ABA推進事業所 ルカノア さん プロフィール

  •  
ABA推進事業所 ルカノアさん: ABAセラピーを公費で受ける
ハンドル名ABA推進事業所 ルカノア さん
ブログタイトルABAセラピーを公費で受ける
ブログURLhttps://ameblo.jp/0118876433/
サイト紹介文自閉症の息子がいます。2歳半からABAをしています。北海道で児童ディを運営しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供165回 / 283日(平均4.1回/週) - 参加 2017/08/19 15:16

ABA推進事業所 ルカノア さんのブログ記事

  • ”またまたデビュー”
  • コメントありがとうございます。自転車??♂?A君(3歳2ヶ月)B君(4歳)C君(7歳)D君(6歳)自転車に乗って風をうけるとなぜかみんな笑います。重度とか自閉症とか発達検査の数値とかが気になるのは、自閉症児を持つ親としてよくわかります。発語が無いのは本当に辛くて心が折れそうになりますね。ルカノアを利用している子どもたちのほとんどが、知的障害を伴う自閉症で発語がありません。アカデミックも大事だと思いますが、 [続きを読む]
  • 連続動作模倣
  • 来月の運動会に向けて練習しています。いわゆる、動作模倣です。「こうして」「ちょっときどった シンデレラ・ボーイ 」ポンポンお母さんが、学校の練習風景を撮ってきてくれました。スタッフが、何度も見て振り付けを覚えます。ア・ツ・ク 熱いビートを 鳴らして Do you wanna hold me tight ダンシング・ヒーロー踊ってます。(私が) [続きを読む]
  • つみきプログラム上級
  • Aちゃんは、つみきプログラム上級の課題をやっています。Aちゃんの保護者さんは、つみきの会の会員さんです。保護者さんの要望で、つみきプログラムの課題をやっています。般化のために私もやってみました。課題「スリーヒントクイズ」課題「どうする」課題「応答と会話」次は、お母さんの番つみきプログラム上級を息子に習得させた《あの妻が》、指導しています。就学には、色々なスキルが必要になります。ABAセラピーをやってい [続きを読む]
  • 協調運動障害 小児自閉症
  • 今週は、ずーっと自転車を押してました。「こいでー」毛が見苦しくてゴメンなさい。お風呂に入っても、むくみが取れません。靴下の跡がまだ残ってます。昼は、冷湿布夜は、温湿布を腰に張って50過ぎのおっさんは、がんばりました。息子は、自転車が乗れるようになるまで、3年かかりました。息子には、運動障害があり転ぶ時に手が前にでないため、よく顔面を打っていました。医師から保護帽を勧められ装着していました。つまずきや [続きを読む]
  • またまたデビュー
  • 自転車デビュー??初めての場合、ほとんど子がまたぐ事が出来なくサドルに座れません。座れてもペダルに足を乗せれません。ペダルに足を乗せてもこげません。Aさん、嫌がりもせずに座れてこげました。お母さんもビックリ、以外とこげてます。自転車乗れたら楽しいよね [続きを読む]
  • できないことを、できるよう教えるだけ
  • 初めて補助輪のない自転車で練習しました。この自転車は、頂き物です。(感謝)以前、MTBプロライダーから教えて頂いたやり方でやってみました。意外といけるかも今シーズンには、親子でサイクリング目指します。重度の自閉症、療育手帳A1年前には、何も出来なかったA君楽しそう「A君すごいよ!じょうず??こいで‼?」一緒に公園に来たお母さん、応援しながら涙ぐんでいました。ゴロの取る練習「こうして」「こうして」「じょう [続きを読む]
  • 外国?
  • 北海道も暖かくなってきました。アカデミックスキルも大事ですが、遊びのスキルはとても大事です。Aくん、公園までお母さんと自転車を押していきます。お母さん「こいで」Bくん、補助輪をはずしました。今シーズン、補助輪を外す子がたくさんいます。親子で、並んで乗れたら楽しいですね先日、外国に住んでいる日本人の親御さんから相談を受けました。親御さん「日本に行って、ルカノアでABAセラピーを受けたいのですが、できます [続きを読む]
  • 同業者の見学
  • 今日は、札幌市にある児童発達支援・放課後等ディサービスをやっている事業所の方が見学に来ます。ABAに興味があるそうです。ABAをやっている親としては、わざわざ南幌町まで来てくれて、ありがたいです。感謝 [続きを読む]
  • 奇跡? (再)
  • 息子が2歳4ヶ月の時、「重度の知的障がいを伴う自閉症です。将来は話すことは難しいでしょう。親の認識は出来ないと思います」と医師より告知を受ける。 ※ 医師の診断を受け入れることができず、セカンド・サード・フォースオピニオンと3人の医師に診てもらいましたが「知的障がいを伴う自閉症」の診断は変わりませんでした。一番辛い時期「どうして、うちが」 2歳4ヶ月、療育手帳認定結果「精神遅滞 重度」DQ32 2016.1 [続きを読む]
  • 1歳6か月児健康診査
  • 2011年 1歳6か月児健康検診 「問診項目」 息子の結果 Q ひとりで上手に歩きますか。A すぐ転ぶ(後に、運動障がいと診断される) Q ママ、ブーブーなど意味のあることばをいくつか話しますか。A 一つも話さない。 Q おとなの簡単な命令(お座りなさい、新聞とってきて)がわかりますか。A わからない。 Q 絵本を見て動物や物の名前をきくと、それを指さしますか。A 指さない。 Q どんな遊びが好きですか。A 走ること Q 自分でコ [続きを読む]
  • 渋い
  • 息子「パパ、ゴールデンウィークはどこかに出かけるんだよ」「どこに、出かける?」息子「イオン」渋すぎる「水持って来て」息子「やったことないから、できないよ」「おねぇちゃんの、まねしなよ」動作模倣の般化「じょうず」 [続きを読む]
  • 告知を受ける
  • 2月からルカノアを利用しているA子さん。A子さんのご両親の悩みは発語がないことです。療育を開始後に病院を受診をし、医師から「自閉症スペクトラム、知的障がいがある」と告知されました。私は、医師から「息子さんは、重度の知的障害を伴う自閉症です。将来は話すことは難しいでしょう。親の認識は出来ないかもしれません」私は、受け入れることができませんでした。「なんでうちが?」その日は、インターネットで「3歳で話し [続きを読む]