bell さん プロフィール

  •  
bellさん: bell's town
ハンドル名bell さん
ブログタイトルbell's town
ブログURLhttps://bellstown.blogspot.jp/
サイト紹介文テキストサイト復刻をもくろむ管理人による雑文サイト。Web小説「Rebirth」連載予定 (笑)
自由文予定しているコンテンツは気まぐなエッセイ、おすすめ品の紹介文、日記、Web連載小説です。生暖かい目で見守り、細く長くお付き合いいただければ幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 114日(平均4.5回/週) - 参加 2017/08/21 00:13

bell さんのブログ記事

  • 小規模な音楽イベント用の音響機材を調達した話
  • 個人所有としてはオーバースペックな音響機材を調達したので、その話を書いてみようと思う。コンセプトは「素人でも簡単にセットアップできて、気軽に音楽イベントができる機材」である。同時に「これを使っておけば間違いない、そこそこ定番の音が出せる」ことも目指している。アコースティックギターを中心にした、観客30名以下の小規模な音楽イベントが想定だ。調達した機材はこちら。ミキサー: MG82CX (YAMAHA)アンプ:  [続きを読む]
  • 茶色い犬(通称「茶色いの」)が実家に来た日のこと
  • 2年前の11月21日のこと。勤労感謝の日が月曜日にかかっており、わたしは連休を口実に帰省していた。当時実家では、先代の犬(色は白いのだが紛らわしいので「先代」としておこう)が健在だった。先代は高校受験の歳から実家にいた、当時20歳の超高齢犬である。しかし半年くらい前から頻繁にけいれん発作を起こすようになったので、いざというときに備えて、わたしは暇を見つけては帰省していた。その日の夜も、先代は発作を起こし [続きを読む]
  • Rebirth5 研究生
  • お断り:このストーリーはフィクションで、特定の個人や団体を誹謗中傷するものではありません<表紙から読む>Rebirth5 研究生なにはともあれ僕たち家族は、異国の地で慣れない生活を始めた。そんなとき母は、とある日本人のご婦人と親しくなった。ご主人が父の仕事の関係者だったと記憶しているが、なんせ僕が小学校に上がる前のときだったので詳細はよく知らない。彼女(ここからは「岡島さん」と呼ぶ)こそ、はじめて母に接触 [続きを読む]
  • 二子玉川に向かう日( #飯田舞 ワンマンライブ@二子玉川KIWA)
  • 現在の東京、お天気は曇り。 先ほどまで降っていた雨の所為で、かなり空気が冷え込んできました。 先日も書いた飯田舞さんのライブに参加するため、二子玉川に向かう道中での更新だ。 たぶん多くの人がしていると思うんだけれども、ライブへの道中はそのアーティストさんの楽曲をシャッフル再生して気分を盛り上げている (笑) ずいぶん前から飯田舞さんの楽曲は聴いていたのだが、ライブに足を運ぶのは今回が初めて。(計画してい [続きを読む]
  • 犬同士の絆って人が想像するより強いのかもしれない
  • わたしの実家には二匹の犬がいる。茶色いの(二歳三か月)と白いの(七か月)とで、白いのが我が家にやって来たのは今年の初夏だった。かれこれ半年近く一緒に過ごしている二匹なのだが、とてもじゃないが「抜群の相性」と表現することができないでいた。寝床で二匹寄り添って寝ることだけを「抜群の相性」と呼ぶならば…だけれども。おっとりした甘えん坊な茶色いのと、年相応にやんちゃでいたずら好きな白いのの組み合わせなので [続きを読む]
  • 自宅から150キロ先のコメダ珈琲でシロノワールを食べてきた日
  • 久々に平日の休みが取れたので、富士市へ行ってきた。彼女とのデートである。朝の7:00過ぎに自宅を出発して新宿まで向かい、そこから小田急線に乗る。終点の小田原駅からJR東海道本線に乗り換え、熱海駅を経由して目的地の富士駅まで、直線距離換算およそ150?を4時間かけて移動する。けっこうな頻度で富士近辺に行っているので、すっかり通い慣れた道のりだ (笑)今日は秋晴れの気持ちいい天候だったのだが、あいにく富士山はてっ [続きを読む]
  • 合いの手って難しい(PPPFの話)
  • とある日のデート中、彼女が突然「bellちゃん、『PPPF』って知ってる?」と聞いてきた。そして「ライブ中の『PPPF』が苦手な人って多いみたいよ」と続ける。――ちょっと待って (笑)その「PPPF」なる略語の意味、知らないんですけど σ(^◇^;)bell: 「PPPF」って何?「パンパンパフパフ」のこと?彼女: なに、その「パンパンパフパフ」って (爆笑)bell: んー。。。なんだろ? (だからガチでわからんのよ。 [続きを読む]
