あや さん プロフィール

  •  
あやさん: 儚い切ないワタシの恋
ハンドル名あや さん
ブログタイトル儚い切ないワタシの恋
ブログURLhttp://hakanaisetunaikoi.blog.fc2.com/
サイト紹介文40代あやが出会った年下彼氏との純粋な日々。
自由文年下彼氏とのお話です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2017/08/29 15:14

あや さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 受け止めたい
  • 「もうこんな時間、、出ないと。あやさん、時間大丈夫?」少し悲しそうな顔をして聞いてきた。「まだ大丈夫だよ。」「連れていきたいお店があるんだけど、行ってくれる?」ついていくと、小さなバーだった。「昔からよく来てるお店で、お店の人もいい人なんだよね」奥から、トオルより少し年上の、、私よりは年下、、たぶん。優しそうな人が出てきた。「トオル、久しぶり!」少し、興味のあるような目で私を見てきた。でもそれは温 [続きを読む]
  • ハグ
  • ふらふらとしたトオルを思わず、支えた。というより、ハグする形になった。あ。。ごめんなさい・・呟いて、トオルがしっかり立ち上がるのを待って手を離そうとした。「待って。しばらくこうしていて。。」ぐいっと手を引っ張られ、ぎゅっとハグされる。「ごめん、、あやさん。少しだけ」びっくりして、ドキドキして胸の鼓動が伝わりそうで。。どうしよう。。黙っていた。小さく、うん、とうなずいた私。時間にしてほんの数分のこと [続きを読む]
  • ふらふら
  • 二人で乾杯をして、お互いの昔の話をした。トオルの友達の話、部活の時の話、ホントに楽しくて心から笑った。映画の話や本の話、ドラマの話、、、とにかく話した。友達想いのトオルの話は、ちょっと感激してウルウルしたほど。なんかいいなあ。トオルは、友達には本当に助けられてる。そう話してくれた。トオルには、もう肉親がいない。お兄さんがいるだけ。友達が学生の時は助けてくれたそうだ。こういう情の厚い人っていいな。。 [続きを読む]
  • 約束の日
  • 約束の日はすぐやってきた。男の人と二人きりで出かけたことは、仕事ではあった。でもこうして本当にプライベートではなかった。さりげなくさりげなく。。心に言い聞かせて。笑わざと大衆居酒屋さんで会おうとトオルには言った。居酒屋さんに行くと、もう席で待っていて手を振ってくれた。笑顔。可愛い。人それぞれ、この人ににこっとされると弱いな〜というのはあるにしてもトオルの笑顔は女の人には人気あるなあと思った。でも、 [続きを読む]
  • 二度目のデート?
  • 思えば、偶然会って勢いのような形で飲みに行ったのに、あれから数か月も会ってなくLINEのみだった。一度、うちには来たけれど。今度会えば確実に前に進んでしまう・・すごく迷った・・友人の中に不倫で悩んでいる子。。その苦しみを聞いたとき、つらいと思った。でも、、正直に言うとトオルに会いたい。トオルからそれは切り出された。会って話したいとは言ったけれど、、私、、ずるいな・・「今度の金曜日会えませんか?少し家か [続きを読む]
  • 嬉しい言葉
  • 「そんな風に言ってくれる人、トオルさんだけですよ〜。私も人妻じゃなかったら、、と思うこと、、最近よくあるんです。。」ドキドキしながら、送った。でも、その返信は数時間来なかった。。その数時間、何も手につかず、、余計に自分の気持ちが思ったよりもトオルにいっていることに気が付いた。この数か月、LINEで話すだけで、ドキドキすることも多く。でも、それは久しぶりの男の人だからなのか、、トオルだからなのかわからな [続きを読む]
  • ヤキモチ
