ハム吉 さん プロフィール

  •  
ハム吉さん: ゆっくりとハムスターLIFE
ハンドル名ハム吉 さん
ブログタイトルゆっくりとハムスターLIFE
ブログURLhttp://www.wonderfulhamham.com/
サイト紹介文ジャンガリアンハムスターの日記と、うちの飼育法を公開しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 221日(平均0.7回/週) - 参加 2017/09/01 14:25

ハム吉 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 二歳の誕生月
  • 4月になりました。年度末のごたごたで忙しくてしばらく更新できなかったので、一カ月以上ぶりの更新となります。今月で我が家のクラウディ君は2歳の誕生日(日というか月)を迎えました。誕生日を迎えてめでたいんですが、色々あって心境が複雑です。実は、前回にブログ更新した一週間後にものもらいが再発しまして、また動物病院に行きました。今回も薬で治ると思ったのですが、今回は残念ながら同じ薬でもきれいに改善しませんで [続きを読む]
  • ものもらい治療終了
  • 前回にものもらいになってから、抗生剤を投与し続けたらすっかりよくなりました。昨日、動物病院に診察に行ったら、もう目の治療は大丈夫だそうです。前回におちんちんの周りが腫れているとも言われていてそちらは改善しませんでしたが、それが正常な状態ではないけれど、おしっこが普通に出ていたり特に問題がないならば、そのままでもいいそうです。よって、今回の治療はこれで終わりになります。治療費は診察費800円+税で8 [続きを読む]
  • 右目が腫れている!
  • 今朝、クラウディ君に週一回のミルワームを与えたときに、右目が腫れていることに気付きました。よく見ると、マイボーム腺腫とは違った腫れ方で、目やにも出ています。動物病院に連れて行くと、まぶたにあるマイボーム腺が細菌に感染して炎症を起こしているとのことで、人間で言う「ものもらい」だそうです。先生はそのままクラウディ君の全身を診察しながら、おしっこは出ているか尋ねてきました。出ていることを伝えると、クラウ [続きを読む]
  • 今日はミルワームの日
  • 今日はクラウディ君にミルワームを与える日です。昨日の晩、明日にミルワームを与えるつもりでいて、たまたま冷蔵庫にホウレンソウが入っていたので、ホウレンソウを与えました。ホウレンソウはカルシウムが多く、ミルワームはリンが多いので、「これでカルシウムとリンのバランスが取れるといいな」なんて考えながら与えました。そして翌日である今日、ミルワームを与えました。ケージに近づくと、いつものように餌くれると思って [続きを読む]
  • 17年12月の最近の画像特集
  • 今回の記事はクラウディ君の17年12月の最近の画像特集です。まずは、定期的に与えてるブロッコリースプラウトを食べている画像です。おいしそうに頬張っています。そして次はパネルヒーターの上で寝ている画像集です。冬になってパネルヒーターの上で寝るには野良寝しかない状況を作ったので、期待通り野良寝をたくさんしてくれています。ヒーターの上で気持ちよさそうに寝ています。ハムファンには喜ばしい、この野生感を失っただ [続きを読む]
  • マイボーム腺腫手術の経過観察終了
  • マイボーム腺腫の手術から二週間が経過して、経過観察の為に昨日動物病院へ行きました。経過は良好との事で、今日で通院は終了になりました。すっかりきれいに治りました。左上まぶたにマイボーム腺腫の痕がわずかにありますが、そう言われなければ気付かない程度です。また再発する可能性もあるので、日頃からよく観察しておこうと思います。クラウディ君も手術直後は目を気にしていましたが、もう今は全く目を気にすることなく生 [続きを読む]
  • マイボーム腺腫の手術一週間後
  • マイボーム腺腫の手術から一週間が経過しました。手術の翌日に腫れがピークになって、目も見えないくらい腫れていたので焦りましたが、術後二日目には腫れが一気に引いてきて、手術で症状が改善しているのがわかりました。術後四日目の写真です。パネルヒーターの所で就寝中です。写真撮っていたら起こしちゃいました。ごめんね。正面から何とか撮らせてくれました。四日目だと、まだ少し腫れが残っています。そして一週間後の画像 [続きを読む]
  • マイボーム腺腫の手術をしてきました
  • マイボーム腺腫の為の抗生剤を与え始めて二週間経ちましたが、残念ながら改善の兆しが見られませんでした。これは手術もやむを得ないと思いました。今日、午前中に診察に行って手術を希望する事を伝えると、先生が今日予定の手術が一件キャンセルになっていたらしく、タイミングよく今日そのまま手術を受ける事ができました。手術方法は、ハムスターが術後に手術の傷を引っ掻かないように、まぶたの裏に小さな穴をあけて、そこから [続きを読む]
  • 再びマイボーム腺腫で動物病院へ
  • クラウディ君の左瞼のマイボーム腺腫がかなり大きくなってきてしまったので、一昨日、また動物病院に行ってきました。ここのところ、多忙でちょっと様子を見ていられなかったのですが、その間にここまで大きくなってしまいました。診察の時に先生は「悩ましいところですね」と仰っていました。どうやら手術も視野に入るくらいみたいです。とりあえずは抗生剤を二週間与えることになりましたが、「その間に手術するかどうか考えてお [続きを読む]
  • 寒くなってきたので…
  • 今月の半ばから急に冷えてきたので…ミルワームのケースに結露が出来てしまいました。中を見ると床材に水滴が垂れて湿気てしまっていたので、これはもう処分です。そして新しい床材を準備しましたが、小松菜パウダー一袋(80g入り)に対してパン粉280gで作りましたが、床材が浅くなってしまいました。せめて小松菜パウダー一袋に対して少なくともパン粉500gは必要ですね。次回から気を付けるようにします。そしてクラウディ君の寒さ [続きを読む]
  • 症状が改善しました
  • 膀胱炎と腹のぜん動運動が弱っているとの事で、動物病院で処方された薬を一週間飲み続けていたところ、嬉しいことに両方とも症状が改善しました。おしっこも漏らさずにトイレできちんとするようになり、糞の形状も元の俵型に戻りました。更に一週間与え続けた後の現在、薬の服用を終えて様子を見ているのですが、どちらも問題がないようです。回し車を走る頻度は以前より少なくなったようですが、走る姿をきちんと確認できています [続きを読む]
  • 膀胱炎と腹のぜん動運動
  • 最近、クラウディ君の便を見ていないのと、おしっこの量が減ったのと元気がないのとで、また動物病院に行きました。体重を量ったり、診察している最中に糞をしたので便秘ではなかったのですが、糞の形がいつもの俵型ではなく丸っこかったので、私が糞を糞だと気付いていなかったようです。鳩の餌かと思っていました。糞が丸っこいのは、お腹のぜん動運動が高齢で弱っていて、便の形をきちんと作れていないとの事でした。おしっこも [続きを読む]
  • マイボーム腺腫で動物病院へ
  • クラウディ君の左目のマイボーム腺腫が気になってきたので、先日、動物病院に行きました。マイボーム腺腫とは、目に脂を分泌する腺が詰まって起こるまぶたの病気で、ハムスターが罹りやすい病気です。今までクラウディ君は2回程罹っています。診察の結果は、様子見との事でした。かゆみや痛みを伴って生活の質を脅かすようであれば、まず抗生剤を投与をするのですが、特にかゆみも痛みもなく、クラウディ君自身がマイボーム腺腫が [続きを読む]
  • 鳩の餌
  • ハムスターの健康にいいというので、ちょっと興味を持って買ってみました。鳩の餌です。果たしてクラウディ君は気に入ってくれるでしょうか。この鳩の餌は、トウモロコシ、マイロ、オーツなど、計8種類の穀物が入っています。鳩の餌用の餌入れも用意したので、とりあえずお試しで、この中から適当に5種類を2粒ずつ与えてみようと思います。ケージに入れると、物音で起きたクラウディ君がものすごい速さであさり始めました。全てを [続きを読む]
  • ミルワームについて
  • ハムスターに与えるミルワームについてです。うちでは主食のペレットは、動物性たんぱく質が含まれているハムスターセレクションを与えているので、別にミルワームを与えなくても大丈夫なのですが、ハムスターも楽しみがあった方がいいと思い、嗜好性の高いミルワームを週一匹おやつとして与えています。ミルワームというと、栄養分のリンが非常に多くてカルシウムとの比率が悪いので、与えすぎるとカルシウムが不足してしまうので [続きを読む]
  • 別室の掃除
  • 最近、野菜を与えるときに何か匂います。どうやら別室の空気穴から匂うようです。別室にたくさん糞が溜まっていました。元々、別室にはよく糞をするのですが、涼感キューブを置いてからというもの、ほお袋に糞を詰めて運んでまでキューブの隅に糞を溜めるようになりました。写真ではわかりにくいですが、かなり糞が溜まっています。という訳で別室の掃除です。別室行きのパイプをきれいなものと交換し、別室と涼感キューブをアルコ [続きを読む]
  • ひんやり涼感キューブ
  • ここのところ暑い日が続きます。こう暑い日が続くと、うちのクラウディ君も。。。トイレで寝たり。。。外で腹を出して野良寝したりしてしまいます。野生では捕食される側の生物がこれでいいのかちょっと疑問ですが…それで暑さ対策にと思って、SANKOのひんやり涼感キューブのMサイズを買ってきました。これで快眠してくれればいいのですが。ケージ本体のルーミィに入れると狭くなるので、別室に設置しました。キューブには丸窓が付 [続きを読む]
  • ハムスターハウスについて
  • ハムスターハウスですが、現在はうちではアクアリウム用品のスドーのタコツボ(小)とマルカンのゴールデンハムスターのお部屋の二つを併用しています。最初はタコツボではなく、爪とぎも兼ねたハムスターハウスとして評判のいいSANKOの素焼きの爪とぎ・砂浴びハウスを購入したのですが、どうやら太め(体重60g台後半)のうちのクラウディ君には入口が狭い上に高い位置にあって入りにくいようで、あまり気に入らなかったようでした [続きを読む]
  • 回し車について
  • 回し車についてですが、我が家ではSANKOのサイレントホイールを使っています。サイレントホイールのサイズですが、そのハムスターの種類用として売られているものでは実際にはサイズが小さすぎます。大人のジャンガリアンで、ゴールデン用として売られているサイレントホイール17が調度いいです。サイレントホイールですが、回し車の内側に製造過程でツメをはめ込む窪みがありまして、その窪みでハムスターが転ばないようにする我 [続きを読む]
  • パイプについて
  • 我が家のハムスターは、回し車をちゃんと使用しているので運動不足になることはなさそうですが、それだけでは物足りないかも知れませんし、ハムスターもあった方が楽しいと思ったのでパイプを使用しております。ただ、パイプの使用方法ですが、ハムスターは前後左右の動きは得意なのですが上下の動きには弱く、場合によっては骨折することもありますので、ケージに取り付ける際には注意が必要です。最初、ケージ(ルーミィ)の天井 [続きを読む]
  • ケージについて
  • ケージについてですが、我が家ではルーミィを使用しております。下の写真が我が家のケージです。何故ルーミィなのかというと、横に金網がなくて金網を噛んで不正咬合になる心配がないのと、前面に扉が付いていて、上からではなく前から餌交換などの世話ができるので、ハムスターにストレスを与える心配がないからです。広さですが、ジャンガリアンには問題ないと思います。左側にあるパイプでつながった別室は、ジョイントバスハウ [続きを読む]
  • クラウディ君
  • それでは我が家のハムスターを紹介します。名前はクラウディ君です。ジャンガリアンハムスターのブルーサファイアです。2016年の4月生まれで、2017年7月現在で1才と3カ月です。ハムスターが食べられる野菜全般が好きですが、ニンジンはあまり好きではなくてペレットよりは好きな程度です。怒りっぽい性格で、手乗りにはなりましたが手の上の野菜を食べきると指を噛んできます。この習慣は直りそうにありません。これはコオロギを食 [続きを読む]
  • ごあいさつ
  • この忙しない毎日に、憩いと癒しを求めてハムスターを飼い始めました。ハムスターを飼い始めてからは毎日ハムスターに癒され、以前より充実した日々を送っております。このブログでは、我が家のハムスターの紹介と、我が家のハムスターの飼育方法を公開していきたいと思います。それではよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …