あかね さん プロフィール

  •  
あかねさん: 紙好倶楽部
ハンドル名あかね さん
ブログタイトル紙好倶楽部
ブログURLhttp://stamp.happystudylife.com/
サイト紹介文幼い頃より紙でできたものが好き・・・ 切手、しおり、蔵書票etc 切手・消印の倶楽部
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 115日(平均1.7回/週) - 参加 2017/08/20 18:03

あかね さんのブログ記事

  • 名古屋駅デイリー1 丸型和文印 h7.1.26 
  • デイリー1とは、どんな郵便局?デイリー2はあるの?様々な想像を掻き立てる局名です。名古屋の方はきっと名前の由来もご存じなのでしょうね。駅周辺のデイリー地区とか、デイリースポットなどの言葉が検索に引っかかってきますが、ネットでは決定的なことが分かりませんでした。 ただし、この局は、1990年4月15日に 名古屋駅の建て替え工事に伴い名古屋駅内分室を廃止し、代替として名古屋駅デイリー1郵便局を設置。 2000年3月6 [続きを読む]
  • 鉄郵印 宮崎都城間 郵便番号宣伝(6次) c625 郵便配達員とナンバーくん 
  • 鉄郵印は、 郵便車両の中で、郵便物に押された消印。駅前や駅構内のポストに投函された手紙等を回収し、鉄道郵便車内に持ち込み、処理したもの。消印の月は不明瞭ですが、切手の発行がs48.7.1なので陰影から9月と判断できます。宮崎都城間 鉄郵印 s48.9.21 上一 郵便番号宣伝(6次)c625 郵便配達員とナンバーくん 最近 「鉄郵印」に関して参考になるサイトを見つけたので紹介します。北奔南走 スタンプとラベルの資料室 [続きを読む]
  • カタカナ入り局名 苫小牧ナナカマド h27.6.24 12−18
  •  苫小牧の消印はよく見ますが、しかし、こんなにも明瞭なカタカナ入り局名の消印だとうきうきしてきます。満月では難しいので、混貼のものになります。ナナカマドは、苫小牧市の「木」らしく、地域振興の一つなのかもしれないと感じました。他の市町にもナナカマドを公共団体の「木」にしているところはあるようです。 台切手のフジ120円は、消印が見えにくい切手ですが、丁寧に浸透インクで押されたものは、きれいに読める [続きを読む]
  • 名古屋西・JPタワー名古屋内分室
  •  集配局の地域が広いとき、分室を設け、その地域の集配を効率的に行うことがあります。それにより、拠点となる集配局まで何度も往復しなくて済むということです。  今回の消印は、名古屋西・JPタワー名古屋内分室 丸型和文印 h27.12.11 18-24 ウメ82円消印は鮮明ですが、全く満月印ではありません。   本日付のウィキペディアによると(引用) 平成27年12月7日 - 名古屋中央郵便局名古屋駅前分室がJPタワー名古屋への移 [続きを読む]
  • 鉄郵印 福島秋田間 s58.3.5 上三 60円梵鐘
  • 鉄郵印は、 郵便車両の中で、郵便物に押された消印。駅前や駅構内のポストに投函された手紙等を回収し、鉄道郵便車内に持ち込み、処理したもの。今回の消印は、私としては詳しくないのでもう少し勉強してから記事を書けるとよいと考えています。櫛形印の鉄郵印 福島秋田間 s58.3.5 上三 60円梵鐘 満月印 [続きを読む]
  • 銘版付き切手 大府 丸型和文印h25.12.19 18-24 ベニシジミ
  • 銘版の部分は、普通取り除かれて貼られます。ものぐさな方だけがこのような切手を残してくれます。この切手の銘版には、大蔵銘、財務銘、国立銘の3種類あります。写真にあるのは、国立印刷局製造です。消印は、あまり良い状況ではありません。左右の2つから、消印の表記が分かるという代物です。実逓便からこのような切手を探すのは、運しかありません。銘版付き切手 大府 丸型和文印h25.12.19 18-24 ベニシジミ30円JUGEMテ [続きを読む]
  • 選挙印 アブラナとモンシロチョウ
  •  選挙印は、 公職選挙郵便規則 という法令に定められています。具体的なことは、こちらで。(ただし、法が改正されて、リンク切れの際は、各自検索してください。 今回の消印は、年月日を示した上の部分です。選挙印とは分かりますが、どの局で手続したものか不明です。 この手の印は、ゴム印で偽造があると他のサイトで読んだことがありますが、オンピースの場合、選挙に使われたものかは裏を見れば確認できます。この切手の [続きを読む]
  • 記念切手に試行印 兵庫丹南 満月
