チェブラーシカ さん プロフィール

  •  
チェブラーシカさん: ロシア大好き
ハンドル名チェブラーシカ さん
ブログタイトルロシア大好き
ブログURLhttps://ameblo.jp/12guchan/
サイト紹介文チェブラーシカ、チェーホフ、スヴィリドフなどが好きで、ついにロシアで生活することになりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 88日(平均7.3回/週) - 参加 2017/08/28 17:31

チェブラーシカ さんのブログ記事

  • 冬将軍
  • 日本のニュースを夫と一緒によく見る。天気予報の所で、冬将軍のイラストを見て、夫は爆笑する。どうしてこんな顔をしているのか、ロシアには冬将軍はないとか言っている。たしかに、ロシアの天気予報は天気図が出てきて、淡々と最高気温と最低気温と天気を伝えるだけだ。このように、日本人は何とも思わない所で夫は大うけするときがある。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • ロシアで交通事故になると・・・
  • 寝ようと布団に入って少ししたら、「ガチャン」と大きな音がしました。この音は、事故だと思い、メガネをかけて外を見ると、駐車している大型車に乗用車がぶつかっていました。事故発生は0時5分。乗用車の運転手がおりてきて、車の様子を見たりしています。しかし、ハザードランプがつきません。ランプをつけていないと、新たな事故が起こりそうだと思いながら見ていました。大型車の運転手は、その場にいません。乗用車の人が警 [続きを読む]
  • イコン博物館
  • 外国文献図書館の近くに、ロシアのイコン博物館があるので、行ってきました。前から行ってみたいと思っていたところです。この博物館は1階から4階までたくさんのイコンが展示されていました。ただ、教会でイコンを見ると、感動しますが、美術館の絵画のように展示されているイコンを見ると何だか違うなあを思いました。無料で良かったです。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 天然の冷蔵庫
  • 昨日は冷蔵庫にスープの鍋が入っていなかった。たしか食べ終わっていないはずだったし、空っぽの鍋もない。どこに行ったんだろうと思っていると、義妹が「バルコニーにあるよ。」と教えてくれた。そして、バルコニーへ行くと、そこは天然の冷蔵庫。外気は0度前後のモスクワだから、冷蔵庫より冷えていた。...これからもっと気温が低くなれば、天然の冷凍庫にもなると思う。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • ロシア生活で困っていること
  • ホームシックになることもなく、モスクワで元気に生活していますが、困っていることもあります。①いろんなものが高くて届かないこと。ロシア人の身長は高い。そのため、155cmの私には届かない所が多く不便です。たとえば、地下鉄の手すり。...日本のようにつり革も網棚もありません。そして、日本のつり革がぶら下がっている手すりがそのままついているだけなので、私の身長では手すりをつかめません。つかまないで立てるか [続きを読む]
  • 初めてソビエト連邦を認識した日
  • 私が初めてソビエト連邦という国を認知したのは、この映画だったと思う。小学5年生のときに、日本語の字幕がついて、市民会館で上映された。ただ、この会場の前列にモヒカン刈りの男性が座り、それが気になり、内容は全く覚えていなかった。最近、「チェブノブイリの黙示録」という映画だったと知り、検索したところ見つけた。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • チェブラーシカの映画
  • 夫と一緒にチェブラーシカの映画を見た。夫と一緒に見るのは初めて。もちろん、ロシア語で字幕なし。私は何度も見ているし、今になって聞き取れる言葉も増えて面白い。夫は夫で、このセリフは面白いとか、自分も小さい時、ピオネールになってこういう活動をしたとか、ソビエトの時は、そうだったとか、なぜ片づけない?とかケラケラ笑いながら見ていた。...夫はツボが少し違ったりするので、新たに気づいたこともあった。全部で4 [続きを読む]
  • ガルモーシカ
  • シューヤに行ったときに、壊れたガルモーシカ(音はしっかり出ます)があったので、初めて弾いてみました。鍵盤ではなく、ボタン式を初めて弾きました。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • シューヤ
  • 夫が生まれた町、シューヤへ行ってきました。モスクワから310km離れています。行きは、車で6時間かかりましたが、帰りは、3連休の最終日ということもあり、8時間30分かかりました。工事が13か所もあり、そのうち2回の工事は大渋滞でした。1つは抜けるまでに1時間、もう一つは、抜けるまで1時間35分かかりました。...それは工事をしている距離が尋常でないためです。1時間の方は2km、1時間35分の方は7kmに渡って道路工 [続きを読む]
  • ななかまどの味
  • 「雪も降ったし、ナナカマドの実は甘くなったはず」と夫がいい、食べてみました。とてつもなく酸っぱく、苦くて甘いどころではありませんでした。まだ、早かったようです。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 逆カルチャーショック
  • 逆カルチャーショックは日本に着いてからも続いた。まず、日暮里駅。行きかう人の歩くスピードが遅い。何度もぶつかりそうになり、イライラした。...逆に、日暮里駅のホームでみんなが2列にきちっと並んでいて違和感が。モスクワでは、ホームの横に一直線に適当に並び、電車が止まるとドアの近くへごちゃっと移動して乗るため、並ぶのは日本人だと思った。エスカレーターのスピードが遅い。優先席を必要としている人が目の前に立 [続きを読む]
