THE GIGI さん プロフィール

  •  
THE GIGIさん: 必見! 幸せな老後過ごすためのお金マニュアル
ハンドル名THE GIGI さん
ブログタイトル必見! 幸せな老後過ごすためのお金マニュアル
ブログURLhttps://happy-retire.com/wp/
サイト紹介文安心な老後を向かえるためのお金の情報発信サイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供161回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2017/08/27 10:28

THE GIGI さんのブログ記事

  • 介護保険の申請方法の流れを知る
  • 介護保険の申請方法を知っているだろうか。老後のリスクとして、介護があることは、だれもが感じている。介護費用の負担を、軽くするためには、介護保険を活用することだ。しかし、介護保険関する知識が、なければそれも、無理な話である。申請方法を知らないことで無駄にお金が、かかってしまうのです。介護認定の種類は、要支援1から2、要介護1から5の7種類ある。介護保険申請の流れは、三つに分かれます。それぞれを見てい [続きを読む]
  • 老後の医療費の支払いで老後破綻になる、ならない
  • 老後の2大出費といえば、介護費と医療費です。どちらも、正確に予測して準備できるものではありませんが、公的仕組みができています。心配ばかりしても何も進みません。まずは、医療費の仕組みの理解から始めましょう。65歳以上の医療費の現状厚生省の平成28年度国民医療費の概況によると、65歳以上の一人あたりの医療費は、年間74.1万円となっている。60歳未満の一人あたりの医療費は、40.1万円と比べれば、1. [続きを読む]
  • 地震保険の保険料と補償内容
  • 保険会社より、保険証券(変更手続き完了のお知らせ)が先日届きました。5年更新の地震保険が更新お知らせである。平成30年から5年間で、103,620円が地震保険料です。5年前の保険料は、77,860円でしたので、33%増ということです。保険料が3割アップ、持ち家では、保険料の負担として、地震保険料を忘れてはいけないのです。ライフプラン上は、78,000円を計画していたのですが、25,620円の赤字と [続きを読む]
  • 定年後に働くための有利な資格ベスト3
  • 年金の65歳への先送り、年金の支給額の削減と、60歳定年後、現役生活を延長しなければならない時代となった。定年後に働きつづけるため、60歳過ぎのシニア層は、資格取得を考えている人が増えてきている。資格を取得することが、果たして、再就職に有利であろうか。定年後も働き続けるためには定年後にも働き続けるには、再雇用か、再就職か、起業の3つの道がある。再雇用は、一番現実味がある。しかし元部下が上司となる場 [続きを読む]
  • ハウスメーカーの外壁塗装費用は、180万円
  • 持ち家のメンテナンス老後の生活費の衣食住の中で、食とならんで、住=住まいは、必ず必要なものです。ほとんどの方は、住まいは、自宅と賃貸の2つのどちらかが選択されるでしょう。賃貸の場合は、一生、家賃を払い続けなければなりませんし、自宅の場合は、毎月の支払いは、発生しませんが、自宅のメンテナンス費用が発生します。主なメンテナンス費用としては、以下のものがあります。 場所内容と目安 屋根塗替え10年毎 雨 [続きを読む]
  • 定年後の健康保険の4つの選択
  • 定年後の健康保険の選択肢は、大きく分けて4つとなります。保険料と働き方で、自分の合った健康保険を選択することが大切です。働き方で異なる健康保険働き方により、4つの健康保険の選択がある。勤務先の健康保険に加入退職前の健康保険に継続加入国民健康保険に加入家族の健康保険に被扶養者となる保険料の算出方法選択1:勤務先の健康保険に加入する場合 (退職時の報酬月額41万円、協会けんぽ(東京都))保険額表より  [続きを読む]
  • 在宅ワークで定年後の時間を有効活用する
  • 60歳から65歳で、約8割、65歳から70歳で、約6割の人が、働き続けている時代です。定年後も、現役時代と同じように、フルタイムで働くのもいいが、ほんのすこしだけ稼ぐ方法には、「在宅ワーク」があります。年金だけでは生活費は不足60歳以上で、ほとんどの人が働き続ける理由は、年金だけでは、生活は、苦しいからです。特に、国民年金だけの方、正規社員として働いている期間が短い方などは、年金だけでは、生活費は [続きを読む]
  • 老後の資産運用は、定期預金より個人向け国債が有利
