ジュヌビエーブ さん プロフィール

  •  
ジュヌビエーブさん: ジュネーブ徒然草 スイスで出産、子育て
ハンドル名ジュヌビエーブ さん
ブログタイトルジュネーブ徒然草 スイスで出産、子育て
ブログURLhttps://ameblo.jp/yukamarron825/
サイト紹介文スイス、ジュネーブでの出産や、子育て、日々の生活について徒然なるままに綴ります。
自由文スイスでの妊娠、出産、子育てを中心に、ジュネーブ生活における知恵袋的なことを綴っていけたら…と思っています。スイス、ジュネーブでの赴任や出産を予定されている方の参考になれば幸いです。また、ヨーロッパ在住のブロガーさんとの交流を通じて、色々と教えて頂けると嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供177回 / 235日(平均5.3回/週) - 参加 2017/08/28 22:01

ジュヌビエーブ さんのブログ記事

  • フランス語の子供を叱るフレーズ
  • 私が住んでいるジュネーブは、スイスのフランス語圏住んでいる人の半分は外国人と言われるほどの国際都市ですが、街の中で聞こえてくるのは圧倒的にフランス語です。今日は、街中で聞こえてきた、フランス語の子供を叱るときのフレーズについて書いてみます。よく聞くフレーズそのTu n'a pas le droit !チュ ナ パ ル ドロワ直訳すると、『あなたにその権利はないわよ!』子供相手に権利を持ち出すなんて、すごいフランス語らしい [続きを読む]
  • 野菜嫌いな子どもに野菜を食べさせるための手抜き飯
  • 間もなく3歳になろうかという我が子。相変わらずの野菜嫌いで、食べられる野菜は、にんじん大根コートドベットほうれん草玉ねぎコーンくらいのもの気が向くとジャガイモやカボチャやレタスを食べたりもしますが、レパートリーが少なくて苦労しますそんな我が子に野菜を忍ばせて食べさせる鉄板メニュー…ミックスベジタブルオムレツ使うのは冷凍のミックスベジタブルとスイスの国民的調味料Aromat写真から醸し出される手抜き感…そ [続きを読む]
  • スイス駐在 日本から持ってきて使わなかったもの
  • 正式にスイスに駐在することが決まったのは、出発のわずか3ヶ月前でした私の両親は駐在経験があり、私自身も幼少期を海外で過ごした経験があります。また、仕事でもヨーロッパに行き来する機会が多くありましたが、それでもいざ自分が駐在となるとなにを持っていけばいいやら…スイスには、なにがあって、なにがないのかかなりドタバタの準備となり、いらないものもたくさん持って行きました中には、ダンボール開けずじまいで眠っ [続きを読む]
  • スイス駐在 日本から持ってきて良かったもの キッチン用品編
  • 細々と続くこのシリーズ(笑)思い出したら書きます!今回はキッチンの細々したもの編です固めるテンプル固めるテンプル 5P×2箱パックAmazon揚げ油の処理に便利〜みなさんは油の処理、どうされてますか?輪ゴム共和 オーバンド100G GE011400円Amazonこっちで買った事務用の輪ゴム…高いわ、乾燥ですぐ切れてダメになるわ…散々でした。食べかけのスナックやら開封してしまった袋をしばるのに、昔ながらの輪ゴムを使う私には日本の輪 [続きを読む]
  • 母乳信仰問題への爆笑コメント
  • 先日、久しぶりに会った友人と話していた母乳信仰についての話題。赤ちゃんを連れているとなぜか通りすがりの見ず知らずのおばちゃんに、『母乳で育ててるの?』なんて聞かれます日本でも聞かれたことあるし、ジュネーブでも聞かれます。おばちゃん及びおばあちゃんに。私はそんなに気にならないけど、もしも母乳で育てたいと思っていたけど、母乳がなんらかの理由で出なかったお母さんにとってはデリケートな質問ですよね。しかも [続きを読む]
  • ジュネーブで美味しいシュラスコ
  • 住民の半数が外国人だと言われるジュネーブその中でも一番数が多いのは、ポルトガル人だと聞いたことがあります。たしかに、アパートの管理人さんはポルトガル人が多い!????そして、ポルトガル人と同じくポルトゲースを話すのがブラジル人????わたしの周りにはブラジル人も多く、同じアパートにブラジル人ファミリーが住んでいたり、公園でできたママ友もブラジル人ですブラジルと言えば、シュラスコジュネーブにも、シュ [続きを読む]
  • マドレーヌ戦記 7日目 1時間半にチャレンジ!
