朝風呂読書家 さん プロフィール

  •  
朝風呂読書家さん: 現場の目線 〜30年・塾での現場指導から〜
ハンドル名朝風呂読書家 さん
ブログタイトル現場の目線 〜30年・塾での現場指導から〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/pingpong-qta/
サイト紹介文30年の塾現場での経験を気ままに書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 89日(平均7.8回/週) - 参加 2017/08/26 10:31

朝風呂読書家 さんのブログ記事

  • 自分の答が認められないと、声を荒げ、けんか腰になり、泣く生徒
  • 小5の国語の授業でのある先生と生徒のよくあるやりとり。「先生、この答ではダメなの?」「◯◯ということばが入ってないから、残念ながらバツだな」(声を荒げて)「でも、意味は同じだよ!」「そうだなぁ。間違ってはいないなぁ。でも、文章中のことばを使って答える問題だったから、◯◯ということばがあったほうがいいよ。」(けんか腰で)「なんで!」「次から気を付けてやってごらん。」(泣きながら)「納得できない!」 [続きを読む]
  • 保護者さまと生徒が一緒にいるときは話の内容に配慮が必要です。
  • 昨日は、保護者会のことを書きました。 ‘話すことが仕事’と言ってもいい私が、 話しづらいところがあります。 「私が一番話しづらいところ」 それは、 「保護者さまと生徒が一緒にいるところ」 です。 保護者さまと生徒が一緒にいるときは、 話の内容に注意が必要です。 そういう場面では、 話の内容が、お子さまの学習相談になりがちです。・家では、全然、勉強しないんです。 ・算数、どうしたらいいでしょうか? ・この前の [続きを読む]
  • 人前で話すと話の聞き方が分かるようになります。
  • 保護者会やセミナーなど、仕事柄、いろいろな人たちの前でお話をさせていただく機会があります。もう何回、トークしたか分かりませんが、何回しゃべっても、初めての方の前では緊張するものです。ご参加いただく保護者さまもいろいろな方がいらっしゃいます。・質問を投げかけると気さくに答えてくれる方・やわらかい表情で 適度にうなずきながら話を聞かれる方・私の話がつまらないのか無表情の方・私が笑いを取りにいったと [続きを読む]
  • 無料テストの成績表を受け取りにいらした保護者さまから驚愕の一言。
  • 小学生の無料テストの成績表を受け取りにいらした保護者さまから、驚愕の一言。「偏差値65でとてもいい結果でしたよ。」「悪い。」「えぇぇー。」とは言いませんでしたが、「全然、ダメ。」「えぇぇぇぇぇ−。」とは言いませんでしたが、眉間にしわを寄せて、非常に不機嫌そうな保護者さまの顔をじっと眺めてしまいました。この子は偏差値いくつだったら褒められるのだろう?70ぐらい?そもそも、家で褒められたことがあるのだろ [続きを読む]
  • お子さまが「俺、バカだから」「私、頭悪いから」と言っていませんか?
  • ▲「俺、バカだから」▲「私、頭悪いから」とお子さまが言ったことはありますか?いつから言い始めましたか?子供が▲「俺、バカだから」▲「私、頭悪いから」ということばを使い始めたきっかけがあったはずです。覚えたきっかけがあったはずです。そのきっかけは、・自分の親に言われたことがある・友達に言われたことがある・友達が友達の親に言われたのを聞いた・テレビなどでみたことがある・先生に言われたことがあるなどな [続きを読む]
  • 集団授業のメリットは個別学習のデメリット、その逆
  • 塾の授業では、以下の式が成り立ちます。「集団授業のメリット=個別学習のデメリット」「集団授業のデメリット=個別学習のメリット」以下、両方からの視点でお読みください。集団授業のメリット・みんなと勉強できて楽しい・先生と複数の生徒とのやりとりが 授業のあそび(ゆとり)になる・友達と競争できる・自分の出来を相対的に把握できる・授業料がリーズナブル・一定の人数を越えれば そこから先はすべて利益になる [続きを読む]
  • お母さん、生徒は宿題を忘れたとき、こんな言い訳をしていますよ。
  • 宿題をやったか、生徒一人一人をみてもらえる塾に限られますが、宿題をめぐって、生徒とさまざまなやり取りがあります。 生徒のやる気にも波があるのは当たり前のことで、宿題をやれていないときがあります。 宿題を忘れたとき、宿題をやる習慣がある生徒ほど、言い訳をしません。「すみません、忘れました。」と正直に言います。 宿題をよく忘れる生徒ほど、子供なりの処世術でしょうか、‘いろいろな手’を打ってきます。 ・ [続きを読む]
  • 私は正月特訓が嫌いです。
