眺鉄の懐かし鉄道旅行記 さん プロフィール

  •  
眺鉄の懐かし鉄道旅行記さん: 眺鉄の鉄道旅行記
ハンドル名眺鉄の懐かし鉄道旅行記 さん
ブログタイトル眺鉄の鉄道旅行記
ブログURLhttp://fanblogs.jp/gyouseikawasaki/
サイト紹介文フリー切符や青春18切符を使った鉄道中心の旅行記。懐かしい時代も。想像力豊かに楽しんでください。
自由文初めての鉄道旅行は豪華鉄道旅行。
その後に、フリー切符を使っての旅行。そして・・・青春18切符の旅になります。
最初から青春18切符でないのですが、いろいろなことからたどり着いたコスト重視の切符です。
たまに
トラブル有り。
車中連泊有り。
飯を食べられないこと有り。
いろいろなことがありました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2017/09/01 17:23

眺鉄の懐かし鉄道旅行記 さんのブログ記事

  • 糸魚川からは大糸線
  • 糸魚川到着の時刻は、13時40分でダイヤ通りの運行です。早速、この糸魚川の駅前に出てみると以前真夏に、車で来たことがあるのだが、その時と景色は変わっていませんね。右側にはヒスイの飾られた所や小さなスーパーがあったりとまぁ特に変わっていないので足早に駅に戻りました。そして、あろうことか糸魚川の駅にはビールが売っていません。これからは、超ローカル大糸線に乗るのでとりあえずヒスイ館とは逆側の店でビールを [続きを読む]
  • 北陸本線で糸魚川へ
  • 富山の立ち喰いうどんで、腹も満たされ準備万端という事で北陸本線の到着するホームへ移動します。乗車位置で待つ事数分で列車が到着しました。車内は暑いと感じるくらい暖めてありすぐに上着を脱ぎ、セーターをも脱いで、身軽になってボックス席で寛ぐ体制を整えました。富山に到着してから少し停車し、12時27分になると、列車は静かに富山のホームを後ろに新潟県を目指して走り出しました。この列車は富山始発ではありません [続きを読む]
  • 高山本線を走破
  • 猪谷の駅前には郵便局があります。う〜ん、それだけですね。なんとも寂しい所ですが、それでも住んでいる人がいる事には驚きですね。きっと自動車が欠かせない移動手段だと思います。列車移動が基本の自分にとってはなかなか難しい土地とも言えますね。その証拠と言ってはなんですが今、乗っている富山行列車の乗車数はこの猪谷ではまったく変わらぬまま出発する事になりました。乗り降り客が0だったということです。猪谷といえば [続きを読む]
  • 高山へ到着
  • 岐阜から列車に揺られる事3時間の10時08分に、やっと終点の高山に到着しました。先ほどまではあまり感じなかったのですがこの高山駅ホームに降りると寒さが一段と身にしみます。どうやら高山本線で今まで走ってきた所の中では高度が一番ではないだろうか。その証拠に辺りは雪に覆われていてガラッと雰囲気が変わってしまったからです。ホームからは、地下連絡通路を使い高山駅の外に出てみると、土産物屋にバス、タクシーなど [続きを読む]
  • 日本アルプス左側を走ります
  • 岐阜を出発した高山本線は、すぐに東海道線を右に見て山の中へ向かっていきます。美濃太田までは1度通っていますが、なんだか初めて通るような感じがしました。途中の各務ヶ原で、多数の通勤客が乗ってきて鵜沼では多数の通勤客の入替がありました。どちらも名鉄線との接続駅なので、乗り換え客も多いように思いました。美濃太田に到着すると一変して通学用列車になります。通勤客はというと太多線のホームへ移動する人がほとんど [続きを読む]
  • 岐阜で乗り換えます
  • 豊橋で一騒動あったので目が覚めてしまいましたが、それでもこれからの旅を考えると休むことが良いと判断し目をつむりウトウトしていました。定刻に豊橋を出発すると、ここから各駅停車になり名古屋を目指します。そして、またもや刈谷付近でトラブルが発生しました。今度は線路を歩いている酔っ払いがいたのです。運転手が警笛を鳴らして危険を知らせても横へどく気配がなく、仕方なく列車が停止しました。そして、運転手が窓から [続きを読む]
  • またもや【ムーンライトながら】
  • 風が吹き抜ける平塚のホームのベンチで【ムーンライトながら】を待っています。0時41分発の小田原行がホームを離れるとすぐに【ムーンライトながら】が入線しました。自分は指定された席につき靴を脱いでリラックスする体制を整えているうちに列車は動き出し、同時に車掌も切符を見に来ました。乗ってからせわしなかったですが、その一連のことも無事終えるとやっと自分の世界を広げることができ、ゆっくりとくつろげそうです。 [続きを読む]
  • この間旅したんですが・・・
