まこと さん プロフィール

  •  
まことさん: 精子提供を始めて
ハンドル名まこと さん
ブログタイトル精子提供を始めて
ブログURLhttp://makoto30.blog.fc2.com/
サイト紹介文子孫を作る。精子提供のHP、男の妊活、それらに関連する話題を取り上げています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 287日(平均2.2回/週) - 参加 2017/09/04 13:35

まこと さんのブログ記事

  • エクササイズ
  • 昨日夜のEテレ「ドキュランド」、健康に興味のある方は、ご覧になった、ビデオをセットした方も多いのでしょう。私は、録画したものを見ました。番組中に筋力と持久力のテストがあって、その成績がとても良かったんですが、また、その番組中に気になる一言が、「運動すれば生殖機能が高まります。」 [続きを読む]
  • ボランティア
  • とても響きのいい言葉です。何をするにもお金はかかるし、時間も取られます。ボランティアと、ひとことで表現できないと思います。妊娠したいという思いがあるなら、納得するまでお付き合いします。 [続きを読む]
  • 時間を空けて
  • 1回の提供で妊娠する可能性は100%ではなく、排卵に合わせ、2回、3回の提供を考えています。その間隔ですが、48時間程度は必要のようです。もちろん、体調によっては、それより短い時間でも射精できますが、質と量を考えるとある程度の時間をお願いしています。 [続きを読む]
  • 妊婦さんが
  • 最近お腹の大きい女性の割合が多くなったように感じます。太っているという意味ではなく、妊婦さんですよ。気になっていることが目立って見えるということです。気温の上昇とともに薄着になるので、男の人の場合、お腹は出ていない方が理想の体型でしょ。 [続きを読む]
  • 心不全
  • 脳梗塞や心不全になりやすい体質は遺伝しますか。同じ年代の人が亡くなると、とても気になります。精子提供を考えているときから遺伝子の情報は気になります。私の努力で変更できないことだから。このプログを書いている。今まで大きな病気に掛かっていません。これからも健康に気を付けるだけです。 [続きを読む]
  • 報道の回数が少なくなりました。
  • 順天堂医院の新生児取り違え事件のマスコミ報道はほとんどなくなりました。ネットで見つけた記述です。「病院側はそれを認めつつ、事件を口外しないよう金銭で口封じした。」真実でしょうか。ひどい話です。同じ日に3人の男の子が生まれたようなので、3組での取り違えの可能性はあるのでしょうか。遺伝上の(血のつながった)親、子、兄弟に会いたいと願うのは当然です。精子の提供をしているので、とても気になる話題です。(私が提 [続きを読む]
  • 報道を見るたびに
  • 順天堂病院の対応は不適切であると感じています。小学生のときに病院を訪れたときの病院の対応医療事故として厚労省への報告マスコミの報道は個人が特定されないような配慮がされています。これは当然と思いますが、解決までの見通しが立たない。解決できない。現状を打開するには、若いときの写真と出産の年月日を公開することを考えてもいいと思います。 [続きを読む]
  • 新生児の取り違え
  • 精子の提供をしていると、取り違えのような出自とか、DNA検査とか気になります。取り違えられた順天堂大学附属病院の対応にはがっかりしているでしょう。もう1組の親子がどのような生活をしているか、秘密のうちに調べるくらいできるはずです。同じように離婚していることだって考えられます。取り違えられた親子はモザイク、声も変えて放送されていましたが、病院の協力が得られなのなら、若いときの写真や誕生日の公開も有効かも [続きを読む]
  • 防御創
  • 自分自身の身を守ろうとする行為は当然とは思いますが、少し考えたらどうすべきか判断できるでしょ。福田次官のセクハラ事件だけでなく、順天堂大学附属順天堂医院の新生児取り違え問題も、さまざま報道されてますがどう感じたでしょうか。音声データが公開されたので、相手の女性記者は分かったはずです。見境なくセクハラ発言をしていたようだし、申し出ないことを期待していた可能性もあると勘ぐりたくなります。レストランでの [続きを読む]
  • 早生まれ
  • 今妊娠したら早生まれになるでしょう。タイミングを合わせてセックスしても、 100%妊娠するとは限らないので、数ヶ月の誤差はあります。スポーツ選手は4月、5月、6月生まれの割合が多いと、統計言われています。同じ学年でも最大1歳の体力の差があります。4月、5月生まれの子どもが活躍するチャンスが多くなるということです。PL学園、巨人で活躍した野球選手の桑田真澄は4月1日生まれ。早生まれでも活躍する人はいます。 [続きを読む]
  • 知り合いに