  • 塾の得意技の1つに、特訓授業があります。・ゴールデンウィーク特訓・お盆特訓・クリスマス特訓・正月特訓・勉強合宿などなど。学校が休みのときに、タイミングよく行われる特訓授業。朝から教室を稼働させることができるので、経営面では良い営業手法です。それでは、学習効果はどうでしょうか?効果が薄いのは、学習テーマが絞られていない特訓授業です。効果が薄い特訓授業の例としては・入試算数の完全征服とか・入試のシミ [続きを読む]
  • ゆるやかな中学受験は、個別学習が向いている。
  • 中学受験生の多くは、集団授業で、対策学習を進めていきますが、中には、個別学習で、中学受験を目指す生徒もいます。どんな生徒が個別学習で、中学受験を目指すのか、私がこれまで相談を受けてきたのは、以下のようなケースでした。・集団授業についていけない・難関校を目指していない・偏差値50未満の学校を考えている 注)偏差値は入試の難易度を示す目安であり、 学校の良し悪しではありません。 注)中学受験の [続きを読む]
  • 保護者会がママ友のお茶会に負けてしまいました・・・。
  • 昨日は文化の日、祝日でお休みでしたね。 私のところでは、全国統一小学生テストに合わせて・大学入試改革・英語教育改革についての保護者会を同時開催しました。 そこで、残念なことが・・・。テストにお子さまを連れて、お母さまがお友達同士で6人お越しになりました。その中の1名の方は、保護者会に申し込まれていたのですが、「みなさん、申し込まれてないみたいなので」と言われて、ママ友とお子さまのテストを待つ間、お [続きを読む]
  • 塾の先生に不向きな人は保護者さまの前ではちがう顔を見せる。
  • ・感情的な反応をする人・短気な反応をする人は、塾の先生には不向きです。 といっても、塾の先生も人間なので、たまには感情的になることもあります。 塾の先生に不向きなのは、・感情的な反応を1日1回はやってしまう・短気な反応を1日1回はやってしまう人です。 相手はこどもで、大人からみれば弱者です。 仕事としてやっているわけですから、弱者であるこどもに、・感情的な反応をしてしまう・短気な反応をしてしまうのは [続きを読む]
  • 塾の先生の「話がうまい」と「口がうまい」は違います。
  • 塾の先生の中には「口がうまい」人がいます。話すことが商売という一面もありますが、「話がうまい」と「口がうまい」は違います。・話がうまい ⇒ 内容が具体的です。・口がうまいは、内容が抽象的です。こんなことを言うと怒られるかもしれませんが、口がうまいは・政治家の人・ネットワークビジネスの人の話を思い浮かべてもらえれば、イメージしやすいと思います。塾の先生の保護者会などでの話が・たとえ話が多い・そのた [続きを読む]
  • 「熟語分解法」で熟語の意味を想像する癖をつけましょう。
  • 語彙力の重要な要素は「熟語力」です。 熟語は抽象的な表現がほとんどです。(例)暖かい と 温暖「あたたかい」は低学年の生徒でも理解できますが、「おんだん」は低学年の生徒では理解できません。 知っている熟語の数=語彙力といっても過言ではありません。 熟語の意味をどれぐらい理解できるか?そこまでいかなくても熟語の意味をどれぐらい想像できるか? 熟語の意味を想像できるだけで、十分な熟語力です。 熟語力をつ [続きを読む]
  • 塾の先生の年齢を知っていますか?先生のことばは年齢に見合っていますか?
  • 塾の先生の年齢を知っていますか?ご存知なければ、聞かれたほうがいいと思います。 注意すべき点は、担任の先生のことばの成熟度が年齢に見合っているかです。若い先生は、ことばも若くていいと思うのですが、中堅の先生のことはが若い場合は、若いというより「チャラい」です。(普段使わないことばなので、使い方が合っているか分かりません) 中堅の先生とは、何歳ぐらいか?ずばり、30〜35歳です。(それ以上の年齢でこ [続きを読む]
  • 小4で習い事もやるならば、自宅でやっていただきたい2つのこと
  • 小4の保護者さまから、よくご相談を受ける内容ですが、受験勉強と習い事を両立させるために、変則受講をご希望になる方がいらっしゃいます。全科目の授業を受講することは、習い事と曜日が合わずできないので、科目選択をすることができるかというご希望です。 私はそのご希望を受け入れていますが、その際、外せない科目はやっぱり算数です。中学受験の算数のカリキュラムは学校の授業と大きく異なる上、知識や技能を積み重ね [続きを読む]
  • お母さんの塾の詳しさと 中学受験の満足度は比例しません。
  • お母さんの塾の詳しさと中学受験の満足度は比例しません。塾に詳し過ぎるお母さんがいます。塾に詳しいお母さんではなく、塾に詳し過ぎるお母さんがいます。・この塾でどんなカリキュラムか・あの塾では教材は何を使っているか・テストはどれくらいの頻度であるか・1学年何クラスあって、1クラスは何人か・先生はどんな人か私が逆取材をしたくなるほど、塾に詳し過ぎるお母さんがいます。お母さんの塾の詳しさと中学受験の満足 [続きを読む]