チェブラーシカ さん プロフィール

  •  
チェブラーシカさん: ロシア大好き
ハンドル名チェブラーシカ さん
ブログタイトルロシア大好き
ブログURLhttps://ameblo.jp/12guchan/
サイト紹介文チェブラーシカ、チェーホフ、スヴィリドフなどが好きで、ついにロシアで生活することになりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供294回 / 240日(平均8.6回/週) - 参加 2017/08/28 17:31

チェブラーシカ さんのブログ記事

  • お古
  • 義母に呼ばれて廊下へ行くと、古いコートやジーパン、靴が出ていて、「着れる?」と言われた。剣道をしていたから、身長のわりに肩幅がある。ただ、コートは、さすがロシアで実用していただけのことはあって、暖かい。バングラデシュ製だったが、新品を買うとなると高いし、私に合う服があるか分からないし、買いに行くのも大変だから、言われるままにもらうことにした。ジーパンは、私の足の長さだと長すぎたり、丈を合わせるとウ [続きを読む]
  • アイス
  • 姪の幼馴染がきているため、夕ご飯は、義母と夫と3人でバタバタと食べる。義母がアイスを出して、義妹を呼んだ。でも、義妹は返事なし。(友達親子が来ていて遊んでいるからそれどころではない)義妹が来ないのならと、義母は息子である夫を呼ぶ。夫も、アイスはいらないと言う。義母はせっかく張り切ってアイスを出したのに、呼んだ二人は食べない。それで、呼ばれていない私がアイスを食べた。義母と私の二人で台所でひっそりと [続きを読む]
  • 折り紙
  • いきなり姪の幼馴染がお母さんと一緒にうちに遊びに来た。義妹が「折り紙を見せてあげて。」ときたから、姪の幼馴染と一緒に折り紙をした。折り紙が好きなようで、折り紙の本を見ながら、ほとんど自力で作れた。幼稚園でも折り紙を教えているようで、日本の文化を取り入れているのが嬉しい。日本でロシアの文化を教育で取り入れている例ってあるかなと思った。それくらい、ロシアからすると親日なのだ。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • ロシアの番地
  • 住所だけを頼りに初めて行くところでも行けるようになった。地図を出発前に家で見ておいてから出かけた。大まかに覚えているだけで、すべてを記憶していない。当然、現地であいまいになる。それでも、ロシアの番地の付け方をヒントに住所だけで行ける。...日本だと番地は、1,2,3と順番についているが、ロシアは通りの名前の後に番地が来る。例えば、通りに面して右側は1,3,5と奇数ばかりの番地、通りに面して左側は2, [続きを読む]
  • 翻訳
  • 夫の育ての父親から夫が頼まれたロシア語の文章を夫と一緒に日本語へ翻訳作業中。翻訳文は、ロシア正教のとある教会のこと。夫は、ロシア正教が好きではないため、この翻訳は本当に嫌みたい。私は、その教会がどうやら日本と関係があるらしいことが分かったので、好奇心から翻訳している。それにしても、人の名前やら教会用語など訳すのがめんどくさい。また、夫はだいたいの意味はつかめているが、助詞の使い方などで私が手直しし [続きを読む]
  • 日本語がそのままロシア語に
  • 日本語がそのままロシア語になった言葉もある。ふぐカラオケ酒すし数独 など ふぐは、毒があることをロシア人も知っているので、「食べたことがあるか?」と訊かれ、「食べた」と言うと、「怖くなかったか」とか「よく食べようと思ったね」と言われた。 カラオケは、日本と違いボックスになっていなくて、公開形式らしい。 さけは、日本酒のこと。 すしは、言うまでもなく寿司のこと。ヘルシーな食事として、ロシア人風にアレンジ [続きを読む]
  • 風が強いと・・・
  • 今日のモスクワは風が冷たいし、強いしで歩くのが大変だった。中学生の時に剣道部に入部し、ご飯を食べられなくなって体重が5kg減り、35kgになったときに、妹が「チェブラーシカ生まれて初めて空を飛ぶ」という絵本を書いたが、今日の風は本当に飛ばされそうになった。でも、今は35kgではなく、マトリョーシカ体型なので跳ばなかった。そして、ロシアで生きていくには、やはり体型はしっかりしていないといけないと再認 [続きを読む]
  • 20分待ったバス
