MISAKI さん プロフィール

  •  
MISAKIさん: MISAKI'S LIFE
ハンドル名MISAKI さん
ブログタイトルMISAKI'S LIFE
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/misaki_love_you/
サイト紹介文LGBTであり女装子のMISAKIの日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供144回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2017/08/21 11:53

MISAKI さんのブログ記事

  • 冷却期間
  • 全米プロゴルフは今シーズンの最終戦が終わり、最終戦では5年ぶりにタイガーウッズが復活優勝を果たした。日本の松山英樹もプレーオフ圏外から後半順位を上げ、最終戦では4位タイに入りシーズンを締めくくった。試合後のインタビューで、何の進歩もない1年だったと彼は振り返った。MISAKIも同じ。今年は色んなことを新たに始めたり、色んなことを新たに体験した。けど、それらが、1年前の自分と比較して、何らかの収穫をもたらし自 [続きを読む]
  • サプリメントと恋愛小説
  • 今日、ふと思ったことがあったので、書き記しておこう!ってことで、本日、2度目のブログ更新!(o^^o)MISAKIは、読書するけど、ビジネス本やHOW TO本の類いの本は、ほとんどってくらい手にすることはない。それは、MISAKIの目には、それらがサプリメントのように映るからなんだよね〜例えば、対人関係に悩んでるなら、「人との接し方」って本を選ぶんじゃなく、MISAKIだったら、恋愛小説を選ぶ。要は、栄養吸収と一緒で、足りない [続きを読む]
  • 神と仏と超人類
  • 夏が過ぎ、すっかり朝晩は冷んやり。MISAKIは、漫画描いたり、VRソフト開発にオブザーバーとして参画したりする中、また、少し遠ざかってた読者を再開し始めた。今、読んでる本は、ポストヒューマンを描いた近未来SF小説、「ネクサス」。かなり前に読みたくて読みたくて買った本だけど、ずっと放置状態だった。最近、思い出したように読み始めたんだけど、ホントやばいくらい面白い!何かの合間に本を開けば、あっという間に、40ペ [続きを読む]
  • アイデンティティ
  • アイデンティティとは、自己を確立する要素のこと。時に、それは、自分らしさとか、自己肯定感や個性って言葉に置き換えられたりする。日本では、これを誤って捉え、人間の多様性などがさけばれたりする。全く持って、それはナンセンスなんだけどね。多様性って、そもそも宗教や民族、言語、イデオロギーなどが多種多様な場合に初めて必要とされ、成立する。日本のような島国でほぼ単一民族で、しかも日本語でのコミュニケーション [続きを読む]
  • 疑問
  • 台風が過ぎ、気温も下がり、夏が終わり、日に日に秋に近づいてるって感じの今日この頃。MISAKIはと言うと、ブログは1ヶ月未更新。ポッドキャストも6月半ばから未更新だったりする。全て、飽きたとか、興味無くなったとかじゃなく、ただ単に、時間が足りないだけ。好奇心旺盛すぎて、色んなことに手を出しすぎた挙句、手が回らなくなっちゃったって感じだね〜あー、もっと時間が欲しい。やっぱ、限られた時間こそが宝だって思う。で [続きを読む]
  • 追憶
  • MISAKIは最近ずっと江口寿史の描く漫画やイラストにハマっちゃってる。今や漫画やアニメなんて星の数ほどあるけど、やっぱMISAKIにとって、江口寿史は唯一無二の存在だって思う。特に彼が描く女の子は可愛いすぎる。まさにMISAKIの理想像。思い起こせば、はじめて読んだ「すすめパイレーツ」に登場する沢村真を見た時が、今改めて考えると、ある意味MISAKIのルーツなのかもって思う。こんな女の子と付き合いたい!なのか、もし、自 [続きを読む]
  • 戦争
  • あっという間に8月も、もう中旬。世間は夏休み真っ只中って感じ。ということで、もうすぐお盆だし、半世紀以上前の出来事だけど、終戦記念日だし、今日は戦争について、MISAKIの思うことを書き記しておこうって思う。MISAKIは戦争ってことに関して思うことが二つある。一つ目は、対局にある平和について。MISAKIも社会が平和であることに関しては、望ましい事だって思う。だけど、なんか今の社会というか、昨今の日本は行き過ぎた [続きを読む]
  • 中身
