母校東京音楽大学の3年生の学生さんのようです。当教室でもピティナはお勉強になりますので、希望される方には参加して頂いております。優秀賞を頂いた事もあり、参加する以上は頑張ってほしいと、私も全力で応援させて頂いております。来年の課題曲の発表は [続きを読む]
  • 大人の方のピアノレッスン
  • 大人の方はピアノレッスンを受けられる目的は皆様々です。アマチュアピアニストとしてコンサートを開きたいと言う方、趣味ではあるが前向きにお勉強していきたい方、自分のペースで楽しくレッスンに通いたい方、シニアの方の脳の老化防止のためでレッスンに通う事が楽しみな方、など様々です。ですがお子様と違い、皆ご自分の意思ははっきりしていらっしゃいます。私は大人の方の場合は一緒に話し合いながら、ご本人さんの意向を大 [続きを読む]
  • リトル・ピアニスト
  • 生徒さんが発表会が近づくにつれ皆上手になってきました。発表会は立派なコンサートですので、出場者はリトル・ピアニストです。普段着る事のないフォーマルなドレスに身を包み、男の子はネクタイをしておしゃれをするのも楽しみの一つだと思います。アートサロン空は近鉄学園前駅から徒歩2分の距離にあり、個人の邸宅を改装して造られたサロンです。 前庭が素敵でガラス張りのお部屋の中からお庭を見渡す事が出来ます。ピアノは [続きを読む]
  • 音楽的な演奏をするための、脳から指先への指令の伝達
  • 幼稚園、小学生1年生の小さい生徒さんのレッスンでは、楽譜に出てくる発想記号や強弱記号のお勉強をしています。楽譜には、音符、指番号のほか、rit, dim.などの発想記号や強弱記号など、色々書かれていますので、覚えることがたくさんあります。 先日レッスンでつい英語と言ってしまいましたが、これらはすべてもとはイタリア語から派生している語です。弾きながら自然に覚えていくのが理想ですが、たくさんあるので楽語カード [続きを読む]