ボンタンアメ好き さん プロフィール

  •  
ボンタンアメ好きさん: 市販薬 風邪薬依存症克服記
ハンドル名ボンタンアメ好き さん
ブログタイトル市販薬 風邪薬依存症克服記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/bontanamesukisuki/
サイト紹介文風邪薬中毒。減薬しつつ、双極性障害、広汎性発達障害、気分障害、パニック、PTSDとも戦っています。
自由文大人になって広汎性発達障害と診断される。後に気分障害、社会不安障害の診断。軽躁と軽鬱を繰り返し、後に双極性障害の診断。風邪薬の慎重な減薬、断薬を頑張りながら、医師の指示に従って、精神薬を飲んでいます。薬は気分安定剤のバルプロ酸ナトリウム、睡眠剤のフルニトラゼパム、他数種。メンタルヘルス全般、ネット生活の体験談、日ごろ思った事などについても自由に綴って参ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 295日(平均2.4回/週) - 参加 2017/09/02 04:16

ボンタンアメ好き さんのブログ記事

  • 薬物中毒によって受けた自律神経の乱れ・・熱や悪寒や汗について考える
  • ■精神病院通院記 その54★2018年5月某日(中旬)ぽかぽか陽気になったかと思えば、いきなり春を通り越して夏日になったりと、毎日の気温の変動に困り果てている。僕は風邪薬(金パブ)の連用によって自律神経がダメージを受けているので、特に夏の暑さに弱いのだ。暑いから汗をかく→汗が引いて強烈な悪寒がするという繰り返し。怖いのは夏の暑さだけではない。例えば熱いラーメンや蕎麦、うどんなど。麺類や汁物を食べると、一 [続きを読む]
  • 薬(金パブ)の離脱症状に効いた意外なもの それは・・・
  • ■精神病院通院記 その53★2018年5月某日(上旬)今回はこのブログのテーマになっている金パブ(パブロンゴールドA微粒)の依存症の話題を。すでにブログの主力のテーマが金パブから精神病院通院になってきているけれど・・・(笑それでも金パブは大事なテーマだ。何しろ精神科のクリニックに通院している理由のひとつは、風邪薬依存症の克服なのだから。さて、懸案の金パブだが、やっとのことで1.4包から1.2包に減薬出来た。お [続きを読む]
  • 精神安定剤デパスを試してみたいが 医師に切り出すか迷う
  • ■精神病院通院記 その52★2018年4月某日(中旬)待望の診察日がやってきた。ぎりぎりまで、精神安定剤のデパス(エチゾラム)のことを切り出そうか、迷いに迷っている。デパスは試してみたい。精神科に通っている友人(リアル・ネット問わず)で、デパスに頼っている人は数多い。精神でなくても、腰痛や肩こり、頭痛、睡眠にデパスを使っている人もいる。要するにデパスは相当な万能薬なのだ。神の薬と言われるだけのことはある [続きを読む]
  • 精神薬がまた増えた! レボトミン錠5mgが新登場!
  • ■精神病院通院記 その46★2017年2月某日(上旬)双極性障害なのに、バルプロ酸Naが効いているせいか、躁状態になりにくくなっていた(それでも躁になる時はなるけど)。その代わり、過鎮静・鬱状態がひどくなり困っていた僕は、A先生に相談し、抗精神薬エビリファイ6mgを出して貰い飲み始めた。すると、副作用で妙な頻尿で困るようになってしまった。頻尿でもじもじしているくせに、いざトイレに行くと、それほど尿が出るわけ [続きを読む]
  • アルコール依存症の最大の問題は他人に迷惑をかけてしまうこと
  • 今回もアルコール依存症のお話の続きです。当ブログで何度も述べているように、僕は小さい頃、父親から暴力や虐待を受けていました(のっけからヘビーな話ですみません・笑)僕が登校拒否になる小学校5年生までは、ちゃんと学校に行っていました。朝はさすがに父親もビールを飲んでいませんでした。仕事がありますからね。しかし、昼からは飲んでました。飲んでいない時の父親は(変わり者ではありますが)まずまず普通でした。し [続きを読む]
  • アルコール依存症は精神病 アルコール(エタノール)も立派な薬物
