まえ田 さん プロフィール

  •  
まえ田さん: アラフィフの三つ子ワンオペ育児(自然・出産42歳)
ハンドル名まえ田 さん
ブログタイトルアラフィフの三つ子ワンオペ育児(自然・出産42歳)
ブログURLhttps://ameblo.jp/maeda-873/
サイト紹介文不妊治療をやめた翌々月、自然妊娠で一卵性三つ子を授かり、42歳で出産。
自由文旦那さんは、平日仕事に出たきりで週末のみ帰宅。勤続27年目の正社員、保育園に通う三つ子の娘たちと、ドタバタ生活を送っています。口グセは「ま、いっか」と「よっこいしょ」です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 277日(平均1.8回/週) - 参加 2017/08/19 16:16

まえ田 さんのブログ記事

  • いざ、育児支援施設のお祭りへ!
  • 土曜日は旦那さんも一緒に動物園に参加する為に、午前中に帰って来て貰った。帰宅後、また仕事に出た為、日曜日はワンオペ育児。 アラフィフにとって、土日連続でビッグイベントをこなすのは、正直体にこたえる。とは言うものの、子供達はどんなに疲れても、食べて→寝て→起きると、完全復活しているので、家でマッタリ過ごしましょう…とはいかない。 日曜日の午前中に、いつも通っている地元の育児支援施設のイベントでお祭りが [続きを読む]
  • 「春の遠足」2年連続、中止の巻
  • 近くの動物園に親子で参加する毎年恒例の行事、保育園の春の遠足。週間天気予報で、週末は天気は下り坂と伝えられていた。先生から子供達に雨天中止の説明をされていたようで、三つ子はずっと土曜日の天気を気にしていた。 前日の予報で、雨が上がる予測時間が集合時間と重なっていた為、「天気が微妙」と言う理由で中止が決定した。これで、2年連続…あぁ無念 但し、「自由参加でお願いします」とのこと。指定時間に所定の場所に [続きを読む]
  • 双子の作り方!?
  • お双子&三つ子ちゃん5人の男の子を育てる、多胎児ママのsachinaさん。手作りケーキやデコ弁には、ただただ感動そして尊敬。私と違い、母として妻として女として、まるで手を抜いていない。本当に素晴らしい ブログで、双子と三つ子の卵を引き当てたと紹介されていた。なんてミラクルやっぱり彼女、持ってるわ〜 目玉焼きを作る時、幼児ひとりに卵1個は多いかな〜と思う。でも、半分に切ると「目玉」じゃなくなっちゃう。かと言っ [続きを読む]
  • こども食堂(紙ひこうきとカレーライス)
  • カラッと晴天、過ごしやすい天気となった土曜日。こども食堂は、大勢の参加者で賑わった。周りを見渡すと、小さいお友達が多く、うちの三つ子はスッカリお姉さんに。 制作は、紙ひこうき。好きな画用紙を選んでさっそく折り始めたが、なかなか難しい説明書きを見てもよく分からない母お友達になった年長さんが、「教えてあげる〜」と言って手伝ってくれた。三人バラバラのペースで、かなり苦戦しながらも…一応完成 昼食のメニュー [続きを読む]
  • 母の日のプレゼント
  • 金曜日、保育園にお迎えに行くと、大きな声で「ママ、いつもありがとう」と言って、三人がプレゼントを手渡してくれた。この1ヶ月、制作の時間にコツコツ作ってきた作品だ。牛乳パックを利用した小物入れには、クレヨンで描いた母親の似顔絵。そして、カーネーションを形どったメッセージカード。震えた筆跡だが、とても上手過ぎるくらいの「ありがとう」の文字。どうやら、先生が書いた文字をなぞり書きしたようだ。母としては、 [続きを読む]
  • 楽しいお絵かき
  • 画用紙やノートだけでなく、カレンダーや広告の裏も、足りないくらい。暇さえ有れば、絵を描き ハサミでチョキチョキ テープでペタペタ。三つ子の創作意欲は、止まらない 最近描く絵は、とってもカラフルでダイナミック好きなキャラクターは、よく特徴を捉えていて、我が子ながら感心する チェシャネコ(不思議の国のアリス)by 長女 ラプンツェル(塔の上のラプンツェル)と星 by 次女 大トトロ(となりのトトロ)by 三女 ぬり絵 [続きを読む]
  • さよなら、ベビーカー
  • 多胎児サークルのフリーマーケットに出品しても、今まで売れずに残っていたベビーカー。置き場所も取るし、購入後もうすぐ5年で、安全面を考慮すると今回こそ売らねばと思っていた。 育児グッズを全く準備をしないまま管理入院してしまった私。部屋で双子ちゃんママ達と、マッタリしながら団欒していた時、話題は購入予定のベビーカーに。同部屋のWさんが、お店でいろいろ品定めして選んだと聞き、「それじゃあ私も!」と即決した [続きを読む]
  • こども食堂(人生初、鉄棒の前回りに成功??)
