AK株式投資同好会 さん プロフィール

  •  
AK株式投資同好会さん: AK株式投資実践日記
ハンドル名AK株式投資同好会 さん
ブログタイトルAK株式投資実践日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/aktoshinikki
サイト紹介文株式投資実践経験45年「相場師の最大の敵は自分であって相手ではない。」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 185日(平均1.8回/週) - 参加 2017/08/24 23:16

AK株式投資同好会 さんのブログ記事

  • 乱高下が続く株式市場、目先は、FRBの金利政策に注目か?
  • やはり乱高下は激しく、300円値幅の動き、米経済は好調で、FRBは物価上昇(消費者、輸入、卸売)に警戒し、今年3回の売り上げが4回にペースが速まるのではと、市場は注目している。 107円70銭の円安となり、輸出優良株が買われ、かろうじて日経平均は45円高の2万1970円で引けた。 ★ バイオ薬品株   ● 小野薬品(3003円)32円安、まだまだ買いチャンス。   ● タカラバイオ(1985円)13 [続きを読む]
  • バイオ薬品、中小建設株、そして海運株に新たな相場展開か?
  • 日経平均は、NYダウの5日連騰、円は106円と、一応底値は確認したと思われるが、今日は中、米株式市場は休場。 日経平均は428円高の22、149円で引けた。 カラ売り筋の買戻しが入った模様。 全面高の様相だが、高値買いは禁物、ここより一段上昇は難しく、彼岸底確認までは乱高下するのでは。   ○ 小野薬品(3028円)64円高、NISAの本命株として再三推奨したが、いよいよここから急上昇へ。      [続きを読む]
  • 明と暗 (羽生結弦の金メダルと安倍首相の強権政治)
  • 何と云っても羽生選手の、華麗な舞だったスケートでの金メダルは、日本国民に感動を与えてくれた。 一方、未だにうずまく、森友、加計学園の疑惑、納税申告の時期でもあり、金融庁前は佐川長官、辞任しろと、そして国会での証人喚問を、とデモはだんだん大きくなっているとか。 安倍政権、数の力で抑えようとしているが、佐川長官の辞任は時間の問題では。傷が広がる前に更迭させるべきではと思う。 自民党員に良識ある議員はいる [続きを読む]
  • 急激な円高(106円)ドル安は一過性なのだろうか?
  • 本来なら、米長期金利が上昇すればドル高、円安になるはず、よほど米財政が悪化しているのでは。 トランプ大統領の大型減税、インフラ投資(メキシコとの境界壁)又、国防費の増加が原因か。 株安、ドル安の状況はしばらくつづくのでは。ただ、NYダウは半値戻しを達成。半値戻しは全値戻し、ドルも105円台で目先底入れか。 麻生外務大臣は、今回の円高、株安に対し、”日本はファンダメンタルスが良いので、静観”、と述べて [続きを読む]
  • "もうはまだなり、まだはもうなり”の格言通りの大幅下落となる”
  • NYダウは木曜日、財政悪化、金利上昇の懸念に急落かかわらず、パウエルFRB新議長、高官等は、今回の下げに対し、”とるにたらない”小さなポテト等、健全な調整であると述べ、1000ドル近くの暴落となった。 日経平均も当然連動し、508円安の2万1382円と大幅安で週末引けた。 FRBの強気対応に市場は当然警戒したのだろう。 世界市場は、世界同時株安となり、特に中国株式の急落に注目すべきです。ここは新FR [続きを読む]
  • (節分天井彼岸底)の格言どうり暴落となつてしまつた 。
  • 体調不良にてしばらくお休みしておりましたが、又本日より再開いたします。 株式市場は1月下旬から、空売り比率40%を突破、すでに警戒感はありました。 歴史は繰り返す、かつて、アメリカボルガーFRB議長就任直後、ブラックマンデーで株式市場は大暴落となりました。そして今回、パウエル新FRB議長就任で、長期金利が上昇し、暴落の洗礼を受けてしまった。 チャートが壊れてしまった以上、今日の上昇はあや戻し、十分警 [続きを読む]
  • いよいよ、10月2日ノーベル生理学、医学賞が発表に
  • 2年続き有力視れている、病原体から身を守る免疫研究のガン治療薬、”オプチーボ”を開発した、本庶佑京大特別教授が受賞されるか注目です。勿論、受賞となれば、小野薬品が急騰すると思われる。又、免疫のブレーキ役となる、”制御性T細胞”を発見した、坂口志文大阪大学特任教授も有望とか。ノーベル賞と受賞となれば、タカラバイオ、テラ、日本化薬等、免疫ガン治療の株価上昇となりそう。すでにノーベル賞生理学、医学賞は [続きを読む]
  • 希望の党、小池代表のしたたかさに、ただ驚くばかり