  • 全国の71箇所の郵便局で使われた郵便印。資料として、確認したい場合は、私が、参考にさせていただいている「ポストスタンプブログ」で試行印で検索してみるとよい。収集の難易度も書かれているので、大変役立っている。感謝。  櫛型印から、日付の上下(D・E欄)に半円形の枠を残したものになっている。今回は、普通切手とは違いやや大きめの記念切手ということもあり、余裕で満月印となった。 兵庫丹南 試行印 s59.10.1 [続きを読む]
  • 東京中央  インクジェット和欧文機械印 カワセミ80円
  • インクジェット和欧文機械印は、切手に〜波の部分が多く印字されたものが多く、局名・年月日・ローマ字局名が読めるものが、少ないのでなかなか満月ドンピシャとはいきません。この切手は、東京中央郵便局 平成19年2月8日付のインクジェット和欧文機械印です。平成19年1月から使用されているので、結構初期に使用された例です。オンピースでないと年号が読み取れないところと、長波のタイプの初期の消印なのですが、その [続きを読む]
  • 初期使用(発行3カ月以内) 電子郵便
  •  電子郵便切手には、昭和59年10月1日に発行された スピード500円と、昭和60年8月1日に発行されたネットワーク500円の2種類しかありません。電子郵便切手は、電子郵便(レタックス)のための切手ではあるが、一般の郵便にも使用することができた。 今回の電子郵便切手 スピード500円は、一般の郵便に使用された例である。 秋田・神宮寺 櫛形印 s59.12.? 12-18 電子郵便切手スピード500円  JUGEMテーマ [続きを読む]
  • 広島中央 平成に入ってからの直線式和文ローラー印
  • JUGEMテーマ:切手 現在のローラー印は、斜線の仕切りとなっています。その前までは、写真のような直線式が使用されていました。収集のため、参考にさせていただいているブログ「 ポストスタンプブログ 」によりますと、 ”斜線区切りは、平成2年10月1日から全国の1291普通局で配備されたと。丸型印と比較しますと非常に多いのですが配備本数が1本程度しかなく、しばらくは旧来の直線式も併用されたようです。従って平成5〜6 [続きを読む]
  • 初期使用 ニホンジカ10円
  • ニホンジカ10円の発行は、昭和47年2月1日となります。この発行日から、あまり月日を経ないで使用されたものが初期使用と呼ばれます。私の感覚では、人為的に作られた初日印やその満月印も魅力的ではありますが、それ以後の実逓便の初期使用の方が数は少ないのではないかと考えるのです。初期使用の楽しみ方の一つです。 今回のニホンジカ10円は、ハガキに使用されており発行目的どおりの使用だと考えます。発行1か月以 [続きを読む]
  • 初期使用 ソメイヨシノ10円
  •  ソメイヨシノ10円の発行は、昭和36年4月1日となります。この発行日から、あまり月日を経ないで使用されたものが初期使用と呼ばれます。私の感覚では、人為的に作られた初日印やその満月印も魅力的ではありますが、それ以後の実逓便の初期使用の方が数は少ないのではないかと考えるのです。初期使用の楽しみ方の一つです。 今回の10円は、混貼なので、本来の目的の使われ方とは違うのでしょうが、発行2日後というのは [続きを読む]
  • 大阪北 インクジェット和欧文機械印
  • インクジェット和欧文機械印は、〜波の部分が多く、局名・年月日・ローマ字局名が読めるものが、少ないのでなかなか満月ドンピシャとはいきません。この切手は、普通切手ではありませんが実逓便とは思えないようないい位置に押印されています。 ウィキペディアによると、大阪局は、平成28年3月ごろから使用されていると記載されています。 銀座局、渋谷局、さいたま新都心局、日本橋局、晴海局、丸の内局、東京中央局、四日 [続きを読む]
  • 佐世保局 消印漏れ消印
  •  消印漏れ消印は、郵便に用いられた切手に消印が押されていないと気づいた時点で、押されるものです。日付はなく、小さいサイズが用いられるのが多いです。 ですから、同じ局の消印が押されていたり、配達先の曲のものが押されていたりとバリエーションがあると思います。ときに手書きの〒マークが切手に書かれるときもあります。 満月印は、なかなか見つけにくいところがあります。今回の切手もオンピースですが、100円切手 [続きを読む]
  • 神田 消印漏れ消印
  •  消印漏れ消印は、郵便に用いられた切手に消印が押されていないと気づいた時点で、押されるものです。日付はなく、小さいサイズが用いられるのが多いです。 ですから、同じ局の消印が押されていたり、配達先の曲のものが押されていたりとバリエーションがあると思います。ときに手書きの〒マークが切手に書かれるときもあります。 満月印は、なかなか見つけにくいので、今回はオンピースの消印ですが、局名が明瞭なところがよ [続きを読む]