みかん さん プロフィール

  •  
みかんさん: 躁と鬱と私
ハンドル名みかん さん
ブログタイトル躁と鬱と私
ブログURLhttp://mikachan4533.blog.fc2.com/
サイト紹介文強迫性障害から鬱病を併発しその後双極性障害Ⅱ型と診断される。嘆いたり前向きになったり忙しい心
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2017/08/30 10:24

みかん さんのブログ記事

  • 警察にしょっぴかれた!
  • 一昨日のこと。なんと私は警察にしゃっぴかれちゃいました!言っておきますが、もちろん私は犯人でも何でもありません。誤解のなきよう…正しくは保護とかいうものらしいです。話はその2日前にさかのぼりますが、その日の夜のこと。主人への怒りが爆発していました。まだブログでは詳しいことは書いたことのない、10年以上にわたる私の主人への怒りと悲しみです。その件で3日前の夜にも悔しさやら悲しさやらいろんなものが吹き [続きを読む]
  • 苦肉の策をとるしかない!
  • まだ非常事態は解除されていません。情緒不安定が続いたまま。不眠で死んだ人の話は聞いたことないけど、不眠って生き地獄です…。さすがにそれが1ヶ月って、気分はムカムカして気持ち悪いし、何をする気力もないし。顔を洗う?洗うけど夕方の4時か5時?もうすぐ夜じゃない! だるいので気力が湧かないのです。とうとう朝も昼も食欲を失い、食べなくなっちゃいました(間食も←ここは嬉しかったりする)どうしたら眠れるのか? [続きを読む]
  • なんでこうなっちゃったの!?
  • 非常事態発生です!というか、もうすでにこの1ヶ月経過。実はほとんど寝れないのです。全く眠ることができない日や眠れても浅〜い眠りの2〜3時間の毎日が1ヶ月…。頼みの眠剤?全く効かない!まあ…要するに不眠ってヤツですね…。23時に就寝ときめているので、一応ベッドには入るけど、どうしても眠れない。1時…2時…。もう3時じゃん!横になってるだけで楽になる、それ嘘ですよ!逆にストレスになりますよ!寝なきゃ寝なき [続きを読む]
  • 班長の番のお断り…。だけど…
  • どこの家でも同じだと思うけど、必ず町内には自治会の「班長」と言われる順番が回ってくる。もちろんうちの町内でも同じ。今の家に住んで10年以上経つが、実は我が家は「班長」なるものをしたことがない。もちろん我が家にもその順番は回ってくるのに。我が家にはもう2か3回ほど順番が回ってきた。自治会長?(誰か知らない 笑)なる人がやってきて、今年お願いします、と。もちろんその役割は仕事をしている主人ではなく私が [続きを読む]
  • そういえば減薬も1周年でした!おめでとう…?
  • 減薬を始めると決めた日。それは私の誕生日の日からだったと、ふと思い出した。10/7。今の主治医の元で初めて心から断薬しようと決めた日。実はその半年前から断薬を考えていたのです。2回2つの病院に入院しました。でもあの頃は、本気で断薬しようと思っていたのかと問われれば違ったんだと。なぜなら3日ともたなかったから。簡単に入院し、簡単に諦めた、あっけない入院生活。そして半年後。今私は、よく話に出てくる主治医 [続きを読む]
  • 憂いの誕生日。でも本当はhappy birthdayなのです
  • 今日は私の誕生日。おめでとう!…なんて、思えない。思い出したくない、できれば頭の記憶から消え去りたい、そんなNO.1の一日。それは私がまた1つ歳をとって老けていったからじゃない。私が誕生日を迎える時、一番に考えるのは何歳になったかじゃなく、病気になってから何年経ったのか。強迫性障害の世界に引き込まれ、双極性障害に至るまでの年数。苦しみ、嘆いて、いろんなことを諦めてきた年数。そっちに気がいく。毎日がどん [続きを読む]
  • 「起きたくない」と叫んでいる
  • もうこれで何日目になるんだろうか。このところ私は、目が覚める夢と現実の狭間で、「起きたくない!起きたくない!起きたくない!」必死にそう叫ぶことが多くなった。声に出してる時もあれば、口に出さずに夢の中で叫んでる時もある。目覚めたら寒気がして、今自分がどんな場所にいるのかわからない。自宅でもないような…うまく言えないけれど別世界。その世界は、恐ろしく怖い世界で、でもどんな世界?と聞かれても説明できない [続きを読む]
  • 独り言が多すぎる
  • 「しんどい…」「辛い…」「生きづらい…」「もう嫌だ…」これはうつ状態がひどい時にベッドに潜り込んだ時の私のひとりごと。昔からやたら独り言が多い私。鬱でハアハア苦しんでいる時でさえ独り言をぶつぶつ言ってる。ぶつぶつぶつぶつぶつぶつ…。こんな独り言を言ってると益々負のオーラを背負ってしまいそうだ。それより黙ってた方が体力的にも少しはマシになるような気もしたり…。さらには、「いつまで続くん?」「これがず [続きを読む]
  • 心までひきこもり
  • 昨日、中学からの友達と遊んできた。いつもならランチだが、今回のメインは飯より、再オープンした懐かしの「祇園マハラジャ」で楽しんじゃおう!って企画だった。祇園マハラジャは有名なのでご存じの方もいらっしゃるかと思うが、いわゆるディスコなのだ。バブル時代、ディスコが乱立する中、その中でもひときわ一世風靡したのが「祇園マハラジャ」。ディスコ好きなら誰もが行きたくて列を作る。でも誰でも入れるわけでないことで [続きを読む]
  • 私を癒やす夜の海
  • 昨日の夜。朝は曇りだったのに時間が経つごとに天気は綺麗な青空になり、夜は雨の訪れの湿気も感じない気持ちのいい天気だった。私は夜の海が好きだ。と言うより病気になってから好きになった。だけど体調が悪くなってから何年行ってないだろう。いつも引きこもりの毎日。そんな私を主人が外へ引っ張って行った。「夜の海を見に行こう!」海までは2時間かかる。体調がまだうつ状態から逃れられない私は、「行きたくない」「そんな [続きを読む]
  • ODの末路を知れ
  • 先日から半錠ずつでもいいから、1/4錠ずつでもいいからと、もう一度初心に帰って減薬を進めている私。だけど毎日がそう決めた通りにうまくいくものではないのは嫌というほど知っている。特に台風や大雨のもたらす低気圧はいつもに増して体調を崩す。こないだまで続いていた天気の悪さにあまりに苦しくて増やしてしまう日もあった。げんなりもするけど、断薬を諦める方が嫌だから心を立て直す。私のようなOD患者についてよくサ [続きを読む]
  • なに考え違いしてんだ、私は
  • 前回書いたブログは全くもって私には適応しない。なにを間違いしてんだと、あれからずっと考えていた。私は以前すさまじいODをしていた。断薬を初めてから、自分でもよくここまで頑張ったと思う。でも断薬ももう終盤というのに、一向に平行線のまま最終地点にたどり着けない。理由は私が几帳面過ぎるからだ。自分で言うのもなんだけど。この家庭で何か仕事をしてないとこの家にいる資格がないと思い込んでた。正直、あのレモン水 [続きを読む]
  • 人生をサボってる
  • 同じ病気でも毎日をしっかり生きてる人をブログでよく見かける。私は一応、主婦のはず。主婦が仕事だ。だけどそう思っても実際思うようにできてない。今日も鬱々した1日。できたことと言えば、食洗機から食器を片付けたことと主人のスーツのプレッサー、そして最近はまってるレモン水作り。それだけ。鬱だからの一言で片付けて。人生をサボってる。他にもできるはずのことがあるかも知れないのに、私は疎かにしてる。1日1日の積み [続きを読む]
  • なんでこんなに弱いんだろう
  • 昨日の台風、大変でしたね。我が家はまさに台風ど真ん中の直撃地帯でした。朝は快晴。あれ?と思ってたらどんどん空は暗くなり、どしゃぶり、突風。外に出たらたぶんどこか知らないところに飛ばされそうな。あまりにも猛烈な突風でリビングのガラスが膨らんできてる!割れるーーーー!!主人とガラスを必死で押さえながらテープをばんばんと貼って、万一割れても飛散しないようにカーテン下ろして。さらに停電!?チカチカし出して [続きを読む]
  • 長生きせねば!
