Sketchrock さん プロフィール

  •  
Sketchrockさん: i.S.O.
ハンドル名Sketchrock さん
ブログタイトルi.S.O.
ブログURLhttps://iphone-digiscoping.blogspot.com/
サイト紹介文iPhoneで望遠撮影(デジスコ)しているブログです。 そのための撮影機材も作成しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 325日(平均0.5回/週) - 参加 2017/08/18 20:40

Sketchrock さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 3Dプリントで照準器の取り付け土台をつくる
  • 前回からのつづき。根本的に照準器の取り付け位置を見直すことにしたわけですが、それでは、どこがいいか?両眼視ができないのなら、視線の移動量がなるべく少なくなる位置がいい……ということで、スコープの右側、すなわちiPhoneの前に取り付けることにしました。こうして、3Dプリントで照準器の取り付け土台(マウントベース)を作成しました。3DプリントはDMM.makeにて。スコープへの取り付けは、アクセサリーリングを外し、ホ [続きを読む]
  • 照準器
  • 高倍率の望遠撮影では、画角が狭く、鳥などの被写体を画面に導入するのが難しくなります。下の写真のマルの中に飛行機が飛んでいるのですが、これを30倍の望遠で捉えようとすると、探しているうちに通過していってしまいます。でも、照準器があれば、一発で捉えることができます。私が使っているのは、もう販売終了した『デジスコドットコム DOS-CS1』です。照準器の本体は、ノーベルアームズという会社が販売する『COMBAT45』とい [続きを読む]
  • TSN-550 PROMINAR シリーズを見てきた
  • CP+ 2018に行ってきました。今さらレポートもないですが、TSN-550 PROMINAR シリーズにiPhoneを接続した場合の画角をチェックしてきたので、その写真を載せておこうと思いまして。まずは外観。TSN-770/880をデフォルメしたような可愛らしい感じです。普段、774を使っていると、とてもコンパクトで軽く感じました。アイピースは固定で、15〜45倍のズームです。iPhone用フォトアダプター TSN-IP5と7が置いてあり、機種が合えば自分 [続きを読む]
  • ジンバル雲台 4 〜 GITZO フルードジンバル雲台 GHFG1 〜
  • 前回まで、SIRUI PH-20のことを長々と書いてきましたが、スミマセン、コレの前フリでしかありませんでした。でも、SIRUI PH-20での苦労があったからこそ、コレの凄さが身にしみて実感できるのです。このGITZO(ジッツオ)フルードジンバル雲台、はじめのうちは期待以上の動きにニヤニヤしながら使っていたのですが、さらに使っていると、「おかしい……このジンバル雲台、おかしい」と、思うようになりました。ジンバル雲台をフル [続きを読む]
  • ジンバル雲台 - 3 〜SIRUI PH-20を使ってみて〜
  • ●まずは準備ジンバル雲台というものは、はじめに重心のバランスを取って設置すれば、“基本的に”パン(左右方向)もチルト(上下方向)もロックする必要はなく、どの角度でも止まります。手で保持する必要はありません。ただ、水平に設置しないと、パン方向は、高低の低い方へと流れて(回転して)しまいます。その苦悩は、後述しますが……。●実際にジンバル雲台を使ってみてロックしなくても動かしたところで、ピタッと止まっ [続きを読む]
  • ジンバル雲台 - 2 〜SIRUI PH-20〜
  • ●SIRUI PH-20 製品内容この雲台はアーム部分がカーボン製なのですが、その恩恵で軽いかというと、ずっしりとした重さがあります。参考までに他の製品との重量比較・SIRUI PH-20:1330g・Wimberley WH-200:1420g・DIGISCO.com GIM−01:950g・BENRO GH-1P:700g●満足度は高いケース(バッグ)付き!造りもしっかりしていて、しかも、ショルダーストラップまで付いています。一度も使ったことないけど。●付属の六画レンチにも、 [続きを読む]
  • ジンバル雲台 - 1
  • 前回『三脚(脚)』でも書いた通り、スコープまわりを買い揃えてから、とりあえず、持ち合わせていたベルボンの“ファミリー三脚”(実売価格4,000円程度)を使って撮ってみたら、ぜんぜん使い物にならなかったわけなのですが、それは雲台部分に関しても同じことでした。パン(左右方向)はなんとかなりますが、チルト(上下方向)が全然ダメで、鳥を画面に捉えてチルトをロックしたら、そこから微妙に上がってしまい、下げたら下 [続きを読む]
