Yasuko さん プロフィール

  •  
Yasukoさん: 日常生活でできる 親子まなび サロン
ハンドル名Yasuko さん
ブログタイトル日常生活でできる 親子まなび サロン
ブログURLhttp://oyakodewarau.blog.fc2.com/
サイト紹介文男児10歳。女児8歳までに、親が知っておきたいことを自らの経験で検証します
自由文潤沢な資金があるわけでもなく、限られた教育費で、親子ともどこまで変わるものなのかを、自らの経験で検証してみようという企画です。(*´∀`*)
『ひと一倍敏感な子』に対応(*´∀`*)します。
中学受験、ネガティブ、内気、内向的、ひと一倍敏感 HSC HSP 、公立中高一貫
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2017/09/02 10:29

Yasuko さんのブログ記事

  • 受験勉強と受検勉強
  • 我が家の場合です先週も近隣の文化祭に参加させていただきました。今週も行くのですが。。。。「それで、いいのか?」とわたしの親軸がぶれてきました事の起こりは単純です娘の勉強量が少ない・・・・・ですいくら親バカでも、その辺は冷静に見るように気をつけています。小3の今の偏差値は、参考程度で気にしませんが勉強に対する適性(向き不向き)は、そろそろ現れてきます思うに。。。この子の踏み切る時期は小6では無いよう [続きを読む]
  • 朝起きない子どもの対処法
  • 我が家です下の子は、数回の声掛けで自分で起きます。上の子は、さすったり揺すったりをしても起きないこともあります。主人が対応する時のパターンです1.パパも上の子と一緒に二度寝する2.耳元でず〜っと「〇ちゃん。〇ちゃん」と囁き続ける3.「もう知らないからな」と否定する4.「昨日、早く寝ないからだよ。だから、言っただろう」と責めるそして、いざ起きたとすると5.パパが座り込んで、ボ〜っと一点を見つめたまま [続きを読む]
  • 我が子の偏差値をみて思うこと
  •  わたしの周辺では、文化祭や体育祭の真っ最中です昨日は、娘を連れて勤務校の文化祭へ行ってきました。卒業生も親御さん同伴で戻ってきてくれてたり生徒たちも授業中からは想像できないくらいの他面を見せてくれたり見てて幸せな気持ちなります。わたしの同僚に「楽しかった?」と訊かれたら「普通の中学へ行って、この学校に来る」と即答していました。「いやいや。都立中の方がいいんじゃないか」と諭されたら「分かった。都立 [続きを読む]
  • お母さん閉店!! ガラガラ
  • 「お母さんが小学校の頃には貝殻に布を貼って飾りとして名札に飾るのが流行ったんだよ」という話を昨日息子にしました モノ作りの大好きな息子は喜んで「僕も作りたい明日やるから これ洗っといて」と嬉しそうに頼みました 文化祭の準備で今は学校の授業が止まっていますなので私は子どもたちを小学校へ送り出してから家の事、掃除洗濯買い出しを午前中に済ませ昼食もそこそこに、会社のCMブログを書き色々やって今の時間にな [続きを読む]
  • コミュニケーション能力の養い方
  • これを見た瞬間わたしは「わ!!」と声を上げていました。そして、涙が出てきました。娘が、コーチにぶっ飛ぶほどの力で殴られても、お母様は助けなかったんですね。。。。 躾に腕力を利用することに対しては、各家庭でのマイルールがあるようです。過去に聞かせていただいた我が家のルールで一番驚いたものは「子どもが中学生になったら、殴らない」というものでした。赤ちゃんの時から、小6まではボコボコにしていたそうです。 [続きを読む]
  • 叱らない後悔
  • 二週間ほど前に、ようやく趣味ができたYASUKOです。笑い話のような真面目話ですが、わたしには趣味がありませんでした。というか、「仕事が趣味」で大満足していました。教師という仕事は、本を読んでも仕事の準備(研修)になりますし、TVを見てもそうですし、旅行でその土地の郷土や風土や歴史を知ることも仕事へつながります。人に会うことも同様です。結局は、ほとんどの行動が生徒へ返せる知識と経験になります。 そんな生活 [続きを読む]
  • 生きる力
  • 前回の記事に「義務(公共)教育の目的を【そもそも】を取り違えているのです(この話は、また次回(*´∀`*)」と書いてしまったので、忘れないうちに。。。ただ、そもそも論ですので(^_^;)身も蓋もないお話です義務教育、つまりは小学校と中学校の教育の目的です綺麗に表現すると「心を育てる」難しく表現すれば「生きる力を育む」ということになります。分かりにくいですよね〜我が子が関わった、小学校の先生のみ限定の経験です [続きを読む]
  • 宿題はなぜあるのか?
