おしゃれさん さん プロフィール

  •  
おしゃれさんさん: Design for Life
ハンドル名おしゃれさん さん
ブログタイトルDesign for Life
ブログURLhttp://obachanusa.exblog.jp/
サイト紹介文アメリカ在住前期高齢者の観察日記:人間、お洒落、インテリア、セカンドハウス、カフェ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 170日(平均1.9回/週) - 参加 2017/09/03 05:29

おしゃれさん さんのブログ記事

  • ワイン、クラフトビール、そして今はサイダー!
  • サイダーというと、三ツ矢サイダーを思い浮かべるのではないだろうか。アメリカでもアップルサイダーというと、ノンアルコールのアップルジュースのこと。でも、今ではサイダーというと、りんごを醗酵させてつくるアルコール飲料。今日のランチはサイダーの蒸留所にあるレストラン。色んな種類のサイダーがあるので、6種類のサンプルを頼んでみた。これが10ドル。... [続きを読む]
  • Macユーザーの憂鬱
  • 昨日、ネットで買物をしようとした。ポチって、全ての情報を打ち込み、最後のボタンを押す。そしたら、Oops、なんてメッセージが出やがった。どのクレジットカードでやっても、Oopsがあらわれる。なんでかな〜〜???としばし考えて、これだ!と思い夫のオフィスに走った。ワタクシ、筋金入りのMac愛の婆さま、しかし、これが時には問題を引き起こす。例えば、某エアーライン。... [続きを読む]
  • 体に良いもの食べてます?!
  • 健康志向が強い人をターゲットにするお店は努力を惜しまない。でないと、客が来てくれない。アメリカ、特に都市部ではその傾向が強い。我が夫も、美味しくて体に良いものを食べたい!とよく宣う。私たちは都会と、都会からのツーリストがくる町で暮らしているので、地元の新鮮な野菜を使った料理は探せば必ず見つかる。問題は、義母の家に行った時。外で食事をする時は、義母のお気に入りに行くのだ... [続きを読む]
  • 三人娘とランチ
  • 親戚の女性が乳がんで3人のティーンエイジャー娘を残して2年前に亡くなった。その時、彼女達は17歳、15歳、13歳。なかなか個性的なお嬢達、母亡き後は父親と4人で暮らしている。アマゾンフレッシュがあるから、買物は問題ない。お嬢達はホームスクーリング。長女は少しだけ小学校に通った事があるが、私には向いていない!と即通学をやめた。それからは母親と一緒にホームスクーリング。妹たち... [続きを読む]
  • 外壁の2色使い:セージ色
  • 我家Aの近くのカフェで、眞子様の結婚延期ニュースを読んだ。生活力のなさそうな人とは結婚しないほうがいい、なんて婆さんは思うんだけどね。我家Aの近くには数軒カフェがあり、その中でも私のお気に入りは、アル中の治療をしている(もう終わったかな)おじさんのお店。気分にムラがあり、この間は、いきなりカフェを飛び出し、何かを言ったおじさんを取っ捕まえにいった。今日は気分が... [続きを読む]
  • 毎朝一緒に珈琲を!
  • お気に入りのベーカリーがある。出来立てのスティッキーバンが美味しいので、開店と同時にお店に入る。私たちと一番乗りを競い合うおじさん2人組がいる。彼らは毎朝、このベーカリーで平日は6時。そして週末は7時に落ち合う。珈琲を飲み、スコーンを食べ、新聞... [続きを読む]
  • ワッフルとエヴリン
  • 土曜日、ブランチを食べに田舎のそのまた田舎町へ。この町は観光客の数も少なく、今日見かけたのは、オートバイでツーリングをしているオッチャンたち。ハーレイが爆音をたてながらメインストリートを走って行く。今日頂いたのは、自家製のパイナップルコンポートとホイップク... [続きを読む]
  • 小鳥が突撃する窓
  • まだ1月末なのに、春をおもわせるような暖かい日々が続いている。珈琲を飲みながらネットで遊んでいると、ドーンという音がした。あーー、また小鳥が窓に突撃した。今回は脳しんとうを起こさなかったのか(小鳥が脳しんとうを起こすのかどうかは知... [続きを読む]
  • 赤のデミタスカップ
  • Me too運動が珈琲業界にも及び、某有名珈琲屋のCEOがセクハラで訴えられた。とんでもない人物だけど、珈琲は本当に美味しい店だった。珈琲業界、ちょっと不思議な人たちがいる。私がお気に入りのお店も、珈琲は美味しいけど、バリスタ達は一癖ある。ここで頼む... [続きを読む]
  • 55+の女性たち
  • 6ヶ月に一度、歯医者に歯のクリーニングに行く。そのために、二都物語の一つからもう一つの町へと戻ってきた。途中の町でランチやお茶をするのが楽しみの一つだが、養鶏の町として栄えた田舎の町は、少しづつ変貌を遂げている。農家や牧畜がまだ少しは残っているため、新鮮な素材を使ったレストランが小洒落た料理を出している。これがなかなか美味しい。昨日立ち寄ったのは、お気に入りのカフェ。こ... [続きを読む]
  • 定年退職者の憂鬱
  • ご近所にこの夏定年退職した男性がいる。定年というよりも、自分でもう辞めると決めただけ。まだまだ働けたのに、働き続けると、離婚した元妻に慰謝料を払わなければならない。それが嫌だというまあ小さな男だ。離婚も自分の浮気と浮気が本気になり、60を過ぎて、長年連れ添った妻を捨て、新しい女性と結婚した。それなら、働いて元妻に慰謝料を払い続けなさい!と、私は思うんだけど、まあ、ケチな... [続きを読む]
  • 人種差別ってどうなの??
  • 昨日、こんなニュースがあった。とある郊外の町のスタバ、アメリカ人おばさんが隣で勉強を教えている韓国人が話す韓国語にキレて、悪態をついてしまう。その一部始終を韓国人学生が撮影していてネットで晒す。それが大問題になり、テレビのニュースで流される。スタバの店員がおばさんに店を出てくださいと頼んでも、おばさんが拒否したので、結局警察がくることになるんだけど。悪態おばさん、オ... [続きを読む]
  • アメリカで癌の手術をするという事
  • 友達が癌の手術をした。かなり進行していたので、6時間にも及ぶ大手術となった。彼女曰く、アメリカで手術してよかったかもしれないと。というのも、駐車場も癌なら4時間まで無料。細かい説明も、通訳をつけてくれる(これは癌に限らず英語が苦手な外国人には患者の母国語の通訳をつけてもらえる)この通訳のおかげでかなり助かったと言っていた。精神的なケアをしてくれる精神科医のサポー... [続きを読む]
  • ホームスィートホーム
  • 膝の痛みを抱えながらアメリカに帰って来た町はすっかりクリスマスモードダウンタウンは買物をする人、観光客で賑わっているアメリカに帰って来て、やっと熟睡できるようになった。東京滞在中は時差ぼけなのか、毎日朝3時に目がさめ、それからベッドでウダウダしても、6時... [続きを読む]
  • 日本の医療システムと自費診療
  • 段差があるのに気づかず、思いっきり転んでしまった。痛いのなんのって、骨折したのかと思ってしまう程の痛さ。そこで整形外科で診てもらう事に。ホテルの中にも診療所はあるけど、内科が専門みたいなので、以前診てもらったことがある銀○医院へ。こちら、医院の場所が変わって、高層ビルの中に入っていた。外国人の患者も多いとかで、先生方は皆様英語を話される。受付のお嬢さんもとても感じいいし... [続きを読む]
  • ホテル滞在4日目
  • ホテル暮らし、快適、快適。以前姉が料理も掃除もしたくないから日本に帰って暫くホテルで過ごすと言っていた意味がよくわかった。日本への帰国をバケーションと考えれば好きなホテルで滞在して好きな物を食べるのが一番いい。最上階なので静かだし、ホテルのスタッフも皆様感じいい。アメリカのホテルとはやはり違う。お掃除もとても丁寧にされているし、なによりも皆様楽しく仕事をされているのがい... [続きを読む]
  • マンションの管理人って
  • 東京のマンションに誰も住まなくなったとき、そのマンションの管理人さんに、郵便物と月に2度のお掃除をお願いした。勿論、普通の3倍以上の時給をはらって。今回、マンションの片付けのために帰国したのだけど、管理人からこんなことを言われた。ルイヴィトンのバッグ、もし売るんだったら友達が中古品の販売をしているので言ってあげるよ。古くても傷ついていても全然大丈夫だから。35年以上も前の... [続きを読む]
  • Sartiのストール
  • 某元横綱のストールがネットで噂になっていた。長めのストール、やはり使い方次第でお洒落にも見えるし、ちょっと違うんじゃない?!とも見える。私もスカーフ、ストールが好きで、アクセントによく使う。ストールでは特にSartiが好き。伊太利亜製だけど、大昔、バーニーズニューヨークで初めて購入した。素材も良いし、色目も良いので、それからはSartiばかりになってしまった。残... [続きを読む]
  • ホテル暮らしの日々
  • 10年程前、1年半ほどホテルで暮らした事がある。理由は、上の階からの漏水による家の改修工事。高層マンションに暮らしていた頃の話だけど。ホテルと言っても、スイートルーム。その上、キッチン付き。実はこのホテル、知る人ぞ知る老舗ホテル。観光客も多いが、改修工事の為に家を離れる人たちもよく利用する。だから、ホテルには長期滞在者専用係までいる。でもそのお金は保険会社によって支... [続きを読む]
  • フランネルのパジャマ
  • 私は背が高い。170cmもある。故に、日本でパジャマを買うと、丈が短いし、太っていないから、大きなサイズにするとブカブカで見栄えが悪い。そのため、アメリカでパジャマを買うのだけど、日本と比べるとフランネルの生地が薄い。冬はやはり暖かいパジャマに包まれて眠りたいのにね。パジャマのパンツの長さが一番私に合っているのが、こちらのJCrew。... [続きを読む]