  • 婚姻している夫婦でも男性側の原因により、後継者は欲しいけれど婚姻はしたくないなど、精子の提供を受けたい事由はさまざまでしょう。そんなときに身近な男性から、というのは自然な発想です。ですが、ネット上に存在する精子提供のサイトも検討してみるといいと思っています。 [続きを読む]
  • 自由に選べたら
  • 精子の提供相手は、知り合いから選ぶというのもありです。提供することを考えたことのない男性に声をかけ、お願いすることだって、不可能ではありません。すべての男性から自由に選べるとしたら、誰を選ぶでしょうか。心臓の病気で突然亡くなった66歳の俳優は、その対象になるのでしょうか。ふと気になりました。 [続きを読む]
  • 生涯未婚率
  • 長らく1%台が続いていた生涯未婚率が、2015年は男性で23.37%、女性で14.06%にまで伸びた。という記事を見ると無関心ではいられないですね。結婚も、精子の提供も子孫を残すということに関しては共通ですから。 [続きを読む]
  • 男性機能
  • 誰しも健康で長生きしたいと願っていると思います。それに精子提供をするには、タイミング法にしろ、シリンジ法にしろ健康でないとね。妊娠をさせる精子を提供できることと、セックスができることは別ですが、以下は、数日前の新聞のトップにあった書籍の紹介です。最後の1行は気になりますが。“死ぬまで現役”は、可能だった!男性機能の「真実」●下半身の不調は、大病の前兆であることが多い●週数回の射精で健康維持、長生き [続きを読む]
  • がん治療と
  • 抗がん剤は生殖細胞に悪影響を及ぼします。最近はこのことがだいぶ認知されているようですが、医師から「抗がん剤の影響が出るものの生殖機能への心配はない。」との説明を受けることもあったようです。がんは専門であるが、妊娠に関する知識がない。患者が高齢で、出産を考えているとは思わない。など、理由はあるでしょうが。費用はかかりますが、卵子、精子、受精卵を凍結保存する技術もあります。不幸にしてガンに罹ったら、が [続きを読む]
  • 不妊の原因
  • WHOの調査による「不妊原因の性別による分類」が、昨日の朝日新聞にありました。男性だけが原因24%、女性だけが原因41%、男女の両方が原因24%です。全体として女性に原因がある場合が多いのですが、男性に原因がある場合も合わせて48%なので、自然妊娠(タイミング法)しない場合は、男性も検査すべきですね。 [続きを読む]
  • 血の繋がり
  • 親子、姉妹、似ているところ、似ていないところがあるのは当然です。先日見たテレビですが、ちょっと可哀想に思えました。親が出来たことが子ができない。姉ができたことが妹ができない。など、ある部分について、比べられます。具体的なことを書いていないので、分からないと思いますが、番組や個人を特定されないためです。精子の提供者をしている人が○○だから、子どもも○○になる。と、必ずしもいえません。精子提供をしてい [続きを読む]
  • 夫が無精子症
  • 大変な問題ですが、夫婦で、場合によっては、親族を含め話し合うことが必要です。子どもを作らないということも選択肢の一つです。精子の提供を受けるなら、最初に検討するのは、夫の家系から、つまり、夫と血の繋がった人からの提供を第一に考えるべきです。義父、夫の兄弟、、、それを口に出すことによって、家族関係にヒビが入ることもあるので、慎重に精子提供をしていることをアピールするため、HPを開設しました。私のHP「精 [続きを読む]
  • 子育ての
  • 幼児教育の無償化,は、少子高齢化対策として考えているのでしょうか。子育てのし易さを考えると、電車やバスのような公共交通機関が利用しやすい、多少泣いても許容してくれる周りの人たちなど、金銭面以外に気になることがあります。シングルで子育てされている方はとても苦労されているのでしょう。精子の提供をしている方は何人かいらっしゃいますが、自分も含め、その部分にはノータッチです。提供する方もされる方も、事情も [続きを読む]
  • 本心は
  • 精子提供のブログ、ホームページ、掲示板等をご覧になった方からのお問合わせも少数ですが、頂いています。座間の殺人事件は、関心を持っている人は多いでしょうね。私が気になったことは、「死にたい」と言っている人の中に、本当に死にたい人はいなかった。本心は、助けて、寂しい、話を聞いて欲しい。など、「精子を提供して欲しい」と言っている人の本心は別なのかも知れません。メールの交換をしていく中で、自身の本心に気付 [続きを読む]
  • 提供日時
  • プライバシーに踏み込まれたくないと、「○日○時に○○で」と、日時場所だけの連絡になるのでしょうか。精子提供を受けたいと願う事情もさまざま、その事自体を隠したいこともあるでしょう。お話する、しないは、自由ですし、詮索もしません。しかし、精子提供を受けるかどうか、ご相談に乗ることもします。排卵日や妊娠しやすい日の知識は、しっかりと理解している女性が多いようです。確認したいとか、不安があるようでしたら、 [続きを読む]