任意売却プロ さん プロフィール

  •  
任意売却プロさん: 任意売却プロ
ハンドル名任意売却プロ さん
ブログタイトル任意売却プロ
ブログURLhttps://ninbai-pro.xyz/
サイト紹介文任意売却のメリットデメリット、競売との違い、進め方、依頼する不動産会社選びまでFPが解説
自由文任意売却のメリットデメリット、競売との違い、進め方、依頼する不動産会社選びまでFP(ファイナンシャルプランナー)が解説します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 82日(平均2.2回/週) - 参加 2017/08/27 17:09

任意売却プロ さんのブログ記事

  • ハウス・リースバックのメリットとデメリットは何か?
  • 任意売却した後でも自宅に住み続ける方法は、2つあります。親子間・親族間売買とハウスリースバックの利用です。どちらの方法も簡単ではありませんが、親子間・親族間売買よりもハウスリースバックの方が現実的な方法であると考えます。今回は、任意売却後に自宅に住み続けることのできるハウスリースバック、そしてハウスリースバックのメリット・デメリットについてもあわせて解説をおこなっていきましょう。そもそも任意売却後 [続きを読む]
  • 任意売却で親子間売買をするときにこれだけは注意したいこと一覧
  • 任意売却の手段の1つに親子間売買があります。親子間売買を利用すれば、任意売却しても自宅に住み続けることができます。この親子間売買を任意売却でするときの注意点とはどのようなものがあるのでしょうか。任意売却の親子間売買について今回は紹介します。そもそも、親子間売買することは可能なのか?住宅ローンを支払うことができないけれど、マイホームを手放したくないという場合や、自営業で店舗として住宅を利用しているの [続きを読む]
  • 任意売却後にも自宅に住み続けたい!リースバックと親子間・親族間売買とは?
  • woman任意売却をしても自宅に住み続ける方法はあるのでしょうか?conciergeあります。家族や知人の協力があれば、可能です。woman本当ですか?concierge親子間売買やリースバックという方法があります。つまり、任意売却をしても自宅に住み続けることはできます。今回は、任意売却をしても自宅に住み続けることのできる親子間売買、親族間売買、そしリースバックという方法を紹介します。任意売却をしても住宅に住みたい方は参考に [続きを読む]
  • 固定資産税はいつまで滞納OK?競売を回避する3つの方法とは?
  • 1月1日の時点で不動産を所有していると固定資産税が必ず発生します。市区町村によっても異なりますが、大体、4月〜6月ごろに請求書が届き、年4回の分割払いで支払うケースが一般的です。そして、固定資産税を納付できなかったり、納付を忘れてしまったりするリスクは常にあります。固定資産税の支払を後回し、後回しにした結果、自宅を競売(公売)にかけられてしまう方がいます。固定資産税はいつまで滞納することができ、どのよ [続きを読む]
  • 固定資産税はいつまで滞納OK?競売を回避する3つの方法とは?
  • 1月1日の時点で不動産を所有していると固定資産税が必ず発生します。市区町村によっても異なりますが、大体、4月〜6月ごろに請求書が届き、年4回の分割払いで支払うケースが一般的です。そして、固定資産税を納付できなかったり、納付を忘れてしまったりするリスクは常にあります。固定資産税の支払を後回し、後回しにした結果、自宅を競売(公売)にかけられてしまう方がいます。固定資産税はいつまで滞納することができ、どのよ [続きを読む]
  • 固定資産税はいつまで滞納OK?競売を回避する3つの方法とは?
  • 1月1日の時点で不動産を所有していると固定資産税が必ず発生します。市区町村によっても異なりますが、大体、4月〜6月ごろに請求書が届き、年4回の分割払いで支払うケースが一般的です。そして、固定資産税を納付できなかったり、納付を忘れてしまったりするリスクは常にあります。固定資産税の支払を後回し、後回しにした結果、自宅を競売(公売)にかけられてしまう方がいます。固定資産税はいつまで滞納することができ、どのよ [続きを読む]
  • 任意売却後の残債の5つの整理方法とは?行うべきではない整理方法について
  • 任意売却後に気になるのが、残ってしまう借金です。よくある誤解として、任意売却をすれば借金が0円になるということです。任意売却をしても残債の支払は免除されません。住宅の売却価格よりも住宅ローンの残債務の方が多ければ、当然ですが債務は残ります。これが残債です。稀に交渉によって残債が免除になるという風聞を耳にしますが、実際問題、債権者が何の見返りもなく残債を免除してくれることはありません。今回は残債を整 [続きを読む]