  • 20分待ったバス。モスクワでは見たことがないくらいの満員。ドアの前まで人がいる。カードをかざして中に入ることもできない。でも、無賃と言われると厄介だからと早々にカードをかざした。...この行動が、あとで厄介なことになる。 次の停留所で、乗客はごそっと降りて、中に入れるようになった。しかし、さっきカードをかざしてしまい、中に入るにはもう一度お金がかかってしまう。そのため、運転席近くに立っている。2つ目の停 [続きを読む]
  • バスがなかなか来ない
  • 本探しの途中でバスを待った。道路は比較的流れているし、歩いていくよりもバスで行った方がいいなあと思い、バス停で待った。待っている人も多いし、もうすぐ来るだろうと思った。ところが、5〜10分間隔のはずが、待てど暮らせど来ない。1分すぎるのだけでも長く感じる。そんな時に反対車線を見ると、バスがたくさん通る。でも、私の車線は1台も通らない。今日は、何かイベントがあったかなあと考えたが、思い当たらない。私の車 [続きを読む]
  • 古本探し
  • 古本を探しに、モスクワ市内をうろうろ。お店の人に、「この本はあるか」と訊いて探した。ワールドカップに向けてか、「私は英語を話します」と名札の下に書いてある店員さんもいた。英語を話しますという店員さんは、愛想もよくロシアらしい感じがしなかった。アンティークのコーナーの店員さんは、不愛想で淡々と調べていて、ロシアはこうだよなあと妙に落ち着いた。何軒も見て探すも目当ての本はなかった。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • クリーニングで冒険した結果
  • 4月6日に冒険したロシアのクリーニングのその後。本当は昨日(4月16日)の午後6時に仕上がり、昨日のうちに受け取れたけれども、夕方に出かけるのは義母も帰ってきていて難しいから、翌日の今日、義妹が赤ちゃんと散歩に行っている時間に、受け取りに行ってきた。服を持って行った時は混んでいたけれども、今日は、お客さんは一人だけ。空いているなあと思って、待っていたら、その一人のお客さんが私の名前を呼んできた。名前を呼 [続きを読む]
  • たぬき
  • 自宅から徒歩10分位のところにある日本料理店、その名も「ТАНУКИ(たぬき)」。そして、横には、「金」と書いてある。自宅の近くのこのお店は、昔ながらの「金」を正しく使っている。最近、日本人が働いていないのだろうなあと思うことがある。それは、「金」ではなく、上の屋根みたいな形と下は漢字の「二」しか残っていない文字を使うようになっているところがある。もはや、そんな漢字はないし、当初の意味も伝わらなくな [続きを読む]
  • 要注意の1週間
  • 今週は要注意の1週間です。うちのアパートだけですが、月曜日は9時から17時までお湯が出ません。そして、不定期で停電になります。ピアノを弾いているときでしたが、急に音が出なくなり、5分ほど停電しました。火曜日は、一番大変で、9時から17時までお湯がでません。それに加えて、10時から1時まで水も出ません。そして、不定期で停電します。お湯だけなら、もし必要であれば、ポットでお湯を沸かせばいいので、大丈夫ですが、水 [続きを読む]
  • バスと徒歩
  • 外国文献図書館を出て、歩いていたら、タイミングよくバスがきた。そのため、バスに乗ったが、その後大渋滞でなかなか進まない。歩くのと変わらないか、歩いた方が早いかもしれないと思った。しかも、渋滞でバスの運転手がブレーキばかり踏むから酔ってしまった。今日は、長袖1枚で歩けるくらいのいい天気だったから、日光浴もかねて歩いた方が良かったなあと思った。しかも、歩けば、ただだったし。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • YOSHIKI
  • 「ご自由にどうぞ」というのが大好きな私は、外国文献図書館に行くと、必ずそのコーナーを見ます。そして、日本というパンフレットをもらってきました。前号は、フィギュアスケートの安藤美姫選手が表紙になっていたけれども、今回は、私がよく知らない人だったので、1部でいいやと中身も確認せずにもらってきました。バスの中で見たら、YOSHIKIの写真が載っていて、「しまった。もう少したくさんもらってくれば良かった。(妹が大 [続きを読む]
  • 地下鉄の新聞
  • 朝や夕方、地下鉄に乗ると、駅の入り口付近で新聞を配っている人がいます。新聞の料金はどうなっているのか分かりませんが、無料でもらえます。無料が大好きな私は、すべて読めなくてもついつい手を伸ばします。そして、家に帰ってから見ると、意外と面白いことや役立つ情報が書いてあるので、配っているときはなるべくもらうようにしています。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 鐘の音
