starvenus777 さん プロフィール

  •  
starvenus777さん: 星屑ビーナスの朝露の夢の下
ハンドル名starvenus777 さん
ブログタイトル星屑ビーナスの朝露の夢の下
ブログURLhttps://ameblo.jp/starvenus777/
サイト紹介文創価学会員の詩のブログです。
自由文一創価学会員の詩のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2017/08/21 22:43

starvenus777 さんのブログ記事

  • ダメダメな僕
  • 「妙法蓮華経と唱へ持つと云うとも若し己心の外に法ありと思はば全く妙法にあらず麤法なり、麤法は今経にあらず今経にあらざれば方便なり権門なり、方便権門の教ならば成仏の直道にあらず成仏の直道にあらざれば多生曠劫の修行を経て成仏すべきにあらざる故に一生成仏叶いがたし、故に妙法と唱へ蓮華と読まん時は我が一念を指して妙法蓮華経と名くるぞと深く信心を発すべきなり。」何かある度に、ブレてしまう。ダメダメな僕。己 [続きを読む]
  • 自分が生きて自分が死ぬ、そのことに責任を
  • 日蓮大聖人は池田先生は創価学会は御本尊は拝んで下さいなんて一言も言っていない自分が生きて、自分が死ぬそのことを深く自覚し責任をもてば誰かのせいになんてできるわけがない怖いだろう不安だろう諦めたくなるだろう己の生命が仏界だと思い出さない限り生死の流転の軛は断ち切れないもしろ生死を正しく位置づけるためにこの限りある生を最高に輝かせるために生まれたはず [続きを読む]
  • SURVIVE
  • 第六天の魔王の言いなりで迷ったままで不満と不安を吐き出してそれで満足かい?発迹顕本すらしないでリタイアするきかい?組織のせいかい?師匠のせいかい?同志のせいかい?全部己なんだ。己心の外に法を求めているのは誰だい?まだまだ終わりじゃないまだまだ終わらせないまだまだ突き抜けたいまだまだ成長したいまだまだまだまだこんなもんじゃないんだこんなもんでは足りないんだ誰がリタイアしても誰が甘く抱き寄せても誰が [続きを読む]
  • 中庸の精神
  • 池田先生は教えてくださった自己を追求するとエゴになる利他を追求すると偽善になる自己も他者も共に善くなってこそ真実の人間主義だとすなわち中庸の精神こそ21世紀の人間のあるべき姿だと時間は存在しないだから因果律も存在しない生命は無始であり無終である虚空会の儀式を現した御本尊を真実に信じ抜けばすなわち発迹顕本すれば全ての生命の尊厳の根拠人類が苦闘の末に見出した人権の根拠が明らかとなるいつか、どこかにゴー [続きを読む]
  • イニシエーションの重要性と人類史の課題
  • なぜ虚空会の「儀式」なのか? 虚空会の集いでもなく、虚空会の座談でもなく、なぜ虚空会の「儀式」なのだろう。 人類は近代化と共に生命の根源的なイニシエーションを忘れてしまった。見失ってしまった。 そこに人類史の不幸の流転がある。 現代の人類の全ての活動は従因至果だ。 原因に従いやがて結果に至るという発想だ。 そこにこそ現代文明が抱えている病巣がある。 人類史が抜本的に変換するとき従果向因へと大転換するだ [続きを読む]
  • 大乗非仏説論への考え方
  • 池田 釈迦牟尼の教えのうち、日常的な生活やこの人生を空しいものとし、この日常的人生から離れてしまうところに苦悩のない涅槃の境地が得られると説く教えと、菩薩として現実社会の中に飛び込み、人々の救済のために命を投げ出して取り組んでいくところに真実の涅槃が得られると説く教えとがあります。後者の考えは、中央アジアを経て、中国、日本へと伝えられ、前者の教えは、主として東南アジアの諸地域に広まりました。現実 [続きを読む]
  • 「人生地理学」