  •  まずどうなるかというと。。。。知識(社会や家庭などの共同体と円滑な関係を継続する知恵)の習得を要求する他者(配偶者・舅姑・上司など)を恨みます 例えば、夫に食後の洗い物を促したとしましょう①聞こえないふり②生返事③文句(拒否)などが、これにあたります(^_^;)家庭生活を円滑に営むためには、「食後の食器洗いを率先して行う」という知恵は、習得したほうが建設的ですおそらく、多くの夫は分かってはいます。その [続きを読む]
  • 不透明な未来を明るい未来に
  • 江戸・明治の時代の日本男児は、家事育児のできない男は『無能』とバカにされていました。時代劇観ているとわかります。学問や周囲との協調性、家庭のあり方を子どもに継承しているのは、父親です。 大正時代以降に、サラリーマン化が進み家庭内で分業が始まりました。 わたしは、生まれた時には祖父母と叔母が、家族としておりました。 幼稚園のときには包丁(手にはキズが残っていますが(^_^;)や針を持ち、家族の仕事を仕込ま [続きを読む]
  • 夏期講習が、楽しくてしょうがない子に思うこと。。。
  • 先月くらいから。。。。自問自答が始まっています。子どもたちは、当たり前に受験準備をしています。財は残してやれませんが、学や教養を残すことはできるでしょう。現実。。。財をもらったところで、食いつぶしてしまったそれまでです(;´д`) さて、受験勉強に加速がはじまった先月くらいから。。。。小学校6年間の殆どを、受験準備に使っていいのか?とわたしが考え始めてしまいました。6年生の夏休みに親が悩むよりはマシ [続きを読む]
  • 毒親からの開放
  • よくある例え話です。親が再婚して、継親にいじめられた・゜・(ノД`)・゜・さて、わたしを含め多くの人が、「ひどい!」「子どもが可愛そうだ!」「再婚相手を追い出せ!」などと即答します。その目的は、言っていて気持ちがいいからです(*´∀`*)悪を成敗する桃太郎みたいなものです本当のことなんてどうでもいいのです。。。。さて、それではわたしはオマンマの食い上げになってしまうので、深堀しますね(*´∀`*)あくまでも [続きを読む]
  • 毒親の正体(主体論)
  • 今回は珍しく、結論を先に書いちゃいますね(ノ∀`)毒親の正体。。。。それは、親子の認知の違い です!身も蓋もない言い方をあえてするならば同じ教育・育児をしても、受け手の子どもによっては、『毒』にも『薬』にもなるのですさらに厄介なことは、養育期には子どもは『薬』と感じていたことを大人になってから『毒』だと感じることがあります。これは。。。。厄介です。親からしてみると、「あんなに優しい子だったのに、どうし [続きを読む]
  • 夫婦仲の悪い家の子ども
  • 【夫婦不仲】についてのお話です。多くの育児書では、「子どものために夫婦仲良く」とか「子どもの前で、夫婦喧嘩(口論を含む)はしない」と書かれています。「夫婦不仲の家の子どもは、不登校になる」 や 「非行に走る」すごいものになると「勉強ができなくなる」というものまであります。昔話の類でも、「夫婦仲睦まじくは美徳なり」との話は多くあります。しかし、東大を現役で通ったお医者さまのご両親は不仲だったそうです [続きを読む]
  • 後悔しない叱り方 1
  • 先日。娘が嘘(他者を傷つけること)をつきました。嘘というよりも、隠し事なのかもしれません。 「子どもが嘘をつくのは、親(教師)が子どもの言い分を聞かないから」「子どもは、嘘をつくもの」色々な考え方を耳にします。 わたしは。。。。どれもこれも、同意できません(^_^;) なぜならば、・相手(誰か)に落ち度があれば嘘をついてもO.Kなのか?・達観(悟った)したようなことを言うけど、それは万人に当てはまるのか? [続きを読む]
  • 不注意! から考察する 要支援への隔たり
  •  主人は、結婚してこの10数年間・・・・必ず、カップを『どこかに置いて』出勤します!!必ず!!!わたしは、最初の数年は黙って片付けていました。しかし、子どもが生まれてからは、ほぼ毎回【注意】します。理由は、子どもへの躾(片付けるものだ)と、怪我のリスク回避です。そして。。。。今朝。「これ。読む?おれは、読み終わったよ」ボスっ と、投げられました。 (上の三冊は、わたしが娘用に購入したものです。昨晩 [続きを読む]
  • 勉強しない小学生は、普通? 母親の怠慢?