  • 2018年度初回のこども食堂に参加。受付すると、一番乗りだった!いつも先生が「参加して頂いてありがとうございます」とお声を掛けてくださる。イヤイヤ、こちらこそ「ありがとうございます」ですから。製作は、牛乳パックのブーメラン。マジックで絵を描き、ハサミで切って、テープで貼ると、それぞれ個性的な色柄の作品が出来上がった。 この日は、通っている保育園の懇談会が有り、新担任から進級の説明を受ける為に、1時間 [続きを読む]
  • ”マット敷く派?敷かない派?☆”
  • 抜ける手は、抜こう心身ともに、穏やかに健やかに過ごすためにてなわけで、手抜き育児に加えて、家事も手を抜くことに妻として母として、これが良しとは思わないけど、理想と現実は違うのよね… キッチンマットは長さがある分、洗濯がどうも億劫になる。そこで、今まではキッチンマットがわりに、使わなくなったヨガマットを使っていた。そして、タオルで手を拭いた時に落ちる雫を吸わせる為に、厚手のタオル地マットを2枚敷いて [続きを読む]
  • 寝かしつけの卒業
  • 洗濯と風呂掃除を後回しにして添い寝すると、そのままウツラウツラ寝てしまう。浅い眠りで深夜1〜2時まで寝て、慌てて起きて家事を済ませて寝た所で、早朝4時に起きると、寝た気がしないし疲れが取れない。「そうだ、無理をしない為に抜ける手は抜こう」と言う訳で、添い寝&トントンの寝かしつけを卒業することにした。 ある日「コレって、いつまで続けるべきなのかな?」と思って、ネットで検索したのが、キッカケだった。「幼 [続きを読む]
  • 不安の波
  • インフルエンザで体調を崩してから、なかなか体のだるさが抜けない。頭が、体が、スッキリしない日が続く。 頭の中がざわついている。産後うつの時ほどではないけれど、症状は少し似ている。新しいことを覚えようとしたり、集中したりすることが上手く出来ない。そして、不安の波が押し寄せてくる。時々、大きな波で、つらくなる。1日に何度となく、目に溜まる涙。 このまま、仕事を続けていけるのだろうか。いっそのこと、会社を [続きを読む]
  • 今年度最後のこども食堂
  • 暖かく、穏やかな天気で、三つ子は元気いっぱい園庭で遊んだ。 教室に入ると、紙コップにイラストを描いて、ロケットを製作。その後、先生のピアノで「ひなまつり」を歌ったり、パネルシアターを見たり。 お食事タイムも、四人で協力して器によそってテーブルに運んだ。なぜかうちの子は、外食すると食事中にトイレに行きたがる。ランチルームとトイレは隣接してるが、いつも一緒に行ってとせがまれて参っていた。今回も二人。でも [続きを読む]
  • いのちのうた@長宮登和さん
  • インフルエンザになる少し前のできごと。 私のブログにいいね!をくれた彼女のブログ。空いた時間を見つけては、2週間半掛けて全て読んだ。 体験にもとづく感情が、ココロに響いた。育児法に迷った時、また読み返したいと思う。 三つ子は、私を選んで来てくれたのかも…と思えた。そして、子どもを叱る時、怒鳴ることが劇的に減った。 2017年05月26日(金) 「子どもをどう育てるのか」という傲慢 手法?ノウハウ?みたいなのある [続きを読む]
  • Cさんからの差し入れ
  • 三つ子の場合、赤ちゃん返りは、無いと思っていた。ところが、今回のインフルエンザで、幸いにして掛らなかった次女が、超ワガママ&怒りん坊になり、母を悩ませた。 せめて夜だけはと、長女を隔離して母と二人別室で寝ていたのが、それが不満でならなかったようだ。いつもなら回ってくる「ママのとなりで寝る」お当番を廃止している為、不満MAX。日々の姉妹ケンカはエスカレート。髪を引っ張り、豆イスを投げつけ、ママごと用のス [続きを読む]
  • インフルエンザ B型 到来
  • 月曜日、振替休日で保育園がお休みなので、会社を休んだ。夜になって、長女が発熱しグッタリしてしまった。朝には熱が下がりますようにとお 祈りしたけれど、起きられなくて目がうつろ。とりあえず、元気な次女と三女を保育園に送り、私は会社に電話をして、火曜日も休ませてもらうことに。 長女はしきりに喉とお腹の痛みを訴えている。そこで、インフルエンザと溶連菌の検査をしてもらった。結果は、インフルエンザB型だった。と [続きを読む]
  • 初めてのマラソン大会(初めてのランキング)
  • 保育園のマラソン大会。この1ヶ月間、頑張って練習してきた 練習ではいつも、K君と長女が1番と2番を争っていたらしい。Kくんは、5月生まれで体格も良く、発表会では、最前列のセンターでカッコよく決めポーズをとっていた、活発な男の子だ長女は、最後の練習で勝てたことがうれしかったらしく「負けたくない」と宣言していた…どうやら、1位を狙っている様子 スタートラインには、練習で上位だった子たちが、前の方に並んでい [続きを読む]
