さんさんボドゲ さん プロフィール

  •  
さんさんボドゲさん: さんさん☀ボードゲームクラブ
ハンドル名さんさんボドゲ さん
ブログタイトルさんさん☀ボードゲームクラブ
ブログURLhttps://ameblo.jp/sunsun-kokugojuku/
サイト紹介文大阪にある国語塾のボードゲームクラブです。
自由文囲碁・将棋や海外のボードゲームが楽しめる、塾長の趣味も兼ねた( *´艸`)クラブです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2017/08/28 22:11

さんさんボドゲ さんのブログ記事

  • 揃うと気持ちイイ! 世界有数の技術大国が生んだ脳トレゲーム
  • ボドゲクラブ活動報告です 今回は、ラミィキューブをプレイしました。 技術大国・起業大国、中東のシリコンバレーとも呼ばれるイスラエル発祥で、ドイツの年間ゲーム大賞を受賞しています。番号が振ってあるタイルを、組み合わせを入れ換えながら出していき、他のプレイヤーより早く無くすことを目指すゲームです。老若男女問わず誰でも楽しめて、脳トレにもなります ルールは以下の通りです。 ①最初に7枚ずつの山にして積みま [続きを読む]
  • 【漫画②】無理に勧誘しない。説得しない。だって……。
  • 前回(無理に勧誘しない・説得しない理由①)の続きです。 -----------------------無理に勧誘しない・説得しない理由② 誰でも、厳しいことや耳が痛くなることは言われたくないだろう。だけど、少しでも向上しようするには、当然その分だけ努力が必要です。白鳥だって、優雅に泳いでいるように見える水の下で常に足を動かしているのだから。学校で教えていた時、「お金をかけずに、なるべく楽して一流校へ行ける抜け道ってないか [続きを読む]
  • 【漫画】勧誘しない。説得しない。だって……。
  • そろそろ、ボドゲクラブのメンバー募集を再開しようと思っています今回は、中学生以上限定で検討中です。詳細については、お手数ですがこちらからお問合せ下さいちなみに、うちのクラブは、無理に勧誘したりしません。そもそも、塾も勧誘したり、説得したりしません。塾生じゃないクラブ会員にも、塾の話全然しませんしね。というか、どっちにしてもクラブ中は忙しいので、そんな時間ありませんからうちの塾では、塾生にも無理に [続きを読む]
  • でっかい花火を打ち上げろ! 皆で仲良く協力ゲーム♪
  • た〜まや〜!と、急に花火の画像を載せたのは、暑さと多忙でおかしくなったからではありません 今回は、ボドゲクラブでプレイしたカードゲームの花火 (Hanabi)をご紹介したいと思います。花火はドイツ年間ゲーム大賞2013で大賞を受賞した協力型推理ゲームです。全員で協力して色別に番号順で、より多くのカードを打ち上げることを目指すゲームです。このゲームの最大の特徴は、自分の手札を見ることができない代わりに他の人の手 [続きを読む]
  • 【実録漫画】今、孤独を感じている人へ〜ある中学生Y子のお話〜③と後日談
  • 前回(今、孤独を感じている人へ〜ある中学生Y子のお話〜②)の続きです。 【実録漫画】今、孤独を感じている人へ〜ある中学生Y子のお話〜③と後日談------------------------------------------漫画の画像が多かったので、ブログでは分割して掲載しました。youtubeに漫画をスライドショーにしてアップしていますので、よろしければこちらもご覧ください。 〜A子についての後日談〜「私」の中学卒業後、A子とは距離ができ、元同級 [続きを読む]
  • ボードゲームの整頓。そして、今後のブログについて
  • 昨日、塾でやっとボードゲームの整頓をしました 開校当初からコツコツ集めた知育ゲームも含めると、ものすごい量になってしまっていて、自分でも何がどれくらいあるかわからなくなってきていました↓整頓の途中で撮影しました。実際はこの倍の量ありました。 知育ゲームもボードゲームも、まだ使ったことないものがあるので、これからじっくり試していきたいと思います さて、今後のブログについて、現在WordPress※の方にブログ [続きを読む]
  • 絵心で迷子を探せ!笑いの絶えないゲーム♪
  • 今日は、前回のボドゲクラブでご紹介しそびれたカードゲームについてご案内したいと思います。その名も「似顔絵探偵ガール」。大変人気があるらしく、現在どこのショップでも品切れで、プレミア価格でやっと手に入れたゲームなんです ゲームの内容は、まず「目撃者」が48人の女の子が描かれたカードから適当に1枚引いて、「迷子」の女の子を決めます。何人かの「目撃者」でパーツごとに分担して、女の子の特徴を記憶します。そ [続きを読む]
  • ようやくブログ復帰〜やっぱりボドゲが好き〜 
  • お久しぶりです空前絶後の体調不良により目前のことをこなすのに精いっぱいで、クラブは活動していましたが、長い間ブログを更新できませんでした 昨年末あたりから、生徒に「顔色が悪いよ」「もっと休んだら?」とたびたび言われ続けてきましたが、塾業界は秋の推薦入試に始まり、1月の中学受験、2月の私立高校受験、3月は公立高校受験そして大学受験。昨年の秋から春になるまで受験・受験のオンパレードでした加えて、日々の [続きを読む]
  • 元祖脳トレ! 驚くほどたくさんの効能があるゲーム♪
  • 先日アップした記事(〜漫画で読む〜塾長がボドゲクラブを始めた本当の理由)が、アメブロの公式ハッシュタグ記事ランキングでまあまあ上位(15位:「#ボードゲーム」 4,921件)に入っていましたまめにアクセスアップ対策もしていないブログなのに、中学受験をからめたお話だったのもあって、いつもよりたくさんの方に読んで頂けたようで嬉しかったです さて、ボードゲームクラブ7回目の活動報告です。この日は将棋と囲碁(とい [続きを読む]
  • 〜漫画で読む〜塾長がボドゲクラブを始めた本当の理由④
  • 前回の漫画(続はじめての中学受験〜理想と現実のギャップ〜」)の続きです※時々画像が消えることがあるようなので、その時はお手数ですがブラウザの更新ボタンを押してみてください。また、画像が見づらい時はブラウザの表示を120〜125%ぐらいにしてもらえると幸いです。 とうとう最終回です。「ボードゲームと中学受験になんの関係が?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、塾長の中では両者は仕事として密接に繋 [続きを読む]
  • 〜漫画で読む〜塾長がボドゲクラブを始めた本当の理由③
  • 前回の漫画(「はじめての中学受験〜理想と現実のギャップ〜」)の続きです 難関校志望ではじめて中学受験をするご家庭で実際に起きたエピソードです。塾長がボドゲクラブを始めようと思った理由の一つにもなっています。----------------------------塾長がボドゲクラブを始めた本当の理由③「続はじめての中学受験〜理想と現実のギャップ〜」 次回、とうとう最終回です。塾長がボドゲクラブを始めた本当の理由④「はじめての中 [続きを読む]
  • 〜漫画で読む〜塾長がボドゲクラブを始めた本当の理由②
  • 前回の漫画(「学力と栄養は短期間で身につかない」)の続きです 難関校志望ではじめて中学受験をするご家庭で実際に起きたエピソードです。塾長がボドゲクラブを始めようと思った原因の一つにもなっています。----------------------------塾長がボドゲクラブを始めた本当の理由②「はじめての中学受験〜理想と現実のギャップ〜」 次回、塾長がボドゲクラブを始めた本当の理由②「続はじめての中学受験〜理想と現実のギャップ〜 [続きを読む]
  • 〜漫画で読む〜塾長がボドゲクラブを始めた本当の理由①
  • さんさんボドゲクラブの活動を始めてからはや4カ月目になりますさんさん国語塾では、ボドゲクラブの活動だけでなく、塾を立ち上げた当初から「楽しみながら学ぶ」という理念を掲げています。それは今も変わっていないし、今後も変えるつもりはありません。しかし、現実に塾を運営していく中でなかなか理念が伝わらないことも多く、時折ブレそうになる瞬間も正直何度かありましたでも、ここ数年に起きた様々なことがきっかけで過 [続きを読む]
  • これは嘘?それとも本当? 嫌われ者を押し付け合うゲーム
  • ボードゲームクラブ5回目です。 最初はまず将棋から。将棋をやったことがない生徒にレクチャーしましたその後、将棋経験者と初心者の生徒で対戦です。 油断したのか、経験者が初心者に負けてしまうという結果に将棋をプレイしている横で、他の生徒がオセロの対戦もしましたが、初心者だった女子がいつの間にかものすごく強くなっていました攻略法を学びながら自分より強い相手とずっとプレイしているうちに、深い思考力が身につ [続きを読む]
  • 世界が認めたボードゲームの王様!(ボードゲームクラブ3回目)
  • 3回目のさんさんボードゲームクラブ報告です 今回は動画でご紹介します。けっこう多いので、見てくれる人が飽きないように短めで編集しておきました まず、おなじみのゲームたちから。ドイツ年間ゲーム大賞にもノミネートされた名作ボードゲームです。赤いマークのお化けと青いマークのお化けを駆使して、勝利を競うゲームです。先に相手の陣地から青いお化けを脱出させるか、赤いお化けを4つ取らせるか、相手の青いお化けを4 [続きを読む]
  • アメリカのAmazonでゲームを購入してみる
  • ここ3カ月、ずっと欲しいゲームがありました生産中止のゲームで、日本ではもうプレミアム価格でしか売られていないゲームです。アメリカやヨーロッパではかなり安く売られているのを見て、ひょっとしたらと思い色々調べてみたところ、アメリカのAmazonから直接購入できることを知り、早速試してみました。随分昔ですが、オーストラリアに行った時も、いたるところで使われている英語表記が意外と簡単だったので、今回も割とすん [続きを読む]