  • 唐突ですが。。。この講座https://www.street-academy.com/myclass/16250…を開催するキッカケのお話です。わが娘は、、、、、、自主勉を全くしません!!  子育て初めて私とすると「そーゆーものだ」と疑問にも思わずに、膝を突き合わせて勉強してきました。 「まじ===!」となったのは、息子が自主勉を年中から始めたことです。それは、二年経った今でも変わりません。 逆に、お姉ちゃんは焦りもせずに、マイペース・・・・ [続きを読む]
  • パパのあるある。子どもに対する『余計な一言』&妻に対する『足りない一言』
  • 受験の本番!始まってますね。職場の談笑でも、お子さんの受験の話や、一般的な受験の話が、占めてきました。わたしとしては、どうしてもコーチの感覚でお話を伺ってしまいます(^_^;)そして、思うことは。。。。。「受験生も、それを支える親も、大変だぁ」ということです。 さて、そんな中で『我が家もよ』と共感しているのが、【パパのあるある】です。受験が続き、精神的にも肉体的にも、限界でも頑張っているお子さんに心配 [続きを読む]
  • 顔が見えないとね〜
  • そもそも、アドラー流ってどんな感じなの? という、ごもっともな疑問にお答えします。やす子のアドラーはこんな感じ〜緩いです(*´∀`*) [続きを読む]
  • 八方美人は、嫌われる?
  • これまでわたしが学んできた先生の所では、「プリーザー(Pleaser)」というライフスタイル分析を学ばなかった。「アームチェア(安楽型)」というものも、学ばなかった。どちらも、後に本では知った。逆に「犠牲者型」が入っていない、本もある。最も、学ぶことが楽しくて、それなりの時間と それなりのお金を使っているわけだからまぁ。。。学ぶ余地が大きい方が、楽しみが長くてイイんだけどと、いうことで 主人の [続きを読む]
  • 己を知り、苦難を克服する
  • アドラーを知っている方やわたしの古くからの友人などは、このチャートでうまくいくのです。チャートは、あくまでも自己分析や 好意の対象への愛情深掘りツールとして有効なのだと思います。 それでは、主人ではなぜ違うのでしょうか?何かが違うんですよね。主人のライフスタイルが分かったのは、このペーパーではなくて、昔話と今の話だったのです。ぼんやり見えてきてるけど。。。。あたりが、アタリなのかは、検証して [続きを読む]
  • 喧嘩を売ってるく夫を。。。。
  • わかった!!分かりました〜〜〜〜主人と結婚して10数年が経ちますが、無条件に安らげる日が一日も無かったメカニズムが(*´∀`*) きっかけは、先日アドラー心理学流 親子関係プログラム考案者のおひとりである先生のHP先生が作ったプログラムは、『SMILE』といってそれなりの大人数の人が、講座を開ける資格を持っていますので、ご興味があればググってみてください(*´∀`*)そのSMILEを受講した方が、新たに育児の [続きを読む]
  • 叱らない育児は、正しいか?
  • アドラー流育児では、褒めることも罰することもしないのです。 それでも、わたしは母とし。。。。 叱ることは必要だと考えています。 躾も必要です。 転んだことの無い子どもが、大人になった立ち上がり方がわかりません。 叱られたことのない子どもが、大人になって他人に叱られたら。。。 逆上して、大変な仕返しを仕掛けてきます。 [続きを読む]
  • 子どもも、夫も大っきらい!!!
  • ご無沙汰、しております。今、定期考査も終わって隙間の中で『キャリア教育』なるものを、文科省の旗のもと行っています。対象は、偏差値が概ね64ある高校生です。さて、ママ方。想像してみてください。偏差値64ある高二に、『職業』『就労』を教える必要性や意味は、何でしょうか?彼らに、【労働】をイメージさせる意味とは何なのでしょうか????来春。1月10日(水)10時〜11時半で参加費無料の、【早期回想の茶話 [続きを読む]
  • 毒親
  • 「毒親」は『毒になる親』というスーザン・フォワード氏著の書籍タイトルに由来しています。この本の日本語訳が、発売されたのは2001年です。それによると、子どもが親に対して以下のように感じる事が、特徴のようです。1.親は、私の行動しだいで幸せに感じたり感じなかったりする。2.親は、私の行動しだいで自分を誇らしく感じたり感じなかったりする。3.親にとって私は、人生の全てだ。4.親は、私なしには生きられないと思う。5. [続きを読む]