fuktsukurou さん プロフィール

  •  
fuktsukurouさん: 服楼(ふくろう)
ハンドル名fuktsukurou さん
ブログタイトル服楼(ふくろう)
ブログURLhttps://ameblo.jp/fukutsukurow/
サイト紹介文着た時にしっくり体に合う着ていて楽なお洋服。人が着たときに一番輝ける、そんな美しいお洋服。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供216回 / 353日(平均4.3回/週) - 参加 2017/09/03 14:21

fuktsukurou さんのブログ記事

  • 品のよいご婦人
  • こんにちは。いらしていただき、ありがとうございます。 電車に乗っていて、ふと目がいってしまう方が前に座っておりました。 年代は、70〜80代とお見受けしました。 ワンピースに白のレースのジャケット、背筋を伸ばし、本を読んでいらっしゃいました。 『品』お顔、というより全体の印象が、心に残りました。年を重ねていくと、その生き方がその姿からにじみ出てくる、そのような言葉が、思い浮かびました。 お読みいただきま [続きを読む]
  • 長く着るためのパターン
  • こんにちは。いらしていただき、ありがとうございます。 『パターンが大事』 お洋服を作るというと、『縫い物』というイメージがあり、ソーイングに目がいきがちではないかな、と思います。けれど、パターンがとても大事だということは、作ったり学んだりしてみるほどに感じることのように思います。建物を建てる場合でいうと、設計図です。基本的には、建物が設計図の通りに作られるのと同じように、お洋服は、パターンの通りに仕 [続きを読む]
  • 思い通りのパターン
  •  こんにちは。いらしていただき、ありがとうございます。 原型やパターンのお問い合わせ、ありがとうございます。 送らせていただいているものが、着やすいお洋服になりますようにと、願いながら、線を引かせていただいています。 着心地のよいお洋服を自分で作りたい。デザインが、かわいくて、そのイメージで作りたい。 お洋服を作るときには、そのような思いがあるのでは、ないでしょうか。 ところが、作ってみたら・・・ 何と [続きを読む]
  • □服や△服の着にくさ。
  • こんにちは。いらしていただき、ありがとうございます。 丸いものに丸い入れ物。そのように、体にはめ込んでいくお洋服は、その方の体型に形状されているので、着心地がよく着やすいお洋服になります。では、?を□や△にいれたら、どうなるでしょうか。した??の図では、?を青い◯で表しています。*青い円は、同じ大きさです。*点線は、ゆるみ分をいれたボールの袋、と思ってください。□や△にいれたらどうなるか。?を入れ [続きを読む]
  • お洋服をはめ込む
  • こんにちは。いらしていただき、ありがとうございます。 お洋服が体型に合っているということは、その体型に形状され、『体にはめ込まれている』ということ。 体にはめ込まれている状態とは・・・例えば、丸いボール?が、そのボールの形の入れ物に入ったとき、適度なゆとりで、納まります。丸いボール?を四角い紙袋?にいれたとき、ぶつかるところと、余っているところが出てきます。三角の入れ物△にいれてもやっぱりぶつかると [続きを読む]
  • 補正を見抜く。〜フィット感のあるシャツブラウス〜
  • こんにちは。いらしていただき、ありがとうございます。 人の体は、一人一人違います。 だから、一人一人の体型に合わせていく補正が必要になります。 『この人には、こんな補正が必要だ』それを見抜くために必要なこと・・・ 下の???は、フィット感のあるブラウス(既製品)を着ています。もし、これが仮縫いで、ここから補正をする、と考えてみてください。 ①補正が必要なところを見つける。 気づく。見つける。(現象を見つ [続きを読む]
  • 補正を見抜く。〜ジャケット〜
  • こんにちは。いらしていただき、ありがとうございます。講習会で、たくさんの不具合のシワを見、学ぶ機会がありました。そうしてから、本人に合わせていない既製服を見ると、不具合のシワが大変多く出ていることに気づかされます。*号という点では、本人に近いはずなのですが、下の????は、ある方のものです。 *このジャケットは、既製品ですので、本人の体型に合わせたものでは、ありません。ですので、体型に合わないとこ [続きを読む]
  • 補正、パリコレ、番組