  • 最近、MISAKIは漫画を描いてたりする。一応、ちゃんとしたストーリー漫画をね!でも、やっぱ当然ながら到底プロの漫画家みたいに、綺麗に描けない。先日も本屋さんに行って色んな漫画を観てたんだけど、ホントどれも美しい。特に萌えキャラ系とか、美少女系の漫画なんて、可愛いキャラの漫画なんて、星の数ほどあるんだよ!で、MISAKIは思ったの。結局は、これだけいっぱいの漫画があって、可愛いキャラや美しい絵の漫画は山ほどあ [続きを読む]
  • 戦犯
  • 書くべきか、書かないでおくか、悩んだけど、やっぱ、今の自分の想いを書きとめておくことにした。それは、先日執行されたオウム事件の死刑囚の死刑執行についてのMISAKIの想い。この事件自体は、とても凶悪極まりない事件だけど、MISAKI的には、まさに戦時中の日本のように見えるんだよねー宗教か、国家の違いなだけで、マインドコントロールされた閉ざされた社会の中で起きた出来事。戦争において、罰せられる戦犯が軍のトップで [続きを読む]
  • 電子タバコ
  • 変な液体…注射器…ついに、MISAKIも手を染めちゃいました!電子タバコの再生にね!(o^^o)ちなみに、MISAKIは今で電子タバコ歴2年半。IQOS→glo→IQOSと移り変わり、最終的に今はploomtechに落ち着いたって感じ。だけど、このploomtechは致命的な欠点が一つあって、一箱に入ってる5つのカプセルを使い切る前に、カートリッジから煙が出なくなっちゃうんだよねー(T . T)だから、どんどんカプセルだけが溜まっていく。で、どうしたも [続きを読む]
  • 2年
  • 今日は久しぶりに活動しようって思ってたのに、あいにくの雨。終日、雨??雨だと外を歩くのも傘持って歩かないとダメだし、早々に諦めて宅内でのんびり過ごす一日に変更(o^^o)MISAKIってホント、時間を与えられて何もなくて困るってことがない。多趣味だし、やりたいこと一杯あるし、何なりと充実した時間を過ごすことができる。最低ノートとペンがあればね。お絵描きしたり、頭の中に詰まってることを書き記したり…そういえば、 [続きを読む]
  • 最後の最後で
  • 日本代表のW杯が終わった。選手、監督も言葉が見つからないというコメントをした。MISAKIは、ただただ悔しいの一言。その悔しさには2つある。一つは日本を含めたアジアサッカーに対する世界の意識を変えれなかったこと。そして、もう一つは、勝負にこだわることができなかったこと。結果の2-3というスコアは、後半24分にサッカーの神様がベルギーに微笑んだ、幸運のヘディングゴールが引き金になった。あと10分、いや、あと5分、2- [続きを読む]
  • 勝負
  • 昨晩のサッカーW杯日本代表の戦い方には、賛否両論がある。勝負的側面で見るか、興行的側面で見るか、その見方によって判断や感じ方が真っ二つに分かれる。どちらも間違いじゃない。ただ、勝負的側面で見たとしても、その戦略は、ギャンブル的要素の強い、他力本願な消極的戦略すぎた。サッカーの神様が微笑んでくれたことで、救われたというレベル。試合終了後、西野監督は不本意という言葉を発した。では、本意はどうだったの? [続きを読む]
  • 試金石
  • さっき、セネガル戦が終了した。結果は、2-2のドロー。今回の試合は、ホント日本代表にとっての試金石であり、ターニングポイントかもしれない。MISAKIの目からみても、前回のコロンビア戦より価値があったし、試金石を見事に克服してみせてくれたって思える。それは、劣勢な状況に追い込まれても負けない気持ち。強いハートと勇気と自信。一度じゃなく、二度。以前なら点を取られると、一気に劣勢に受け止め消極的になってたけど [続きを読む]
  • アングローバル
  • 相変わらず、MISAKIは読書ライフを楽しんでるんだけど、ホント、欲しい、読みたいって本が中々手に入らない。どんな大きな本屋さんに行ってもダメ。超マイナーな本じゃなく、世界的に見たら、全部ベストセラーなんだけどね。音楽の世界がJ-POPばかりのように、本の世界も日本人の売れ線作家の作品ばかり。宮部みゆき、湊かなえ、東野圭吾。先日発刊されたニール・スティーブンスン著書の「7人のイヴ」って本なんて、アメリカではビ [続きを読む]
  • 練習の意義