  • 住宅ローンが払えない場合にとってはいけない方法4選
  • 住宅ローンを支払うことができなくなったときに、どうすればいいのかわからなくなってしまうと思います。いろいろと返済のために手を出してしまったり、逆に開き直ったりしては、任意売却を回避することは難しくなります。下手をすると自殺という手段を択んでしまう可能性も否定はしません。今回は住宅ローンが返済できないときに取るべきではない行動について紹介をしていきます。住宅ローンの返済ができない住宅ローンの返済がで [続きを読む]
  • 【解説】住宅ローンが払えない場合に利用したい任意整理とは?
  • 住宅ローンを支払うことができなくなった場合、とることができる手段は限られてきます。その中の手段のひとつに債務整理があります。債務整理は大きくわけると4つの種類があり、借金を減額することができるほか、借金を帳消しにする方法もあります。債務整理の中で、任意整理というものがありますので、今回は任意整理について紹介をします。住宅ローンを支払えない住宅ローンを支払うことができなくなる原因というのはさまざまあ [続きを読む]
  • 任意売却の専門業者に相談時に尋ねること尋ねられることとは?
  • 住宅ローンが破たんしている場合、お金に関係することで非常に切羽詰まっており、精神的にかなり追い詰められていることが予想されます。また、どのようなことをすればいいのか、誰に相談するべきなのかわからず、寄ってくる業者すべてが怪しく見えてしまい、自暴自棄に陥ってしまう可能性があります。極端な話、自殺をして団体信用生命保険を利用して住宅ローンを返済するべきではなかろうかとも思い詰めてしまう方が大勢いると思 [続きを読む]
  • 任意売却をすることができない10のケースとは?
  • 任意売却をするためには債務者や債権者をはじめとして、住宅に関係者の合意の上に成り立つ債務整理の方法の1つであるといいでしょう。そのため、任意売却を成立させるためにはさまざまな条件があります。さまざまな条件をクリアしなければ、債権者は任意売却を認めてくれない可能性があります。今回は債権者が任意売却を認めてくれないケースを紹介しますので参考にしてください。任意売却ができないケースについて 任意売却がで [続きを読む]
  • 【厳禁】任意売却で依頼すべきではない専門業者4選
  • 任意売却をするときに業者選びというのは非常に重要になります。任意売却をすることができる業者とは、宅地建物取引主任者を擁する不動産業者です。任意売却をすることができる業者選びを失敗してしまうと、売り手、買い手、その両方が不利益をともなう可能性があります。つまり、任意売却は不動産業者選びが大切です。今回は任意売却の業者選びで、選ぶべきではない業者について紹介をします。任意売却は専門の不動産業者へ任意売 [続きを読む]
  • 相談前にチェック!住宅ローンが払えなくなったときに陥りやすい勘違い5選
  • 「住宅ローンが払えなくなった場合、すぐに退去しなければならない」という誤解があります。住宅ローンの返済など人生の内で何回も経験することがないことですから、さまざまな誤解や勘違いにて自分の首を自分で締める結果になるケースがままあります。今回は、住宅ローンが払えなくなった人が陥る誤解について紹介をします。もし、このような誤解をしているのであれば、改善することで最悪なシナリオを回避することができるでしょ [続きを読む]
  • 住宅ローンが払えないときに住宅を守る3つの方法とは? 
  • 住宅ローンの返済が苦しくなった場合、自宅を守る方法はあるのでしょうか? 任意売却と競売というのは最後の手段であり、この2つは結局のところ自宅を売却して住宅ローンの返済の資金に売却価格を充てるものです。では、任意売却や競売にせずに住宅を守る方法とはどのような方法があるのでしょうか?今回は、住宅ローンが支払えないけれど住宅を守る方法を紹介します。もちろん、ある程度の収入があることが前提であり1円も持って [続きを読む]
  • 住宅ローンが払えない! そんな時にとるべき4つの方法を徹底解説
  • 住宅ローンが払えない、もしくは将来的に払うのが厳しくなる状況が見込まれる場合、とれる手段は複数あります。しかし、いざ住宅ローンの支払いが困難な状況になってしまうと、その複数ある手段の中から悪手を選ぶ可能性が高くなります。そのため、今回は住宅ローンが支払うことができない状態となったときにとるべき方法を紹介します。この情報を知っているか知らないかで、損をするかしないか、大きく異なってきます。住宅ローン [続きを読む]