ケイジ さん プロフィール

  •  
ケイジさん: ESSENCE SHOWERS 宮古島の海と風と太陽
ハンドル名ケイジ さん
ブログタイトルESSENCE SHOWERS 宮古島の海と風と太陽
ブログURLhttps://ameblo.jp/floweressenceman/
サイト紹介文MYARHKエッセンスをつくるESSENCE SHOWERSのケイジとチエが日々感じた事を綴ります。
自由文宮古島での神々や精霊たちとの繋がりや、フラワーエッセンスの話や不思議な体験。龍神様との繋がりの話などを中心にケイジとチエで書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 260日(平均1.3回/週) - 参加 2017/08/18 20:15

ケイジ さんのブログ記事

  • Open The Dragon Gate!その16
  • ケイジとチエはマリアと話をした。 まず人間には16柱の神様がおりてくるというのが興味深い。ケイジたちは16グリットがある麻炭のスピニングプレートを差し出した。 チエ「16柱ってこういう感じ?」 スピニングプレートとは16個の出っ張り(グリット)が円形のプレートの縁あり中心にも一個のグリットのあるプレートでケイジたちが前にいた会社で作っているものだった。 まりあ「そうこんな感じ」 ケイジは宮古島で起こっ [続きを読む]
  • Open The Dragon Gate!その15
  • ケイジは会場に入ると背筋がぞわっとした。 それほどの雰囲気だった。 「なんだこのラブリーな感じは」 この会場は60人近くのメンバーがいる。 それはすべてショウヘイが集めたメンバーだ。 つまりレインボーシャワーズのメンバーが60人の集まっている状態を想像するとわかりやすい。 「もう八百万の神の集まりにしか見えない」 「とにかく、みんなと友達になりすぎてつらい」 とケイジは笑いながらいった。 チエもわかるとばか [続きを読む]
  • Open The Dragon Gate!その14
  • ケイジの夢はこうだ。レインボーシャワーズは群馬県の山の方にいた。サトシ、レイコ、セイレン、チエとケイジの群馬県の友達エリの総勢六人で行動している。 日光の東照宮にいくために途中で宿で休んでいた。 主人は気持ちの良い人で、色々世話を焼いてくれていた。 するとエリが 「うちは日光東照宮の秘密を代々司る家系でね。 だから今回は特別にあなた達に東照宮を案内するわ」 店の主人が感動して 「それはそれは大切な仕事 [続きを読む]
  • Open The Dragon Gate!その13
  • コオロギの奉納舞は場を完全に帰るほどのパフォーマンスでやはり何かが宿っているとしか思えないような舞いだった。 ケイジとチエはもちろん、他の観客も圧倒されていた。即興で行う舞は激しい動きで龍が舞っているような不思議な動きだった。 その舞を見ているだけで意識が変わってしまう。そういった舞だった。 「奉納される神様もきっと喜んでいるね」 イベントが終わるとトモコの知り合い達が集まって何かを話している。 「 [続きを読む]
  • Open The Dragon Gate!その12
  • 次の日の朝は朝食を食べながら、今日はどこに行くか話し合っていた。ナワタが是非つれていきたい神社があるとの事。 「ここに来てもやはりそういう流れか・・・。」 「いや、というか幣立神社に一週間もいたって話したらそうなる でしょう」 とみんなで笑った。 クミとも合流した。というのもチエがタブレットを作業場に忘れていたのだ。いつもの見慣れた光景だ。 「そうやってクミちゃんが来る状況を無意識に作るんだよね」 散 [続きを読む]
  • Open The Dragon Gate!その11
  • クミの田んぼの近くに行こうとするが、どうもその周辺は神社が多数見つかる。 「龍神の里」 という看板などを見つけては反応するレインボーシャワーズ。 「流石に全部、反応してたら、たどり着けない」 しかし、呼び止められてしまう。とにかくよく目があう。 「高祖神社」 「う〜ん。ここは行こう。」 特に強い反応がでた神社に立ち寄る。 御祭神は「玉依姫」 「やはり龍にまつわる神様か」 玉依姫は海の神の娘で、龍だったと言 [続きを読む]
  • Open The Dragon Gate!その10
  • レインボーシャワーズの祈りの時間はだんだんと長くなっていて長い時は1時間近く、祈りをあげる。なのでどうぞと言われてもいけないかった。 幸い、先客はすぐに参拝が終わったようで、少し、そのあたりをまわって戻ってくると、誰もいなくなっていた。 そこで、幣立神社での最後の祈りをあげる。造化三神の名前を呼び終わるとまた、全員、繋がる感覚を感じる。 特に、「アメノミナカヌシ」とその時は強く繋がったようだった。 [続きを読む]