  • 三脚(脚)
  • フィールドスコープでの野鳥撮影は、超望遠のうえ、シャッタースピードも遅くなりがちで、二桁台になることも多いです。そうなると、三脚もカメラと同じように、撮影の結果を左右する機材の重要な性能の一つになります。iPhoneでデジスコを始めるにあたり、三脚については購入を後回しにしました。実際にフィールドスコープを触ったこともなかったため、どの程度のクラスが必要かということを見極めたかったのです。(フィールドス [続きを読む]
  • レリーズ
  • 望遠撮影は、とてもブレやすいです。iPhoneの画面のシャッターボタンでさえ、そ〜〜〜っとタップしないとブレてしまいます。ほんの一瞬のシャッターチャンスを争っているときに、そんな丁寧にタップなんてしてられません。そこでレリーズを使います。iPhoneではリモコンシャッターと言ったほうがいいでしょうか。イヤフォンのボリュームボタンを押すことでシャッターが切れるようになっています。電気的なスイッチの操作だけなので [続きを読む]
  • iPhone 7Plusの望遠カメラをデジスコで使う
  • ●倍率iPhone 7Plusの望遠カメラの焦点距離は、35mm判換算で57mmです。これをフィールドスコープで使うと、アイピース(接眼レンズ)の倍率により以下のようになります。・TE-17Wの場合30倍×57mm=1710mm・TE-11WZの場合60倍×57mm=3420mm高倍率になるのはいいですが、それほど使えるものではありません。まず、iPhoneの望遠カメラ自体が暗いので、十分な明るさがないと、ノイズが目立ったり、ディティールが潰れがちになります [続きを読む]
  • iOS 11のカメラ機能を試す 〜Live Photosについて〜
  • Live Photos(ライブフォト)iOS 9の頃から搭載されている機能で、シャッターを切った瞬間の静止画と、その前後1.5秒、合計3秒の動画が記録される、いわば“動く写真”です。シャッターを切った瞬間のフルサイズの写真も保存されるのですが、どちらかというと短い動画を楽しむための撮影モードといった感じで、これまで、ほとんど使っていませんでした。それが、iOS 11で大きく進化しました。まず、動画に対して、ループ、バウンス [続きを読む]
  • iOS 11のカメラ機能を試す 〜HEIFについて〜
  • まず、カメラの機能というわけではありませんが、HEIFについて。iOS 11から、写真の根幹をなすフォーマットが、JPEGからHEIF(ヒーフ High Efficiency Image File Format)に変わりました。(※iPhone 7/7Plus, 8/8Plus, Xのみ)一番の売りとして言われているのが、JPEGと比較してファイルサイズが半分になるという高い圧縮率です。小さくなるのはいいのですが、その分、画質が劣化するのではないかと不安になります。そこで、HEIFと [続きを読む]
  • iPhone用フォトアダプター『TSN-IP5, 6, 7』余談
  • 『余談』なのですが、泣ける話です。気がつけばiPhone用フォトアダプターが、TSN-IP5, 6, 7と、3種類すべて揃っていました。このフォトアダプターは、フィールドスコープにネジで固定します。このネジの溝は、どれも2回転半で固定できるように切られています。『iPhone 7 Plus用フォトアダプターを作る - 1』で書いた通り、iPhone 7 Plusには広角・望遠と2つのレンズがあり、それぞれを1つのフォトアダプターで賄うことはできない [続きを読む]
  • iPhone 7 Plus用フォトアダプターを作る - 2
  • 前回、完成したかのように見えたiPhone 7 Plus用フォトアダプターですが、どうも、よろしくありません。なんか、“ムラ”になります。原因は、これのようで。レンズの出っ張りです。iPhone 7 Plusのレンズの出っ張りは高いのです。・iPhone 6 Plus:0.67mm・iPhone 7 Plus:1.31mm貼り付け面が平らでないと、光軸が狂ってしまいます。6 Plusの0.67mmならケースの厚みで覆えますが、7 Plusの1.31mmとなると、ハードケースとしてはけ [続きを読む]
  • iPhone 7 Plus用フォトアダプターを作る - 1
  • 『iPhoneをフィールドスコープに接続する 〜iPhone用フォトアダプター TSN-IP7〜』でも書きましたが、メーカーからは『iPhone Plus系』用のフォトアダプターは発売されていません。なので、自作しました。iPhone 7 Plusには、広角・望遠と二つのレンズがあります。それらを一つのフォトアダプターで賄うのは不可能なので、二つ作ることになります。要となるスコープと接続する部分は、『TSN-IP5』と『TSN-IP6』のものを使います。 [続きを読む]