  • 主人からのプレゼントが次々届くこのところ。中身はセロトニンやドーパミンのサプリ…。こないだ届いたプレゼントは「ドーパミンプラス」まんまの名前やん…。今4つ目に突入したところです。こんなサプリどうやって探したんだろ?主人に例のIPS細胞を研究されている加藤先生について私が嬉しそうに話したときも、「この人だね」と加藤先生の「双極性障害」(これまたまんまのタイトル…)という専門書を手渡され、びっくりしてし [続きを読む]
  • 夢と現実の境目で
  • ずっと体調の悪かった私。先日から昏睡していたのもめまいも吐き気も離脱かと思っていたが、うつ症状がひどくなった時におきると、先日先生から聞いた。あれからは昏睡はなかったが(あって欲しかった…)体調が悪いのは変わらない。そして昨日の朝方のこと。「起きたくない」「起きたくない」と叫んでる私がいた。夢の中で叫んでるのか、これは現実でリアルに叫んでるのかわからなかったけれど、何度となく叫び続けてた。もう起き [続きを読む]
  • 行かずして診察日
  • 今日は診察日。でも昨日から大うつなの?というくらい体調は滅多打ち。いろいろ主治医に質問したいこともあったのだけれど(いつもだけど)しんどさが我慢しきれず、出かける15分前に「少しだけ休むね」と主人に言って寝転んだが最後、立ち上がることさえもできず動けなくなってしまいました…。病院までは1時間かかるし耐えられない。諦めるか…。と考えていたとき、いつも先生に提出していたグラフを、ワシっと手づかみにした [続きを読む]
  • 昏睡
  • あの日、ブログを書いてたら頭がぼーっとしてきた。ふらふらする。なんだろう、この感覚。眠いと言うより気を失いそうだ。ベッドになだれ込んだ。そしてその後、私は眠りに入った。起きていられない。深い深い眠り。でも朝が来れば起きれるだろうと思っていた。ふっと目が覚めても、動けない。また眠りに入る。いつになったら目が覚めるのかわからないくらいほどの眠り。電話音が聞こえて「大丈夫か」と言う電話にも答えることがで [続きを読む]
  • ずっと待ってる
  • 母がよく言うことがある。私が結婚して病気になる前、親孝行をしたくて一緒に山口まで1泊2日の旅行に行ったことがある。初めての2人だけの旅行。すごく喜んでくれたのが嬉しくて、それ以来バスツアーなんかによく一緒に出かけたりしていた。一体何回行ったか思い出せないくらい。「あの時連れていってくれて嬉しかったなあ。人生で一番楽しい時期だったなあ」その時のことを未だに嬉しそうに言ってくれる。私が元気なうちにでき [続きを読む]
  • 「いつか」
  • 先日のニュースで知った京都大学でのIPS細胞によるパーキンソン病の治験情報。パーキンソン病は脳の異常のために体の動きに障害が現れる。私が見た患者は重度なのか、体を動かすこともできず、言葉を伝えることも難しくなってしまっていた。まだ不安定な要素もあると聞くが、それより何よりその病でいろんなものを失ってきた人たちは今どんな気持ちでいるのだろう。治験による不安?恐怖?いろんな思いがあると思うが、もし私なら [続きを読む]
  • 誰もが同じ日々を過ごせない
  • 断薬を目前にして、ふと思ったことを書きたいと思った。この病気になるまで必死に生きてきたように思う。前向きに生きてきたとも思う。でもこの病気と対峙したとき、私はがんばる道がわからなくなってしまった。けれど、病気に勝つ自信なんて全くないけれど、勝ち負けなんてそのもの自体ないのかも知れないけれど、もしあるとすれば、それは自分自身の心の持ちよう。昨日より今日が過ごしやすいものであれば、それを幸せと感じた者 [続きを読む]
  • 今日はハイ!なみかんでございます。
  • 旅行から帰ってからの3日間。気分がどんよりしていたせいかまたもやお風呂を4日間サボった。しかも診察日だったというにも関わらず、それもサボってしまった。「私、几帳面なんです」もう言わないでおこう。でもこんなモチベーションが上がらないときにやってみると、いつも間にか元気になれる必殺技がある。それはカラオケ。する前はどよどよの私だが、歌い出すとものすごくハイになっていく!これには科学的根拠もあると主人に [続きを読む]
  • スルメと涙
  • 初めて感じた心がついてこない旅行。今回頭にずっとあったのは「早く帰りたい」だった。行く前に予想していた通り、沈んだまま宿で過ごし、最終日を迎えてしまった。現実から遠ざけてくれるはずの非日常はいつもと違う気持ちにさせてくれていた。せっかく贅沢をさせてもらっているのに「癒やされたい」そんな気持ちはなぜか叶わなかった。もったいない。申し訳ない。無駄遣いしてごめんなさい。あまり写真も撮ってない。心から笑っ [続きを読む]
  • 重荷でしょう・・・?
  • 今年のお盆休みは長い。10日から始まり、21日までと破格に長い、そんな企業もある。旅行に出かける家も多いことだろう。我が家も長い休暇だったのと、私の一番の趣味が旅行だということもあり、ここまで体調が悪くなかったこともあって10ヶ月前から行きたい宿に予約をとっていた。いつも楽しいはずの旅行。だが、今回は近づくにつれ、重荷に感じていくようになった。なにか焦りや不安でいっぱいになり、億劫とまで感じるよう [続きを読む]
  • 2つの病気と紐解く鍵
  • 私は鬱病と診断された後、「双極性障害2型」と診断された。10年前のこと。でもその頃に実はもう1つ疑われた病気があった。「境界性パーソナリティ障害」。お聞きになられたこともあるだろう。双極性障害と症状が似ているため、医師も判断が難しいという。私も怪しいと思いつつも、当時「鬱病は実は双極性障害かも」と言う話題が出だした頃だったため「双極性障害」の分類にあてられた。「境界性パーソナリティ障害」この病気に [続きを読む]