  • 「人道的競争はこれを今日の国際間において見るあたわざれど、生存競争場裏の最終の勝者が必ずしも経済的優勝者にあらずとは現在においてもすでに思想発達のある程度以上の者には認識せらるるところなれば、経済的争闘時代に代わって次に来るべきものは人道的競争形式ならんとは吾人の想像に難からざるところなり。」「人生地理学」第三十章 牧口常三郎先生の透徹した知性と情熱の眼差しは遥か先の人類の未来社会の在り方を的確 [続きを読む]
  • ゾシマ長老の言葉
  • 「カラマーゾフの兄弟」ゾシマ長老の言葉今すべての人はできるだけ自分を切り放そうと努め、自分自身の中に生の充実を味わおうと欲しています。ところで、彼らのあらゆる努力の結果はどうかというと、生の充実どころか、まるで自殺にひとしい状態がおそうて来るのです。なぜと言うに、彼らは自分の本質を十分にきわめようとして、かえって極度な孤独におちいっているからです。現代の人はすべて個々の分子に分かれてしまって、だ [続きを読む]
  • 生命を観る
  • 表向き褒め称えていながら影で悪口、誹謗中傷、足を引っ張るそんな輩が殆ど役職を名誉職だと勘違いして既に出来上がった組織の上であぐらをかく僕の存在に恐怖を感じて陰に隠れて陰謀を企てるその生命の本質は臆病臆病であっては叶わないと日蓮大聖人はご断言だまた、そんな裏表のある人間で偉業を達成した人間は一人もいない目と声で相手の生命の全てが手に取るようにわかる反面教師にして、全ての人間から学んで、日々、生活の [続きを読む]
  • 誹謗中傷
  • 誹謗中傷されればされるほど力がわいてくる正しい道のりを歩いている証拠心は目には見えない10年後20年後あっと驚くだろう今に見よ、の精神で明るくいこう! [続きを読む]
  • 戦いの中で御書を繙く
  • 御書の一文字一文字光っている南無妙法蓮華経の五字の慈悲の光あの日、あの時の光がそのまま再現されている文字は生命をあらわし私に語りかけてくれる思い出しなさい思い出しなさい日蓮大聖人の慈悲の広大無辺に歓喜する稀有な師匠に巡り会い時代に即応した指導を受け生きる喜び師匠は基本を教えてくださった弟子は、発展応用しなければならない時代の波の中で人の波の中で揉まれ、洗われ、磨きながら [続きを読む]
  • 世界は有難いことの集積
  • 蛇口を捻れば水が出るスイッチを押せば電気が燈るパネル操作でガスがあたためてくれるそれは当たり前なんかじゃないこの世界に偶然がないように全てのことが有難い人は大災害に遭遇し、失ってはじめて気付く私たちの生活は「ありがとう」の輪で出来ていたことを人間の人格の輝きはすべての人や物への感謝の気持ち立場やお金なんかじゃない私の生命もあなたの生命も「ありがとう」なんだよ [続きを読む]
  • 見栄と虚栄心の本当の恐ろしさ
  • Twitterのフォロワー数は断トツで リツイートやリプライやいいねの数も群を抜いている 若くて 容姿端麗で 要領がよく頭の回転も早い 専門職につき 収入も安定している そんな女性と親しくしていて 私はとても危険だなと感じていた その女性はこれから壮絶な人生の地獄の坂道を転がり落ちていくのではなかろうかと だから私のできる範囲でなんとかフォローしてあげたいと思っていた 必死に祈ってもいた 結論からいうと その子はダ [続きを読む]
  • 鼓動
  • この世界は広大でこの僕はちっぽけで瞬間瞬間に鼓動は刻まれる僕の生命には何を刻むべきだろう何が刻み込まれてきたのだろう憎しみではなく愛を嫉妬ではなく賞賛を宿業も使命も融合しながら刻め!刻め!真実はいつも美しかった真実はいつも光輝いていた真実はいつも歓喜に打ち震えていた真実はいつも妙なる律動に収斂し真実はいつも茫漠たる世界を照らしていた真実は飾らない繕わない偽らない真実は故郷のようにあたたかく真実は [続きを読む]