ハル さん プロフィール

  •  
ハルさん: 気象予報士ハルと学ぶ!
ハンドル名ハル さん
ブログタイトル気象予報士ハルと学ぶ!
ブログURLhttps://kisho.net
サイト紹介文資格試験の勉強法はもちろん、気象予報士試験や気象・防災情報についてまとめていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 78日(平均3.1回/週) - 参加 2017/08/31 00:37

ハル さんのブログ記事

  • 寒冷前線が通過すると冷え込む?気象庁のデータが面白かった!
  • ペーパー気象予報士のハルです。先日(確か2017/11/11 ポッキーの日ですね)、「今日は冷え込むでしょう」という天気予報を耳にした気がしました。また、実際寒かったです。これも天気図で見たら一目瞭然かな?と思って2週間分ぐらいを見てみたところ・・・11/11はなんだかとても特徴的なデータになっていましたので、メモしておきたいと思います!(でも他の日はそうでもない)天気図をゲット毎日の天気図は気象庁のここで公開さ [続きを読む]
  • 木枯らし1号のような風の強い日は天気図で一目瞭然!
  • ペーパー気象予報士のハルです。先日2017/10/30は東京地方・近畿地方の両方で「木枯らし1号」が吹いたと発表されました。調べてみると、東京と近畿で少しだけ基準が違うようですが、およそ次のようなことだそうです。木枯らし1号の定義10月半ばの晩秋から11月末の初冬の間に、初めて吹く毎秒8メートル以上の北よりの風のことです。気象庁では、東京地方と近畿地方でこのような冬になったことを感じさせるような風が吹いたとき、「 [続きを読む]
  • 大気が不安定だとなぜ雨が降るのか?そもそも「不安定」とは?
  • ペーパー気象予報士のハルです。よく天気予報でこんなフレーズを聞くような気がしませんか?「南の海上から湿った空気が前線に流れ込み、大気の状態が不安定になります」似たようなフレーズとして「上空に強い寒気が流れ込むため、大気の状態が不安定になります」というのもあるような気がします。実は昔からこの「大気の状態が不安定」というのはどういうことなんだろうと気になっていました。気象予報士試験の勉強を通して「不安 [続きを読む]
  • 史上最年少の気象予報士が誕生!11歳で(絶句)
  • ペーパー気象予報士のハルです。今年の8月に試験のあった第48回気象予報士試験で、なんと11歳11ヶ月の小学6年生女子、本田まりあさんが合格されたそうです。すごすぎます。現在いろいろなサイトで記事を読むことができますが、そのうち消えてしまうのかな・・・?例えば東京新聞の記事はこちらです。これまでの最年少は恐らく12歳11ヶ月、中学1年生男子の甲斐友貴さんですね。日経新聞の記事がありました。この記録を1年ほど更新し [続きを読む]
  • 独学になぜこだわる?そもそも「それ」は本当に独学ですか?
  • ペーパー気象予報士のハルです。こうしていまブログ記事を日々書きながら、他の勉強法ブログなども少しずつ読ませてもらっているのですが、その中でふと気づいたことがあります。「俺、独学で気象予報士に受かってるじゃん」(カッケー カッケー ←心の声 そうなんです。気象予報士のスクールや通信教育には一切頼らず、本と問題集だけの勉強で、2回目の受験で気象予報士試験に合格したのでした。おっ!かっこいい!一発合格だっ [続きを読む]
  • お天気の科学は「お天気」という軽さと「科学」という重さが同居した本!
  • ペーパー気象予報士のハルです。先日見つけた「気象予報士受験者応援団」の掲示板の投稿で、初級「身につく気象の原理」と上級「一般気象学」の間に位置する中級の本として「雲の中では何が起こっているのか」が紹介されており、当ブログでも記事にしました。今回ご紹介する「お天気の科学(小倉義光著・森北出版)」も同様に中級に位置づけられています。「お天気」という気軽なフレーズと「科学」という物々しいワードが並んでい [続きを読む]
  • 気象予報士試験を目指す人のコミュニティ探しが難航
  • ペーパー気象予報士のハルです。前の記事で、1年以上も勉強する場合はモチベーション維持が大変だからコミュニティに加わるなどして人の力を借りましょう・・・ということを書きました。モチベーションを維持するために人の力を借りよう!1年以上にわたって勉強のモチベーションを維持するのは大変です。そんなときは人の力を借りましょう。人の力の借り方にもいろいろありますので、一通りまとめてみました。kisho.net2017-09-28 [続きを読む]
  • モチベーションを維持するために人の力を借りよう!
  • ペーパー気象予報士のハルです。気象予報士試験に限らず、長期にわたって勉強をしないといけない場合の最大の敵、それは「モチベーションの低下」でしょう。高校入試や大学入試の場合は学校や塾などで自動的に圧力がかかるのでまだマシですが、社会人になってから何かの試験を受けようとする場合にはそういうものがないですよね。ですから「思い立ったのはいいけど、始める前にポシャってしまった」「始めたはいいけど三日坊主に終 [続きを読む]
  • 勉強するときに音楽を聞くのはアリなのか?
  • ペーパー気象予報士のハルです。大学受験などと同様に気象予報士試験も、1年以上の長期にわたって受験勉強を続けていかないといけないことはほぼ確実です(→計画を立てた記事)。それだけの期間、モチベーションを維持しながら勉強していくためにはちょっとした気晴らしも必要になります。気晴らしの一つとして「音楽(BGM)を聞きながら勉強する」という方法があると思うのですが、果たしてこれは有効なのでしょうか?検索してみ [続きを読む]
  • 今からハルが受験するなら〜気象予報士試験の勉強計画を立ててみる
  • ペーパー気象予報士のハルです。前に「勉強の計画の立て方」という記事を書いたのですが、あれはあくまでも「立て方」であって、実際に気象予報士試験を受けるとしたら何ヶ月ぐらいかかるのか・・・といった具体的なイメージは湧きにくい記事になっています。勉強の計画の立て方とは?気象予報士に限りませんが、まとまった勉強をする前には全体像をつかむために計画を立てた方が良いでしょう。「勉強計画の立て方」をまとめました [続きを読む]
  • 過去問の使い方!単元別問題集とどう使い分けるのか?
  • ペーパー気象予報士のハルです。勉強の計画には「問題集を解く」という期間が出てくるわけですが、そのときに単元別問題集と過去問をどのように使い分けるのかということについて考えをまとめておきたいと思います。いろいろな考えがあると思いますので一つの参考にしていただければ。気象予報士試験を念頭に置いて書きますが、その他の試験勉強についてもほぼ同様に当てはまると思います。関連記事勉強の計画の立て方とは?気象予 [続きを読む]
  • 勉強の計画の立て方とは?
  • ペーパー気象予報士のハルです。気象予報士試験に限らないのですが、ある程度まとまった分量の勉強をして試験に合格しないといけない場合には、事前に計画を立てておく方がよいです。無計画でスタートしてしまうと、自分がいま全体のどの位置にいるのかをすぐ見失ってしまうので、節目節目でいちいち迷うことになります。なによりモチベーションが続きにくいのも問題です。といっても、ハルが気象予報士試験に臨んだときは全体(ス [続きを読む]
  • 避難所・避難場所・・・いつ、どこへ避難すればいいのか?
  • ペーパー気象予報士のハルです。台風18号はあちこちにつめあとを残して去って行きました。被害のあった地域の一刻も早い復旧を願います。もし避難が必要になったときにどこへ避難すればいいのか考えておこうと思って検索してみると、自治体によって色々違いがあることが分かったのでちょっとまとめておきます。避難所を調べてみた避難場所と避難所とりあえず「避難所 ○○(自分の住む自治体名)」で検索してみましょう。たいてい [続きを読む]
  • 台風が接近中!そんなとき気象予報士に何ができる?
  • ペーパー気象予報士のハルです。このところニュースで台風18号が接近中という話題が出ているわけですが、さてそんなときに気象予報士は何ができるのでしょうか?特に今回の台風は日本を西から東へ横切っていきそうなので、各地に点在している気象予報士の皆さんは「今度の台風、どうなるの?」と尋ねられたりしているのではないでしょうか。え、違う?ウェザーニューズ社などの気象予報会社に勤務している場合は別として、気象予報 [続きを読む]
  • 問題集はどう選ぶ?気象予報士試験の学科に備える!
  • ペーパー気象予報士のハルです。前の記事で書いたとおり、気象予報士試験に一発合格するのはなかなか難しいのです。ですから複数回受験することを最初からイメージして、対策するにしても「まず学科」「学科が済んだら実技」という風にじっくり準備することをお勧めしたいと思います。この記事では学科試験にどう備えるかという観点から、問題集選びのポイントなどについてまとめてみたいと思います。「単元別になっている」「解説 [続きを読む]