  • 昨晩のコロンビア戦の結果は、既に皆さんもご承知の通り&MISAKIの予想通り、2-1で日本の勝利。馬鹿なマスコミは、ドーハの悲劇やマイアミの奇跡に続き、早速、今回の勝利をサランスクの大金星と名付けたり。大金星?MISAKI的にいうと、そもそも、自国のメディアが、その思考を抱いていること自体が間違いなんだよ。今や選手の技術的スキルは充分世界標準レベルにある。足りないのは、勇気や自信、誇り。何のために練習してるのか? [続きを読む]
  • vsコロンビア
  • まもなく、日本時間21時から、日本代表のワールドカップ初戦コロンビア戦が始まる。FIFAランキングからして、個の総合力としての力量はコロンビアが勝るのは間違いない。だけど、MISAKIは、この試合を制し勝ち点をあげるのは日本だと思う。同じ言葉。同じ意識。同じ自信。勝因を挙げるとしたら、この3つ。日本人監督になって言葉が一つになり、コミュニケーションが向上し同じ意識を持てた。そして、何より皆んなが自分達に自信を [続きを読む]
  • できる。できない。
  • 何か新しいことに取り組み、それを成し遂げることができるか、できないかは、ホント、自分次第だって思う。諦めない想い。それに尽きる。目の前に立ち塞がる障害をただ傍観するのではなく、どうすれば、その障害を乗り越えることができるのかを考える。何かが不足してるから乗り越えれない。その何かを見つけ出す。そして、その何かを自分が手にできるよう、努力する。この繰り返しが、遠い遠くのところにあるゴールに、一歩、また [続きを読む]
  • 隠居
  • どんどん少子高齢化が進む日本社会。寿命が伸びていくのに従って、少しでも老後人生を豊かに過ごすためであったり、少しでも長く社会と繋がっているためであったり、結局は私利私欲のために社会に留まろうとする。隠居。それまであった立場を他人に譲り、第一線から身を引くこと。民法では、その年齢を満60歳以上と定めている。MISAKIは、未来を考えるなら、その年齢は妥当な年齢だと思う。隠居や引退の年齢は、未来創造に向けたチ [続きを読む]
  • ダークサイドとワンピース
  • テクノロジーの進歩が人類の労働を奪っていく。MISAKIは必ずしもそれ自体が悪いことだとは思わない。人に代わって、AIや機械が仕事をしてくれて、人には働く以外の時間をもたらしてくれる。テクノロジーが生み出した利益は、ベーシックインカムというカタチで、人々に分配され、一定の生活保障がなされる。それは、自分の時間、本当にやりたいことを謳歌できる人類の理想郷のような世界かもしれない。でも、それは実際のところ、モ [続きを読む]
  • 帝国
  • 学生時代に手にし学びのバイブルだった、シュンペーターの古典ともいうべき名著を再び買い直したMISAKI。マルクスでもなく、ケインズでもなく、シュンペーターこそ、今直面した問題を解決するヒントを与えてくれるだろうから。ちなみに、MISAKIには、GAFAが植民地帝国のように見える。マネーゲームによって巨大化する帝国の欲望は尽きないまま全てを飲み込んでいくだろう。日本のモノづくりの象徴である自動車産業ですら、心臓部に [続きを読む]
  • 創造的破壊の終焉
  • 創造的破壊。それは、オーストリアの経済学者、ヨーゼ・シュンペーターが唱えた資本主義のエンジン。モノに価値を持たせ、より大きなお金を得る。お金を増やすこと=資本主義の目的。より大きな価値を求め、古いモノを壊し新しいモノを創造していく。商品によって得たお金を新しいモノづくりに投資し、より大きなお金を得るという仕組みは、もうとっくに破綻している。過剰生産と売上悪化。賃金は下がる。売上は下がる。投資は下が [続きを読む]
  • スマイルビーム通信vol.9配信
  • スマイルビーム通信第9回目の放送配信開始!今回は無謀ながら、台本なしのフリートークに挑戦!しかも、長編の約50分!ぜひ、最後まで聴いてくださいねー(o^^o)パーソナリティ MISAKI時間 約50分番組配信サイト http://smilebeam.netiTunesからも視聴いただけまーす!女装(ノンアダルト)ランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • 昨晩、VRシアターで映画ダークナイトを観てから、ずっと、正義と悪、光と闇の呪縛に苛まれてたMISAKI。昔から、アングラ=アンダーグラウンド〔地下社会〕が存在してるように、表社会の裏側には、闇社会が存在する。今のインターネット社会も同じく、我々が普段利用してるネット環境は、ほんの1パーセントに過ぎないサーフェイスサイトと呼ばれる世界で、その深層にはディープサイトがあり、さらに深くには一般ではアクセスできな [続きを読む]