  • 人気は抜群であっても、民進党を事実上解体させ、国会議員、全国にある民進党にある組織、そして100億円近くの資金を手中にし、今朝は前原代表とわずか15分の会談。入党条件は絞り込み、全員入党させる気はさらさらないと発言。間違いなく国政参加はすでに決めており、公示前に発表するのでは。安倍自民党、危うしとなる気がする。 北朝鮮も不穏な動きとか。10月10日、10月18日には火星14号ミサイルを日本上空を通 [続きを読む]
  • 一寸先は闇、安倍首相解散時期はチャンス、と思ったがピンチか?
  • 今日、小池都知事代表の希望の党の旗揚げ記者会見があった。希望、しがらみ、リセットを何度も述べ、自民党との対立を鮮明にした。今回の大義なき解散、民進党のゴタゴタ。森友、加計学園疑惑隠しは、絶好のチャンスと思ったのだろうが、よもや小池知事が希望の党を立ち上げ、代表になるとは、思わなかったと思う。小泉純一郎元首相が、原発反対で協力、再度表舞台へ登場の可能性。民進党解党となれば、自民党党員は厳しい戦いに [続きを読む]
  • しばらくは、株式市場から撤退、投資資金は3分の1へ。
  • 北朝鮮、太平洋で水爆実験を行えば、即アメリカの総攻撃が始まるだろう。 アメリカ、韓国在住者は静かに帰国しており、何と云ってもアメリカ国民の57%の世論は、北朝鮮を攻撃をすべきと反応。今ならアメリカ国土、国民には被害はなく、韓国、日本に、ある程度被害、仕方ないと、判断するのではと思う。安倍首相は、圧力、圧力とアメリカに追従しているが、北朝鮮は安倍首相、日本、憎しと思っているのは間違いない。 安倍首相 [続きを読む]
  • 風雲急を告げる株式市場、強気は禁物では。
  • トランプ大統領の国連演説は、まさに宣戦布告。そして、昨夜の安倍首相の演説、制裁と圧力を16分。トランプ大統領に追従しての演説だろうが、まだまだ世界、とりわけアフリカ諸国は、対岸の火事と思っているのでは。 北朝鮮は500発のノドンが、日本に向け準備しているとの事。やはり対話の一言は述べるべきだったのではなかったか。 キムジョンウンは沈黙しているが不気味、必ずICBMを発射する予感。まさに一触即発。来 [続きを読む]
  • 安倍政権、解散後の人気は急降下か、株式市場はどう反応?
  • 昨夜のトランプ大統領の演説には迫力があり、ロケットマン、ならず者国家と挑発的な発言。やっとその気になったのでは。北朝鮮キムジョンウン、トランプ大統領のこの発言に黙ってはいまい。ICBMをグアム島近くに発射は、時間の問題だろう。その時どうなる。 25日に安倍首相は、何等、森友、加計学園等、説明もなく解散宣言をすると思われる。 二階幹事長の”小さな問題だ”、高村副総裁、”ゲスのかんぐりだ”と、自民党役 [続きを読む]
  • 政治資金加入の銘柄は?
  • 予想に反し、日経平均は何と2万0299円の389円と大幅高で引けた。 選挙関連株も大幅上昇となった。 年金基金、日銀等、又買戻しも入った模様。しかし、ここより一気に上昇するとは思えません。 大義なき解散、北朝鮮のミサイル上空通過、まさに日本の危機。北朝鮮、アメリカ等、各国はこの危機状況に、日本の権力闘争のための衆議院解散など、そんな余裕があるのか、皆、口には出さなくとも思っているのでは。 今回の大義 [続きを読む]
  • 大義なき解散、市場の反応は?
  • 今朝の新聞各紙は、衆議院解散が報じられましたが、さまざまな解散理由は省きます。安倍首相の最大の理由は、加計学園の追及を恐れてではないかと思われます。何としても政権維持をと思っているのでしょう。 今まさに日本は、北朝鮮のミサイル上空通過に脅え、その都度アラームが鳴り、戦時中の空襲警報を思い出します。 一触即発の北朝鮮とアメリカ、その渦中の日本国民をどう守るのか、又国内では、大型台風18号の直撃での、 [続きを読む]
  • 第一弾NISA銘柄として、小野薬品。
  • ガンは2人に1人がガンに罹り、3人に1人がガンで死亡すると云われている。ガンから命を守る事は、世界人類の夢であることは間違いない。小野薬品が開発販売している、オプジーボは、免疫療法としてガン治療の中心になり、もうすでに国民に知れ渡っている。オプジーボはガン細胞が持つ、特殊な免疫抑制能力を解除し、異物を排除する力を呼び起こす仕組み。すでに8個のガンが見つかり、病院でオプジーボを投与し、完全にガンが [続きを読む]
  • 北朝鮮ICBM日本上空を通過、トランプ大統領の次の一手は? 
  • またまた北朝鮮はミサイル発射、もはやレッドラインは何処へやら、やりたい放題。何としても北朝鮮キムジョンウンは、ミサイル、核保有は放棄しないと言うことだろう。ミサイル上空通過は、アメリカ、そして他国は対岸の火事と思っているのかも。 市場は強気だが、万が一、船舶、アメリカ軍艦、飛行機、等に、不測の事態が起きる事も十分考えられる。つぎつぎと核実験ミサイル発射を行う事は間違いなく、警戒は必要だと思う。 目 [続きを読む]