bookneet さん プロフィール

  •  
bookneetさん: 〜現在まで読んだ本のあれこれ〜
ハンドル名bookneet さん
ブログタイトル〜現在まで読んだ本のあれこれ〜
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/bookneet/
サイト紹介文ミステリー中心に感想をだらだら語っています。
自由文このブログは完全に自己満足で行っており、何を読んだかを記憶、記録しておくために書いております。質より量をめざして日々更新していく予定です。そのなかで見に来てくれた方で興味をもっていただくことができれば私としても嬉しい限りです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 112日(平均1.6回/週) - 参加 2017/08/23 18:41

bookneet さんのブログ記事

  • 螢 麻耶 雄嵩
  • あらすじオカルトスポット探険サークルの学生六人は京都山間部の黒いレンガ屋敷ファイアフライ館に肝試しに来た。ここは十年前、作曲家の加賀螢司が演奏家六人を殺した場所だ。そして半年前、一人の女子メンバーが未逮捕の殺人鬼ジョージに惨殺されている。そんな中での四日... [続きを読む]
  • 小暮写眞館 宮部 みゆき
  • あらすじ主人公は高校生花菱英一。その花菱家は新居に引っ越していた。新居といっても家そのものは新しくなく築三十三年の古家である。ただの古家ではなく小暮写真館という昔ながらの写真屋さん。父秀夫は、店舗内部をそのまま残し、さらにお気に入り看板<小暮写真館>を立... [続きを読む]
  • そして二人だけになった 森 博嗣
  • あらすじ全長4000メートルの海峡大橋を支えるコンクリートの巨大な塊“アンカレイジ”。内部に造られた窓ひとつない空間に集まった科学者・建築家・医師の六名。プログラムの異常により海水に囲まれ完全な密室となったこの建物の中で、次々と起こる殺人…。最後に残ったのは... [続きを読む]
  • 極限推理コロシアム 矢野 龍王
  • あらすじ夏の館と冬の館に強制的に集められた男女に「主催者」は命じる。「今から起きる殺人事件の犯人を当てよ」。被害者は彼らの中から選ばれていき、しかも、もう一つの館より早く犯人を当てなければならない。不正解の代償は館に残る全員の「死」!過酷きわまるデス・ゲ... [続きを読む]
  • さよなら妖精 米澤 穂信
  • あらすじ一九九一年四月。雨宿りをするひとりの少女との偶然の出会いが、謎に満ちた日々への扉を開けた。遠い国からはるばるおれたちの街にやって来た少女、マーヤ。彼女と過ごす、謎に満ちた日常。そして彼女が帰国した後、おれたちの最大の謎解きが始まる。覗き込んでくる... [続きを読む]
  • 扉は閉ざされたまま 石持 浅海
  • あらすじ大学の同窓会で七人の旧友が館に集まった。“あそこなら完璧な密室をつくることができる…”伏見亮輔は客室で事故を装って後輩の新山を殺害、外部からは入室できないよう現場を閉ざした。自殺説も浮上し、犯行は成功したかにみえた。しかし、碓氷優佳だけは疑問を抱... [続きを読む]
  • 眠りの牢獄 浦賀 和宏
  • あらすじ階段から落ちて昏睡状態になってしまった女性をめぐり集められた三人の青年。三人は核シェルターに閉じ込められ、そこから出る条件は彼女を突き落としたのは誰なのか告白することだった。同時に外では完全犯罪の計画がメール交換で進行。ラストで明らかになるあまり... [続きを読む]
  • 東京公園 小路 幸也
  • あらすじ写真家をめざす大学生の圭司は、公園で偶然に出会った男性から、奇妙な依頼を受ける―「妻の百合香を尾行して写真を撮ってほしい」。砧公園、世田谷公園、和田堀公園、井の頭公園…幼い娘を連れて、都内の公園をめぐる百合香を、カメラ越しに見つめる圭司は、いつし... [続きを読む]
  • ソロモンの犬 道尾 秀介
  • あらすじ秋内、京也、ひろ子、智佳たち大学生4人の平凡な夏は、まだ幼い友・陽介の死で破られた。飼い犬に引きずられての事故。だが、現場での友人の不可解な言動に疑問を感じた秋内は動物生態学に詳しい間宮助教授に相談に行く。そして予想不可能の結末が……。青春の滑稽... [続きを読む]
  • 誘う森 吉永 南央
  • あらすじ一年前のあの日、香映は自殺してしまった。何の前触れもなく。未だに妻の死を受け入れられない洋介。不眠症を患った洋介は歩くことで、この状態から脱しようと試みる。しかし、彼女の過去の断片が、町のあちこちに散らばっている―。謎に満ちた妻の過去から、死の真... [続きを読む]
  • 七回死んだ男 西澤 保彦
  • あらすじどうしても殺人が防げない!? 不思議な時間の「反復落し穴」で、甦る度に、また殺されてしまう、渕上零治郎老人――。「落し穴」を唯一人認識できる孫の久太郎少年は、祖父を救うためにあらゆる手を尽くす。孤軍奮闘の末、少年探偵が思いついた解決策とは! 時空の不... [続きを読む]