ボンタン飴好き さん プロフィール

  •  
ボンタン飴好きさん: 市販薬 風邪薬依存症克服記
ハンドル名ボンタン飴好き さん
ブログタイトル市販薬 風邪薬依存症克服記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/bontanamesukisuki/
サイト紹介文風邪薬中毒になって12年。減薬しつつ、躁うつ病・広汎性発達障害・気分障害・PTSDとも戦っています。
自由文大人になって広汎性発達障害と診断される。後に気分障害、社会不安障害の診断。軽躁と軽鬱を繰り返し、後に双極性障害の診断。風邪薬の慎重な減薬、断薬を頑張りながら、医師の指示に従って、精神薬を飲んでいます。薬は気分安定剤のバルプロ酸ナトリウム、睡眠剤のフルニトラゼパム、他数種。メンタルヘルス全般、ネット生活の体験談、日ごろ思った事などについても自由に綴って参ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 130日(平均3.1回/週) - 参加 2017/09/02 04:16

ボンタン飴好き さんのブログ記事

  • 心理テストのつづき・・絵が怪物に見えてしまう
  • ■精神病院通院記 その14★2016年5月某日(中旬)後編密室で可愛らしい臨床心理士のYさんの向かい側に座り、心理テストを受ける僕。ボンタン飴はY氏の隣人である(分かる人には分かるかな・笑)密室かぁ、隣に母がいなければよかったのに。って、何言ってるんだ。テスト内容は、「この形が何に見えますか」とか、文章を書く、パズルみたいなものをやらされる・・・などなど。非常に多岐に渡る。自分がよく覚えているのは、墨や [続きを読む]
  • ついに心理テスト・・臨床心理士のお姉さんが可愛くて困る
  • ■精神病院通院記 その13★2016年5月某日(中旬)前編ついにこの日がやってきた。心理テストの日である。1時間半ずつ2日間、計3時間もあるのだから、大変だ。正に精神医療の最初の山場。頑張ろうと思う。精神科に少し慣れてきていた僕も、今日は緊張していた。何しろ密室で若い臨床心理士のお姉さんと1時間半もテストをするのだから。しかし母もここに同席することになったのだ。なんでも、僕が軽い対人恐怖症があるから、その [続きを読む]
  • バレリンの副作用を強く訴えたのは8回目の診察
  • ■精神病院通院記 その11★2016年4月某日(下旬)前編2回目の診療でバレリン(バルプロ酸ナトリウム)を800?に増やされて以来、副作用が出てずっと苦しめられていた僕だったが、相談しようにもなかなか口からそれが出ず、長々とそのバレリンの副作用に付き合わされていた。4回目の診療では絶対に云う!!と思っていたのに、やっぱり云えなかった。気が小さいなぁ。何が天下分け目の関ヶ原だ(笑僕の気の小ささは普通でないので、 [続きを読む]
  • 精神病院通院記 リンク集
  • 精神病院通院記の記事もだいぶ溜まって来たので、精神病院通院記リンク集を作ってみました。目次のようなものです。記事を書き次第、リンクもこのページにどんどん追加していきます。他のリンク集(パブロン中毒体験記など)のように、だいたい今どの辺か分かるように、○○○編と入れてみました。もし精神病院通院記を優先して読んでみたいな・・という方は、このページをブックマークしておくと便利かと思います。・・ブックマー [続きを読む]
  • 睡眠薬にルネスタ錠2mgと抗不安薬のソラナックス0.4mgが仲間入り
  • ■精神病院通院記 その9★2016年1月某日(下旬)後編主治医のT医師とバレリン(バルプロ酸ナトリウム)の副作用で口論になりかけたが、今回はここで引き下がった。これ以上云い合っていたら、ろくな事になりかねない。精神の患者の立場は弱いのだ。周りが過剰に反応して、閉鎖病棟にでも入れられる事になったら、敵わねぇ(笑副作用が更にひどくなったら、また話すつもり。それも今度は引き下がらない。強く云うつもり。こちらも [続きを読む]
  • 3回目の通院・・S病院の重苦しい空気に気付き始める
  • ■精神病院通院記 その7★2016年1月某日(下旬)前編S病院、3回目の通院の日がやってきた。今日も保健師さんが付いてきてくれた。しかし、いつまでも僕の為に付いてきてもらう訳にも行かないだろう。受付を済ませて、ベンチに腰掛け、母と保健師さんが雑談をする。僕は本を読んでいて、時々保健師さんと目をあまり合わさずお話しするくらい。やはり対人恐怖症だと、僕にとって味方である人にもこの態度が目一杯なのだ。今日はバレ [続きを読む]
  • バルプロ酸ナトリウムを400mgから800mgにした途端に異変が