  • 3時頃、ボリショイ劇場前のバス停でバスを降りて、赤の広場の方へ向かって歩いていると、教会の鐘の音が聞こえてきました。モスクワのど真ん中で鐘の音をきくのは初めてでした。鐘を鳴らしている人も見えました。ロシア正教の信者ではありませんが、鐘の音を聴くと、ロシアにいると思って、テンションが上がります。作曲家のラフマニノフも「鐘」という曲を作っており、こういう音からあの音楽は生まれたのかあと思うと、なお一層 [続きを読む]
  • バイカル
  • 今日のモスクワは暑くて、長袖のシャツ1枚で歩けました。暑くなるとというか、冬の部屋の中も暖かいので、いつも飲みたくなる飲み物です。その名も「バイカル」。炭酸入りで、私はとても好きな飲み物です。残念ながら、日本へ輸出をしている業者はないと思うので、ロシアでしか飲むことはできません。ロシアへ旅行に来るときは、スーパーで探して試してみてください。ソビエト時代からある飲み物です。他にも、タルフンとかいろん [続きを読む]
  • ”嫌がらせですか?”のリベンジ
  • 筆記体のノートを1冊買うために、ここ1週間くらい、本屋さんに寄っていた。それは、以前受けた嫌がらせのリベンジのため。 今日、本屋さんをのぞくと嫌な店員さんがいた。嫌な店員さんとは、おつりが楽なように端数を出しても、端数を受け取らずに、逆に必要以上に細かいお金で返してくる人のこと。嫌がらせとしか思えない。ノートを取って、用意していた18ルーブル(すべて細かいお金。5ルーブル1枚。1ルーブル11枚、50カペイカ2 [続きを読む]
  • トロイカカード(日本のSuicaやPASMO、ICOCAみたいなもの)へのチャージ
  • 地下鉄のカードの残高が少なくなってきたし、2人しか並んでいなかったから、チャージしていこうと思い、窓口にならんだ。日本のように、券売機でチャージできればスムーズにできるが、ロシアは人がいる窓口しかない。1000ルーブル入れたいのだが、1000という発音が私には難しい。それなら、簡単に言える数字にすればいいかもしれないけれども、1000ルーブル入れておくとだいたい1か月もつから、いつもそうしている。今 [続きを読む]
  • 温度差が激しい
  • 去年は、6月2日まで雪が降り、トレンチコートの裏付きを着ていたのに、昨日は、18度だから、薄い上着でちょうど良かった。今年は暖かいかもしれないと思ったが、夜は、雨が降り、風も強く一気に冷えた。深夜には、雪になったようで、朝起きると白くなっていた。そして、0度になり、1日で20度近く温度差がある。そういえば、去年もそんな感じだったことを思い出した。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • ロシア語で歌える歌
  • 私が自信をもってロシア語で歌える歌は、「カチューシャ」(1番のみ)2013年の7月にモスクワ音楽院でアンコールとして歌った歌。成田空港でアンコール曲は、カチューシャときき、10時間のフライト中に必死に歌って、日本語の歌詞を覚えた歌。他の皆さんは、必死にロシア語を覚えていたが、私は、1番だけならロシア語の歌詞を知っていて逆に日本語の歌詞を知らなかった。そして、ロシア語で歌うときは、舞台の前に出るように言われ [続きを読む]
  • 夫が初めて日本という国を知った時
  • モスクワ生活1周年の今日、夫が仕事から帰ってきて見せてくれた本。私は、大興奮のため、ロシア語を一気に読んだ。今回も長文です。 夫が8歳の時に、夫の両親が買ってくれた本。...1981年に日本で開かれたソ連科学アカデミーコレクション大マンモス展に来ていたロシア人が、日本の風景を写真にとって、滞在中に日本人に質問をして文章を書き、1987年にソビエトで発行された本。残念ながら、筆者は2014年に亡くなっていた。この本を [続きを読む]
  • モスクワに住んで1年
  • 成田空港で家族と同僚に見送られて夫と飛行機に乗ったあの日からちょうど1年。成田の天気は雨で、雨が降る中、展望デッキで同僚たちが見送ってくれた。アエロフロートは安定の30分遅れ(30分は遅れにはならない) 夫と結婚する前に、ロシアに住むか、日本に住むかを考えた時に、私たちはロシアを選んだ。その選択は、正解だったと思っている。この1年間は、私にとって、幸せな日々だった。 モスクワに住むようになって変わったこと [続きを読む]