  • 今日は、午前中はお友達のうちで遊び、ベビーカーで昼寝…からの〜マドレーヌ!!というスパルタスケジュールでした(笑)昼寝がすごく短かったので、愚図るかなぁと思ったのですが、大好きな男の先生ジョナサンを発見し、靴を脱ぐのもそこそこに、中に入って行こうとする娘。別れ際は、母の方を振り向くこともなく、去って行きました。ヲイ!!1時間半後にお迎えに行くと、奥でお友達と先生と粘土をしていました。もっと長くいけそ [続きを読む]
  • スタバのマグカップ
  • スタバのスイスマグカップ????以前ご紹介したものは、少しゴッツいのと、デザインがいまいち私の好みにヒットせず、購入を見送っていました。そうこうしているうちに、スイスマグの新デザインが発売されました〜…と言っても発売されたのはだいぶ前なのですが(笑)マグカップには、スイスの首都ベルンのシンボルのクマさんチーズフォンデュ、山、湖(レマン湖だと思い込むジュネーブ人)などスイスモチーフが描かれています。これ [続きを読む]
  • マドレーヌ戦記 6日目 慣れた娘
  • 週初めの今日もお昼寝が13時終了だったため、マドレーヌへ。朝は『よーちえん(マドレーヌのこと)もういい!』と行きたくなさそうだったものの、昼寝から覚めると、『よーちえんいく、ジョナサン(先生)と遊ぶ!』とやる気満々。ちなみに、ジョナサンとは、先日気に入った男の先生(笑)たまにしか見たことないから、いない可能性大だけど、『ジョナサンと遊ぼうね?』とその気にさせて連れて行きました入り口に着くと、今日も自分か [続きを読む]
  • マドレーヌ戦記 慣らし保育5日目
  • この日はなんと、朝から『よーちえん行く!』と自らマドレーヌ行きを志願する娘。楽しさに目覚めたのでしょうか…だといいけど…お昼寝が13時で終了してしまったので、早速マドレーヌに出かけることにします。午前中は行く気満々だったのに、なにやら気乗りしない様子…それでもバスの中ではお喋りしていたし、普通の感じでした。到着しても平常通り。行けそうな気がします!!しかし、入り口でギャン泣きするら男の子に遭遇!!物 [続きを読む]
  • マドレーヌ戦記 慣らし保育4日目
  • 昨日に引き続き、マドレーヌの託児所へ。今日はお昼寝を早めた上に、下の子の泣き声で早く起きてしまったので、14時すぎに託児所に到着しました。バスで託児所まで移動する道中、一言も喋らなかった娘…緊張感が伝わってきて、こちらもドキドキしました。また大泣きかなぁと思っていると、入り口に到着して、ちょっと逃げようとする抵抗を感じましたが、お友達と遊んでみようよ!と言うとすんなり上着を脱いで、自ら中に入って行き [続きを読む]
  • マドレーヌ戦記 慣らし保育3日目
  • 週末をはさみ、前回から少し時間が空いてしまいました。さてさて、いけるかな〜〜行きのバスの中から薄っすら涙目の娘…おうちでずっと、『すぐにママはお迎えに来るから大丈夫だよ、お友達と一緒に遊んで待っててね。先生も優しいよ』と説明していたので、その説明を反芻するように、娘がブツブツつぶやいていました。娘は日本語はだいぶ理解できるのですが、フランス語では詳しいことはわかりません。きっと先生が、お母さんは迎 [続きを読む]
  • ジュネーブで大人の習い事
  • ジュネーブというとコスモポリタンでインターナショナルで美しい街…なんてイメージを持つかもしれません。でも、実際は、、ど、い、な、かそう、ジュネーブは田舎。小さな小さな町。娯楽があまりないのです。東京から駐在してくると退屈することは必死(笑)最初の頃は暇死するかと思いましたそこで探したのが習い事でした。贅沢なお悩みですよねきっと新たに駐在される方も退屈されたり、なにか新しい経験をしたいと思ったり、お友 [続きを読む]
  • マドレーヌ戦記 慣らし保育2日目
  • 入り口でベビーカーから降りた瞬間、大泣き!靴を脱がそうにも転げ回ってこちらも汗だくに…わたしは鬼か?こんなに泣いてるのに靴を剥ぎ取って預けるのか?先生がやってきて、この間、初めて来た子ね、と声をかけてくれた。この前はHorribleだった…と言うと、いえいえ、Horribleじゃないわ、Difficile だったのよ。初めてだもの!と言ってくれた。泣き続ける娘。入り口で説得を試みるがなかなか泣き止まない。ベテランっぽい先生 [続きを読む]
  • 冷凍食品スーパーPicardのお気に入りのおやつ
  • フランスの冷凍食品スーパーPicard ジュネーブにも店舗ができて、割と気軽に行けるようになりました。※Hôpital の近くにあります行くとついつい買いすぎてしまう!そしてオヤツを買ってしまうというのもさすがフランス、冷凍食品とはいえ、デザートもとっても本格的で美味しくてオシャレなんです。日本にも進出したというPicard出店先は青山や目黒や自由が丘などのオシャレタウンらしいですね。そんなPicard のデザートでハマっ [続きを読む]
  • マドレーヌ戦記 初めての慣らし保育
