杜佐まりも さん プロフィール

  •  
杜佐まりもさん: 杜佐まりもの十七音日記
ハンドル名杜佐まりも さん
ブログタイトル杜佐まりもの十七音日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/guts8000-monja/
サイト紹介文がんになっても下を向かず、がんになったからこそ笑顔を心がけて生きてます。 俳句も始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 323日(平均2.2回/週) - 参加 2017/08/29 22:46

杜佐まりも さんのブログ記事

  • 若者たち。
  • “空蝉や肩甲骨に痛みあり”どうも自己投影してしまう。。。先週末は、肺がん市民フォーラムに参加していました。そこでとってもステキな看護学生さん達と触れあうことができました。任された仕事を全うする為開始時間ギリギリまで資料を読み込み、食事が喉を通らない程緊張してる学生さん。終了後に「お疲れさま。素晴らしい仕事をやり遂げたね。」「食べられなかったお弁当、ゆっくり食べてね。」と声をかけたら最高の笑顔を返し [続きを読む]
  • 全てを言わない。
  • “夏袴詳らかにしない矜持”一本筋が通っている。ブレない信念。揺るぎない自信。経験。人間は歳を重ねるごとに「カッコよくなる。」何かを遂げた方を見るにつけ、つくづく感じる事です。ああいうオトナになりたいと思う人っていますか?我が道を行くのも尊いけどやっぱり人生において“憧れやお手本”はあるに越した事ないですよね!身近な人じゃなくても過去の人でも本の中の虚構でも。私は「まだまだ。」だなぁ( ´∀`)※昨日 [続きを読む]
  • 仕事中に“しごとのはなし”
  • 私があるセミナーに参加申込した時の「未来の医療に望むもの」(←正確なお題は覚えてない。こんな感じの意味だったと思う)について書いた小論を以下にコピペします。昔から「医は仁術なり。」と言われてきた。仁とは、人が人を思いやり慈しむ心の事だ。振り返って今現在の医療はどうであろうか。データによれば、人件費や医療費用の増加により病院の経営状況は悪化し、実に(一般病院の)四割強が赤字経営に陥っているという。そ [続きを読む]
  • えへへ^ ^
  • “草いきれ公園清掃サボりけり”今日は、朝から「ヤバい気温」が続いています。申し訳ないと思いつつ自治会活動は「欠席させていただきましたm(__)m」ご近所さん、ホントすみませんでした。さて昨日は、仕事を中抜けして市民講座へ参加。お題は「免疫チェックポイント阻害薬によるがん治療」と「生きる力を育むコミュニティ緩和ケア」の二つ。どちらも今ホットなテーマ。流石に市民講座なんでディープなところまでは「つっこんで」 [続きを読む]
  • 活動限界。
  • “夕涼し二十七度のシズル感”日中はやらねばならない事のみやっつけた。それでも暑さにやられてしまい、少々横になっていたら眠ってしまい気付けば夕方7時を少々回っていた。「明日の朝飲む牛乳がない!」ということに気付き、近くのスーパーへ。外に出ると西のお空はキレイな夕焼。浅間から榛名までの山の端は紫色のグラデーション。車の窓を開け、車内に入ってくる風も日が落ちた後ならば「涼」を感じることができる。やっぱり [続きを読む]
  • おゆるしを!
  • いつも感心しながら読ませていただているブログです。産業面から見た情報スクラップは「希」ではないかと。勝手ながらリブログさせていただきました^ ^働き方についても「短時間」は患者目線からは譲れないキーワード!もっと浸透すれば良いのにと思ってます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • あまってます。
  • “夏椿やすらはで落ち白眩し”雨の水曜日。ヒマでした(??????)営業時間内のメランコリックな時間は「心にあんまり良くない気が…笑」にほんブログ村 にほんブログ村 [続きを読む]
  • あまおと。
  • “濡れ髪が全速力の芒種かな”明るめの空。気温涼しめ。雨音が心地よく広げた傘に響きます。午後の仕事前に散歩道で、、、女学生がチャリンコでダッシュ‼?して通り過ぎて行きました。多分体育会系笑「風邪ひくなよー。」と心の中で呟く。そして久々のダジャレ句。今こうして穏やかに過ごしていることに感謝するひととき。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 賢者。
  • “日蔭とふ賢者らが延びてゐる場所”月初の休日。ニャンコに教えられるままに風通しの良い居間で終日「棒状」になっていました笑週末は、古い仲間達と宴席を囲みました。お互いに尊重し高め合える大切な友人。「同じ釜の飯を食べた」という事実は人間関係において非常に重要なファクターであることを再認識しました。そして突然ですけど【ICIは2週間経たないと効いてこない】を実感した先月の治療。(※ICI=免疫チェックポイント阻 [続きを読む]
  • え?明日から6月!
  • “底なしの黒見て夏蕨笑ふ”“底なしの黒見て笑ふ夏蕨”大量の蕨が届いた。親戚の手みやげだ。ありがたーく頂く。灰汁(緑が重なると真っ黒)抜き後、早速今日のまかない飯となる。【夏蕨とジューシー鶏もも肉の炊き込みご飯】(風)蕨と干し椎茸、人参、油揚げと鶏ももの細(こま)を普通に研いだ白米の上に乗せ、酒と醤油と鰹だし入れて水加減も普通通りに炊くだけ。材料が良いとどうやったって美味くなる。ご馳走さまでした…腹 [続きを読む]
  • 行方不明。
  • “篁に咲く芍薬の白多き”私、高校の同窓会名簿で行方不明者扱いになっているらしいクラス会LINEで証拠写真が晒されていた旧制女子校から共学へと言う歴史的背景が要因なのか?卒業してウン十年経過するもお元気な諸先輩方が多いと感じてはいた。白髪が目立つようになった我が世代もご多聞に漏れずW軍(西軍ではないよ)のパワーはヤバイほど。今年もそんなクラス会が楽しみではある。さて今週金曜日はchemo dayだった。記念すべき [続きを読む]
  • 4月の終わりに。
  • “わろてんかひらひらすると夏隣”今年は本当に季節が早め早めに進んでます。私が年間通して定点観測している場所(標高1100mくらいのお山)ですでに【白根葵】が見頃を迎えていました。例年なら桜の季節なのになぁ、、、。実は、昨日は嬉しいサプライズがいくつかありまして、上記白根葵以外のものを二つご披露させて下さい。先ず一つめ。その定点観測している山に入る前にいつも寄らせていただく食堂がありまして、そこはお歳を [続きを読む]
  • ゴールデンウイーク初日。
  • “肺内の換気済ませり春惜しむ”新年度がスタートしておおよそ1ヶ月。振り返ってみると少々気合を入れて頑張りすぎたかなぁと。横隔膜下げて大きく息吸って、全身に酸素行き渡らせなければ途中で止まってしまいそうなポンコツ。復帰したての3月はオープン戦。4月からの本気モードでもちゃんと闘えたのがいくらか自信に繋がります。吸い続けた息を大きく吐いてチョッと小休止の連休初日です。この時期、日中に「炊きもの」しても爽 [続きを読む]
  • 経験の価値。
  • “花粉拭きよなぼこり掃き風呂入り”まぁこれが4月上旬の気候なんだろうけれど一旦緩んだカラダには少々肌寒い日曜日は掃除と買い物で終わり笑。さて6日の金曜日は1カ月ぶりの診察日。画像もマーカーも著変なくニボ9投後2カ月経過した現在、「上手くコントロールできている。」と自分でも実感していた。主治医からも特に心配な面を指摘されずに診察は終わる。最後に一応今後の治療の方向性だけは大まかに確認しておきたかったので [続きを読む]
  • とりたてて何も、、。
  • “間伸びした売物件の仏の座”新年度がスタートしましたが今日は日曜日。私が社会人となった年も日曜スタートだったと記憶してます。新卒総合職は全員「入寮が必須条件」と言う伝統ある⁈企業にお世話になりましたので3月31日に入寮、その日の夜に歓迎会と言う名の【限界酒量計測大会】が開催され、ものの見事に新入社員一の酒の強さを先輩方に知らしめた代償として4月1日はベッドの上で悪心と終日格闘していた苦い過去をふと思い [続きを読む]
  • Relax
  • “染む雪の溶けたる端や蕗の薹”久しぶりに我が家のお気に入り温泉へ!春分の日に降った雪は結構な積雪をもたらしたらしく、【除雪ドーザー】が稼働した名残がそこかしこに残っていました。この辺り(標高800メートル)では例年であれば「卯月の声を聞く前に【蕗の薹】が芽吹く」事は無いはずなのに、、、今年はやはり春の訪れが早いようです『サクッと』今日の夕食用に7〜8ケいただいて来ました山菜の苦味は、冬の間に硬直したカ [続きを読む]
  • 思い起こせば。
  • “青空と血色の良き初桜”振り返ってみれば、三年ぶりだったのです。病棟の開かない窓から眺めるのではなく、自分の足で樹の下に立ち仰ぎ見る桜。昨年も一昨年も病院で過ごしていました。自分の生命が力強さを取り戻しつつあるのとリンクするかの様に今日見た花の色は “vivid color”儚さなんか微塵もない今年の初桜。感謝しかありません。にほんブログ村 にほんブログ村 [続きを読む]
  • ルーティーン。
  • “春寒や止血テープを二重巻き”今日はニボ9投後初診察。結論は、「増悪は認められず!」という事でまた1ヶ月間日常を担保されましたと・こ・ろ・で、午後の採血室は男専!受付も採血もボーイズでした。んでもって止血テープが最後だったので残り全部を使いきって巻いてくれました。【サービス】だそうですサンキュー(39)の日なので私も丁寧にお礼を申し上げて病院を後にしましたしかしホントにこの病院に通いすぎて、家に帰って [続きを読む]
  • Choosing wisely
  • 医療費削減に躍起になっているわが国。高齢化による増え続ける医療費。高額薬剤の出現。みんなが等しく医療が受けられるように「賢く無駄なく医療費を使って行きましょう!」それは言を俟たない事だと思う。しかし私が今肌で感じている事は1.《包括払い制度》や《請求審査機能》が強化され、締め付けが厳格化し過ぎているのではないか?医療者が考える最高の治療を施す事が妨げられてはいないか?2.医療者側が不足する(国の)医療 [続きを読む]
  • 温し。
  • “膨張し充満すれば不器男の忌”今日は暖かでした。南向きの窓は全開して、布団を干し、掃除機かけて。。。布団を取り込む時、甘い匂いがしました。買い物がてら散歩へ!やっぱり!陽当たりの良い所は咲いてました、白梅スーパーで夕餉のおかず物色中にここでも充満してました、甘い香り。やよいひめほっんと苺は【春の季語】にして欲しいわー!もうあたまの中は完全に春!春!春!そしてドンピシャで浅蜊の特売晩ごはんは、「もう [続きを読む]
  • I’m not lazy!
  • ただいま、昼寝から目覚めました。朝9時からのお仕事後、13時半に遅めの昼食を摂りそこから昼寝。最近、生産人口真っ只中世代の担がん仲間から苦悩する心の声を聞く。(治療し)ながらワークは体力的に辛い!フルタイム勤務は無理!世の中の「がんでも働け!」の風潮は一方的な側面で語られすぎ!その声ごもっともです!!!例え副作用のコントロールができていたとしても、一度落ちた体力を取り戻すのにはそれなりの時間がかかる [続きを読む]
  • Facebook!?
  • “悲しみを話した後の猫柳”今日は地域がんサロンの日。最近肩の力が抜けて「お役に立たねば!!」という変な気合もなく自然体で参加させていただいている。様々な事情を抱えて苦しみ、悩みながらも生きてゆく。《がん》に関わらざる得なくなった仲間同志が話をする。そして真剣に聴く。ただそれだけ。でも泣いて語った後には「生きているお花の匂いってこんなにいい匂いだったのかしら。」と部屋に飾ってあった蝋梅の香りに感動し [続きを読む]
  • はずせない!
  • “この辺じゃ見かけない顔春の猫”“草陰で嗽(うがい)する也猫の恋”ねこ好きにはたまらん季語です。そして昔から沢山の俳人に読まれてます。(でもウチの玉ナシ君は平常心)有名な俳句ですけど【猫の恋】のお気に入り三句をご紹介!嗅いでみてよしにする也猫の恋小林一茶仰山(ぎょうさん)に猫ゐやはるわ春灯久保田万太郎猫歩む目光の雪かげの雪橋本多佳子さあ、早春の香りを探しにふらっと出かけて来ます。にほんブログ村 [続きを読む]