るるー主 さん プロフィール

  •  
るるー主さん: 黒の薬剤師会
ハンドル名るるー主 さん
ブログタイトル黒の薬剤師会
ブログURLhttps://ph-lelouch.com/
サイト紹介文薬剤師るるー主の自分のためのまとめノート的なやつです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 321日(平均2.5回/週) - 参加 2017/08/20 09:17

るるー主 さんのブログ記事

  • 薬剤師による医師への情報提供は処方に影響を与えるのか?
  • ひさびさのブログ更新ですが、みなさん応援してくれるとやる気が復活しますのでよろしくお願い致します(笑)さて今回のネタですが、卸の担当者に言われたことがきっかけでデータだしてみようと思ったら、意外と結果が出たので面白いからネタにしてみようと思いました。せっかくなので論文形式で書きます(査読については丁重にお断りいたしますw)背景るるー主は、ブログを書いて偉そうなことを言ってたりすることもたま〜にある [続きを読む]
  • 薬剤師が教える効果的な痛みどめの飲み方
  • ひさびさのブログ更新です。半分ふざけていて、半分は本気で言っています。くすりを飲むことで得られる効果とは、そもそもなにか?過去記事(くすりが効いたってどういうこと?)でも言っていますが、くすりの効果とはくすりの薬理作用、プラセボ効果、自然経過、この3つが合わさったものです。この3つの中で、急性疾患なら自然経過の影響も大きいし、慢性疾患なら自然経過の影響は少ないかなと考えたりします。そして馬鹿にでき [続きを読む]
  • 新薬の安全性の問題って何?
  • 今回は新薬の安全性について少し解説しようと思います。以前、3の法則や治験のFive Toosを紹介しましたね。知っておいてほしい3の法則今回は具体的に、じゃあ新薬ってどんくらい安全性に問題あるのよ?というのを数字などを用いて紹介しようと思います。新薬の3割が市販後に安全性の問題が発覚する?アメリカで2001年から2010年に発売された新薬の市販後の安全性のデータを調べてみると、3割程度の新薬に安全性の問題が発覚してい [続きを読む]
  • 妊娠中の抗インフルエンザ薬はどれがいい?
  • 私の薬局では、処方元から薬のことで電話かかってくる事例として多いのが、妊娠中の薬の使用の可否についての相談です。妊娠中ということで、胎児および妊婦ののことを考えなくてはいけないことで、不確実性のマネージメントが要求されます。(自然妊娠でも、奇形等のリスクがあるが薬を使用して奇形が起きたら、薬のせいにしてしまう可能性が高い)今回のケースは、【抗インフルエンザ薬 妊娠中】でググったら最初に厚生労働省の [続きを読む]
  • ゾフルーザってすごい薬なんですか?
  • 1回飲むだけの終わり?期待の抗インフルエンザ薬2018年5月に塩野義から1回飲むだけで終わりの抗インフルエンザ薬、ゾフルーザが発売されるようなので、現時点でわかっていることについて薬剤師目線でまとめてみようと思います。既存の抗インフルエンザ薬について現時点で発売されている抗インフルエンザ薬は下記の4つになります。(アマンタジンというインフルエンザA型に効くというくすりもありましたが、最近は耐性化が進み、医 [続きを読む]
  • アイボン等のカップ式洗眼は危険?
  • 今回は愛用者も多いと思います、アイボンとかのカップ式洗眼について解説します。わたしも使っていましたが、ドライアイ気味なのはカップ式洗眼のせいかもしれないと思い、最近は使っていません。洗眼にカップ式洗眼はアリなのか?日本眼科学会のアレルギー性結膜疾患診療ガイドライン(第2版)のなかに記載がありますね。 [続きを読む]
  • てんかんという病名が誤解を招く?