  • こんにちは。いらしていただき、ありがとうございます。『同じバストの人でも、体が反っている人もいるし、前屈みの人もいる。』一人一人の体型が違う、ということを、姿勢の面から実感してとらえた言葉でした。肉付き、そして姿勢。下の????は、両方ともバスト90?にしています。本当にお一人お一人が違います。出発は、同じバスト90?けれど、出来上がりのパターンは、違ってきます。同じバスト寸法でも体型は、違うからです [続きを読む]
  • 技術がある、ということ
  • こんにちは。いらしていただき、ありがとうございます。美容院に行って髪を調えていただくと、気持ちも軽くなったような、楽しい気分になります。印象に残るのは、髪を切っていただくときのハサミさばき。シャカシャカシャカという心地よい音と共に髪が調えられていきます。どこを切るのか、一瞬の見極めがあるのだろうと思います。真似できない、その技術にすごいな、と思いますし、その場にあるヘッドやウィッグ、それに関するお [続きを読む]
  • このお洋服、なんだか違う
  • こんにちは。いらしていただき、ありがとうございます。 『このお洋服なんだか違う』お洋服を着て自分が感じる感覚。『このお洋服なんだか違う???』・何となく着にくい。・ここがこうだったら、良いのにな。というところがある。・着ているとお洋服がずれてきて、どこかを引っ張りたくなる。・きつい。『このお洋服なんだか違う??』・お洋服が体に寄り添ってくれる気がする。・軽い。・着ていて楽。中には、着た瞬間に、違う [続きを読む]
  • 体型に合うお洋服
  • こんにちは。いらしていただき、ありがとうございます。体型に合っているお洋服は、体に無理をさせません。体型に合っているお洋服は、その人を品よく美しく見せてくれます。お洋服が体に寄り添い、包まれている感じ。けれどそれは、着てみて分かること。自分とお洋服の間にある空気の層が着ていないかのような着心地を感じさせてくれます?着てみないと分からない。けれど、目で見て分かることがあります。シワです。『ここ、体型 [続きを読む]
  • ワンピースが割烹着
  • こんにちは。いらしていただき、ありがとうございます。 素敵なワンピースのはずが、なんだか割烹着のように見える。????それは、悲しいです。テレビの画面のなかにも、そんな残念な映像を見つけることがあります。可愛らしい方。若さで、その輝きは、感じます。けれど、お洋服が体に合っていたら、もっと美しさが際立ったことと思いました。その時も、『ワンピースが割烹着に見える。』という言葉が思い浮かびました。体型に [続きを読む]
  • ソプラノ・リサイタル
  • こんにちは。いらしていただき、ありがとうございます。 ソプラノリサイタルにいって参りました。三谷結子さんの美しい声は、心を揺さぶり、とても満たされた感動の時間でした。安達朋博さんのピアノとの共演で、とても素敵でした。華やかで、表現豊かに、お話しくださったり、オペレッタのことに触れさせて頂き、とても楽しい時間でもありました。体に聞こえ、入ってくる声が心地よく、声の力、歌の力を感じました。三谷結子さん [続きを読む]
  • 袖にレース
  • こんにちは。いらしていただき、ありがとうございます。 レースを入れたお洋服。見えにくいかも知れませんが、肩と、袖にレースが入っています。(置いてお写真を撮っていますので、シワなどは、ご容赦ください)お召しになりますと、肌の色で、レースの部分が、透けて見えます。この透け感。レースですので、そのままですと、レースのない部分が、透けます。どの程度まで透かせて見せるか、という点にも配慮すると、作るものの幅が [続きを読む]
  • 裾の始末
  • こんにちは。いらしていただき、ありがとうございます。 ワンピースの裾の始末。『どんな風に仕上げたいか。』ここにも思いがありました。高級感をと考えたときにミシン目や縫い目が、表に出てしまわないように。(これは、パリコレのお洋服の縫いのお手伝いでも。)表に響かないように。??(*^^*)共通するものがあります???裏側は、表に見えるものでは、ないけれど、玉ぶちで仕上げていきます。裏地も表に見えるものでは、あ [続きを読む]
  • ニットのソーイングの価値観
  • こんにちは。いらしていただき、ありがとうございます。ニットは、伸びます。伸びますので、体の動きについていきやすい。着ていて楽。良いところがありますね。この良さを生かして、お洋服が作られます。美しく仕上げるニットのソーイング・伸びるから、楽。だから、*号、とかのサイズで作ればよい。・伸びるけれど、自分の体型に合わせたもので作りたい。・早く作りたい。仕上げたい。・ゆっくりでも美しく作りたい。仕上げたい [続きを読む]
  • 美しく仕上げるニットのお洋服
  • こんにちは。いらしていただき、ありがとうございます。ニットは、からだの動きに沿って伸びてくれます。ですので、布帛(織りの布)と比べると、キツイというような不具合を感じず、来ていて楽、と感じる方も多いと思います。そんなニットの良さを生かして、ワンピースを作ります??ニットで、伸びる、ことを想定して、ニット用のパターンを引きます。そして、ニットであっても、品のある美しいお洋服にするには、布目が、大事です [続きを読む]
  • 失われつつある技術
  • こんにちは。いらしていただき、ありがとうございます。 紳士服のオーダーメイドに関わっていらっしゃる方にお話を伺う機会がありました。長く紳士服のオーダーメイドをなさっている中で、ハンドの高い技術が、できる方が少なくなっていること、高齢化していることそしてそうした技術を学べた方が、60,70代より上の世代であることなどをお話し下さいました。(個人の体に合わせたオーダーメイドを学べたのは、もっと上の年代、 [続きを読む]
  • 誰かのために作るお洋服。
  • こんにちは。いらしていただき、ありがとうございます。 personal custom special patternerパーソナル カスタム スペシャル パターンナーとして思うこと。『より多くの方に、その体型に合った着心地の良いお洋服を。』ある病院の待合室。前を通る方が、明るい色や爽やかな色合いのお洋服をお召しになっているのを感じました。お隣の方は、「ちょっと着替えてきたのよ」と萌木いろのレースのシャツに、スカーフを首に巻いて、そう [続きを読む]
  • フレンチ袖にもオートクチュールの技術
  • こんにちは。いらしていただき、ありがとうございます。フレンチ袖のワンピース。『フレンチ袖』というと、肩から袖の部部分が、身頃と繋がっていている、のがイメージできると思います。そんなフレンチ袖にも色々あります。『フレンチ袖にしたい。』というとき、どのようなイメージを浮かべるでしょうか。肩よりほんの少し出た、フレンチ袖でしょうか。二の腕にかかるくらいでしょうか。肘の近くまでの長めのものでしょうか。袖下 [続きを読む]
  • 大人でも夢をみる。叶える。
  • こんにちは。いらしていただき、ありがとうございます。 あなたの夢は、何ですか?幼い頃には、なんの抵抗もなく答えられた質問に成人して年を重ねていくうちになかなか口に出せなくなる、ということは、ありませんか?もう、こんな年だから。今は、それどころじゃなくて。子供のようには、自由にもう、言えない。そんなこと言ってたら、大人としてどうなの?言葉にならない理由は、たくさん。できない理由もたくさん。『でも本当 [続きを読む]
  • 日本の大事な技術
  • こんにちは。いらしていただき、ありがとうございます。 この度、日本で唯一の特許技術の使用許可、そして、そのパターンナー称号、『Personal custom special patterner』 (パーソナル カスタム スペシャル パターンナー)をいただきました。個人の体型に合わせた着心地の良いお洋服に欠かせない技術です。この称号をいただけたことを大事に自分の腕を磨いていけるように精進しようと思います。また、少しでも多くの方に、体型に [続きを読む]
  • 当たり前にある美しさ
  • こんにちは。いらしていただき、ありがとうございます。 街を歩いていると、そこここに彫刻があったり、装飾されていたり。窓辺の手すりの一つを見ても橋桁の一つをとってもそこには、手をかけて作られていることを感じられました。機能のことだけを考えれば、しなくとも支障は、ないと思います。時間のことだけを考えたら、数を作ることだけを考えたら、効率的では、ないかもしれません。けれど、その手間と時間をかけたその風景 [続きを読む]
  • パリコレクション
  • こんにちは。いらしていただき、ありがとうございます。 パリでは、多くの感動がありました。少しずつお伝えできれば、と思います。 最初にYUMI KATSURAパリコレクションのショー。華やかでとても素敵でした。このような簡単な言葉ではなかなか伝わらないので、ショーのお洋服は、こちらを見て頂ければ、と思います。 急に暑くなり、真夏のような日差しと真っ青な空のもと、その日は来ました。19:00からのショーですが、ヨー [続きを読む]
  • パリへ
  • こんにちは。いらしていただき、ありがとうございます。 ご縁とは、不思議なものと思います。パリコレのパリへ。アトリエでお仕立てをしながら、パリの景色を思いました。窓から見える空をたどり、フランスにも繋がっているのを思いました。そこで出会えたことやもの、感じたことを大事に、お洋服のお仕立てをしていきたいと思います?その事は、また改めて(*^^*)??お読みいただきましたこと、ありがとうございました。 《承っ [続きを読む]