LIFE さん プロフィール

  •  
LIFEさん: 子供の為の資産形成ブログ
ハンドル名LIFE さん
ブログタイトル子供の為の資産形成ブログ
ブログURLhttps://letsenjoylife21.com/
サイト紹介文国内・海外の金融資産、子供の為の資産形成を中心とした知恵と情報を発信していくブログです !
自由文LIFEです。 私達はインターネットを使えばスグにでも情報を取ってこれる環境下にいますが、その反面インターネットの世界には正確ではない情報が溢れているのも事実だと思います。 私のBlogでは正確な情報しかお伝えしません。 日々感じた事や国内・海外でのお得な情報を皆様に共有できれば幸いです。また是非、皆様のご意見もお伺いさせて下さい。宜しく お願い致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 325日(平均3.4回/週) - 参加 2017/08/30 19:33

LIFE さんのブログ記事

  • 1/3 世帯で資産形成ゼロ!?収入所得でも割合が違います
  • 最近、周りで資産形成を行っている方があらためて少なく感じましたので、確認の意味でも調べてみました。こちらは、日本の金融資産ゼロ世帯の推移です。 (注)金融資産とは、預貯金、信託、保険、有価証券等。ただし、事業性預貯金、給与振込や振替等で一時的にしか口座にとどまらない預貯金等は除く。(出典)金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」(二人以上世帯調査) 昭和38 に 22.2% の世帯で金融資産を保有 [続きを読む]
  • 毎月4万円・年平均6.5%で運用42年の長期積立。将来一体いくらに?
  • いきなりですが、毎月4万円・年平均6.5%・42年の長期積立を行うと将来一体いくらになるのでしょうか? 答えは約1億円です。 2人以上世帯の平均貯蓄額が1812万円。そしてこの平均貯蓄額を下回る世帯数が約3分の2を占め、なかなか1億円は貯めれないと言われる日本で、興味深い数字ではないでしょうか。 今なら3.3万円/月を20年での積立NIASも活用出来ますね。積立NISAは勿論儲かっても非課税です。LIFEの積立NISA口座SBI証券 ちなみ [続きを読む]
  • 情報を取れる手段を見つけよう!TVを観過ぎる程、人生時間が無駄なものは無い
  • なんと、もう今月で1年の半年が経ちますね(^▽^;) 今年を振り返り本業がそれなりにバタバタしていますが、ある程度時間を見つける事が出来て要領良くなったかもしれません。これも瞬間瞬間の優先順位を付けている結果だと思います。 『忙しい』と真剣に言っている人で『自分自身の時間が無い人』にお会いした事がありません。時間は作れます。 投資関係では積立NISAは思ったよりあまり変化が無いですかね。将来は分かりませんが、 [続きを読む]
  • 64%増!2040年に日本の社会保障給付費が190兆円を超える。介護は約3倍。
  • 毎日仕事に明け暮れていると、一番最初に仕事に就いた時のワクワクした楽しさや新鮮さが失われていきます。そして日々の行動で、慣れから時に無茶な振る舞いを起こしてしまったり、正常な判断が出来なくなってしまい、後に引け無くなることも起こり得ます。 最近の報道をみて、仕事や家庭にせよ初心を忘れずワクワクした最初の気持ちを大切にと感じる今日この頃です。 変な前置きになりましたが(^▽^;) 先日、社会保障給付費が2016 [続きを読む]
  • 海外ETF 純資産額100位ランキング 2018(株式ETFまとめ)
  • 海外ETF 純資産額100位までのランキングをまとめました。その中で株式ETFを以下の7つのカテゴリーに分けています。今後どのようなETFを買い足していくのか・もしくはどのようなETFが人気があったのかなど『楽しく』ご覧頂けますと幸いです。同じベンチマークの指標なのに各社によって信託報酬が違う点もランキング同様比較すると面白いかと思います。 グローバル株FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス英FTSE社が提供する [続きを読む]
  • 【2018年5月】海外ETF ランキング(世界の純資産と日本の売上)
  • 2018年5月現在での海外ETF純資産順でのランキング20位です。1位のSPYは$256.76B(26兆円以上)で純資産が桁違いです。【引用】ETF Screener & Databaseこう見てますと、S&P 500 ETF が圧倒的に人気があります。SPY:SPDR S&P 500 ETF Trust(0.09%) IVV :iShares Core S&P 500 ETF(0.04%) VOO:Vanguard S&P 500 ETF(0.04%)信託報酬も低く歴史のある大型株。間違いない米国ETFです。信託報酬もほぼ無視できる金額かと思い [続きを読む]
  • 【2018年5月】証券会社を比較:SBI証券・楽天証券・マネックス証券
  • 証券会社はネット証券で開設するのが1番です。言わぬがなネット証券は人件費が掛からなく手数料が安いのが特徴の一つでもあるので、ネット証券を開設する事で少しでも無駄な手数料は払わないように致しましょう。その中でも、SBI証券・楽天証券・マネックス証券辺りで最終的に比較される方が多いのではないでしょうか。この3つの証券会社を、資産形成で国内株・米国株・ETF・投資信託を購入する場合に各々を比較しようと思います [続きを読む]