  • 下の子が生まれ、お世話が大変なので、上の子をマドレーヌに預けてみることにした。ちなみにお世話が大変なのは、イヤイヤ期の上の子であり、赤子はおとなしく寝ているので楽なもん…寒くていく所のないある日、上の子を連れて初めてマドレーヌに行ってみた。マドレーヌに着いたのは15:45頃。 混んでいると聞いたが、すんなり預けることができた。初めてなので、慣らし保育の15分、と言われ教室を後にしたが、バイバイのとき、『あ [続きを読む]
  • マドレーヌ戦記 託児所マドレーヌに登録してみた
  • 出産前、大きなお腹で上の子のお世話をするのが辛く、ジュネーブのRiveにある託児所マドレーヌに登録しました。その記録を残します。ドアを入った受付で、子供の年齢と初めてきた旨を告げると、どこの教室に行けば良いのか教えてくれる。案内された教室で登録用紙を渡され、住所や電話番号などの基本情報を記入する。その間、子供は託児所内で遊んで待っていることができる。記入用紙はフランス語なので、電子辞書を持って行くと安 [続きを読む]
  • ジュネーブの市場で買ったうま〜〜いチーズ
  • ジュネーブはRiveにある屋内市場、Halle de Rive水曜、土曜には、このように屋外にも市が立ち賑わいます。市場の食材って、スーパーの食材よりも新鮮で、野性味があって美味しい!市場で買い物をするのに、最初は難しそうに見えて抵抗がありましたが、慣れてしまえばとても楽しく、美味しいものの宝庫であることが分かりました。とはいえ、何が売っているか?どうやって買えばいいのか?…やっぱり市場はちょっとハードルが高いで [続きを読む]
  • レマン湖畔の小旅行 ヴヴェイその2
  • アリメンタリウムを後にして、雨も小降りになったので、レマン湖畔の散歩道をお散歩しました。すると見えてきたのが、こちらの素敵な建物Grand Hôtel du Lacという名前のホテルですお茶したいというか中が見たいということで、子連れでオドオドしながら潜入!内装が素敵すぎるモロッコ風の喫茶スペースお、おりえんたる〜〜そして、奥ではサンデーブランチをやっておりました。キッズスペースがあったり、至れり尽くせりサンデー [続きを読む]
  • ハートを鷲掴みにされたティーコージー
  • アメブロで知り合ったイギリスに住んでいるブロ友さん集めている食器の趣味や、雑貨の趣味がとても合うので、いつも楽しくブログを拝見していました。その方は編み物がとっても上手で、かわいいティーコージーを手作りされています。その中のひとつがあまりに可愛すぎて、わたしの物欲が止まらなくなり…勇気を出してティーコージーを作って欲しいとお願いしました。そして、そのティーコージーがついに手元に届いたのですお願いし [続きを読む]
  • プラスチックコップ New in
  • 地味だけど集めているプラスチックカップに新たな仲間が加わりました。左は、ジュネーブのお祭りエスカラードでココアを入れてもらったカップ1602は、ジュネーブが独立を勝ち取った記念すべき年。Companie de 1602というのは、現在ではエスカラードを運営している団体のことだと思います。歯磨のときのうがいするコップとして愛用しています(笑)右側のカップは、モントルーのクリスマスマーケットでホットワインを買った時のカップ [続きを読む]
  • おひるなんにしよー問題
  • お昼ご飯を作るのがめんどくさい。。また言ってるとゆーか、もうなにを食べるか考えるのもめんどくさいだって、ゆっくり食べる時間も作る時間もないもん上の子に食べさせるものを準備して〜〜泣いている下の子に乳をやり〜〜オムツを2人前変えて〜〜自分のゴハンに割く時間なんてせいぜい5分ですよ…いやいや体感2秒くらい日本ならコンビニやスーパーのお惣菜、温めるだけで食べられる簡単なものが溢れていますが、ジュネーブは [続きを読む]
  • コメントにお返事しました
  • なかなかお返事が書けず申し訳なく思いながら、ズルズル日が過ぎてしまいました本日、頂いたコメントに返信しました。まだコメントしてくださったことを覚えていたら、見返してやってください近頃、添い寝落ちすることが多く(ほぼ毎日)、家事効率が落ちまくり、ブログもなかなか書けないです昼寝もしてるからねなぜか偉そういや〜〜寝ないでちょっとは働かないとね…2人とも寝てる時なんて奇跡だもんねー。こんな感じで申し訳ない [続きを読む]
  • 慌ただしいお風呂上がりに最適のお肌のお手入れ
  • 最近、お父さんとお風呂に入りたがらない娘さん。お風呂はもっぱらお母さんとです。思春期、早すぎじゃない?もうちょっとお父さんと入ってくれていいのよ…お母さん、大変だから娘とお風呂に入ると、とにかくゆっくり入れないそして湯上りが戦場(笑)お漏らしされないように、風邪を引かないように、とにかく娘優先逃げ回る2歳児とほぼ裸で格闘する事態に…お風呂上がりのスキンケア、なんて悠長なことはしていられません。でもお [続きを読む]