  • ShureのBluetoothイヤホンを買ってみた
  • 通勤や通学に、なにかと電車に乗ることが多い東京。片手にスマホ、耳にはイヤホンが、日常の車内風景としてすっかり定着した。ご多分に漏れず、わたしも電車に乗るときはたいてい耳にイヤホンを突っ込んでいる。音楽を聴くのも好きではあるが、わたしは聴覚過敏気味(車内アナウンスが苦手)なので、車内の雑音を遮断することが最大の目的だ。通勤で電車に乗っている時間はそれほど長くない(片道20分くらい)のだが、彼女に会いに [続きを読む]
  • 2017年10月20日のこと
  • これは、ちょっとだけ私的な内容です。2017年10月20日の金曜日、とある方が亡くなりました。母と一緒に、お見舞いに行こうと計画していた矢先の訃報でした。※訃報を聞いたのは10月25日の水曜日のことですその方は筋萎縮性側索硬化症(通称ALS)を患っていました。病気の進行を少しでも遅らせるべく、懸命な闘病生活を送っていました。詳細な死因は伺っていませんが、おそらく病気に由来した何かが起きたのでしょう。実はその方 [続きを読む]
  • 人力ナビ 後編 (bell Navigation System)
  • 前回のお話はこちら↓http://bellstown.blogspot.com/2017/10/bell-navi.htmlかくして。静岡県は富士市内の路上にいる彼女が告げる目印を、都内の自宅にいるわたしがGoogle マップで追跡しながらナビする、なんとも無謀な旅が始まった (壮大だな。笑)渋滞が激しい市街地をいったん迂回させるべく、Google マップを眺めてみると、思いのほか道が判る。実は富士市は彼女とのデートコースなので、ここ数年の間に何十回と訪問してい [続きを読む]
  • 人力ナビ(通称:bell Navi) 前編
  • 静岡市に住んでいる彼女、車が車検切れなので富士市内の中古車屋さんに出かけていた。今日の夕方のこと、仕事中に彼女からメールが届いた。「車の契約をしたから、今から買いものをして帰るよ」とのこと。仕事を終え、帰る間際になって再びメールが届いた。「台風でバイパスが由比で通行止め。家に着くまで一時間以上かかりそう。」職場を出る頃、再びメールが届く。「bellちゃんが家に帰るまで帰れないかも」すぐさま彼女に電話で [続きを読む]
  • Rebirth4 834万0982分の1
  • お断り:このストーリーはフィクションで、特定の個人や団体を誹謗中傷するものではありません<表紙から読む>834万0982分の1話は変わるが「ヤーヴェの証者」をご存じだろうか?「2人組で家を訪問して印刷物を紹介する宗教」と書けば、少しは馴染みがあるかもしれない。宗教分類学なるものがあるとすれば、ヤーヴェの証者はキリスト教系の新興宗教に該当する。1870年代にアメリカの実業家チャールズ・T・ラッセンが興した、プロ [続きを読む]
  • Windows10 FCUに思うこと(OSアップデートの思い出)
  • まずは「FCU」について説明しよう。「FCU」とは、10月17日に公開されたWindows10の大型アップデート、通称「Fall Creator's Update」の略である。入手可能になったと聞いて、さっそく下記ページからツールを入手、手動アップデートをした。#わたしは、この手のアップデートは即日やっちゃう派 (スピード命。笑)Windows10のダウンロード(Microsoft公式ページ)https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10職場か [続きを読む]
  • 「シニア」ってなんだ?(四方山話あれこれ)
  • 前回の日記に書いた「シニアグラス」について、Cさんからご意見をいただいた。(日記を読む)シニアグラスではなくてリーディンググラスではないですか?シニアというと60歳からですよ。ふむふむ。まずは「老眼鏡」の呼称が「シニアグラス」か「リーディンググラス」かについてだけれども、これは眼鏡市場さんの公式サイトの呼称を参考にしよう。該当するページはこちら。>> 「初めての老眼鏡選び」https://www.meganeichiba.jp [続きを読む]
  • 眼鏡を作った日(初めてのリーディンググラス@眼鏡市場)