  • リスクの少ない資産運用として、個人向け国債があります。定期預金よりは、個人向け国債の方がメリットがあります。個人向け国債の種類個人向け国債には、固定金利3年もの(固定3)、固定金利5年もの(固定5)、変動金利10年もの(変動10)の3種類があります。固定3 金利が固定、満期が3年固定5 金利が固定、満期が5年変動10 金利が半年ごとに見直されるもので、満期が10年個人向け国債のメリット・デメリット [続きを読む]
  • 老後は税金より社会保険料が高負担だ
  • 老後の支出の中で、税金は心配するが、社会保険料を考えない人が多い。私も、所得税、住民税の心配はしていたが、実は、社会保険料の方が、本当な心配する必要がありました。老後の不安には、年金の減額があるがそれ以上に、社会保険料の将来への負担増の方が問題でありそうです。老後の社会保険料には何があるか老後に、主な社会保険料としてかかってくるのは、国民健康保険料と介護保険料があります。65歳までは、国民健康保険 [続きを読む]
  • 老後生活で支払う「税金」いくらか
  • 年金20万円を支給されたからといって、20万円を手にするわけではありません。年金にも、税金がかかりますし、老後生活をおくる中でも、現役のときと同じように、所得税と住民税、固定資産税、自動車税などを収める必要があります。所得税と住民税年金にかかる所得税と住民税はいくらになるのでしょうか。65歳以下では、年金収入が70万円以下、65歳以上では、120万円以下では、所得額がゼロとなり、税金がかかりません [続きを読む]
  • 老後の資産運用は資産を減らさないことだ
  • 老後の必要な資産は、数千万円から一億円という話を聞く。老後に必要な資金は、人それぞれであり、一概にいくらとは言えないが、将来の年金の削減や、超低金利の時代に、老後資金の資産運用をだれもが考える時代でもある。老後資産運用の方針少しでも高い利回りがほしいが、資産の目減りは困る。老後資産の運用にあたり、だれもが考えるのは、高い利回りがほしいが、資産を減らしたくないということです。老後は、残りの時間が少な [続きを読む]
  • 老後資産を保険で準備するのは正解か
  • 不足する老後資金老後資金を公的年金だけに頼ることができない時代となりました。男女、自営業者、サラリーマン、夫婦、おひとりさまとそれぞれの状況で、老後資金の準備額は異なるが、老後資金の準備は、早く始めるのが正解である。老後資金の準備には、生活費を下げて、貯蓄をするなどの王道があるが、保険を活用するという方法もあります。保険は、老後資金を準備する方法のとなるのでしょうか。低解約返戻金型終身保険保険が、 [続きを読む]
  • 年代別老後資産の貯め方
  • 貯める目標を決めることがスタート老後資金を貯めるための第一歩は、老後資金としていくら準備する必要があるかを知ることである。老後資金は、老後資金は毎日の生活費や、家賃や医療費、住居の維持費などに加えて、冠婚葬祭費や娯楽・趣味のための費用なども当てはまります。老後資金=貯める目標額ということになるのです。老後の必要な資産必要な老後資産について考えてみると、おひとりさまの男性では、厚生年金、持ち家の場合 [続きを読む]
  • おひとりさまの老後資金の必要額はいくらか?
  • おひとりさまの老後の生活費生活費家計調査報告(家計収支編)平成29年によれば、高齢者の一人暮らしでは、一ヶ月の生活費は、約14万円となります。その内訳は、下記となります。 生活費内訳(2017年) 食料35,418 住宅14,538 光熱・水道12,989 家具・家事用品6,098 被服・履物3,808 保険医療7,936 交通・通信13,148 教育0 教養娯楽16,852 諸雑費13,262 [続きを読む]
  • 年金にかかる税金、所得税と住民税の計算
  • 年金にかかる税金の主なものは、所得税、住民税となる。その他家を所有していれば、固定資産税、車を所有していれば、自動車税がかかる。少ない支給額の年金は、まるまるもらえるわけではないのです。所得税と住民税の計算についてまとめてみました。所得税の計算雑所得金額計算所得金額=年金所得ー控除金額65歳未満の控除金額 公的年金等の収入金額控除額 70万円以下全額 70万円超130万円未満70万円 130万円 [続きを読む]
  • 職なし、貯蓄なし、年金なし、年金なしの老後の生活対策
  • 老後の生活費は、お一人様で、15万円、夫婦二人で25万円と言われている。年金がなければ、老後の生活は、成り立たないのは、だれもが理解できる。だれでも知りたい、老後の年金なしへの対応は策はあるのだろうか年金を受け取る努力をしようまずは、年金なしから抜け出そう。年金を受け取るには、年金を受け取る資格が必要です。10年間、なんとしても、保険料を納めて、年金を受け取ることが可能にしよう。軟禁なしへの対応と [続きを読む]
  • 年金だけで暮らしていけるのか
