自己破産プロ さん プロフィール

  •  
自己破産プロさん: 自己破産プロ
ハンドル名自己破産プロ さん
ブログタイトル自己破産プロ
ブログURLhttps://jikohasan-pro.xyz/
サイト紹介文自己破産のメリットデメリット、進め方、依頼する弁護士事務所の選び方までFPが解説
自由文自己破産のメリットデメリット、進め方、依頼する弁護士事務所の選び方までFP(ファイナンシャルプランナー)が徹底解説します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 169日(平均1.4回/週) - 参加 2017/08/27 17:09

自己破産プロ さんのブログ記事

  • 自己破産にかかわる詐欺について。詐欺破産罪とはどういうことか?
  • 自己破産をして財産を没収されてしまうのであれば、事前に財産を親族の誰かにあげてしまった方がいいと考えるでしょう。しかし、それはやってはいけないことです。債権者を害する目的でおこなわれた財産隠しと捉えられる行為は詐欺破産罪という犯罪になり処罰の対象になります。自己破産罪は最大10年以下の懲役、1,000万円以下の罰金が科される可能性があります。今回は、自己破産するときに注意したい「詐欺破産罪」について紹介 [続きを読む]
  • 自己破産をしてもETCカードが使いたい!ETCカード使う方法解説
  • クレジットカードの追加カードであるETCカードは、自己破産をすれば当然ですが、所持することはできなくなります。しかし、高速道路を頻繁に利用するのであれば、現在はETCカードを持っていなければ損をします。平成24年の時点で、高速道路のETC利用率は88%です。しかも、ETC限定の割引サービスも料金制度もあります。自己破産後にETCカードを所持するためには、5年〜10年間の時間がかかりますが、今回は、自己破産後にすぐにでも [続きを読む]
  • 自己破産したら、携帯・スマホは解約になるの?本体は没収されてしまうのか?
  • 現在、重要なライフラインの1つに携帯・スマホはあります。特にスマホに関しては値段が高額になっているので一括購入をするというよりは、月々の料金に携帯の本体価格を上乗せして購入するという方法で購入している方もいるでしょう。であh、自己破産をした場合、前述したような購入方法だと携帯・スマホは没収されてしまうのでしょうか。また、回線契約はどうなるのでしょうか。今回は自己破産をすると携帯・スマホは解約になる [続きを読む]
  • 自己破産の免責不許可事由に関係する「詐害行為」って何!?
  • 詐害行為をすると免責不許可事由に該当する可能性があります。詐害行為とは、自己破産する前に、破産者が自分の財産を減らす行為を指します。今回は、どのような時期にどのような行為をすると詐害行為になるのか紹介をします。また、詐害行為をおこなった場合、免責不許可事由に該当するのかについても紹介します。詐害行為とは? 詐害行為とは、自己破産をする前に破産者の責任財産を減少させる行為のことです。破産する以上は、 [続きを読む]
  • 自己破産で迷惑をかけるなら離婚すべき?自己破産と離婚の関係
  • 自己破産をして配偶者に迷惑をかけるくらいならば、離婚してしまった方がいいのかもしれないと考える方もいるでしょう。しかし、離婚しても特にメリットはないかもしれません。また、実際に離婚するにしても離婚の時期や財産分与の額によっては免責を得ることができなくなる可能性が高くなるので注意したいところです。自己破産が原因で離婚を考えているのであれば、計画的にすすめる必要があるので注意しましょう。自己破産するく [続きを読む]
  • 自己破産をしても免除されない非免責債権とは?
  • woman自己破産をしてもすべての借金がなくなるわけではないと聞きましたが本当ですか?concierge本当です。非免責債権と呼ばれるものです。woman非免責債権はどのようなものですか?conciergeたとえばですが、住民税・自動車税・国民健康保険などです今回は、非免責債権について紹介をします。どのような債権が非免責債権になるのでしょうか。非免責債権とは非免責債権は破産法253条に定められています。「第二百五十三条 免責許 [続きを読む]
  • 自己破産をしても免除されない非免責債権とは?
  • woman自己破産をしてもすべての借金がなくなるわけではないと聞きましたが本当ですか?concierge本当です。非免責債権と呼ばれるものです。woman非免責債権はどのようなものですか?conciergeたとえばですが、住民税・自動車税・国民健康保険などです今回は、非免責債権について紹介をします。どのような債権が非免責債権になるのでしょうか。非免責債権とは非免責債権は破産法253条に定められています。「第二百五十三条 免責許 [続きを読む]
  • 自己破産と個人再生の違いはなに?するならどっちがいいのか⁉
  • 自己破産の他に債務整理の方法としては、民事再生があります。一般的には個人再生と呼ばれる債務整理方法です。個人再生と自己破産とでは、手続きの面、弁護士費用の面、借金の減額幅の面から自己破産の方が選ばれる傾向があります。弁護士によっては、あえて個人再生ではなく自己破産を勧めるということもあるでしょう。今回は、自己破産と個人再生の違いについて紹介をしていきます。個人再生とは?まず、そもそも個人再生とはど [続きを読む]
  • 住宅ローン破産が原因の自己破産は、任意場売却後の自己破産がベスト!
  • 住宅ローン破たんが原因で自己破産を考える方が増加傾向なのが現状です。国家的な詐欺とまでいわれた「ゆとりローン」などが原因で自己破産に追い込まれている方も多くいらっしゃいます。住宅ローン破たんをした場合、とることのできる手段というのは限られてきます。ですが、安易に自己破産は選択すべきではありません。自己破産は最後の手段であり、最初から検討するべきものではないのです。また、最初から自己破産を検討してし [続きを読む]
  • 【解説】自己破産の自由財産の拡張とはどのようなことなのか?
  • 自己破産をしても手元に残すことができる財産が自由財産です。この自由財産とは、破産法により決められています。そして、破産法で具体的に決められている自由財産の他に、裁判所の決定により自由財産として認められる財産があります。これを自由財産の拡張と言います。今回は自由財産の拡張について紹介をします。自由財産とは?まず、自由財産について紹介をします。自己破産をした場合、債務が免除される代わりに原則として破産 [続きを読む]
  • 自己破産をして手元に残せる自由財産と残せない破産財団とは?
  • 自己破産の手続きで「管財事件」となる場合、所持している高額な財産の多くを差押えられてしまい、換金処分されます。換金処分された財産は債権者に配当されて、借金の弁済にあてられます。ただし、自己破産をしたとしてもすべての財産が没収されるわけではありません。今回は処分される財産と処分されない財産について紹介をします。自己破産の種類 自己破産は手続きにより、同時廃止事件管財事件この2つに分けることができます。 [続きを読む]