  • 今回のタイトル、正確には「眼鏡を作ってあげた日」となる。初めてリーディンググラスなるものをオーダーしたのだけれど、わたしが使う眼鏡ではない。しばらく前から「手元が見えない」とこぼしている、パートナーのために作ってあげたのだ。(こないだピカピカに磨いてもらったし、わたしの眼鏡は、あと二年くらい戦える。笑)5年以上の付き合いになるパートナーは、日頃から自分のためにお金をあまり使わない人間だ。なにかにつ [続きを読む]
  • 14時間以上も眠った日
  • いやー、我ながらよく寝ました (笑)念のために書いておくと、よく寝たのは金曜日の夜から土曜日にかけてのお話。もうひとつ書いておくと、これは「ぶっ続けで眠った」訳ではなく、途中でごはんを食べたり、水分補給をしたり、メールしたり、電話したりを同時進行でやっている。たぶん、ぶっ続けで眠れるのは若者の特権だよね (笑)まぁこれは今回に限った話でもなく、わたしはけっこう頻繁に「寝だめ」をしている。(医学的見地から [続きを読む]
  • 動悸が酷かった日
  • 秋が一気に深まり、朝晩は初冬のような冷え込みの今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。今晩は中秋の名月ですよ、右や左の奥さま旦那さま。森羅万象は移ろいやすく、少年老い易く学成り難し。諸行無常の響きあり。そしてジブラルタル。なんだか文体が定まらないぞ (笑)まー、なんと言うか、普通に絶賛体調不良のまっただ中だ。頭痛、身体の倦怠感、異常な眠気、肩と背中のこわばり、手足の痺れ、ダメ出しで舌にも痺れている箇所 [続きを読む]
  • 岡崎倫典 「珠玉のメロディ20」
  • 先日も書いた岡崎倫典さんの新刊が、Amazonから届いていた。荷物をコンビニで受け取って、ホクホクしながら自宅に帰ってきたbellです (コンビニ受取って便利。笑)こちら↓「フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20(Amazon)さっそく師範演奏CDをiTunesに取り込んでヘビロテしながら聴いている。収録されている曲目は知っていたんだけど、こうやって聴いてみると倫典さんの守備範囲の広さには毎回驚かされる [続きを読む]
  • 面接をしてきた日
  • タイトルは「(わたしが)面接を受けた日」という意味ではない。より正確には「採用面接に立ち会ってきた日」だ。急きょ現場に欠員が出てしまい、現場責任者として派遣会社の採用面接に立ち会ってきた。わたしの採用基準はただひとつ。「この人と一緒に仕事がしたいと思えるかどうか」だ。今までの経歴とか、保有している資格の数とか、どれだけすごいスキルを持っているかなんて二の次三の次。一日の大部分を一緒に過ごす仲間とし [続きを読む]
  • Amazonでポチった日(岡崎倫典さんの教則本)
  • 今日の仕事帰りのこと、駅ビルに入っているS村楽器に立ち寄った。9月13日に発売されたソロギタリスト岡崎倫典さんの新譜(正確には教則本)がお目当てだ。倫典さんは、ジャンルを問わず様々な楽曲をギター一本で奏でる名手である。1975年のデビューから、発表してきたオリジナルアルバムは13枚。押尾コータローを筆頭に多くの生徒さんを教え、御年60を超えた今も全国津々浦々をまわってライブツアーを精力的におこなっている。岡 [続きを読む]
  • マックロソフト団:次期Microsoft Officeのバージョンが2019だった件
  • この世界は「マックロソフト」という悪の組織に支配されている。かつてマックロソフト団は「ドス」という基本ソフトを世に放ち、やがて「うぃんどうず」という基本ソフトを世に発表した。開発コンセプトは「窓を開けると、そこは異世界であった」とかなんとか。時は1995年。ついにマックロソフト団が世界の覇権を握る時がやってきた。画期的な基本ソフト「うぃんどうず95」を世にリリースしたのだ。なんでも「うぃんどうず95」は「 [続きを読む]
  • メールフォームを設置してみた日
  • サイトをWordPressからbloggerに移転して、早くも二週間が経過しようとしている今日この頃です。ようやくGoogle先生に補足されるようになってホッとしたわ〜 (笑)さてさて。前のサイトにあって、今のサイトになかったもの。それは管理人に連絡を取る手段である。一昔前とはネット事情も異なるので、そのままメールアドレスを載っけるのも不用心だ。そうなると「メールフォーム」なるものを設置する以外にない。やっぱりサイトの体 [続きを読む]