  • やっと搭乗した機内で感じた逆カルチャーショック
  • やっと搭乗した機内。左隣はイスラエルの夫婦。7月の時も隣はイスラエルの人で、見たことのない文字だったから、どこの人かをきいたので、よく覚えている。今回の夫婦も日本へ観光に行くようで、ガイドブックを見ている。右隣は、日本人女性。この人、旧ソ連のモルドバに行ってきたようで、旅行したことをノートに一生懸命書いている。前職場でモルドバのことを調べていたから、話をしたい私は、ロシア人に話すかのように話しかけ [続きを読む]
  • 優先搭乗できるはずが・・・
  • シェレメティヴォ空港での出来事はまだあります。搭乗開始時刻より早く、アエロフロートの職員が搭乗口に来て、準備をしていました。いつもは複数で手続きをするのに、一人で準備をしています。そして、この職員は、搭乗開始時刻より5分も早く、一人で手続きを開始してしまいました。この職員の担当が、プライオリティーの方なら問題がなかったのですが、この人はエコノミークラスの方の担当でエコノミークラスの人をどんどん中へ [続きを読む]
  • セキュリティーチェック
  • 出国審査もなかなかでしたが、その後のセキュリティーチェックも今までに見たことがないほどの長蛇の列でした。こんなに並んでいるのに、2つの窓口のうち1つしか開いていませんでした。こういうのもロシアらしくて好きですが、時間がない人はハラハラドキドキだったと思います。ここでも、割り込みする人がいないかキョロキョロしながら、前の人にぴったりくっついて並びました。そして、何で時間がかかっているのかを観察しまし [続きを読む]
  • シェレメティヴォ空港のチェックインカウンターと出国審査
  • ビザが切れるため、数日間日本へ帰国したときのことです。7月のときのシェレメティヴォ空港のチェックインカウンターは激混みで搭乗開始時刻になっていても並んでいたということがあり、今回は余裕をもって空港に行きました。すると、待ち時間0秒。余裕をもってと言っても、空港到着時刻は前回と20分しか変わりません。すべてをたったの5分で完了しました。余裕があるから空港をフラフラしても良かったけれども、何があるか分から [続きを読む]
  • 姪と甥の幼稚園
  • やっと念願の幼稚園へ行けました。長文です。妹が腰を痛めているので、赤ちゃんの籠を持つために一緒にお迎えに行きました。以前は、車の中で2歳の甥と待つことが多く、中に入れなかったので、今回は「一緒にきて」と言われて、嬉しかったです。 幼稚園の門はインターホンがあり、それを押します。押すと、会話をすることなく、すぐに門が開きました。敷地に入り、建物の入り口では、機械で読み取れる磁気付きで、本人の顔写真も [続きを読む]
  • ベビーカーで街を歩いてみた
  • ロシアは一人で生きていけないと実感しました。義妹と郵便局と100円ショップとスーパーへ行きました。100円ショップは2階にあり、その建物は階段しかありません。そのため、他のお母さんたちも入り口にベビーカーを止めて、赤ちゃんは抱っこしての買い物になります。妹は腰を痛めているので、私は、外でベビーカーに乗せた赤ちゃんと一緒に待っていました。...次に行った郵便局もベビーカーでは行けません。以前の入り口に [続きを読む]
  • 温度差
  • 朝8時の気温は−3度ですが、体感温度は、−10度です。ロシアの気温の恐ろしいところは、実際の気温と体感温度が違いすぎることです。数字だけを見るとたいした寒さでないと思っても、実際に感じるのはずっと低く寒いです。しかし、地下鉄の中はだいたい20度なので、いつも暑くてコートを脱いでいます。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 夫との会話
  • 一昨日の夫との会話。夫「信号が1つもない町はどこか知っている?」私「(知らない。小さい国だから)バチカン市国?」夫「違う。ロシアにある町だよ。」私「(そういえば、実際に行ったときになかったなあ。)ソロヴェツキー島?キジ島?」夫「それは、町じゃない。」私「分からない。」夫「ヤルタだよ。」私「ヤルタって、ウクライナじゃなかったっけ?」夫「クリミア半島だからロシアだよ。」 ロシア人は、クリミア半島はロシ [続きを読む]
  • 吹雪
  • 昨夜は吹雪でした。朝起きると、雪が積もっていました。日の出は、7時35分なので、薄暗いです。そして、気温は0度ですが、体感は-10度。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 新しい手帳
  • 今日から新しい手帳。既成の表紙ではつまらないので、気に入ったマスキングテープをペタペタ貼りました。「夢をかなえる人の手帳」なので、やりたいことがたくさん詰まっている手帳です。欲しいものは特にないけれども、やりたいことはたくさんあります。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 憂鬱な時
  • ロシアの生活で憂鬱な時がやってきました。新潟と同様の鉛色の空、雨、雪、寒さではありません。そういう自然は決して憂鬱ではありません。むしろ、ロシアらしくて大好きです。では、何が憂鬱かというと、新年のプレゼントを考えないといけないことです。...日本なら、子供たちにお年玉でいいのですが、ロシアは、大人も含めて家族にプレゼントを渡します。家族が多いとプレゼントを用意するのが大変です。昨日、姪が「紀子は何が [続きを読む]
  • 嬉しい再会
  • 私が尊敬しているロシア語通訳・翻訳の方がモスクワに来ました。そして、短い滞在日数の中、約半日も会うことができました。その時に、「蚤」という単語までも通訳していて、そんな単語までも知っているとはすごいと思い、またまた尊敬してしまいました。 にほんブログ村 [続きを読む]