  • Open The Dragon Gate!その9
  • そんなこんなでどんどんフィールワークして聖地を見つけ出しては祈りの毎日が続いた。 チエが実家が近くということもあり、ケイジとチエはそちらに行ったりしたがサトシとレイコはその日も遅くまで幣立神社にいた。 ケイジとチエ、チサトと合流したミツ、トウアの五人は五ヶ瀬町にも行った。 ケイジの仕事に一つでもある麻炭を使った建築の仕事がチサトの紹介で入ったためだ。 ケイジ「五ヶ瀬も気になる場所の一つだよね」 祇園山 [続きを読む]
  • Open The Dragon Gate!その8
  • それからまた直感フィールドワークが始まる。 近くを直感にしたがい、散策する。どうやら幣立神社はフィールドが広いようだ。近くの道をあるいていると レイコ「あの丘の上に犬がいるように見えるんだけど」 ケイジ「本当だ犬みたい、本当の犬ではないし、なんだろう」 「とにかく行ってみよう」 丘の上にあった犬に見えたものは養蜂の巣箱のようだった。しかしそこで小さな細い道を発見する。 「こっちに何かありそう」 進んでい [続きを読む]
  • Open The Dragon Gate!その7
  • 本殿にいき宮司に幣でお祓いをしてもらい、参拝する。その後は、東御手洗と言われる水場に来る。 ここは北辰妙見の大神が祀られている聖地だ。そして隣の池には八大竜王の池がある。 看板には神代の昔、皇孫瓊々杵尊(ニニギのみこと)は、この神水で全国の主要池を浄められ、中国の始皇帝は、不老不死の霊薬をこの神水に求められました。 とある。 ケイジ「ニニギ先輩おつかれさまです。」 ケイジたちも水繋ぎをしている。漲水 [続きを読む]
  • Open The Dragon Gate!その6
  • 幣立神宮は最古の神社とも呼ばれ、その歴史は15000年とも言われる神社は主祭神は神漏岐命(かむろぎのみこと)・神漏美命(かむろみのみこと)・大宇宙大和神(おおとのちおおかみ)・天御中主大神(あまのみなかぬしのおおかみ)・天照大神を祀っている。 五色人祭という祭りは世界中より人が集まる祭りがあり、チエは近くに住んでいたのもあったので、よく参拝にきていた。 何より、ケイジとチエが宮古島で出会い、熊本に帰って [続きを読む]
  • Open The Dragon Gate!その5
  • 次の日はマスミが帰る日だった。ケイジとチエはマスミと来間島で会う約束をした。彼らは宮古島に来て二年にもなるが来間島にはあまり縁がなかった。 「漲水御嶽で来間島にも来て欲しいって言われたから せっかくだからマスミさんたちと一緒にいこう」  とチエが提案した。 「何よりもマスミさんは来間島に縁がありそうな気がする」 来間島も宮古島より車で渡れる島だ。小さな島だが、宮古島と繋がっているせいか活気がある。 来 [続きを読む]
  • Open The Dragon Gate!その4
  • ケイジとチエは狩俣の自宅に帰路にあった。家の近くまでくるとのどかな風景が広がり、、店や家も減ってくる、そんな中「そこ右に曲がって」と突然、チエが運転しているケイジに伝える。 こういう時は何かある。ケイジは車を右折させた。 しばらく走っていると「あれ、いないなぁ」とチエは何かを探している様子だった。 漲水御嶽での祈りの後、最後、レインボーシャワーズが残り、話をしている時から黒塗りの車が近くにとまってい [続きを読む]
  • Open The Dragon Gate!その3
  • 2017年の10月2日。 レインボーシャワーズにとっては新世界が開いた次の日、元旦の次の日、そう1月2日のような午後。 ケイジとチエは宮古神社にて『大祓の祝詞』を書いていた。 写経のように祝詞を書き上げる「浄書の会」に参加していた。会の主催は愛知に住む、マスミが行っていた。 普段はパソコンを使う生活のケイジは、四苦八苦しながら『大祓の祝詞』を書いていた。チエは誰からか連絡を受けた様子で外にでて電話をしている [続きを読む]
  • Open The Dragon Gate!その2
  • ケイジとチエはサトシとレイコ夫婦と9月の末にフリーエネルギー装置を作る合宿を企画していた。 参加者が10名くらいを予定していたが、なんと9名がキャンセルになった。理由は様々だったが、金銭面であったり、スケジュールであったり家族の事であったりと日々の事でキャンセルになっていた。 その一名の参加者も色々な事情で参加できないことになりそうだったがすべてを手放して天に任せたら参加できたとの事だった。 急に一名 [続きを読む]
  • Open The Dragon Gate!