  • こども食堂(あんかけうどん/制作:鬼のお面)
  • 1月第2週の土曜日、2018年初めてのこども食堂の日。三つ子は、皆勤賞継続中。今回は、管理入院で同室だった双子兄弟が、ママと一緒に参加した。車で約1時間半掛けて、はるばる田舎町へ遊びに来てくれた 彼女もワンオペ育児、とても頑張っている 良き母であり良き妻、オマケにいつもお洒落で女子力が高い。私よりずっと年下だけど、尊敬している 新生児の頃から、彼女を見習って頑張ろうと思ってきた 制作は、鬼のお面 長方 [続きを読む]
  • ワンオペ育児の救世主(トイレトレーニング編)
  • トイトレ中の子供の身長は、まだ100cmに満たないケースが多い。トイレに行き、パンツを下ろして、ペーパーで拭くことが一人で出来るようになっても、電気のスイッチに手が届かなくて、トイレのたびにお付き合いしなくてはならない。三つ子の場合、トイレに付き合う回数がひとりっ子の3倍なので、一日中トイレに張り付いている感覚になる。 背が伸びて、ギリギリスイッチに手が届くようになると、自分でつけたがるのだが、背伸 [続きを読む]
  • ワンオペ育児の救世主(寝かしつけ編)
  • 寝かしつけは、ずっと子守唄を歌ってきた。北原白秋の「ゆりかごの歌」からスタート。今まで何度歌ってきたことか。「♪ね〜んね〜こ〜 ♪ね〜んね〜こ〜 ♪ね〜んね〜こ〜よ〜」4番まで歌うと「ねんねこ」が12 回。それを365日歌うと年間4380回。時々2回以上歌う事も有る私、「ねんねこ」って言った世界ランキング何位?と、ボンヤリ考えながら歌うことも有った。この数年間歌い続けてきたから…本当に、北原さんに [続きを読む]
  • ワンオペ育児の救世主(嘔吐&おもらし&食べこぼし編)
  • 幼い子を育児をしていると、床を汚して拭き掃除する回数が本当に多い。ましてや、三つ子となると、出来ることと出来ないことのレベルが同じなので、同時に同じ失敗を繰り返されることが多かった。 お掃除の工程は…①乾いた雑巾で、拭き取る②濡れ雑巾で拭く③消毒を吹きかける④乾拭きする⑤雑巾を3枚洗うてな感じ。 1日24時間じゃ足りないのに、貴重な時間のタイムロス…本当に苦痛でならない。 朝食時には、コップの牛乳を [続きを読む]
  • ワンオペ育児の救世主(お風呂編)
  • 寒い冬、お風呂上りに湯冷めして風邪を引かないように、なるべく早くシャツとパジャマと上着を着て欲しい??ところが、一人で三人お風呂に入れるとなると、一人ひとりにつきっきりと言う訳にはいかない。そこで、シャツだけは、体を拭いた直後に、つまりは、洗い場で着せてしまうのだが… これが、なかなか毎回苦戦する。体はしっかり拭いているつもりでも、まだ皮膚の表面がしっとりしているので、シャツは肌に引っ掛かってなか [続きを読む]
  • このブログの存在価値
  • 三つ子の母になることが判明してから、多胎児ママのブログを読むようになりました。妊娠中は、未知なる三つ子の出産への道のりの不安を和らげてくれました。あいにく、産後すぐは時間が無くて一旦遠のきましたが、産後うつの症状が良くなってきてから、また少しずつ読む機会が増えてきました。何をどうしたら、三つ子育児をしながらブログを書けるのだろう?…そう思いながら。育児法を参考にするのはもちろん、自分だけが大変なん [続きを読む]
  • 三つ子の名付け(半年の道のり)
  • 高齢で奇跡的に妊娠して、三つ子と分かった時には、全く産める気がしなかったのに、子供の名前だけは、割と早くに思案し始めていた。不安が多い妊娠期間中だったけど、子供の名前を考えている間だけは、不思議と前向きでとても幸せな気持ちでいられた。 まだ性別の区別も分からない頃から考えていたので、とにかくたくさん候補を出した。 多胎児の名付けは、止め字を揃えたり、韻を踏んだり、何かしら共通にするパターンが多い。せ [続きを読む]
  • 三つ子の名前の由来
  • 地球は太陽系の中で皆既日食を見られる唯一の惑星らしい。名前は、“太陽・地球・月”にちなんで名付けた。三人が、互いに影響しあい、協力しながら生きて欲しい…という願いを込めた。 高齢出産をした人なら、思うところが有るのでは?我が子はきっと、友達よりも早く両親との別れを迎えるであろう。両親がいなくなった時にまだ独身だったら、孤独な思いをするのではないか…。日常はたいしたことなくても、盆暮れ正月くらいは誰 [続きを読む]