マドチュウ さん プロフィール

  •  
マドチュウさん: Gloomy skies in Beijing 〜北京の空は悲しい色やね〜
ハンドル名マドチュウ さん
ブログタイトルGloomy skies in Beijing 〜北京の空は悲しい色やね〜
ブログURLhttp://bjsadsky.com
サイト紹介文窓際駐在員が、中国女とのWe chatバトルを中心に、旅行やマイルについて書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供147回 / 246日(平均4.2回/週) - 参加 2017/09/01 14:25

マドチュウ さんのブログ記事

  • ビザガールの近況
  • さてブログは中途半端で終わった感のあるビザガールだが、無事日本で専門学校を卒業したらしい。もう1年ぐらい経つだろうか。途中で自画撮りを何度か送って来たが、暇の時に一言返すぐらいでほとんど放置していた。ビザガールはずっと私に対してタイムラインを非公開にしていたのだが、卒業する少し前からライムラインを3日前までの設定で公開し始めた。だから卒業したことを知っている。卒業したものの、仕事が見つからない残念 [続きを読む]
  • 金取引ペテン師に慰められる
  • 少し前にいきなり私のWe chatに友達申請をしてきた女がいる。名前をKaryと言うらしい。香港人とのこと。どちらさん?と聞くと、SKOUTであなたを知ったと言われた。確かに一時期やっていたし、We chat IDを書いたかもしれない。Karyは繁体字を使っているが、普通話である。香港人ではないと思う。ペテン師のくせにいちいち言うことが正しいタイムラインを見るとすごい美人でスタイルも抜群である。更にMT4のチャートがいくつかアッ [続きを読む]
  • コイツはどうしようもない
  • 私はずっと炮友と思っているので、楽しく旅行に行き做?しまくった。しかし、旅行に行く前もアフターピル事件があり、ヘタクソな小姐みたいなやり方にうんざりしていた。エミリーも私に対して不満を持っているのも事実である。もう潮時なので別れるこちらは彼氏と思っておらず、ただの炮友としか思っていない。結婚なんてとんでもない話だ。これ以上、小姐みたいな発想の持ち主を引っ張っても面倒くさいだけだ。エミリーは私を彼氏 [続きを読む]
  • エミリーは金がない
  • 私とエミリーは旅行に行く前、非常に雰囲気が悪く、エミリーは自分から積極的に連絡しないようになっていた。ところが、旅行中はウソのように仲が良く、飛行機の中から異常にベタベタし始めた。旅行が終わると、元の悪い雰囲気に戻るのは目に見えている。旅行中は雰囲気が良いのでいろんな話をする。お金の話をした時に、エミリーは銀行の残高を見せてくれた。ゾッとするエミリーの資産状況私が調査した出会いサイトでのエミリーの [続きを読む]
  • プーケットは中国人だらけだった
  • プーケットは、中国人の間でけっこう人気がある。レストランや商店では、片言の中国語を話す店員が多かった。更に支付宝が使える店もそこそこあった。これだけ中国人が多いと、自然とこういう感じになるのだろう。私も毎回中国語で声を掛けられた。普段は中国語を使っているとはいえ、私は日本人である。外国で中国語で声を掛けられても、中国語を話すべきなのか少し迷う。最初は英語で話していたのだが、面倒臭いので中国語で声を [続きを読む]
  • プーケット旅行 その4
  • 中国女は何処か旅行に行ったり、いい物を食べると、やたらとWe chatのタイムラインにアップする。エミリーは、今まで一緒に何処かに行っても、タイムラインにアップすることはなかった。アップすると、だいたいデートかどうか分かるものである。私と付き合っていることをオープンにしたくないのだろうと思っていた。私とエミリーには、共通の友達が何人かいるからだ。そう、エミリーと初めて会った時に一緒にBBQをしたアムウェイ軍 [続きを読む]
  • プーケット旅行 その3
  • 休暇なので、私もバタバタしたくはない。しかし、ここまで何もしないとは思わなかった。せっかく来ているし、最初は退屈させたくないので、いろいろ気を使ってみた。ピピ島への一日ツアーはどうかと聞くと、暑すぎるから行きたくない。毎日、何をしているのかと言うと、メシを食いに行くついでに、ジャンクセイロンというショッピングモールに寄るぐらいである。プーケットでの私達一応、パトンビーチにも泳ぎに行った。日本や中国 [続きを読む]
  • プーケット旅行 その2