  • その日、宮古島には大きな台風が来ていた。ケイジとチエにはテレビはなく、 ネットのニュースを見たチエが「大型の台風が来てるんだって」 「宮古島の台風を体験するのは初めてだね」ケイジは少しワクワクしながら、そして少し不安を覚えながら呟いた。 ニュースを見てみるとどうやら大きな台風らしい。「台風18号」 「ついに来たんだな」不思議とケイジもチエも納得していた。 2017年の9月が大きなターニングポイント、 二人と [続きを読む]
  • 日本の本当の歴史
  • 青森のツアーの話の途中でその後、ブログを全然、更新をしていないケイジです。 今回、合計2ヶ月というツアーを終えて日本の本当の歴史を知りたくなってひたすら調べ続ける毎日です。 いわばこの2ヶ月はフィールドワークで現在は座学といったところです(笑) ここで学んだり知ったりしたことを少しづつ書いていきたいのですが、一体何から書いていいのやらパンク状態です。 ひとつ言えるのは神事と思って動いていた事が神様の [続きを読む]
  • 青森ディープツアー 3
  • 北海道に入って記事を書く気持ちが上がっているケイジです。 大星神社は青森の北斗七星の神社でも重要なポイントのようです。御祭神:天之御中主神(妙見大神)、稲荷大神、八幡大神、大山祗神、春日大神、下湯薬師神、白龍神、青龍神、黒龍神、十和田龍神、八大龍神、天神地祇神。 やはり、天之御中主神がでてきました。最近周る場所で深く繋がっています。 本殿をお参りして、妙見社にあがると不思議な鐘が!! これは鰐口とい [続きを読む]
  • 青森ディープツアー 2
  • 青森についたら、一面、雪景色。どうやら前日に雪が降ったようです。 横浜より参加の股こりのはるみちゃんと青森駅で合流して主催のゆかさんと合流して。会場にいきました。 大学の施設でのイベントになったのですが、そこの会場が素敵すぎる。 なんと8角形の建物です。チエが8角形の建物にいて、そのうえに鳳凰がおりたつ夢をみていたのですがイメージそのままの建物でした。 ここでフリーエネルギーのワークショップとお話をし [続きを読む]
  • 青森ディープツアー 1
  • またもや更新ができない状況に置かれているケイジです。 なんとESSENCE SHOWERSは現在、青森にきています。宮島の友達のRice ShowerSと合流して「Rainbow ShowerS」で活動中。 そして、北海道にフェリーで移動中。 今年の10月の中旬に幣立神社に呼ばれて、一週間、幣立神社に滞在。その時も「Rainbow ShowerS」で祈りを行いました。 帰りの車で、玲子ちゃんの様子がおかしくなり車内で四人で龍神祝詞などをあげていると、 「日 [続きを読む]
  • 聖徳太子からのキトラ古墳
  • めっちゃ期間があいたのにさらっと書き始めたケイジです。 色々なことが起こって、起こりすぎてブログが書けませんでした。もはやフェイスブックもアップができず、頭でイメージしたことが記事になる機能があればと祈っております。 宮古島→幣立神社→宮古島→千葉の実家→皇居での勤皇奉仕 →明治神宮→靖国神社→大甕神社→御岩神社→名古屋WS→ とつづきはまたにします。 そういった流れの中で大きく、天皇家、星信仰、聖徳太 [続きを読む]
  • 宮古島レンインボーシャワー祭り。
  • レインボーシャワー祭りで平均化訓練というボティワークをして心地よい筋肉痛に包まれるケイジです。 そもそも、レインボーシャワー祭りって何だよって話なんですが、essece showers が仲良くしてる rice showerS というユニットが存在するんです。 そのshowers で今回、フリーエネルギー装置のマグラブを作るワークショップを宮島ですることになっていたのですが、 宿を多めに予約していたのをキャンセルするのを忘れていたた [続きを読む]
  • さらけ出し。宮古島グループセッション。
  • 昨日のグループセッションでチエの本質を引き出す事も自分の使命の一つだと気がついたケイジです。 ひょんな事からessence showers 初の試みのグループセッションを宮古島でしました。 結論から言うと実りの大きな体験ができました。 参加者に集合してもらい、まずは食事。今回のメニューはタコライス!会場について気がついたのは仕込んだタコミートを忘れた事。相変わらずの安定感です。 友達にとりにいってもらうも、さらなる [続きを読む]
  • 鎌倉・横浜・野島稲荷神社。
  • ツアーの事をちょこちょこと書いています。 千葉から鎌倉に移動。鎌倉ではエッセンスの個人セッションをさせてもらいました。燕カフェというとても素敵なカフェを利用させてもらいましたが、本当に素晴らしいところです。本当におすすめです。そしてレンタルスペースもあります。 https://kamakura-tsubamecafe.jimdo.com/ 古民家で素敵な空間もさることならがらオーナーの福田さんの人柄が素晴らしいです。 ちなみにセッションを [続きを読む]