  • ケラレ
  • ケラレ……画像の四隅が欠ける、あの現象です。iPhoneとフィールドスコープ TSN-774の組み合わせでもケラレが発生します。どれくらい“ケラレる”かは、接眼レンズによっても変わってきます。*以下の写真はiPhone 7 Plus(35mm換算焦点距離:28mm)で撮影。・TE-17W(30x WIDE)*販売終了ケラレをなくすには、iPhoneのデジタルズームを1.2xにします。・TE-11WZ (25~60x WIDE ZOOM)主に使う60倍でケラレをなくすには、iPhoneのデ [続きを読む]
  • 接眼レンズとiPhoneの距離を調節する
  • 前回書いた通り、接眼レンズに装着した『デジタルカメラアダブター TSN-DA10』のインナーに、iPhoneを接続したアウターアッセンブリーをかぶせて、それを前後させて接眼レンズとiPhoneとの距離を調節します。この調節でケラレをなくすことはできません。あくまで、周辺減光をなくし(減らし)、クリアーな画像にするための調節です。これが、ミリ単位の微妙な調整が必要で、加えて、この時点でiPhoneを水平になるように固定しなけ [続きを読む]
  • “デジスコ”という撮影法について
  • デジスコ……これまた聞きなれない言葉ですが、フィールドスコープにデジタルカメラを接続して、スコープに写った画像をそのデジタルカメラで撮影する、という撮影法です。デジタルカメラとスコープで『デジスコ』。英語表記では“DigiScoping”。Nikonのサイトでも『デジスコーピング』で表記されています。デジタルカメラとひとくくりに言っても、コンパクトカメラ、ミラーレス、一眼レフまで、さまざまなカメラと接続できるよう [続きを読む]
  • 私の使っているフィールドスコープ
  • 私が使用しているスコープは、『KOWA TSN-774』です。製品ページ http://www.kowa-prominar.ne.jp/product/spottingscope/tsn770.html上位モデルのTSN-880シリーズほどピントがシビアではなく、デジスコ撮影に最適化されたフィールドスコープとのことです。ボディーはマグネシウム合金で、ずっしりとした重みがあります。重量は、本体だけで約1.3kg。●スコープの先端、色が濃くなっている部分は、前にスライドさせてフードになり [続きを読む]
  • フィールドスコープについて
  • フィールドスコープ……(KOWAでは「スポッティングスコープ」と呼んでいますが、このブログではより一般的な(?)「フィールドスコープ」という呼称で表記していきます)多くの人にとって、天体望遠鏡以上に馴染みがないのではないでしょうか。私も当初、「バードウォッチングの人が使っている望遠鏡」くらいの知識しかなく、見た(覗いた)こともなければ触ったこともありませんでした。そういった人にもわかりやすいように、フ [続きを読む]
  • iPhoneで望遠撮影 〜私の遍歴3/iPhone 5 〜
  • 前回書いたように、iPhoneのカメラ性能が、これまでのような望遠レンズの解像度を上回ってしまったため、iPhone 5になると、そのような望遠レンズキットは、もう買う気になれませんでした。それでも何か倍率の高いレンズを取りつけられないかと思い、家庭用ビデオカメラのテレコンバージョンレンズを取り付けてみようとか、一眼レフのレンズを取り付けようとか(確か、そんなアダプターがあったと思います。ン万円したかと)、そん [続きを読む]
  • iPhoneで望遠撮影 〜私の遍歴2/iPhone 4 〜
  • iPhone 4でも、3Gの時と同様の望遠レンズキットを買いました。この頃になると有名メーカーからも販売されるようになっていて、私はプリンストンのレンズを買いました。(上の写真のブラックを購入)当然、現在は販売終了しています。有名メーカーの製品といえど、レンズ自体は中国系のOEMのものだったようで、PCパーツショップなどで同じレンズを販売しているのを見かけたことがありました。倍率が3Gの時に購入したレンズの6倍から [続きを読む]
  • iPhoneで望遠撮影 〜私の遍歴1/iPhone 3G 〜
  • iPhone 3Gが日本で発売されて間もない頃に、すでに今のような専用ケースにレンズを取り付ける望遠レンズキットが販売されていました。(上の写真)おそらく中国メーカーの製品だったのでしょう。ノーブランドで、今はもう存在しないネットショップで購入しました。買ったはいいけど、これで今のように飛行機や鳥を撮影しようとは、サラサラ思いませんでした。iPhone 3G自体のカメラの性能や、このレンズの解像度を考えると、到底、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …