ヒロト さん プロフィール

  •  
ヒロトさん: HIROTOPHY
ハンドル名ヒロト さん
ブログタイトルHIROTOPHY
ブログURLhttp://hirotophy.hatenablog.jp/
サイト紹介文免疫低めヒロトのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 43日(平均1.6回/週) - 参加 2017/08/27 14:56

ヒロト さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 思いがけず世界が深まるバー
  • あまりお酒を飲まない僕だけれど、行きつけの飲み屋が数件ある。その中のひとつが「バブリングバー」というお店だ。新宿ゴールデン街の「からーず」さんを借りて、日曜日だけ営業している。npobr.netゴールデン街という「濃ゆい立地」にもかかわらず、店内は白を基調とした明るく柔らかな雰囲気。ゴールデン街ならではの場末感を楽しみたいあなたには物足りないかもしれないが、初めての人や軽く一杯飲みたい人にはイイカンジ [続きを読む]
  • 明日のHIV特効薬を今日の世界はまだ知らない
  • 僕が持っているHIVというヤツは、体内から完全に排除する方法が未だ見つかっておらず、暗鬱な表現を使うなら「不治の病」なわけだけど…逆に言うと、治療法の進歩が現在進行形で進んでいて、当事者のもとに次々とその成果が飛び込んでくる病気でもある。「最先端の医学の進歩のスピード感」を身をもって体験できるというあたり、僕はわりと楽しませてもらっていて、いつかは完治するかも…という「実現可能性がゼロではない希 [続きを読む]
  • 「HIVに感染したら」で検索している不安でいっぱいのあなたへ
  • HIVに感染したのではないかと不安に思っている人は、少なからずいると思う。もしかしたら、これを読んでいるあなたが、まさにそうかもしれない。Google検索などで「HIV」と入力すると、「HIV 初期症状」とか「HIVに感染したら」とか、不安が垣間見えるフレーズがたくさんサジェストされる。「不安」を通り越して「恐怖」を感じている人もいる。ほかのHIVブロガーさん(そんなクラスタがあるのか知らないけれど)のブログに、焦 [続きを読む]
  • CD4に一喜一憂するぞ宣言
  • 予想以上にたくさんの人にブログを読んでいただき、本当に感謝している。訪問の内訳を見ると、新たに訪問してくれる人たちが継続的にいる。HIVについて語られた言葉をネットの海で探す人たち。その中には、病気のことで苦悩している人もいるはず。そう考えると、色々な思いがよぎる。また、こんなブログでも再訪問してくれる人たちが一定数いる。素っ気ない僕の文章のどこに興味を持ってくれたのかと、これもこれで気になる( [続きを読む]
  • このブログのこと
  • こんにちは。このブログを書いているヒロトです。2017年の8月に書き始めた、新しいブログです。いろいろな人たちに読んでもらえたらうれしいです。ヒロトのこと僕は、東京在住の会社員です。2016年の8月にHIVによる免疫不全を起こしていることがわかり、9月から服薬治療を開始しました。治療は成功し、程なくUndetectableとなって、現在に至っています。2017年の日本の免疫不全いわゆる「HIV陽性者」のブログとしては、病気 [続きを読む]
  • 東京を離れ山奥の温泉で一人きりになったら
  • 病気がわかって以来、旅行に行くのがずっと怖かった。すでに一年以上が経っているし、重く沈んでいた気持ちも今ではずいぶん晴れやかになった。病気とどう向き合うべきか、自分なりの立ち位置もつかめてきた。最近生き生きしてきたなと自分でも感じる。それなのに、依然として心の片隅に落ち続ける翳り。いつまでも片付かずに放置されている宿題。それが、「旅行に行くこと」だった。旅行の何が怖いのか、自分でもよくわか [続きを読む]
  • グレープフルーツ
  • 訪問先との約束まで時間があったので、ランチでも食べようと同僚くんと中華料理屋に入った。円卓には中国茶がセットされていて、蓋を開けると、茶葉やら穀物やら木の実やら正体不明のいろんなものが中に入っていた。店員さんがお湯を注ぐと、中国茶の独特な香りがあふれた。「ヒロトさん、これかなり美味しいですね」同僚くんはご満悦の様子だが、僕はひと口だけ飲むふりをしては後は口をつけなかった。この手は苦手なのだ。 [続きを読む]
  • 同窓会
  • 高校時代の友人たちと酒を飲んだ。数ヶ月に1度、少人数で会っていろんな話をしている。同窓会というほど大規模でも久々でもないけれど、普段の人間関係とは別のところで繋がっている友人、それも若かった時代を知っている同い年の友人と飲む酒というのは美味しくて、やっぱりただの飲み会とは区別したくなる。メガネ女子だった友人は、いろいろ経てついに先週離婚届を提出した、ということで乾杯。清楚系女子だった友人は転職 [続きを読む]
  • ひっそりと咲く花
  • 二ヶ月ぶりの診察。インタビューを受ける予定だと雑談で話したことを、主治医の先生は覚えていた。「インタビューの内容は世に出るんですか」「はい、ウェブ上で公開されます」「社会の認識が進むことにつながるといいですね」この若い先生は、ときどき「社会」に言及する。流れで、何の気なしに言ってみた。「最近LGBTが流行りじゃないですか」「ああ、話題になってますね」「HIVもあんなふうになってくれるといいかも」血圧計 [続きを読む]
  • 過去の記事 …