窓 さん プロフィール

  •  
窓さん: ゆりかごの歌
ハンドル名窓 さん
ブログタイトルゆりかごの歌
ブログURLhttp://yucradlesong.blog.fc2.com/
サイト紹介文小さなころの懐かしい出来事を綴りながら、日々の暮らしを丁寧に過ごしたいと思っています。
自由文ふりかえると懐かしい。そんなころの出来事を綴りたいと、ブログを始めました。小さなころに過ごした昭和のセピア色の想い出を言葉に綴り、一日一日を大切に心がけて、暮らしていきたいと思っています。


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供378回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2017/08/25 10:12

窓 さんのブログ記事

  • 検査結果が出ました、人生は晴れた日ばかりではない、雨や雪が降ることをもあるという姉(ρ_;)
  • たくさんのコメントを姉にいただきまして、ありがとございました。姉の検査結果が出ました。と言っても、病気の確定は難しく、その疑いが濃厚で、そして治療はそれに沿って行う。という方針が決まったということです。関節リウマチというのは、初期では他に似通った病がたくさんあるそうです。膠原病、間質性肺炎などの疑いを一つずつ消して行けたことが、わたしたちには何よりの吉報でした。いつも押してくださって、ありがとうご [続きを読む]
  • 検査結果前に、緊急入院になった姉、どうして落ち着いていられるのだろう
  • 健康に気を配り、正直に生きて、子どもたちを育て上げ、倹しい暮らしで事足りる。それが、わたしの幸せ。姉はいつもそう言います。そんな姉を襲った試練が今、なのかもしれません。いつも押してくださって、ありがとうございます!昨夜、遅くに姉が緊急入院しました。熱が下がらず、息苦しいと言いはじめました。泊まりに来ている姉の娘が、検査をした病院に連れていき。大事をとって、そのまま入院です。昨夜は真夜中に帰宅しまし [続きを読む]
  • 昨日、悲しい別れがありました。死は堪えます、それが愛するものであればなお
  • 昨日の午後3時半ごろ、仲良しだった近所の犬が息を引き取りました。名前は健太君柴の雄、18歳でした。こんなにも長生きしてくれたと、お悔みに行った先でお母さんが泣いて言うのに、わたしももらい泣きをしてしまいました。健太君が最後で、わたしにはもうご近所の犬猫の友だちはいなくなったのです。冬は、人も犬も猫も逝ってしまう、淋しい別れが多すぎますね。いつも押してくださって、ありがとうございます!わたしの生まれ育 [続きを読む]
  • もしも、わたしが、あと一週間の命と言われたら、死ぬ前に一目会いたい人
  • 今年のお正月は、二日に出かけた菩提寺の新年初参り以外、どこにも出ず家でのんびりと過ごしました。そんな両親に感化されたわけではないでしょうが、彼と初詣にも行かずに、娘も家で過ごしました。もしかしたら、三人で共に過ごす最後のお正月かもしれない、という気持ちがそうさせたのかと、思ってしまいます。早合点でしょうか。いつも押してくださって、ありがとうございます!読書をしながら、あまりに穏やかで静かな家で、い [続きを読む]
  • 不死身のように逞しい姉が体調を崩し、心配と不安で心細くてたまらない
  • 5歳上の姉が体調を崩している。いつもなら、七草の前には電話があって、七草を用意しているから取りに来なさいと、号令がかかるのに。今年はそれもない。ずっと変わらずに続いてきた姉妹間の交流の一つがなかった、初めての七草。寂しいと言えば姉に叱られそうな気がするけど、とても寂しい。いつも押してくださって、ありがとうございます!小さなころは健康優良児だったわたしに対し、姉は体が弱かった。胃も小さいのか小食で、 [続きを読む]
  • お正月も休みなしでパート勤めをする主婦の、憤懣やるかたない叫び
  • 田舎にあるわが家の近くには、コンビニに、365日24時間営業のスーパーがある。もしも食べ物が底をついても、その店で賄えるからありがたいなと、わたしは心強く思っていた。ところが、昨日、顔見知りの奥様からそのスーパーの話を聞き、ちょっと考えさせられた。いつも押してくださって、ありがとうございます!24時間営業の上、365日休みなしだというそのスーパーに奥様が勤めるようになって一年半が過ぎた。奥様の年齢は、62歳。 [続きを読む]
  • お世話になりましたが、ブログを続ける気力がなくなりました
  • 今年は、わが家にとって、目まぐるしい変化のあった年と言えるでしょう。叔母が知らないうちに認知症になっていたり、恋愛の気もなかった娘に一年も付き合っている彼がいたり。そして、姉妹のようにしてきた幼なじみのともちゃんが、乳がんだったり。本当にいろいろなことが、立て続けに起きて、悲しみ苦しみ、不安が一気に押し寄せた年でした。いつも押してくださって、ありがとうございます!まもなく。2018年も去っていきます。 [続きを読む]
  • 久しぶりに、スッキリ目覚めた今朝のわたしは、暗いトンネルを抜けた気分です!
  • 本来の記事とは別に、改めてお礼を申し上げます。大阪の片隅、おーいと叫べば奈良に行く、そんな田舎にある住まいで、わたしはこのブログを書いています。考えたら、【 わたし 】、という一人の人間が自分の心の風景を描く。ただそれだけのこのブログに、いつもご訪問いただき、お読みくださいまして、ありがたいなと思っています。田舎といっても、以前の里の住まい( ここは大阪の秘境でしたから )からすれば、はるかにわたした [続きを読む]