LIFE さん プロフィール

  •  
LIFEさん: 子供の為の資産形成ブログ
ハンドル名LIFE さん
ブログタイトル子供の為の資産形成ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/lifeisgood21/
サイト紹介文国内・海外の金融資産と子供の為の資産形成を中心としてご紹介致します。
自由文LIFEです。 私達はインターネットを使えばスグにでも情報を取ってこれる環境下にいますが、その反面インターネットの世界には正確ではない情報が溢れているのも事実だと思います。 私のBlogでは正確な情報しかお伝えしません。 日々感じた事や国内・海外でのお得な情報を皆様に共有できれば幸いです。また是非、皆様のご意見もお伺いさせて下さい。宜しく お願い致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 54日(平均5.1回/週) - 参加 2017/08/30 10:25

LIFE さんのブログ記事

  • ジュニアNISAとは。メリットだけ?デメリットも併せて比較
  • 2016 年から始まりました、『ジュニアNISA』を視野に入れている家庭も少なくないかもしれません。 事の始まりは2014年に日本在住の20歳以上を対象とした『NISA』であり、『ジュニアNISA』は20歳までの未成年を対象した金融商品です。 では、『ジュニアNISA』は子供の為にメリットだらけの金融商品なのでしょうか。 それともデメリットが多い金融商品なのかを併せて比較させて頂きたいと思います。 ジュニアNISA 現行 [続きを読む]
  • 超富裕層も1日は同じ24時間。違うのは判断力と行動力。
  • 資産形成を行うのに、超富裕層も富裕層も私も含めみんなと同じで、1日24時間です。 その1日24時間という同じ時間で、私の周りにいる超富裕層や富裕層の方たちが、一般人と明らかに違うところは、備わっている判断力と行動力です。 彼ら達は時間を無駄にしません。勿論、家族サービス・自分自身のリフレッシュの時間をないがしろにしている訳ではなく、両立しながら資産形成・資産運用を行っています。 超富裕層たちの [続きを読む]
  • 現状の学資保険なら100ドル/月 の海外金融商品で運用が絶対お得。
  • 大学までの子供の教育費を真剣に考えている今日この頃です。 以前ブログでも書いてますように、2031年から大学の教育費は国公立で年額43万上がる見込みになっています。2031年に国立大学の学費が54万→97万へ また現状の国内学資保険では、(国内大手の保険会社)月払保険料17,960円受取学資金総額250万円払込保険料総額 2,155,200円  返戻率 約115.9% 返戻率 ≒ 受取学資金総額÷払込保険料総額×100(小数点第2位以下切 [続きを読む]
  • 資産形成で重要なのは投資金を貯蓄すること。
  • 私が攻めの投資と考えている『株式投資』は、海外の養老保険・個人年金保険と違い、最低限の軍資金が必要です。 勿論、『不動産投資』も同様で、それ相当の軍資金が必要です。 なぜ最低限の軍資金が必要かというと、最初にまとまったお金が無いまま複利的に運用したとしても、少額しかリターンが出ません。 例えば・・50万を 4%/年 で運用1年目 → 52万2年目 → 54万800円3年目 → 56万2432円 500万を 4%/年 で運用1年 [続きを読む]
  • 資産形成への第一歩。「四分の一」貯金。
  • 資産形成を行うにあたって、毎月どれぐらいの貯蓄をしたら良いのかがわからず、何かの指標となるものがあれば嬉しいと思われる方、もしくはこれから資産形成を行おうと考えている方にお勧め書籍です。 私の財産告白 (実業之日本社文庫) Amazon 貯金=通常収入× 1/4 +臨時収入 × 10/10 あらゆる通常収入は、天引き4分の1を貯金してしまう。さらに臨時収入は全部貯金して、通常収入増加の基に繰り込む方法らしいです。数式 [続きを読む]
  • お金持ちへの近道。資産形成の目標金額をシュミレーション !
  • 資産形成も、子供時代の夏休みの宿題や、受験勉強などと同じで、何時頃までにどれぐらいの金額を目安にしたら良いのかと、実際の日数を割り当て目標金額を考える事が必要です。 ですので、目標金額の値が低ければ低いほど、時間を掛けずに目標まで早期に達成することができ、また目標金額が高ければ高いほど、時間を掛けて目標まで到達させなければいけなくなります。 まずは何歳までに、いくらを目標金額とするのか。30歳 → [続きを読む]
  • 日本人の平均所得額・平均貯蓄額を年齢別で調べてみました。
  • 厚生労働省から発表されました、平成28年国民生活基礎調査の概況で平均所得額・平均貯蓄額の年齢別が発表されましたので、あらためて紹介致します。 過敏になる必要は無いのですが、1年に1回の発表なのでの知識として知っていた方が良いかと思います。 平均所得金額 所得金額階級別に世帯数(熊本県を除く。)の相対度数分布をみると、「200〜300 万円未満」 が 13.7%、「100〜200 万円未満」が 13.4%、「300〜400 万円 [続きを読む]
