朝風呂読書家 さん プロフィール

  •  
朝風呂読書家さん: 現場の目線 〜30年・塾での現場指導から〜
ハンドル名朝風呂読書家 さん
ブログタイトル現場の目線 〜30年・塾での現場指導から〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/pingpong-qta/
サイト紹介文30年の塾現場での経験を気ままに書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2017/08/26 10:31

朝風呂読書家 さんのブログ記事

  • 国語の記述問題の答え合わせのこんな場面でも国語力の差が出ます。
  • こんにちは。朝風呂読書家です。 今年、私は中学受験の国語の授業を担当しています。 小4から小6までの全学年全クラスの授業を担当しています。 国語の授業で、扱いが難しいのは、記述問題の答え合わせですね。 書き抜きならば、難しくありません。 難しいのは、「文中のことばを使って答えなさい。」という問題です。 なぜ難しいかというと、文章中の同じところからことばを引用していても、そのことばのつなぎ方の違い [続きを読む]
  • お父さまの中学受験への関わり方は、ご家庭によりさまざまです。
  • こんにちは。朝風呂読書家です。 昨日、小6女子のお父さまとご面談をさせていただきました。 お父さまの中学受験への関わり方は、ご家庭によりさまざまです。 思いつくままに書いてみると・・・、 ①ノータッチこのタイプの場合、入塾から卒業まで一度もお父さまとお会いできないことがあります。  ②子どもの送り迎えをされるお迎えのときに、お子さまのことでお話ができます。 ③保護者会や面談にいらっしゃる私の考えを [続きを読む]
  • 調べ学習をやらせてみると、勉強に関する総合力が表れます。
  • こんにちは。朝風呂読書家です。 授業中の子どもたちをみていて、 ・「勉強慣れしている」=「十分な学習経験量がある」 と感じる場面があります。 計算が速いとか、漢字が書けるとか、そういうことではありません。 例えば、小5で ・先生が話していたことをテキストやノートにメモできる というような場面です。(小4以下ではなかなか見られません。) 先生が話しているとき、3つのタイプの生徒を見ることができます [続きを読む]
  • 「うちの子、危機感がなくて・・・。」お母さん、それは正常です。
  • こんにちは。朝風呂読書家です。 「うちの子、危機感がなくて・・・。」 小6受験生の保護者さまから、頻繁には聞きませんが、よく聞くことばです。 特に、秋から年末にかけてよく聞きます。(年が明けた1月になるとめったに聞きません。) お母さん、子どもに危機感がないのは正常ですよ。 神奈川・東京の中学入試スタートにあたる2/1まで、あと106日です。 あと100日と言っても、子どもは全然ピンときません。 でも [続きを読む]
  • 栄光学園中学校の「学習のしおり」から一部をご紹介します。
  • こんにちは。朝風呂読書家です。 今日は、神奈川県の男子御三家の一つ、栄光学園中学校の「学習のしおり」の一部をご紹介します。 参考になる点がたくさんありました。 *「正しい学習法」から一部引用 1.授業をすすんで、しっかり聞く。 2.授業と結びついた復習・予習を欠かさない。 3.時間をむだにせず、計画的に使う。 4.学習環境を整える。 5.自学自習の精神で勉強に当たる。 この中で、「4.学習環境を整え [続きを読む]
  • 秋になって塾を休む中学生の共通点とは?
  • こんにちは。朝風呂読書家です。 今日は小学生ではなく、中学生のお話です。 この時期の中3は、2学期(後期)の定期テストや入試対策にしっかりと取り組まなくてはいけない時期です。特に、高校受験に大きな影響を及ぼす11月の定期テストに向けて学習時間を確保することがとても大切です。(神奈川県の場合) でも、そんな時期に、塾の授業を休む生徒が出てきます。 それは決まって、週末や祝祭日の授業です。 それは決 [続きを読む]
  • 中学受験で途中入塾は子どもにとって大きなハンディになります。
  • こんにちは。朝風呂読書家です。 秋から冬にかけては、入塾についてのお問い合わせが増えます。 中学受験の新年度は2月です。 この時期のお問い合わせの多くは、2月からの通塾を検討される方からです。 「中学受験の勉強はいつから始めたらいいですか?」 というご質問に対して、私からの回答は大きく2通りあります。 ●お子さまが小4になっていなかったから、「小4からで大丈夫ですよ。」 ●お子さまが小4になって [続きを読む]
  • 保護者さまとのメールでの無料相談のやりとりの一部を公開します。
  • こんにちは。朝風呂読書家です。 今日は、保護者さまとのメールでの無料相談のやりとりの一部を公開します。 今回、ご相談をいただいた保護者さまは、・中学受験・小4男子・テストのやり直しをお子さまと一緒にやっているとてもご熱心なお母さまでした。 以下、私とのメールのやりとりの一部です。 このブログの読者さまにも、ご参考になれば幸いです。 (前略) さて、現在のお子さまの課題は、・「テストで問題文をよ [続きを読む]
  • 鉛筆を持ち慣れていない、鉛筆が手に馴染んでいない子ども
  • こんにちは。朝風呂読書家です。 小3小4の学習をみていて「差」を感じることがあります。 それは、頭が良いとか悪いとかいうことではありません。 子どもたちが練習してきた「量」の差です。 それも問題演習量の差というより、「作業量」の差です。 ・計算練習をしてきた量の差 ・漢字練習をしてきた量の差 ・本を読んできた量の差 などなど。 ・「基礎トレーニング量の差」 ・「鉛筆を持って字を書いた量の差」 と言い [続きを読む]
  • 面倒見の良い塾?面倒見の良くない塾?
  • こんにちは。朝風呂読書家です。 私立中学校の学校説明会で、「面倒見の良さ」をアピールされる学校があります。 塾でも、ホームページやチラシをみていると、「面倒見の良さ」をアピールしている塾があります。 そういのをみて、 ・面倒見の良くない学校があるのだろうか? ・面倒見の良くない塾があるのだろうか? と考えたことがあります。 保護者さまは、「面倒見」ということばから、どんなことをイメージされますか [続きを読む]
  • 子どもたちは、自分のテストの点数が悪いのは、よーく分かっています。
  • こんにちは。朝風呂読書家です。 このブログを読んで頂いている保護者さまは、1日のうちに、お子さまをほめる回数と叱る回数のどちらが多いですか? 私のところでは、集団授業と個別学習とどちらもやっていますが、個別学習の生徒と接するときには、特にほめることを意識しています。 個別学習の生徒は、どうしても‘暗く’なりがちです。 ふだんは明るくても、勉強になると‘暗く’なりがちです。 個別学習の生徒は、一 [続きを読む]
  • 暗記が苦手で字が雑な生徒がまずやるべきこと
  • こんにちは。朝風呂読書家です。 ・お子さまの書く字はていねいですか? ・お子さまの書く字は読みやすいですか? 子どもたちは、 ●見たり(目) ●聞いたり(耳) ●読んだり(口) ●やったり(手) して、経験を積み重ねていきます。 そして、 経験したことを記憶して その記憶をもとに 物事に対応していきます。 これは、勉強にも当てはまります。 ▲漢字を覚えることが苦手 ▲社会を覚えることが苦手 そういう生 [続きを読む]