杜佐まりも さん プロフィール

  •  
杜佐まりもさん: 杜佐まりもの十七音日記
ハンドル名杜佐まりも さん
ブログタイトル杜佐まりもの十七音日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/guts8000-monja/
サイト紹介文がんになっても下を向かず、がんになったからこそ笑顔を心がけて生きてます。 俳句も始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2017/08/29 22:46

杜佐まりも さんのブログ記事

  • 久々の吟行。
  • “細々と籾殻煙る冬田かな”天気も良く、風もない穏やかな日曜日。小春日和に誘われて何となくドライブ。山あいの集落で見つけた素敵な風景。広々とした冬田のイメージではない。収穫も機械まかせではなく人の手で行なったに違いないと思われる程の小さな小さな田んぼ。隅っこで燃やしている籾殻の山もミニサイズ。温もりを感じ思わずクルマを停めて写真を撮っていました。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 人の為ならず。
  • “醜さも受け止めて咲く杜鵑草”こんな自分でも生きている限り世のため人のために、、、と思えるのはココロとカラダのバランスが取れているからだと思う。等身大で居られる今に感謝。明日はどんな楽しいことがあるのだろう!「違い」を認識することは「突破口」を見つける鍵だと思う。“It's gonna be alright!”にほんブログ村 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 立て!
  • “龍淵に潜みて吾再び立つ”昨日は診察日。今月は待ちに待った診察日。ここひと月の体調悪化の原因を正確に把握できるであろう日。単純CTのみの予定だったのだが、予め先週のうちに自らの体調の詳細は文書で伝えておいたので、追加の検査が加わるのではないかと考え診察予約時間より1時間30分早めに病院入りしていたが空振り。追加の採血、MRIなどは無かった。早々にCT撮影を終えて、軽く食事をして待つ事1時間。診察室に入ると、 [続きを読む]
  • 占い。
  • “アゴラから病み占ひて今日の月”今日は仲秋の名月だそうですね。どうにも天気の回復は「如何ともし難い」ようで名月鑑賞は厳しそうな感じです。今月は、体調も影響してか「とても長く感じています。」今週金曜日に予定されている月1の診察日を待ち焦がれている自分。でも突きつけられる現実に目を背けたくなっている自分。色々あるよなぁ、人生って:(;゙゚'ω゚'):にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • ”病院別5年生存率”
  • 先日のプレスリリースから気にはなっていました。“ひょん”さんのブログでふと思い出しわが県の(自分のかかっている病院の)成績を覗いてみました。(*´Д`*)1期から4期までの全てにおいて全国平均を下回ってんじゃーん笑4期にいたっては“0.0”!ゼロっすか???右も左も分からなかった罹患時に「カプランマイヤー」見たときくらいの衝撃を受けさせていただきました笑笑真面目な話この情報だけで判断する方は「まさかいらっし [続きを読む]
  • 錯覚。
  • “秋の海昭和は遠くなりにけり”麻生美代子さんがお亡くなりになられた。私ども世代の“お母さん”像は、磯野家のフネさんであり、あの白い割烹着を見ると幼少時に母に甘えた思い出がよみがえってきたものだ。訃報を聞き自分の家族を失ったような妙な気持ちになった。心よりご冥福をお祈りします。先日のさくらももこさんの悲しいニュースといい、平成の終わりに「昭和の幕は降りていたのだ」ということを強制的に実感させられたよ [続きを読む]
  • 転換点。
  • “知らぬ顔の看護師が居る八月尽”明日から「9月だ!」を感じた出来事。♪街に学生の数が増えだしたこと。♪パンダのマークや4桁の数字が入っている大きなトラックがマンション前に複数台止まっていたこと。♪病院の診察日だったのだが、見たことないドクターや看護師を複数人見かけたこと。☆カマキリが茶色くなっていたこと(^O^)今年は暑すぎて「夏がキライ」になった人増えたのではないかと思っていますが、終わってみればやっ [続きを読む]
  • もしかしてコレは。
  • “盆東風や霊的苦悩真只中”私事だが、ニボ11th以降(投与後2週間経過している)今ひとつ身体的状況が好転してこない事に不安を感じている。次の診察日まではまだまだ時間がある。何となくの不調。身体的不安は確かに存在するので(疼痛)それらがクリアになれば消える悩みなのだろう。悪い事に【仕事が休みの時季】で色々考える時間が潤沢にあるのもイケナイ!「もし増悪してたら次の薬剤は何になるのだろう?」「いや待て、そん [続きを読む]
  • 若者たち。
  • “空蝉や肩甲骨に痛みあり”どうも自己投影してしまう。。。先週末は、肺がん市民フォーラムに参加していました。そこでとってもステキな看護学生さん達と触れあうことができました。任された仕事を全うする為開始時間ギリギリまで資料を読み込み、食事が喉を通らない程緊張してる学生さん。終了後に「お疲れさま。素晴らしい仕事をやり遂げたね。」「食べられなかったお弁当、ゆっくり食べてね。」と声をかけたら最高の笑顔を返し [続きを読む]
  • 全てを言わない。
  • “夏袴詳らかにしない矜持”一本筋が通っている。ブレない信念。揺るぎない自信。経験。人間は歳を重ねるごとに「カッコよくなる。」何かを遂げた方を見るにつけ、つくづく感じる事です。ああいうオトナになりたいと思う人っていますか?我が道を行くのも尊いけどやっぱり人生において“憧れやお手本”はあるに越した事ないですよね!身近な人じゃなくても過去の人でも本の中の虚構でも。私は「まだまだ。」だなぁ( ´∀`)※昨日 [続きを読む]
  • 仕事中に“しごとのはなし”
  • 私があるセミナーに参加申込した時の「未来の医療に望むもの」(←正確なお題は覚えてない。こんな感じの意味だったと思う)について書いた小論を以下にコピペします。昔から「医は仁術なり。」と言われてきた。仁とは、人が人を思いやり慈しむ心の事だ。振り返って今現在の医療はどうであろうか。データによれば、人件費や医療費用の増加により病院の経営状況は悪化し、実に(一般病院の)四割強が赤字経営に陥っているという。そ [続きを読む]
  • えへへ^ ^
  • “草いきれ公園清掃サボりけり”今日は、朝から「ヤバい気温」が続いています。申し訳ないと思いつつ自治会活動は「欠席させていただきましたm(__)m」ご近所さん、ホントすみませんでした。さて昨日は、仕事を中抜けして市民講座へ参加。お題は「免疫チェックポイント阻害薬によるがん治療」と「生きる力を育むコミュニティ緩和ケア」の二つ。どちらも今ホットなテーマ。流石に市民講座なんでディープなところまでは「つっこんで」 [続きを読む]
  • 活動限界。
  • “夕涼し二十七度のシズル感”日中はやらねばならない事のみやっつけた。それでも暑さにやられてしまい、少々横になっていたら眠ってしまい気付けば夕方7時を少々回っていた。「明日の朝飲む牛乳がない!」ということに気付き、近くのスーパーへ。外に出ると西のお空はキレイな夕焼。浅間から榛名までの山の端は紫色のグラデーション。車の窓を開け、車内に入ってくる風も日が落ちた後ならば「涼」を感じることができる。やっぱり [続きを読む]
  • おゆるしを!
  • いつも感心しながら読ませていただているブログです。産業面から見た情報スクラップは「希」ではないかと。勝手ながらリブログさせていただきました^ ^働き方についても「短時間」は患者目線からは譲れないキーワード!もっと浸透すれば良いのにと思ってます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • あまってます。
  • “夏椿やすらはで落ち白眩し”雨の水曜日。ヒマでした(??????)営業時間内のメランコリックな時間は「心にあんまり良くない気が…笑」にほんブログ村 にほんブログ村 [続きを読む]
  • あまおと。
  • “濡れ髪が全速力の芒種かな”明るめの空。気温涼しめ。雨音が心地よく広げた傘に響きます。午後の仕事前に散歩道で、、、女学生がチャリンコでダッシュ‼?して通り過ぎて行きました。多分体育会系笑「風邪ひくなよー。」と心の中で呟く。そして久々のダジャレ句。今こうして穏やかに過ごしていることに感謝するひととき。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 賢者。
  • “日蔭とふ賢者らが延びてゐる場所”月初の休日。ニャンコに教えられるままに風通しの良い居間で終日「棒状」になっていました笑週末は、古い仲間達と宴席を囲みました。お互いに尊重し高め合える大切な友人。「同じ釜の飯を食べた」という事実は人間関係において非常に重要なファクターであることを再認識しました。そして突然ですけど【ICIは2週間経たないと効いてこない】を実感した先月の治療。(※ICI=免疫チェックポイント阻 [続きを読む]
  • え?明日から6月!
  • “底なしの黒見て夏蕨笑ふ”“底なしの黒見て笑ふ夏蕨”大量の蕨が届いた。親戚の手みやげだ。ありがたーく頂く。灰汁(緑が重なると真っ黒)抜き後、早速今日のまかない飯となる。【夏蕨とジューシー鶏もも肉の炊き込みご飯】(風)蕨と干し椎茸、人参、油揚げと鶏ももの細(こま)を普通に研いだ白米の上に乗せ、酒と醤油と鰹だし入れて水加減も普通通りに炊くだけ。材料が良いとどうやったって美味くなる。ご馳走さまでした…腹 [続きを読む]
  • 行方不明。
  • “篁に咲く芍薬の白多き”私、高校の同窓会名簿で行方不明者扱いになっているらしいクラス会LINEで証拠写真が晒されていた旧制女子校から共学へと言う歴史的背景が要因なのか?卒業してウン十年経過するもお元気な諸先輩方が多いと感じてはいた。白髪が目立つようになった我が世代もご多聞に漏れずW軍(西軍ではないよ)のパワーはヤバイほど。今年もそんなクラス会が楽しみではある。さて今週金曜日はchemo dayだった。記念すべき [続きを読む]
  • 4月の終わりに。
  • “わろてんかひらひらすると夏隣”今年は本当に季節が早め早めに進んでます。私が年間通して定点観測している場所(標高1100mくらいのお山)ですでに【白根葵】が見頃を迎えていました。例年なら桜の季節なのになぁ、、、。実は、昨日は嬉しいサプライズがいくつかありまして、上記白根葵以外のものを二つご披露させて下さい。先ず一つめ。その定点観測している山に入る前にいつも寄らせていただく食堂がありまして、そこはお歳を [続きを読む]
  • ゴールデンウイーク初日。
  • “肺内の換気済ませり春惜しむ”新年度がスタートしておおよそ1ヶ月。振り返ってみると少々気合を入れて頑張りすぎたかなぁと。横隔膜下げて大きく息吸って、全身に酸素行き渡らせなければ途中で止まってしまいそうなポンコツ。復帰したての3月はオープン戦。4月からの本気モードでもちゃんと闘えたのがいくらか自信に繋がります。吸い続けた息を大きく吐いてチョッと小休止の連休初日です。この時期、日中に「炊きもの」しても爽 [続きを読む]
  • 経験の価値。
  • “花粉拭きよなぼこり掃き風呂入り”まぁこれが4月上旬の気候なんだろうけれど一旦緩んだカラダには少々肌寒い日曜日は掃除と買い物で終わり笑。さて6日の金曜日は1カ月ぶりの診察日。画像もマーカーも著変なくニボ9投後2カ月経過した現在、「上手くコントロールできている。」と自分でも実感していた。主治医からも特に心配な面を指摘されずに診察は終わる。最後に一応今後の治療の方向性だけは大まかに確認しておきたかったので [続きを読む]