  • 私達はOrchid Resortelというホテルに泊まった。第一印象はパッとしなかったのだが、慣れてくるとなかなか快適なホテルである。Orchid Resortelは、やたらとバーが並んでいるバングラ通りから、1本道路を挟んで少し行ったところにある。でもビーチまでそれほど遠くない。私達は音に敏感な方なので、この立地は良かったと思う。エミリーは、アイマスクに耳栓というスタイルで寝るほど敏感である。初日なのでパトンビーチに行ってみ [続きを読む]
  • プーケット旅行 その1
  • 私とエミリーは、イマイチ雰囲気が良くならないまま、プーケット旅行出発の日がやってきた。お互いサッパリしているので、おそらくその時だけは元に戻ると思う。私は前日の夜便で瀋陽入り、翌日の朝にエミリーを迎えに行った。瀋陽からプーケットへ飛行機の予定瀋陽-ソウル KE832 11:15-14:15 777-300ERソウル-プーケット KE637 18:40-23:15 777-300ERソウルで4時間半ほど待ちがあり、プーケットに着くのが23:15である。移動で一日 [続きを読む]
  • お互い不満である
  • 翌々日にプーケット旅行へ行くのだが、お互い不満であることがよく分った。私はこれといって間違っているとは思っていない。中国女から見れば、細かすぎる、厳し過ぎると思うのは知っている。それは中国女が自分勝手なだけである。先にストーリーを考えずに適当なことを言う。ただ私は流さずにおかしいだろうと言うからケンカになるのである。ひとつの例を挙げよう。アフターピル事件の際に、エミリーは姐姐と一緒に妊娠検査を受け [続きを読む]
  • エミリーが不主??系モードを解除し始めた
  • エミリーは突然自分から連絡しない不主??系モードに突入した。本当はご機嫌を取ってあげるのが良いのだが、全くしないどころか、逆にケンカを売る始末である。ずっと行ってなかった出会いサイトへログインしたので、他を探すのは結構だが、別れてからにするのが順序だろうとクレームまで付けた。私はこれを機に炮友、セフレであることをハッキリさせようと目論んだのだが、残念ながら返り討ちにあってしまった。私は徹底抗戦モー [続きを読む]
  • 励みになるとは言ったが…
  • 海外に住むと言っても、いろいろなケースがある。社会人もいれば、学生もいる。駐在もいれば、現地採用もいる。家族と一緒の人もいれば、単身の人もいる。私の場合は、独身のオッサン駐在員である。私は何度か違う会社で駐在をしていたので、基本的には海外で暮らすことには慣れている。だからそれほど苦痛ではない。今回は最初からつまらないのだが、最初は新鮮であっても、どこの国でも慣れてくると徐々につまらなくなってくる。 [続きを読む]
  • 中国はやたらと男払い
  • 基本的に中国では男払いである。今回の春節プーケット旅行の費用は、約399,000円である。お得感が出ている感じの9並びではあるが、別に安くはない。春節旅行費用について考えてみる日本人なら違和感を感じる人がいるかもしれないと思う。男払いと言っても、一人で約40万円も出さないといけないのか、エミリーとやらは、少しぐらい出そうという気はないのか?全くないと思う。タイバーツへの両替も1元もしないと思う。オッサンは騙 [続きを読む]
  • 春節プーケット旅行の準備
  • 私が中国で生活するにあたって、エミリーが励みになっていると言ってから、雰囲気は少し改善された。私はエミリーのようなクソガキと違うので、旅行に向けて雰囲気は改善しておこうと思う。せっかく旅行に行くのだから、ただの炮友とはいえ、上手くやらないと旅行が面白くない。実はエミリーが自分から連絡しなくなった理由をよく知らない。連絡すると返事はすぐに返って来る。そこからずっと話し続けている。だから無視するほど機 [続きを読む]
  • 遂に帰国を考える
  • 私はエミリーの態度にうんざりしてきた。会社にもうんざりしてきた。また辺境でクソ寒い内モンゴルに行けという話だ。何でも向こうの中国人が要請しているらしい。要請されて単純に喜ぶような人間は、こういう所で仕事はできない。奴らは責任を擦り付ける相手を探しているだけだ。会社の日本人は全く靠不住、当てにならない。会社を辞めて帰国したくなってきた正直に言って、中国人共の方がしたたかに、うまく、強引に話を持って行 [続きを読む]
  • 面倒くさい
  • 12日からエミリーと旅行に行くのだが、未だに一切自分から連絡しない。何度か試して見たのだが、こちらから連絡すると、速攻で返事してくる。相手が18歳の女の子なら、どうしたの?怒ってる?など連絡するべきだろう。エミリーはもう29歳、大人の女性である。こういうクソガキみたいなことはやめていただきたい。本当に中国女は成熟していないクソガキみたいな女が多い。そもそも自分が出会いサイトにログインしたことがバレて指摘 [続きを読む]
  • すれ違い
  • 初の海外做?旅行まであと1週間である。しかし、今週に入ってから、私とエミリーはかなり雰囲気が悪くなってきた。炮友との付き合い方今までエミリーと付き合ってきたが、私はエミリーも同じように炮友と考えていると思っている。私はエミリーの態度、言動からそう感じている。炮友として付き合うには、二通りのやり方があると思う。一つ目は、表向きは真面目な恋愛を装うエセ恋愛方式。二つ目は、お互い炮友と理解して付き合う。 [続きを読む]
  • 今後も続けるか、どうか
  • エミリーがなんと言おうと、今のところ私の中では炮友である。エミリーは、今のところキープする考えのようである。よくケンカはする。ほとんどの場合、私がケンカを売るし、もう別れたらいいと言う。はっきり言って、中国女といるといいかげんにしろと思うことが多い。エミリーもまた別れることを言う!じゃあ今別れてやる!と切れるのだが、その後しばらく放置、最終的な行動はとらない。しかし、私はコストがかかるので、このま [続きを読む]
  • エミリーは高所得のはずだが
  • エミリーは私に誕生日プレゼントをくれたのだが、はっきり言って安物である。自分の金は惜しい、なるべく使いたくないのだろう。セコイ。私は世界で一番ケチな人種は中国女だと思っている。自分の金は使わない。ひたすら男の財布に期待する。男女の関係において、経済的な独立心は微塵もない。厳密には自分の金は自分のためだけに使う。何も考えずに自分のモノだけをバカバカ買うバカ消費である。これを男がやると在乎?、不在乎我 [続きを読む]
  • 誕生日プレゼントに微妙なものをいただく
  • エミリーは朝起きると、まずお腹が空いたと言う。すっぴんで外に出たくないらしいので、毎回私が朝食を買いに行く。朝食を食べながら今日のスケジュールを聞く。はっきり言ってすることがない。メシか映画、做?ぐらいである。朝食後、做?、メシ、映画、メシ、映画、做?、就寝。微妙な誕生日プレゼント夕食はいつもの火鍋屋、鼎?丰重?老火?で食べる。かなり辛いのだが、私はここの火鍋が大好きである。鍋は二つに分かれており [続きを読む]
  • また狭いボンバルディアで瀋陽
  • 週末である。出張先の内モンゴルからクソ狭いボンバルディアに乗って瀋陽へ向かう。瀋陽までは2時間ほどだが、やたらと長く感じる。アフターピル事件後に初めて会う?夏航空の軽食セット離陸してしばらくすると、前回と同じ軽食セットが配られた。特に美味しいものではないのだが、小腹が空いたのでとりあえず食べる。瀋陽には18時ごろ到着した。新洪記の海鮮料理事前にエミリーが今日は海鮮を食べると宣言していたので、鉄西区に [続きを読む]
  • 春節はどうするつもりか
  • 私は春節のプーケット旅行の準備をほぼ整えた。エミリーはアフターピル事件の時に、旅行をキャンセルしろと言ったのだが、私はチケットのキャンセルをしないどころか、Agodaでホテルを予約し、空港から送迎も手配した。エミリーの態度を見ると別れたくない様子だったからである。しかし、これはあくまで表向きの話である。実際は返金できないチケットで、前日にキャンセルしても同じである。急いでキャンセルする理由はない。ホテ [続きを読む]
  • 複雑な事情
  • アフターピル事件は、無事終息した。どこか無事なのか、普通はとんでもない女だと思うだろう。実際私もそう思う。妊娠検査の翌日。エミリーは実家に帰っているようである。生理が来たので、翌週の妊娠検査は必要がなくなった。私が一緒に行くと言った時、たかが検査ぐらい一人で行くつもり、来週も実家に帰るし、来なくてよいと言われた。来週も実家に帰るのか?今週帰ったから、もういい。もしよかったら、会いに行くけど、どう? [続きを読む]
  • 破局へ向かって一直線 その5
  • エミリーが病院へ検査に行くという。検査に行く日は1/20である。アフターピルを飲んだのが1/5なので、うっかり、たっぷり中出し後、ちょうど2週間ぐらいである。まだ検査するのは早いと思う。エミリーは、あなたの言う通りだと思うけど、気持ちがとても焦っているので行きたいということだった。まあ、病院に行って医者の話を聞くのも良いだろう。妊娠の検査は、中国でもあまり変わらない。エミリーは病院に行くと言ってるが、まず [続きを読む]
  • 破局へ向かって一直線 その4
  • 私はメールを出すことにした。私が言ったデート中のマナーは全く的外れですか?いいでしょう。過ぎ去ったことです。もう、離れなければなりません、そうでしょう?なぜなら、あなたは私をお金に換えることを選んだからです。彼氏に補償を要求して、その後どのように付き合うのですか?結局、ただの炮友だったのだと思います。いろいろな考え方があるでしょうが、私はあなたの行動にある種の目的を強く感じます。私が勝手に炮友認定 [続きを読む]