みかん さん プロフィール

  •  
みかんさん: 躁と鬱と私
ハンドル名みかん さん
ブログタイトル躁と鬱と私
ブログURLhttp://mikachan4533.blog.fc2.com/
サイト紹介文強迫性障害から鬱病を併発しその後双極性障害Ⅱ型と診断される。嘆いたり前向きになったり忙しい心
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2017/08/30 10:24

みかん さんのブログ記事

  • どんなときも病気を意識してる
  • このところ普通の状態を保てていた。けれど、先日からの強迫パーソナリティに振り回された日々は、体も体もを疲滅多打ちにした。特に一昨日。その日は1日中全く気力が失せていて。体も頭も重く、以前のような鬱っぽい感覚。そんな状態は夜まで続き、不安でいっぱいになった。このまま、またうつ状態に落ちていくの? 怖くて泣きそうな夜だった。でも翌日、目が覚めると、少しけだるさはあるものの時間と共にまた元の普通の状態に [続きを読む]
  • 見事に砕け散っちゃった…
  • タイトルのごとく、見事に砕け散っちゃいました。先日言っていた宣言は守られることなく終わりました。一昨日のあの日。頭に「16時に家事から手を放す!」と叩き込んでおりました。そして16時。家事を必死な思いで手放し、成功!できた!と嬉しくてたまらなかったです。さあ楽しい時間!わくわくでいっぱいでした。布花は染めからだったので時間的にムリかなと思い、まずはリハビリからとこないだ購入したテプラで楽しく遊んで [続きを読む]
  • 大切な時間を奪われたくないのよ!
  • 今さらわかった強迫パーソナリティの怖さ。どんなに生活に支障をきたしているのか。うつ状態の時に、なにもできない自分に焦りに焦ったのは、強迫パーソナリティが私の中に根付いているから。その苦しみは、最大の後悔、薬の多量摂取となってあらわれた。薬を多量摂取しても何か頑張りたいと思う歪んだ気持ちを生んだ。こんな強迫パーソナリティ障害は、自分の性格からくるもの。几帳面で真面目で完璧主義、そして融通がきかない。 [続きを読む]
  • 自分の心を救えない
  • キャパ超えの退治作戦。主治医の言われた通り、スケジュールをある程度立ててみたものの。でもやっぱりうまくいかない。昨日も16時までに、と思いながら、やっぱりどうしても中途半端な家事の終わり方ができず18時までやりこみ、その後2時間寝込んでしまった。その時間を守れないのは、自分が決めた家事と言うものを完璧に終わらせたい、そんな思いから。キャパ超えしてもやらなければならないと思い込んでしまう私は、とんで [続きを読む]
  • 必死で生きるってなに?
  • キャパ超えで悲鳴をあげてる私を見てか、このところの主人の「やることリスト」には、「体と心を休めること」そう書かれてばかりいる。だめ。何かしないと、って思ってしまう。焦る私は、勝手にリストを作る。でもその「やることリスト」を見ていると焦りが湧いて、自分でリストを作っておきながらやる前からパニックになっている。でもやらないと。今日も。強迫パーソナリティは「〜ねばならない」そういった観念に支配され、決め [続きを読む]
  • こんな思いしたくない!
  • 「破綻」してからぼうっとしてる日が続いていた。もうこれで何日目になるんだろう。ごはん食べれない。先日から何も食べてない。そんな気になれない。でも動けば変わるかな、そう思って昨日動いてみた。やったことは食器洗いに、洗濯物たたみ、年賀状のデザインチェック、郵便物の取り入れ、シェード下ろしただけ。たったこれだけなのに、11時から始めて終わったのは18時。その間、休憩しなくちゃ。そう思い、レモン水飲みなが [続きを読む]
  • キャパ超えの先の「破綻」
  • 昨日。起きた時からとんでもない脱力感に襲われた。頭がだるい、体もだるい。目もうつろ。何にもする気がしない、その体力もない、もう動けない。顔も洗えず、髪の毛もボサボサ。何もできなかった1日。もちろん家事にも手が付けられない。昨日は全部主人が家事をこなしてくれた。このところずっと私の仕事として続けていたことばかりだったから、ものすごい罪悪感にかられて「本当にごめん。ありがとう」と主人に言うと、「こない [続きを読む]
  • 減薬フェードアウト
  • 減薬って難しい、苦しい、辛い、でも…と頑張ってきたのだけれど、あとちょっとなのに、減らしては増え減らしてはまた増えの、そんな最悪のラストの苦しい時期に突入して。思ったことは「ホントに終わりがくるの?」だった。でもやってはいけないことをしたのだから、苦しんで当然。始まりは眠れず追加した1錠からだった。その1錠飲んだ時ふわっとして体がすごく楽になり、眠りには入らず、鬱のあの独特な苦しさから解放された。 [続きを読む]
  • あれも家事。これも家事。きっと家事!
  • 家事ができない、と悩んでいた私だったけれど、私の考える家事って 「ごはん作り」「掃除」「洗濯」 この3大家事、これしか頭になかった。これができない私は以前までずっと悩んで、苦しんで、でも出来なくて、この家に私は必要じゃないと考えてた時期もあった。今は最近はそんなこと思ってないけれど、リビングのソファでだらだらしてた時、ブラインドが目に入った。主人が家が太陽の光で明るくなるように、仕事に出かける前に [続きを読む]
  • キャパオーバーの目安は起床時間
  • 私は自分のキャパを超えて動いてしまうことが多い。そんなキャパオーバーの次の日の起床時間は、なんと昼の12時あたり。生活リズムの改善のため、23時に就寝と決めているのだけれど、昼まで寝てる?とうとう赤ちゃんレベルにまで達したか…昨日。主人の作ってくれた「やることリスト」をクリアした。でも量が少ないので、趣味をやったところで時間たっぷり残ってるし。うーん。…と、勝手に動き出す私。一番気になってるクロー [続きを読む]
  • 仕事があるありがたみ
  • 私の親戚にうつ病の従姉弟が1人いる。私とは歳の離れた従姉弟なのだけれど、うつ病のため会社に在籍しながらも長期休暇をとり続けている。確かにある程度の期間会社に出社したら、その後は長期休暇が認められる。その繰り返しで何とかまだその会社に在籍し、生活を保っていると聞いた。今でもう3年以上はその制度を利用し続けているんじゃないだろうか。きっかけは、入社当時の「導入研修制度」。飲料会社に入社したのだが、その [続きを読む]
  • ブログのアップ率で体調がわかる
  • このところよくブログをアップする私。確かに毎日更新されてる方に比べればまだまだ少ないとは思うのだけれど、私的にはすごいと思ってる。強迫性障害のジャンルでもここまで頻繁にアップしたことはあまりなかった。でもブログの頻度をふと見てみたら、1週間に1.5回と出ていた。365日のうち76回しか投稿してない。あれ?こんなに少ないのはなんでだろう。だけど、そういえばこのブログを書き始めた頃の1年ほど前は、1週 [続きを読む]
  • 躁エピソードがない−主治医の考える「躁うつ病」の定義
  • 躁エピソードのない躁うつ病なんてあるのか。なぜか躁状態がない私。うつ状態の日が多く、今日は体調いいと思う日があっても、一般的にいわれるような躁状態らしきものがない私は、「うつ病」のくくりではないの?昨日、診察日だったので、ここしばらくの体調を報告した後、そのことについて主治医に疑問を投げかけた。「躁状態がないのに、なぜ私は躁うつ病なんですか」主治医の見解は以下のようなものだった。・万年うつ状態に陥 [続きを読む]
  • 躁エピソードのない躁うつ病?
  • 何だか変だ。双極性障害の方たちは皆、躁エピソードがある。なのに私にはそれらしきものがない。あるのはうつ症状だけ。なぜ私には躁状態がこないのだろう。確かにイライラすることだってある。でもそれはちゃんと理由があってのこと。腹の立つようなことをされれば、もちろんイラッとする。言い合いになることだってある。でも1時間もすれば元の私に戻っている。次の日も、また次の日も、何事もない限り普通に過ごしている。「今 [続きを読む]
  • 年賀状の写真
  • 12月ももう近い。いや〜な年賀状作成シーズンがやってくる。ああ、嫌だ。毎年、嫌すぎる。まだ11月なのに、すでにどんよりモード。と言うのも、我が家は数年前から写真付きの年賀状にしている。友達の年賀状がやたら写真入りのものが多く、我が家もそうしようかということになって。嫌すぎる理由は、その年賀状の写真選びをしないといけないから。我が家の場合、載せる写真を探すのが大変なのですよ。普通なら「どれにしよー? [続きを読む]
  • 風邪ひいてもうたやんっ!!
  • 前回のブログから全然更新できずにいた私なのですが、実はあの日の翌朝から最悪にも風邪をひいて倒れ、泣きそうになりながら寝続けていたのでした。。と言うのも昨日17日は、15年間ずっとできずにいた「布花」の教室の日で!熱をはかると8度まで上がったんですよ!幼稚園以来じゃない!?平熱が6度ちょっとしかない私には、相当な熱で。なんで今、風邪なんて引いちゃってるわけ!?行けないかもじゃないの!そんなにたくさん [続きを読む]
  • 食事をするとうつ状態になる??
  • 食事をするとうつ状態になる。実は最近、こんな日々が続いているのです。元々あんまり食欲のない私は、朝・昼は何も食べない日が多く、ちゃんとした食事は夕食だけ。その唯一の「夕食」。ある時期から、夕食を食べると体がだるいなあと感じ始めたのが始まり。だるいなあレベルだったのであんまり気にかけてなかったのだけど、やがてはだるくて1時間ほど横になる、といった症状が起き。うつ症状?と思ってたけど、でもなぜか1時間 [続きを読む]
  • やることリストで「やるで!」モード
  • あれ以来、毎日主人に「今日のやることリスト」を作ってもらってる私ですが、昨日のそのリストメモを見ると、タイトルが変わっている。「やることリスト」から「To Do リスト」…。主人のことだから、ちょっとかっこつけてみたんだろう(しょぼいし)とは言いつつ、あれからちゃんとリストを作ってくれてることには感謝しているのです。そのリストの内容は、いつも簡単なものばかり。「これでいいの!?」と思ったりもしますが [続きを読む]
  • 話すつもりはないのです
  • 実は私はこの病気であることを誰にも話したことがないのです。大好きだったTちゃんと同じように。Tちゃんとは中学からずっと仲良くて、一緒にバンドやったり、コンサート巡りに、ショッピング、振り袖も一緒に選んだり、どこ行く時も一緒で本当に楽しかった。私が泣けば彼女も一緒に泣く。彼女がピンチなら私は守る。そんなあの頃が本当に懐かしい。お互い守り合って、裏切られることなんて考えられないようなそんな関係。懐かし [続きを読む]
  • 「楽しく生きて」のしるし。
  • 私はどう生きていけばいいのか。双極性障害になってもう10年以上経つのに、自分の存在する意味がわからなかった私は嘆くばかりの日々。大袈裟な話でなく、この世を去る時はやっとこんな苦しみから解放されるときだなとまで考えていました。でも皆様からのコメントは本当に私を救ってくださいました。家事はできなくても病気と戦うことが私の仕事だと思えるようになれたこと、この病気との戦いに疲れた時は好きな布花をやっても許さ [続きを読む]
  • 後悔しない生き方は難しい
  • なんだか不安になるこの頃。この発端は、母が「最近寝転んでないと背中が痛くて」そう言ったことから始まった。母が背中を痛がるのは、たぶん私のせい。以前、車で運転していたとき、私は事故を起こしてしまった。その時の後遺症なんだと思う。苦しいくらいに心が痛む。我が家では弟夫妻が年末に帰ってくると、弟夫妻と私たちと母、5人でカラオケに行く。昨年は「私は下手だけど、気にせず歌いまくるわ!」と母は言っていた。なの [続きを読む]
  • 「生きていたい」と思えるように。
  • はあ。あの弟の切なくなる思い。何度も思い返す。その助け船で這い上がり、もう一度布花を始めようとしている今。実はその前にも切なくなる話があり。以前、生き甲斐のない人生ってこういうのを言うんだろうなあと儚んでいたときのこと。発作的に一番お気に入りだった薔薇をハサミでチョキンと切ったことがありました。花弁や茎とか。ええ!他人から見れば狂ってるとしか思えない怖−い姿ですね!3本ほど切ったところで面倒くさく [続きを読む]
  • 自分のキャパを超えてしまう
  • 無理はしない。病気と戦うのが私の仕事なのだからできる範囲での家事をやろうと、私は主人に「私の今日のやることリスト」を書いてもらった。何という少なさ…。思っていた通りのリスト。やること4つだけ。・食洗機の中のお片付け・かごの中の服3着をたたむ・服をクローゼットに収納する・返品商品のメールチェックなんだ!これは!私をバカにしているのか!?…とも言えない…。今までこれすらも十分にできていなかったのだから [続きを読む]
  • 私は自己否定をやめようと思う
  • 私に存在価値なんてない。そう思い始めた理由を、昨晩就寝前に考えていました。なぜここまで苦しんでいるのか、思いつくことが1つ。私は昨年の10月から断薬をしてますが、もう1年経ちます。今から考えると殺人的な量を飲んでいたなあと思うけれど、あの頃はかなりのうつ状態が続いた時期で、苦しい、でも家事しなきゃって思うとやめられず。でもやめなきゃ廃人人生で終わっちゃう!体は楽だけど、これまた心が痛いし、罪悪感も [続きを読む]
  • 私の存在する意味がわからない
  • 私が存在する意味がわからない。この家で私はどんな存在なのだろうかと、このところそう考えては落ち込む。「ネガティブに考えないで」「今はそういう時期」と主人は言うが、果たしてそうかな。他の方のブログを読ませていただいてたりすると、仕事を休み休みでも続けておられる方や主婦の方もそう。鬱で苦しくても家事をされてる方、皆、何か役割を担って毎日を過ごしておられる。でも私は違う。今となっては本当に名ばかりの主婦 [続きを読む]