  • TOKIO山口メンバーの起こした事件が今も大きな波紋を呼んでいます。正直言って僕も、TOKIOには好感を持っていたので、非常にショッキングな出来事でした。山口メンバーはアルコール依存症と、断言してもいいと思っています。僕の周りでも父親や親戚の伯父がアルコール依存症です。伯父はすでに30年くらい前に亡くなりましたが・・。父親は施設にいますが、厄介をかけて追い出されるかもしれないとのことです。今回も前回の記事に続 [続きを読む]
  • 障害年金が無事に入った!なんと遡って一気に5か月分!
  • ■精神病院通院記 その44★2017年12月某日(下旬)障害基礎年金を恐る恐る申請してみたら、1級認定という我ながら信じられない、素晴らしい結果が付いてきた。いや、確かに今までの人生、艱難辛苦、厳しいものがあったのは間違いない。いじめによる登校拒否、父親の暴力・虐待、それに怯えて深夜一日一食カップ麺で過ごした時期もある。その他諸々、病気や依存症も含めて、数えてたらキリがないくらい色々な事があった。それでも [続きを読む]
  • 障害年金の結果が来た!!等級はまさかの一級!!
  • ■精神病院通院記 その43★2017年11月某日(中旬)11月中旬の某日、ついに日本年金機構から審査の結果通知が届いた。下の画像をご覧いただきたい。障害基礎年金は無事に通った!!しかも、等級は2級ではなく、なんと1級である!年金額は、1か月81000円強。次回の診断書の提出予定は3年後。この結果には主治医のA先生もいささか驚いていた。何しろ先生の狙いが「2級通れば・・・」という感じだったのだから。もちろん、盛った診断 [続きを読む]
  • 障害年金の診断書が出来上がった その内容とは・・・?
  • ■精神病院通院記 その40★2017年10月某日(下旬)さて、待望のKクリニックの診断書。A先生は診療中も看護師さんに指示しながら、PCで診断書を作成してくれた。家に帰って早速診断書を見てみたら、「障害の原因となった傷病名」は「躁うつ病(双極性障害)」と「広汎性発達障害」となっていた。これには大感謝、大感激だった。S病院の診断、「気分障害」などとは大違い。やっぱりA先生は僕の状態を理解してくださっていたの [続きを読む]
  • 障害基礎年金の書類提出に向けて準備を進める
  • ■精神病院通院記 その38★2017年10月某日(下旬)さて、スルピリドの躁転騒動も収まり・・、懸案の障害基礎年金の準備だが、それもようやく整いつつあった。年金の未納は無く、ちゃんと収めていたので、ここは問題なくクリア。初診日はS病院の2015年12月となる。あれから1年半以上経ったので、申請できるというわけだ。「受診状況等証明書」をS病院で作ってもらった。費用は確か3000円くらい。今受診しているKクリニックのA [続きを読む]
  • 躁状態で警察署に連れて行かれた事から精神科に通い始めた
  • ■精神病院通院記 その35★2017年10月某日(中旬)前編さて、待望の診察。早速、気持ちの落ち込みをどうすれば良いか、A先生に聞いてみた。先生の話だと、「普通の状態(躁でも鬱でもない状態)を目指すのではなく、ちょっと気持ちが落ちているのを普通と思うのはどうかな?」と提案された。なるほどと思った。自分の想像だが、先生は抗うつ剤によって、躁状態になるのを心配してくれているみたい。何しろ僕は、躁状態になって、 [続きを読む]
  • 良い先生とクリニックに当たったものの 症状はなかなか改善せず・・
  • ■精神病院通院記 その34★2017年9月某日(下旬)Kクリニックに通い始めて2か月が経過した。だいぶ慣れてきたし、A先生との意思疎通もとても良好だと思う。ただ、症状が良い感じになっているかは別問題。薬は基本的にS病院の頃と変わらないし、症状もそれほど変わらない。でもA先生との関係が良好な分、精神的には非常に楽になっている。それでも症状は辛いものは辛いわけで…。不眠だけは薬のおかげで良くなってきているが、 [続きを読む]
  • 風邪薬(金パブ)依存症も立派な精神病 やっと少しの減薬に成功
  • ■精神病院通院記 その33★2017年9月某日(中旬)精神病も気になるけれど、やっぱり風邪薬(金パブ)依存症も気になる。僕が飲んでいる風邪薬は、「パブロンゴールドA微粒 44包入り」という980〜1500円くらいで売られているものだ。非常にポピュラー且つ安い薬なので、知っている方も多いはず。A先生の話だと、少量の金パブなら、大酒飲みのアル中よりはまだましということを聞いた。とはいえ、まずいことには変わりないのだが [続きを読む]