  • 電気自由化で電気料金を見直し着実に資産形成を行いましょう!
  • 2016年4月に電気自由化になりました。そして1年後の2017年4月にはガス自由化が開始となりました。 開始する前までは賑わっていましたが、最近ではあまりこの話題に触れる人が少なくなってきましたので、忘れていた!という方は是非他社とのシュミレーションを行ってくださいね。携帯の格安SIMよりは効果絶大では無いですが節約にはなります。前回のブログ まずは電気会社の過去請求書を確認。過去1年間の電力会社か [続きを読む]
  • 誰もが出来る最初の簡単な資産形成術。格安SIMを使ってますよね?
  • 皆様はされていますよね。今や大半の方がおこなっていますが、まだの方でしたらこの機会にスグに始めてください。私は格安SIMに乗り換えて、1年半は経とうとしてます。 はっきり言いますが、間違いなく格安SIMを使えるMVNO端末にすることで、月間の固定費が格段に安くなります。 簡単な固定費の見直しになりますので、まだの方はスグに変更してください。 三大キャリア(DoCoMo、Softbank、au)のままにしていますと、どん [続きを読む]
  • 詐欺から身を守るために情報ルートを2つ以上確保しています。
  • 私は『これ怪しいな』と少しでも感じた時には、確かめる事が1つあります。 それは簡単な事ですが、この情報を自分より精通している方に聞いてみる事です。それも1人ではなく2人以上に。可能ならばその2人に関係性が無いことがbestです。私の直近の体験では、最近頻繁に連絡を取らせて頂いている、海外金融商品の事に詳しい方からメールが来て「ある金融商品が近いうちに販売停止」との事でした。 その海外金融商品はかな [続きを読む]
  • 日本人の富裕層はどれぐらいの純金融資産を持っているのでしょうか?
  • 資産形成するうえで、将来の子供の為の資金や自分たちの老後を見据えて、貯金や保有資産での運用を頭の中では描いているかと思います。また、人それぞれ月単位での消費金額や固定収入は違うと思いますし、お金を消費するライフプランでなければ、固定収入が少なくても問題ありません。 ですので、周りと純金融資産を比較する必要はないかと思いますが、ふとした瞬間に一体日本人はどれぐらいの純金融資産を持っているのだろうと考 [続きを読む]
  • お金持ちになる7つの法則
  • 先日面白い本を読みました。→ 『となりの億万長者』の紹介ブログ 『となりの億万長者』は人がどうやって金持ちになるかを研究した書籍となっており、億万長者のほとんどはありふれた職業と家庭をもつ「普通の人々」であることを紹介しています。そういった億万長者の日常の暮らしぶりから学ぶべき「7つの法則」を導きだし、具体的に説明しているので、とても現実的で面白く一気に読破しました。 『となりの億万長者』には金持 [続きを読む]
  • 子供の為の資産形成 ポートフォリオ比率を一挙公開。
  • こちら前回ライフプランの見直しも行いましたので、今回は資産形成と資産運用を行っていく上で再確認として、現時点のポートフォリオを作成致しました。 【人生を守る投資】・海外個人年金保険・海外養老保険【未来の為の投資】・国内株式投資・仮想通貨 以上の4つの金融資産を使いながら投資を行い子供の為の資産形成を行っております。 人生を守る投資・海外個人年金保険前回までのブログで紹介しました、海外大手保険会社の海 [続きを読む]
  • 海外個人年金保険って実際どうなの?
  • 現状の日本の財務状況をみて、将来年金の給付が遅れる可能性(65歳→70歳)や給付金額のダウンが予想されています。その状況を踏まえ、自分自身で身を守る必要性や資産形成の目的で、前回のブログでは国内個人年金保険の実際をブログさせて頂きました。→ 日本の個人年金保険ってどうなの? では実際、オフショアの海外個人年金保険は実際どのようなシュミレーションになっているかをご紹介させて頂きます。 海外個人年金 [続きを読む]
  • 海外養老保険って実際どうなの?
  • 以前からオフショア海外養老保険についてのブログを書いて来ましたが、オフショア海外養老保険についてのお問い合わせがありましたので、簡単になりますが、ご紹介させて頂きます。 こちらの内容は、・被保険者:30代後半 禁煙者・期間:10年 (5年・10年・15年・20年選択可)・支払保険料総額:68,771ドル ≒ 742万円(1ドル=108円)・年支払い:6,877ドル ≒ 74.2万円 (1ドル=10 [続きを読む]
  • 時間を味方に付ける資産運用 72の法則 
  • 資産運用を行う際、『〇%で運用』と良く見掛けます。その際、簡単な指標として『72の法則』と言われるものを一度は聞いたことがありませんでしょうか。72の法則は、一瞬で将来の資産を計算出来ますので覚えておいても損のない数値だと思います。 簡単に言えば、現時点の資産を複利で運用する際に、実際の運用利回りを72から割った数値が、資産が2倍になる年数となります。 (例)運用利回りが15%  72÷15=4.8 [続きを読む]