  • 2000年1月16日です。前回の旅は1月13日に帰って来たので、本当にすぐですが次の旅へ出発します。というのも、運良く【ムーンライトながら】の指定席が取れてしまったんです。このチャンスを逃すのはもったいないので、ブラリと鉄道旅に行きます。今日は1月16日の土曜日なのでいつもの通り仕事を終えてからの出発です。自宅最寄駅のかしわ台から今日は、海老名に出て海老名から定番の23時50分発最終の相模線茅ヶ崎 [続きを読む]
  • 373系普通列車で戻っています
  • 静岡から乗った373系普通列車は、静かな走行音なので、車内も落ち着いていますね。それが災いしてか一組のおっちゃんたちが、ボックス席を作り出しどんちゃん騒ぎを始めました。ちょっとばかりうるさいんですが、この際、もめ事を起こすよりは我慢しましょう。周りを見るとみんな仕方ないなぁという顔で本を読んだり目を閉じたりしていました。自分が下車する茅ヶ崎までは各駅に停車するため、2時間かかって21時46分に到着 [続きを読む]
  • やはりこの列車に
  • 浜松を18時12分に出発です。静岡まで1時間10分程の移動になります。この列車も、浜松出発時はかなりの混雑です。しかし、途中駅に停車するたびに人が降りていき、静岡に到着する数駅前から混みだした以外は、先ほどの列車と同じような乗客の動きでした。静岡の高架駅に19時22分に到着しました。ここから「やはりこの列車か」という列車に乗り換えます。駅弁とビールを買って車内で飲み食いしようと思っていましたが、先 [続きを読む]
  • 目的の列車まで戻っていきます
  • 蒲郡から乗り込んだ豊橋行【新快速】は蒲郡で多くの人を降ろしたのでガラガラの車内になりました。問題なく座ることもでき豊橋までの10分ほどをゆっくりと過ごしました。本来の予定では、17時05分発の普通豊橋行に乗る予定でした(^^;ちょっと手間取り、乗り遅れてしまったんです。なので、予定より8分遅れの【新快速】になったのですが、その空き時間を使ってコンビニにも寄ることができた。というのが本当のところです。豊 [続きを読む]
  • 大府からは神奈川県へ戻ります
  • 知多半島を走る武豊線で往復しました。大府では、少しだけ時間があるので今一緒に乗っていた学生に囲まれて連れ去られるかのように一緒に階段を上がり改札へ向かいました。これと言って特徴のない駅ではありますが、東海地方は東海地方のイメージで駅を造っているようで、米原以西の駅とは雰囲気がなんとなく違っていました。学生がたむろしているどこにでもある駅を後にし16時33分発の豊橋行【新快速】に乗り込みました。もう [続きを読む]
  • 武豊線往復
  • 大府で乗り換えた武豊線は出発時刻の15時07分にゆっくりとホームを離れました。出発するとすぐに登りになり東海道線がだんだんと下になっていきます。そして、東海道線をまたいで知多半島の方向(右)へ旋回しました。自分の中では知っている駅がまったく無いので、列車はマイペースで進んでいるんだと思われます。駅に停車するたびに車内から人が減っていき、途中の半田では大多数の人が降りてしまいました。そして、終点の武 [続きを読む]
  • 大垣に戻ってもまたもや
  • 美濃赤坂では、なんとなく懐かしい雰囲気を感じました。1本乗り遅れると大変なので余裕をもって大垣行に乗り、大垣へ戻ってきました。大垣に到着したら、なんと自分が乗る予定の列車はすでに発車したあとでした。残念ながら米原からの遅れがそのまま美濃赤坂まで引きずられそして大垣まで引きずられてしまったのです。くよくよしても仕方ないので、ちょうど良い空き時間を使い駅の立ち喰いそば屋で、遅めの昼食としました。そして [続きを読む]
  • 予定が狂い、どうしよう・・・
  • 米原から乗った列車が定刻に大垣に到着すれば問題がなかったのに・・・・と思いながら大垣へ到着しました。落胆しながら、大垣到着のアナウンスを聞いているとどうも、風向きが変わってきました。どうやら、米原から乗ったこの列車がそのまま大垣始発の美濃赤坂行になる列車だったようです。つまり、13時30分には間に合わなくても、乗りたい列車には間に合ったということです。ラッキーでした(^^)美濃赤坂までは東海道線ではあ [続きを読む]
  • 予定通りに行かなくなりました
  • 東海道線の遅れの影響で自分の予定が大幅に狂いました。本来であれば、草津に11時44分に到着し、草津から米原へ移動し、米原には12時22分に到着するはずでした。まぁこういうのも旅の面白さかもしれませんね。どうあがいても予定通りには行きそうにないので、ここではこのずれを楽しむことにします。草津から米原行ではなく野洲行の乗って少しだけ米原に近付きました。予定外の野洲にも降りることができたので良しとしまし [続きを読む]
  • なんとなく嫌な予感が・・・・
  • 貴生川では信楽高原鉄道と近江鉄道の眺鉄をしました。滅多に来ることができないのでちょっとでも列車たちが出現してくれてよかったです。草津方面の列車が到着するホームへ行くといつの間にか人がかなり増えていました。サラリーマン、学生、赤ちゃんを抱いた人などいろいろな人が草津行を待っていました。しばらくすると、草津始発の当駅貴生川止まりの列車がゆっくりとホームに入ってきました。自分が乗る列車ですが、ホームにた [続きを読む]
  • 貴生川での眺鉄
  • 貴生川で信楽高原鉄道を眺鉄し、自分も改札口への階段を上って、駅の外へ出てみることにしました。観光するところは何もないらしくただ人が住んでいる街というイメージが第一印象です。歩いている人も多くないのでまだこれから街を作り上げていくという感じにも受け取れました。駅舎はというと白でかなり立派です。まだ街が駅舎とマッチしていないので、街の開発や人の誘致をしなければいけないようにも思いました。駅前にはバス停 [続きを読む]
  • 次は、貴生川で眺鉄
  • 甲賀を9時53分発の柘植行に乗り柘植に10時01分着。戻ってきました。想像通り、この列車が折返し10時27分に柘植を出発する草津行になったのでホームに降りずに車内に残ります。車内は保温が十分で暖かいですね。この作戦大成功です(^^)10時27分になると列車は柘植を離れ、先ほど下車した甲賀を通り次の目的に貴生川には10時47分に到着しました。貴生川からは近江鉄道と信楽高原鉄道が接続しています。近江鉄道は [続きを読む]
  • 伊賀から甲賀へ
  • 伊賀上野から乗った亀山行は9時21分に柘植に到着しました。そして、乗換える草津線は9時24分発なので急いで乗り換えが必要なんですが、同じホームの反対側に停車していたので慌てずに済みました。たまたまですが、久しぶりに【急行】を見ました。急行【かすが】です。名古屋と奈良を結んでいる【急行】で名古屋から、四日市、亀山を経由し関西本線をそのまま走って加茂、木津を通って奈良まで行っています。今では大変珍しい [続きを読む]
  • 伊賀上野で忍者列車?
  • 亀山からディーゼルカーで伊賀上野に来ました。一緒に降りた女学生は慌てる素振りが全くありませんが、現在の時刻が8時45分です。学校に間に合うのだろうか??完全な遅刻だと思いますが・・・・(^^;さて、伊賀上野の改札を出ると忍者の里という感じでPRの貼り紙がありました。ところで、どこに忍者屋敷があるのでしょうかね。調べてくればよかったとこのときになって初めて思いました。時間があれば探しても良いのですが、駅 [続きを読む]
  • 主要駅亀山
  • 名古屋から関西本線2両編成の普通列車で亀山に向かっています。朝食の駅弁も食べ終わり、しばらく列車の揺れに体を任せていたら、いつの間にか寝ていました。だいぶ疲れが出てきたようですね。目を覚ますと車内はスーツを着た人たちと学生たちの集団に占領されていました。自分のような旅人はそれほどいないので肩身の狭い思いをしながら車内で揺られて、亀山に到着しました。亀山からは、関西本線を走るのですが、乗換えになりま [続きを読む]
  • 三重県へ行きます
  • 名古屋で関西本線ホームへ来ました。今日は関西本線に乗って進みます。既に列車が停車していました。2両編成の普通亀山行です。車内は転換クロスシートなのでこれはのんびりゆったり楽しめますね。シートに座り、突然思い出しました。朝食を食べていないことに・・・早めに開いている駅弁屋があったので、事なきを得ましたが、ちょっと焦りました(^^;転換クロスシートであるし、通勤客とは逆方向に進むので車内で食べながら、車窓 [続きを読む]
  • 名古屋へ移動します
  • 金山で途中下車しました。真っ暗な早朝にもかかわらず、弁当売りの人やサラリーマンなど通常の動きという感じで駅がだんだんと活発になっていく様子が分かりました。改札を出て左に歩くと金山駅前です。タクシーなどが多少停車している以外はそれほど車の往来などはありませんが、それでも、続々と通勤客が自家用車で駅に向かってきていますね。関東を離れるとよく見る自家用車の流れ作業を見ながら周りを歩きますが、それほど見ど [続きを読む]
  • ゆっくりと寝て、早朝から動きます
  • 東京で【ムーンライトながら】に乗り込み、出発を待ちます。車内は東京でほぼ埋まるくらいの乗車率ですが、それはこの車両だけで他の車両には若干の余裕があるようですね。途中の品川、横浜辺りで席はほぼ埋まりそうですね。隣のホーム7,8番線から23時40分発の小田原行が出発し、3分後にこの【ムーンライトながら】が出発です。もうホームには誰も残っていないのでみんな車内で発車を心待ちにしているということですね(^^) [続きを読む]