  • 老後の不安のベスト3は、老後資金、年金制度、健康である。定年退職後、ほとんどの人は、年金生活者となるのである。老後の収入の柱と成るのは、年金であるが、はたして年金だけで老後の生活を送ることができるだろうか。老後の生活費(支出)夫婦二人と一人暮らしの1ヶ月の生活費は、家計調査報告(家計収支編)平成29年によれば、一人暮らしの生活費 約14万円夫婦二人の生活費  約24万円となります。老後の一人暮らし [続きを読む]
  • 働きながら年金を受け取る在職老齢年金とはなにか
  • 在職老齢年金とは定年後、働かずに年金を受け取る時代から、働きながら年金を受け取る時代となった。働きながら受け取る年金のことを在職老齢年金という。平成 28 年度末の在職高齢年金を受け取っている人は、320 万人となっており、前年度末に比べて 16 万人(5.4%)の増加となっている。問題は、在職高齢年金を受け取っている人は、ある一定の所得以上で、受け取る年金がカットされることである。具体的にはいくらカットされる [続きを読む]
  • 老後の海外移住、年金の受取方を伝授
  • 海外に移住しても年金受け取れるか内閣府大臣官房政府広報室の平成27年世論調査では、老後に現在の地域に住み続けたい人の割合は、79.2%と、ほとんどの人は、住み慣れた地域で、老後を過ごしたいと考えている。別の地域に住みたいという19.1%の人の中でも、海外に住みたいという人は、9.1%とまだまだ少数派である。海外への移住を考える上で、心配事は、「言葉の壁」、「健康」、「友人関係」などがある。また、い [続きを読む]
  • 派遣社員が受けるとる老後の年金額
  • 派遣社員と年金年金は正規社員と同じ派遣社員といえども、日本に住んでいる限りは、年金に加入が義務づけられている。派遣社員の加入する年金は、国民年金だけか、厚生年金に加入すると、自動的に国民年金に加入することになるので、国民年金+厚生年金ということになる。派遣遣社員の年金が、特別に変わったことがあるわけではないのです。年金機構HPの資料に追記厚生年金への加入条件国民年金は、国民全員が、20歳以上になった [続きを読む]
  • 公的年金不足はこの手で増やすことができる
  • 年金だけでは不足する年金だけでは、安心老後を暮らしていけないという話をよく聞く。実際どうだろうか。年金支給額年金支給額は、平成28年度の基礎年金(国民年金)55,373円、厚生年金147,927円である。老後の年金の支給額これくらいだ2018.05.03生活費老後の生活費は、どのくらいかかるのだろうか。家計調査報告(家計収支編)平成29年によれば、高齢者の一人暮らしでは、一ヶ月の生活費は、142,198円、 [続きを読む]
  • 老後の年金の支給額これくらいだ
  • 年金の種類年金は、大きく3つの種類があります。国民年金厚生年金共済年金国内に住むわれわれは、これら3種類のどれかに、加入が義務られている。国民年金20歳以上60歳以下すべての人が加入するもので、「基礎年金」を受け取ることができる。「第1号被保険者」「第2号被保険者」「第3号被保険者」と3種類があり、どの制度に加入するかにより、保険料が異なるのです。第1号被保険者農業等に従事する、学生、フリーター、自営 [続きを読む]
  • 老後の一人暮らしの生活費はこれだ!!
  • 一人暮らしの心配事家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査] 平成29年調査結果によれば、老後生活が心配と答えた一人暮らしは、84.9%(前回84.5%)であった。この結果は、二人以上の世帯の81.9%を上回っている。また、一人暮らしの心配事の理由の第一位は、十分な金融資産がないことなのである。これは、金融資産がないというより、老後の生活費がどの程度かかるかわからないため、漠然としたお金の不安で [続きを読む]
  • 夫婦2人で老後に必要な生活費はこれだ!!
  • 老後の心配のベスト3は、健康、お金、人間関係だと言われている。老後 の生活費は、実際いくらかかるかを知っておくことが、老後をおくる上で、とても大切なことです。いったい、夫婦二人で、老後の生活費はいくら必要なのでしょうか。老後の生活費はずばりいくらか普通世帯家計調査報告(家計収支編)平成29年によれば、 年齢平均60〜64歳65〜69歳70〜74歳75歳以上 消費支出(円)237,682290,034264,661243,416 [続きを読む]
  • 失敗しない退職金のもらい方、使い方
  • OltreCreativeAgency / Pixabay退職金とは何か退職金は、年金と共に、老後の生活を支えるものです。また、ある程度まとまって支給され、30年以上働いた慰労という面もあり、自分のために使いたいと楽しみにしている方も多いと思います。退職金は法律で決められたものではなく、、会社ごとに規則が定められている制度です。 そのため、原則的に就業規則で定めがなければ、会社は退職金を支払わなくなくてもよいのです。「平成25年 [続きを読む]