  • ■精神病院通院記 その6★2016年1月某日(中旬)前回の通院から次の通院まで、2週間もの間がある。結局、貰った薬を飲みながら、次の診察を待つというだけだ。バレリンが前回の2倍の800mgに増えただけで、日常生活は特に今までと変わらない。ネットをやったり、体調が悪い時は横になったり、散歩に出たり、体調が楽な日は、足を延ばして図書館などに行ってみたり・・。バレリンの効果が出て来たのか、800mgにして次の日から、気分 [続きを読む]
  • バレリン(バルプロ酸)の処方が一気に倍に! 大丈夫なのか?
  • ■精神病院通院記 その5★2016年1月某日(上旬)後編S病院の2回目の診察。病院内の人ごみの緊張で、トイレへ行きゲロを吐いてトイレから帰ってくると、血液検査のため「ボンタン飴さ〜ん」というアナウンスが。血を採るのは久しぶり。病院にかかるのが多めの人生だったので(笑)血を採る程度の注射は慣れている。別に怖くもなんともない。でっかい蚊が刺してきて、血をちゅーちゅー吸ってると思えばいい(それも気持ちわるいが [続きを読む]
  • バレリンがいきなり著効!金パブ以来の魔法の薬?
  • ■精神病院通院記 その3★2015年12月某日(下旬)後編S病院の初診だが、引っ越しや人間関係、家族関係などを話しているうちに時間が、もの凄く長くなってしまい、結局初診は1時間くらい取ってくれた。T医師の印象は、気さくでちょっと抜けているところがあるという感じか。少なくとも、この時は変な印象は無かった。この時は。保健師さんにお礼を云って、病院で別れた。時計を見ると午後6時。あれほどごった返していた病院内は [続きを読む]
  • 初診開始 金パブ連用や引っ越しの連続や過去の事を話す
  • ■精神病院通院記 その22015年12月某日(下旬)中編さて、人生初の精神科・心療内科専門の病院にかかるため、S病院に思い切って飛び込んでみたのだが・・とにかくめちゃくちゃに混んでいて、2時間くらい待っていたと思う。眠りこけそうになった頃(不眠の癖に、こういう時って不思議と眠くなるんだよな 笑)、「ボンタン飴好きさ〜ん」というアナウンスが。云うまでもないが、本当にボンタン飴好きさんなどと呼ばれているわけは [続きを読む]
  • 初診!ついに精神科初体験!年末で大混雑
  • ■精神病院通院記 その1★2015年12月某日(下旬)前編それは急だった。突然、日常が変わった。内臓疾患で休職して以来、それまでブログを書いたりSNSをやったり、少し筋トレをしたり、散歩して図書館へ行ったり、体調が悪くて布団に横になっていただけの日々が、いきなり変わってしまった。それまでも金パブや内科の薬など薬漬けだったのが、精神科に通いだして、もっともっと薬漬けの毎日に変わったのだ。2006年から3年間、 [続きを読む]
  • 精神病院通院記を書くにあたって
  • 次回より「精神病院通院記」を開始致します。これは「パブロン中毒体験記」の続き、2015年の暮れからの体験記となります。今から2年くらい前からの体験記となりますが、本当に色々な事がありました。短い日記は付けていたので、そこそこ細かい部分も書けるかと思います。初診の病院では数々のトラブルにも遭っていますが、表現を和らげながらも書いていくつもりです。信じがたいような患者に対する人格否定、適当な診療、適当な投 [続きを読む]
  • 【抗うつ薬トレドミン】僕には副作用の嵐だった・・
  • ■抗うつ薬トレドミンの感想・後編前回の抗うつ剤トレドミンの感想の続きです。副作用が少ないと評判のトレドミンですが、僕は様々な副作用に悩まされました。特に性機能障害と排尿困難は悲惨でした。性機能障害は、ぶっちゃけて云えば勃○障害(ED)や射○しにくいなどです。自ら暴露しているようで少々みっともないですが、マジで全然ダメでした。グラビアアイドルなどを見ても「ただの人」と云う感じで、ピクとも反応しません [続きを読む]
  • 【抗うつ薬トレドミン】やる気を出して鬱を改善!するらしいけど
  • ■抗うつ薬トレドミンの感想・前編僕が服用した抗うつ剤にトレドミンというお薬があります。トレドミンはSNRIというタイプの比較的新しいお薬。脳内で、ノルアドレナリンやセロトニンの濃度を上げる作用があるのが特徴。効果は主にうつの改善や、やるきを出すなどです。精神患者にはかなり有名なお薬でしょう。このお薬、副作用が少なくて比較的安全と云われています。しかし、全ての人に出ないわけではありません。人間の体なんて [続きを読む]
  • アクセスが壊滅的
  • アクセス全然伸びないですね。昨日は2とか、今日は1とか。いくら何でも、話にならないレベルです。コツコツ書いていくにしても、限度というものがありますし、これではさすがに書く気力も生まれませんよね。病気を抱えているこの状況で、労力がもったいないです。この感じでは、これから日記を書いたりしたところで、特に何も変わらないでしょう。一度記事を全て引っ込めてこのブログを止めて、文章の修正をしてから、いつか独自 [続きを読む]