  • その夜、トオルからLINEが来た。「○○ちゃん、体調どうですか?(^-^)」「大丈夫みたい。今日は、本当にありがとうございました。また何かありましたら、ご迷惑おかけしちゃうかもしれません。。(^-^;」「何か,あったらお任せください!!」「ありがとう〜。でも、今日は散らかってる我が家を見せてしまって、、恥ずかしかった・・」「あやさんのおうちに伺うことになって、実はドキドキしてました。笑でも、家族写真が飾ってあっ [続きを読む]
  • 家までの時間
  • 娘の体調がだいぶ戻ってから、トオルの車に乗り込んだ。3人で、たわいないおしゃべり。なんだか楽しい時間。まだ3時ころだった。自分の家になんて、ドキドキ。娘が「先生、寄って行って〜」と言い出した。トオルは「え!!いいの??○○ちゃんちに?」どぎまぎしてる私をよそに、二人で盛り上がっている。汗リビングに通して、ちょうどデパートで買ったケーキを3人で食べる。食べ終わると、娘は自分の部屋にトオルを連れて行っ [続きを読む]
  • いきなりの・・
  • その日、私は買い物に出かけ、デパートにいた。いきなり、LINE電話が。。誰だろうとみると、トオル。ドキドキした。トオルは、少し慌てた様子で、「娘さんが、塾に来てすぐ具合悪くなってしまったみたいで、、迎えに来られますか?」え、、時々、貧血を起こす子だったので心配はしていたのだけど。。「今、ちょうど、近くのデパートなので、行きます」電話を切り、塾に向かった。塾に着くと、入り口でトオルが待っていた。久しぶり [続きを読む]
  • LINEのやりとり③
  • 浅い内容からだんだん、家の中の出来事を話すようになっていた。会うわけでもなく、ただ数か月そんな感じ。トオルは、トオルで塾の先生の人間関係や子供とのやりとり、こんな子にはこういう態度で接するんだよねとか子供思いの素敵な先生だな。。と。そして、先生たちの中でのトオルの位置。それもわかった。きっと、和ませるムードメーカー的な人なんだとわかってきた。ある日、娘が熱を出して迎えに行くことになった。。 [続きを読む]
  • LINEのやりとり②
  • LINEのやりとりは、一日に一回は必ず来るようになった。返事も忙しい時は既読になって、忙しいのかな、、と思っていると夜遅くても必ず「仕事終わって今帰りなんだ!」とか「飲んでた〜」とか返事が来て。。ストレスなしのLINEのやり取り。そういうのって、すごく大事。安心する材料の一つ・・とはいっても、私は彼の彼女ではないし、ただの友達、、もしくは、娘の塾の先生でしかない。彼女でもないのに、話す内容も大したことない [続きを読む]
  • LINEのやりとりがはじまった
  • LINEを返した後、気になりだしたら止まらなくて。。今度はいつLINEが来るんだろう・・いろんなことがとまらなくて。。でも、すぐまた返事が来たのです。「女の人と久しぶりに一緒にいてドキドキした。でも、それはあやさんだったからかな・・なんて思ってしまった・・笑」え、、私も男の人と一緒にいたからドキドキしたのか、トオルと一緒だったからなのか。。どっちなんだろう、、と思っていた。好きになってはいけない人。。友達 [続きを読む]
  • 楽しかったよ
  • 電車に飛び乗って、しばらくたったころLINEへメッセージが。「あやさん、、あやさんって呼んでいいかな?笑  今日は久しぶりに楽しくお酒を飲めて嬉しかったです。 またよかったら飲みましょう」名前で呼ばれるのも正直嬉しくて、、ドキドキしたのです。名前で呼ばれるなんてなかったのです。私。だんなからはお前とか、、おい、とか。。若い頃は、お前って嬉しかったけれど、今は、上から目線みたいな感じで嫌・・お前と呼ばれ [続きを読む]
  • お店を出て・・
  • LINEを交換して、お店を出た。いつの間にか、結果的にすごく飲んでしまっていたようだった。笑二人ともほろ酔い気分で、やたら笑っていたような気もするけれどなんとなく、もっといたいような、、そんな気もしていたけど年下の人にとっては、ましてや人妻だもんね。。何も思っていないだろうな、、とわざと明るくさっぱりと「またいつか飲みましょう〜!娘のこともお願いします^^」と言って慌てて電車に飛び乗ってしまったのだ。 [続きを読む]
  • LINE交換
  • 色々なことを話して、、でもすんなり話せた男の人は久しぶりだった。職業柄、営業のためいろいろな人と話す私、、男の人、、それも年下なのにすんなりいろんなことを話せるのに自分でも驚き、気が合うなと感じたのは、初めてだった。もちろん、だんなとはそう思って結婚したのだけど、いつのまにか考えも違ってきていた。それとも、はじめから合っていなかったのか。。今となってはわからない・・トオルの職業柄、子育てや教育の話 [続きを読む]
  • 付き合っていた人
  • トオルの数年前の付き合っていた人、、やっぱり気になる。「よかったら、聞かせて・・」そう言うと、いろいろと教えてくれた。大学の同級生、就職してすれ違いが続き、いつの間にか離れてしまった。。と。好きだったけど、だんだんと価値観が合わないことに気づいたこと。少し勝気な人だったこと。自分は、そういう人が合っていたと思っていたけれど、そうではなかったかもしれないと話してくれた。穏やかな雰囲気とゆっくりした感 [続きを読む]
  • お互いの事情
  • 初めて会った時のイメージと、トオルはほとんど変わらず穏やかな印象の話しやすい人だった。だから、飲みにこれたのかも。だんなとの生活に嫌気がさしていた私は、とても楽しくてはしゃいで飲んだ。トオルは、大学を出て一度就職し、転職して塾の講師になったようだった。そして年は私より8歳下だった。私は、家の事情、だんなとのことも酔っても話せなかった・・反対にトオルは数年前の付き合っていた人のことを話してくれた。ま [続きを読む]
  • ふたりきりで
  • 男の人と飲むのも久しぶり。飲み会はあるけれど、自分より若い人と二人で飲みに行くなんて・・自分の大胆な行動にびっくりしました。誰かに見られたら。。とかそういう気持ちもすっかり忘れていました。既に飲んでいたからなのかな・・笑トオルが連れて行ってくれたのは、とても小さなお店。小さなお店だけれど、間仕切りがあったりして、隣の人との席は、あまり気にならないようになっていた。薄暗い明りの中、お互いのことを話し [続きを読む]
  • 偶然の
  • 面談があって、印象には残ったもののその後、トオルとは会わず、、私もすっかり忘れていました。三ヶ月が過ぎた頃、職場で飲んで帰ろうかと思っていた私。。旦那さんとは上手くいってないので、早く帰りたくない、、二次会へ行こうか迷っていた駅の改札あたり、、少しよろけた私は人とぶつかってしまったのです。ごめんなさい!!振り返ると、トオルが笑顔でいました。「〇〇 [続きを読む]
  • 面談で
  • 娘の塾の先生であるトオルは、爽やかな笑顔で「暑かったでしょう。。少し、落ち着いてから面談始めましょうか( ^^) 」と言ってくれ私もホッと一息できたのです。しばらく落ち着いたころに真剣な面談になりました。でも、その間、私は話も上の空でした。。笑私はいわゆるイケメンとの縁が薄く、そういう人と話すことがあまり慣れていなくてドキドキしてしまったのでした。いや、、イケメンとはっきり言う感じではないのかも知れませ [続きを読む]
  • 年下のトオル
  • エレベーターでぶつかり、「ごめんなさい!!」と慌てて声をかけると「大丈夫ですよ!○○ちゃんのお母様ですか?」にこやかに笑う青年?スーツを着た男の人がいました。「はい。○○先生ですか?遅れてすみません。。電車が遅れていたので・・」「慌てなくて、いいですよ!今日は○○ちゃんだけですから!」「そうでしたか。。よかった。。ホントにごめんなさい。」いくつなんだろう。。先生。爽やかだな♪娘も安心して任せられそ [続きを読む]
  • 出会い
  •  トオルと出会ったのは、6年前の夏。娘の塾の夏期講習の面接の日でした。電車が人身事故で止まってしまい、焦って走って。。。。ようやく、一時間遅れに着いたのです。塾の入っているビルのエレベーターに飛び乗り。。慌てて乗ったら人がいた。ぶつかってしまいました。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …