LAbilingual さん プロフィール

  •  
LAbilingualさん: LA バイリンガル子育て 毎日が発見
ハンドル名LAbilingual さん
ブログタイトルLA バイリンガル子育て 毎日が発見
ブログURLhttps://ameblo.jp/labilingual/
サイト紹介文南カリフォルニアの大学に勤務しながら、バイリンガル子育てしています。このサイトは子育て情報中心です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供297回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2017/09/01 03:21

LAbilingual さんのブログ記事

  • バイリンガル子育て〜英文法テストで最高得点の日本人
  • アメリカで子育てをしている日本人の方のブログを読むと、かなりのお子さんが「ギフテッド(成績優秀者を集めて行う英才教育)プログラム」に入っていたり、非常に優秀な成績を取っているようです。 それは素晴らしいことですが、前に書いたように、アメリカの現在の初等教育は成績がインフレ化し、ストレートAは当たり前のような風潮があります(このことについて書いた過去記事はこちら) 我が子が通う小学校は、段階別の成績表 [続きを読む]
  • 海外日本語教育推進のために
  • 海外で日本語を教えている人たちを結ぶネットワークの一つに「MHB 海外継承日本語部会」というものがあります。MHBというのはM(Mother Tongue) H(Heritage Language) B(Bilingual Education)の頭文字を取ったもので、日本語名は「母語 継承語 バイリンガル教育」という組織名で、今年度から「学会」になりました。参加しているのは、日本国内で、バイリンガル教育をしている方や、海外で、日本語を継承語として教えている方々で [続きを読む]
  • ”アメリカの教育 コモンコア” 大丈夫なのか、初等教育
  • 日本からお子さんを連れて、アメリカに来る家族の人の多くが「アメリカの小学校の算数は簡単すぎるし、他の科目はいつも何をやっているのか全然わからない。」と言います。 日本の小学校のように しっかりと時間割が決まっているところも少なく、「国語(language arts) 算数(math) 理科(science) 社会(social science) のように4科目にしっかりわかれて授業がおこなわれていないところも多いです。 そして、前にも書きました [続きを読む]
  • アメリカ生活〜お墓まいり
  • 今日のロサンゼルスは、急に暖かくなってまるで夏のようです。 今日は亡き母の誕生日なのですが、3年前の母の誕生日の前日、私の上司というか同じ大学に務めていた教授が亡くなり、それから毎年、母の誕生日に母に花を供えると同時に、その教授のお墓まいりに行くようになりました。 この墓地は、私が勤務する大学の近くにあり、マリリンモンローや往年の映画スターなどのお墓があることでも有名です。オフィスビルの裏の小さな空 [続きを読む]
  • アメリカ子育て〜林間学校(キャンプ)の準備
  • 先週末は、家族で学校のキャンプに参加した私たちですが、今月末には子供だけで行く「林間学校」のような行事があります。2週間前から、いろいろな書類が各家庭に送られ、いちいちサインをする量の多いこと。 そして持ち物リスト最初にアメリカの小学校で教育実習をした時には、校則に「武器 持ち込み禁止」と書かれていてビビったものですが、もう慣れてしまって、驚きもしなくなってしまいました。 持ってきてはいけないもの電 [続きを読む]
  • 英検が自動採点? 語学教師がAIに負ける時
  • 英検協会が、来年度から、スピーキングやライティングの採点に AIによる自動採点を導入することを決めたそうです。(このことに関する発表記事はこちら) 今まで、複数の採点者がある一定の基準に従って採点していたのだと思いますが、受験者が多くなり、採点者を養成するよりは、まとまったデータからAIに採点基準を覚えさせ一気に採点した方が信頼性の高い結果が得られるという判断からでしょう。 もともと 英語に限らず 言語 [続きを読む]
  • バイリンガル研究〜WTC
  • 10月は、いろいろな学会や助成金申請の締め切りがあり、たま〜にしか見ない過去の論文を引っ張り出して来たりしています。 第二言語習得で大切な要素の一つとされているWTC (willing to communicate)という概念。簡単に言うと、学習している言語(外国語であったり、第二言語であったり)を使ってコミュケーションを取りたいと思う気持ちのことです。 もちろん自分が習得している言語が自分の実生活に必要である場合、WTCは高くな [続きを読む]
  • アメリカ子育て〜雨ニモ負ケズ
  • 今週末のロサンゼルス周辺は久しぶりの雨。雨に慣れていないロサンゼルスの人たちは、ちょっとの雨でも事故が多発するし、金曜日の午後の大渋滞の中、出かけるのはかなり勇気がいります。 娘は「これが最後の(小学校の行事の)キャンプになるかもしれないから、どう〜しても行きたい。」と大泣き。雨の中、キャンプに行きたくない+娘が小学校のオーケストラのクラスで先生の言うことを聞かなかったことに腹を立てていた私は「も [続きを読む]
  • アメリカ子育て〜キャンプの準備
  • 我が子の通う小学校では、年に一度、家族で行くキャンプがあります。1年生の時から参加している我が家は(3年生の時、1年違う学校に通った以外は)今回で4回目の参加になります。 持ち寄りのランチや、みんなで作るディナーやキャンプファイヤーでかなり活躍してきました。 肉を焼いている家族に、日本の焼肉のタレを貸してあげました。自分で手作りのピザを焼いている家族我が家は焼きそば みんなで試食しながら、昼からビールや [続きを読む]
  • アメリカ人に英検1級の問題を受けてもらったら...逆ギレ
  • 先日、英検1級の過去問をやってみたら、あまりにも難しかったので、アメリカ人にやってもらおうと思いつき、職場の知り合いなど12人にテストを送って受けてもらいました。(先日の中間報告の過去記事はこちら) 頼んだ人(被験者)はこんな感じの人たちです。大学教授 4名大学スタッフ 3名脚本家(近所のママ友) 1名大学院生(私の元学生) 2名大学教授の奥さん(ママ友) 2名 中間報告で脚本家のママ友の結果をお知ら [続きを読む]
  • 不思議な赤い糸
  • 昨日、娘の学校に行った後、14年ぶりに昔の学生さんに会いました。彼女は、私がロサンゼルスの大学で教え始めた年に私の日本語のクラスを取っていた韓国人女性です。当時、大学院生で、日本の現代美術を研究していたので、日本にリサーチに行くときに私の友達を紹介しました。 それから、ずっとSNSなどで交流が続き、この夏から1年、ロサンゼルスにあるゲティ美術館に、ゲストリサーチャーとして来ていて昨日、やっと会えました。 [続きを読む]
  • アメリカ子育て〜人種問題からのまさかの展開
  • 昨日、娘の小学校の先生からメールが来て、我が子が人種差別的な発言をされた、という記事を書きました。(その過去記事はこちら)その事件が起きた翌日である昨日、その発言をした男の子と近くにいた男の子の友達、我が子とこの事態の後で近くにいた女子にカウンセラーの先生が別々に話を聞き、みんなで話し合ったそうです。 ここで、まさかの展開が。差別発言をした男の子が 「僕はアラブ人で、XX(ウチの娘)が先に Go Back to [続きを読む]
  • アメリカ子育て〜人種差別??
  • 昨日、我が子の小学校の先生からメールが来て、ある男の子が我が子に "unkind language"を使ったと聞きました。お昼休みに、我が子が宿題をやっていたときに、その男の子が近くに来て、イヤだったので、場所を移動したら その子が Go Back to Asia! と叫んだそうです。先生のメールには、ただ"unkind language"とだけ書いてあり、「もし何かもっとわかれば連絡します。」ということでした。 娘を迎えに行くと、ニコニコしていたの [続きを読む]
  • バイリンガル子育て〜マンガを読んで褒められる?
  • おとといの土曜日は、朝から我が子の小学校のイベントのお手伝いに行きました。イベントは「MULTICULATURAL PICNIC」(多文化ピクニック) それぞれの家族が自分の(国の)食べ物を持ち寄るポットラック形式のピクニックでした。 我が家は、目の前でお寿司を作ってあげることにして、材料を用意して持って行きました。 アメリカで寿司の人気は絶大 延々と寿司を作り続け、ほかの人の持ってきた料理の写真を撮ったり、食べたりする [続きを読む]
  • 愛校心がハンパないアメリカの大学
  • 昨日は 午前中 娘の小学校のイベントに家族で参加した後、あわててローズボウルへと向かいました。 ローズボウルはロサンゼルス郊外(パサデナ)にあるUCLAフットボールの本拠地(ホームグラウンド)です。 娘は、UCLAのジュニアチアリーディングのチームに6歳の時から入っています。(そのチームに関することを書いた過去記事はこちら) 今季 最初のパフォーマンス。ユニフォームも新しくなり、楽しそうに練習していました。現 [続きを読む]
  • アメリカ人が書いた日本語のブログ記事[12] タブレット
  • アメリカの大学生が、大学の日本語のクラスのプロジェクトで書いたブログの紹介です。このクラスは日本語を学習して4年目の学生向けのクラスです。大学で4年間、英語(または中国語)ネイティブが日本語を習うとどのくらい日本語が書けるようになるかという参考にしていただけたら嬉しいです。このシリーズは、学生本人からの承諾を得て、私のブログに掲載しています。 この学生DKさんは、自分が使っているダブレットについて書い [続きを読む]
  • アメリカ人が書いた日本語のブログ記事[11] 留学先での友達作り
  • アメリカの大学生が、大学の日本語のクラスのプロジェクトで書いたブログの紹介です。このクラスは日本語を学習して4年目の学生向けのクラスです。大学で4年間、英語(または中国語)ネイティブが日本語を習うとどのくらい日本語が書けるようになるかという参考にしていただけたら嬉しいです。このシリーズは、学生本人からの承諾を得て、私のブログに掲載しています。 日本に留学したJGさんは、留学先での友達の作り方について書 [続きを読む]
  • ハロウィンの準備〜なぜコスプレは高いの?
  • アメリカは10月になると一気に街中が「ハロウィン」仕様になります。私も早速ハロウィンネイルをしてきました。 我が家は夫が大のスターウォーズファンなので、毎年スターウォーズ系のコスチュームをハロウィンに着ています。 アメリカはハロウィンの本場だから、さぞかしみんな凝っているのだろうと思っていたのですが、近所のママやパパはあまりコスチュームを着ません。子供も小さい頃は喜んでコスチュームを着ますが、小学校も [続きを読む]
  • 英検がむずかしすぎて...
  • 先日、私が生涯でただ一度だけ英検を受験したときの経験を書きました(その記事はこちら) それから25年、アメリカの大学院に進学し、博士号も取得し、英語の論文を書いたりしています。日常では、英語と日本語を使う比重は7:3くらいで、英語の方が多いです。 ...が、しかし 英検1級の過去問題をやってみたところ、全然わからない単語だらけ。 むずかしい〜! 最初の「語彙」の問題は25問。4択なので100の単語がある訳ですが [続きを読む]
  • アメリカ人が書いた日本語のブログ記事[7]
  • アメリカの大学生が、大学の日本語のクラスのプロジェクトで書いたブログの紹介です。このクラスは日本語を学習して4年目の学生向けのクラスです。中には、高校やコミュニティカレッジでも日本語を勉強してこのレベルに入った人もいます。大学で4年間、英語(または中国語)ネイティブが日本語を習うとどのくらい日本語が書けるようになるかという参考にしていただけたら嬉しいです。このシリーズは、学生本人からの承諾を得て、 [続きを読む]