  • 今回の記事はてんかんという名前について解説します。薬剤師としては、てんかんに使われる薬物への関心のほうが強く、今回のように病名についてはあまり詳しくないのではないでしょうか?てんかんについて病名が病状を正しく示せていなく、偏見や誤解により患者が苦しんでしまうのはよくないです。過去にも、痴呆が認知症、精神分裂病が統合失調症といったかたちで変更されました。ではてんかんとは一体どんな病気なのでしょうか? [続きを読む]
  • あなたがくすりを飲んだほうがいいかはわかりません
  • えっ?!って思う方もいるかもしれませんが、薬の効果がある=飲んだほうがいいではありません!!というわけで、今回はさらに後半パートを用意しています。すこし解説していきます。今回の4コマで使用した文献について今回の4コマのなかで使用した文献データはSHEPと呼ばれるもので、収縮期血圧いわゆる上の血圧が高い方を対象に血圧をさげることが有用かどうかを調べた最初の研究になります。 [続きを読む]
  • あなたがくすりを飲んだほうがいいかはわかりません
  • えっ?!って思う方もいるかもしれませんが、薬の効果がある=飲んだほうがいいではありません!!というわけで、今回はさらに後半パートを用意しています。すこし解説していきます。今回の4コマで使用した文献について今回の4コマのなかで使用した文献データはSHEPと呼ばれるもので、収縮期血圧いわゆる上の血圧が高い方を対象に血圧をさげることが有用かどうかを調べた最初の研究になります。 [続きを読む]
  • インフルエンザの早めの受診はどうなの?
  • インフルエンザが大流行しています。わたしの勤務する薬局でも、インフルエンザばっかで正直業務がまわらないです(涙)(インフルエンザの治療薬にかかる指導は長いため…)そこで今回はこのインフルエンザの早めの受診などについて考えていこうと思います。インフルエンザの検査の精度は?この時期、風邪症状で病院にかかるとインフルエンザの検査をしてもらうことが多いと思います。さてあの鼻をグリグリする検査って精度はどれ [続きを読む]
  • インフルエンザの早めの受診はどうなの?
  • インフルエンザが大流行しています。わたしの勤務する薬局でも、インフルエンザばっかで正直業務がまわらないです(涙)(インフルエンザの治療薬にかかる指導は長いため…)そこで今回はこのインフルエンザの早めの受診などについて考えていこうと思います。インフルエンザの検査の精度は?この時期、風邪症状で病院にかかるとインフルエンザの検査をしてもらうことが多いと思います。さてあの鼻をグリグリする検査って精度はどれ [続きを読む]
  • 風邪に抗菌薬の使用で重症化を予防できますか?
  • 先日、薬剤師は風邪に抗菌薬は飲まない。本気で風邪に抗菌薬が効くと思っているのは勉強不足である的なのを書き煽ってみました。今回は、患者をすこし煽ってみました。前回のもの、および今回のものはツイッターでの拡散を狙って作成したため、内容がすこし下品です(まぁ普段からかもしれませんが)あまり煽ったりして啓蒙活動するのは効果的ではないですし、敵を増やしてしまうことも重々承知ですがそれでもすこしは意味があるも [続きを読む]
  • 薬剤師は○○は飲まない
  • 2020年までに第三世代セフェム系抗菌薬、マクロライド系、ニューキノロンの使用を2012年時の使用の半分に!!というアクションプランがでていましたが、大丈夫ですかね。正直、現場的には全然減ってる感じしませんが(汗)あまり抗菌薬に詳しくはないのですが、すこし抗菌薬の適正使用に貢献できればと思い、今回4コマにしました。すこし煽り気味なのは、お許し下さい。薬剤師は本当に風邪に抗菌薬を使用しないのか?今回4コマの中で [続きを読む]
  • アレサガテープってなによ?効くの?
  • 今回は2018年4月に発売が予定されているアレサガテープについて、薬剤師の視点からまとめてみようと思います。アレサガテープについてまとめてみるまずは基本的事項名称の由来…特になし(IFより)ないのかい!!IFにのせられない由来なのかね、アレグラのアレルギーグランドチャンピオンみたいに…有効成分および用法用量…エメダスチンフマル酸塩4?(8mg)を胸部、上腕部、背部又は腹部のいずれかに貼付し、24時間毎に貼り替え [続きを読む]
  • 2018年診療報酬改定の感想(調剤基本料編)
  • 診療報酬改定、調剤基本料編2018年度診療報酬改定の時期が迫ってきました。1月24日の中医協の資料で大枠が決まったようなので、簡単にまとめてみようと思います。まずは影響がかなり大きいところはいわゆる門前薬局の評価の見直しにより調剤基本料の特例が増える…2016年でもありましたが、今回でもさらに範囲を拡大するみたいですね(白目)現行改定案調剤基本料1 41点調剤基本料1 ●点調剤基本料2 25点調剤基本料2  [続きを読む]
  • こどもの発熱時に冷却ジェルシートは無意味ですか?
  • こどもの発熱時に冷却ジェルシートは有効?薬局、ドラッグストアに冷えピタ、熱さまシートといった商品名で販売されている冷却ジェルシートは効果があるのでしょうか?おでこに貼っても熱を下げる効果はないから、使う必要なしと思っているひとも多いのではないでしょうか。今回は、その冷却ジェルシートは有効なのか、そして子どもの発熱についてもすこし考えてみようかなと思います。冷却ジェルシートは体温を下げるのか?冷却ジ [続きを読む]
  • 薬剤師は何考えているの?〜幼児にカロナール編〜
  • 薬剤師の仕事は誰にでもできるんじゃない?と言われることが多々ありますが、本当にそうでしょうか?今回は現場の薬剤師は、こんなこと考えながら患者さんと接しているんだよってことを薬学生や新人薬剤師、そして他の医療従事者および一般のかたがたに知っていただけたらな〜と思います。ただ私自身、上級薬剤師になるべく日々勉強している下級薬剤師のため、内容に至らぬ点もあるかもしれませんので、温かい目でみていただく存じ [続きを読む]
  • 医薬品集って毎年買うべきですか?
  • 毎年この時期になりますと、各社から新しい医薬品集が発売されます。私は個人では購入しませんが、薬局には今日の治療薬が置いてあります。ただ今日の治療薬である必要があるかと言われると、いやほかの医薬品集買ったことないし、薬局においてある今日の治療薬もあまり開くことがないからそもそも必要だと自信をもって言えないところもあります…というわけで…やくちち先生に無茶ぶりしてみた(笑)以前にツイッターでいつも仲良 [続きを読む]
  • 薬局実習では是非とも対人業務を学生に
  • 2018年1月9日より、Ⅲ期の薬局実習がスタートします。いまだに薬局実習では、服薬指導はほとんどできず、くすりのピッキングだけやっていましたなんていう学生の意見も聞いたりします…なので指導薬剤師の皆様には、学生に薬局での対人業務の見せてあげてほしいなと思っています。是非ともご協力お願い致します。(まぁそんな指導薬剤師が、こんなブログを見るとは思えませんけどw)対物業務?対人業務?薬局業界は、ずっと前から [続きを読む]
  • 薬歴の10項目、薬局内で統一できていますか?
  • あけまして、おめでとうございます。今年も黒の薬剤師会をよろしくお願い致します。新年最初の4コマは、個別指導対策についてですね。大手チェーン等は、ここの記載も統一するように言われているのではないでしょうか?もし、そんなの知らなかったというかたが、いましたら薬局内で共有し記載内容の統一をしていくといいと思います。薬歴の10項目とは?薬歴管理料を算定するにあたり必要な項目をまず下に表記します。 [続きを読む]
  • 新年のあいさつ
  • 本日から仕事している方も多いと思いますが、黒の薬剤師会の会員の皆さん、あけましておめでとうございます。昨年発足した黒の薬剤師会ですが、皆さんの活躍により会員数も増え、日本薬剤師にとって代わる日も近いかと思います。どうぞ、本年も応援よろしくお願い致します。2018年の目標について新年などで、今年の目標をたてましょう。目標については、むむさんが色々と教えてくれていたので参考にしながら立てようと思います。1 [続きを読む]
  • 2017年、お世話になりました。
  • 2017年を振り返る今年もいよいよ終わりです。あまり普段はしませんが、周りの薬剤師ブロガーにならって2017年を振り返ってみようと思います。第二回AHEADMAPリアルワークショップまずは6月に行われたAHEADMAPのワークショップに昨年同様に今年も参加してまいりました。複数のグループに分かれ、ディスカッションするのですが、私のテーブルは新人薬剤師がいました。まぁそしていい意見を言ってくれて、とても刺激になりました。そ [続きを読む]