かみーれ さん プロフィール

  •  
かみーれさん: ドイツでどたばた新喜劇
ハンドル名かみーれ さん
ブログタイトルドイツでどたばた新喜劇
ブログURLhttp://clementine510.blog.fc2.com/
サイト紹介文50代になってもちっとも落ち着かないおばちゃんの生活の一コマ 日本人の夫とドイツに住んでます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2017/09/03 21:01

かみーれ さんのブログ記事

  • 白雪姫の魔法の鏡
  • Lohr am Main の見どころの一つ、Spessart Museum(シュペッサート博物館)。マスコットキャラは銀河鉄道999の車掌さん。入場料は3ユーロ。 自由に見学でき、写真も撮り放題だ。この地方の昔の暮らしの様子なども展示されているが、目玉は何と言っても“白雪姫”。いろんなバージョンがあったが、これはちと姫様のイメージが違うような…。死んでるはずなのに・・・こっち見てる ((((;゚Д゚))))))) こ…怖いよぉそしてこれが例 [続きを読む]
  • 白雪姫の里の美味しい物
  • Lohr am Main のお話の続き。町の中心部マルクトプラッツ。中央にある噴水の後ろにあるのが Weinhaus Mehling→ HP。 ここはレストラン兼ベーカリーで、食事をしなくてもパンを買える。パン棚の上にはこの地方ならではのボックスボイテルのワイン瓶。昔からのレシピで焼き上げるパンが美味しいという口コミを見て訪れた。お目当てはJosef's Bretzel というリング状のパン 4.80ユーロ。家に帰って測ってみたら直径23?。バタ [続きを読む]
  • 白雪姫を探せ! Lohr am Main
  • いまだにTシャツ天気が続いているドイツ。絶好の行楽日和なので週末にヴュルツブルク近郊のローア アム マインという白雪姫の里を訪ねた。薬局の前にいた白雪姫と小人。 「クールな白雪姫」という名前の白雪姫。 足元には無料の町歩きマップが入っている。白雪姫というより細いベティちゃんみたい…。そのマップを頼りに白雪姫モチーフ探しのオリエンテーリング開始!!ベンチに座っている白雪姫・・・・ホンマか?公園の壁に [続きを読む]
  • 黄金の10月のTシャツ天気
  • ドイツでは10月をgoldene Oktober(黄金の10月)と呼ぶが、夏を過ぎるとあっという間に寒くなるのでそう思える年は少ない。ところが今年、特に今週は毎日天気が良く気温も20℃以上で本当に気持ちが良い。天気予報では「T-Schirt Wetter(Tシャツ天気)」だと言っていた。じっとしているのももったいないので、ぶらぶらと市内のローマ時代の遺跡を見に出かける。こういう石がずらっと並んでいるだけの遺跡。でも近くに羊が寝そべりア [続きを読む]
  • 秋のブドウ畑
  • 秋になると行きたくなる場所。 それがブドウ畑だ。我が町はワインの産地なので、主要駅をたった二つ離れてちょっと高台に上っただけでそこはもう一面のブドウ畑に様変わりする。収穫が終わったブドウ畑。 まだ葉っぱがあんまり色づいていない。町の方を望む。 薄曇りのせいでちょっと霞んだように映るのが幻想的。ここに来る楽しみはブドウ畑だけではない。じーっと熱い視線を送っていると、近寄ってきてくれたお馬ちゃんたち。 [続きを読む]
  • どこにでもあるゴミ問題
  • 日本でもゴミ出しにはご近所トラブルがつきものだが、ドイツでもいろいろと問題が起こる。一昨日エレベーター前で生ゴミのようなにおいを感じた。夫は分からないというので気のせいかとやり過ごしたが、今日階段を上ってみて原因を発見。お見苦しい写真で恐縮だが、2階下の部屋の前にきっちりと口を縛っていない生ごみの袋が放置されていたのだ。階段の踊り場にゴミを置いておくのはよくあるが、さすがに生ゴミを何日も放っておく [続きを読む]
  • 日本一周するカエル
  • 未だに続けている“旅かえる”。最近めっきり行動範囲が狭くなった私の代わりに日本全国津々浦々、いろんな所に出かけては写真を撮りお土産を持って帰ってくれる。奈良に行って小鹿にガン見されるケロ衛門。お土産はもちろん奈良漬けだった。東京では雷門で外人さんらしき女性にくぎ付け。お土産は雷おこしか人形焼きかと思ったが、犬張子を持って帰ってきてくれた。相変わらずレア写真は全然もらえないが、今ある写真の中でお気に [続きを読む]
  • 近所迷惑な人
  • うちはいわゆる駅近くの住宅街なので、道を挟んでアパートが密集している。いつ頃からか、そのどこかのアパートの1室から気になる声が聞こえるようになった。あぁ〜あ〜あ〜〜〜誰か知らんけど、大きい声やなぁ。あ〜あ〜〜〜〜っいったい何やろ?イスラム教のお祈りか?あ〜〜あぁん。あぁ〜わ〜わ〜やかましいわっ"(-""-)"声からして恐らくまだ若い男性。時にはお経のように、時にはオペラのように、実に腹に力が入った力強い声 [続きを読む]
  • ドイツで列車移動する時の必需品
  • 日本でいうJR,ドイツのDB(ドイチェバーン)は信頼できない。先日も片道3時間ちょっとの距離を往復した際、帰りの電車は遅れに遅れてもう時間がむちゃくちゃ。こうなると電車が急に運休になったり、自販機の一つもないような小さな駅で無理に乗り換えさせられたりする。先が読めない不安と、DBへの怒りを空腹で増長するのはアホらしいので、いつも私は水とおやつを持参する。この時も本来の乗り換え駅で何か買って夕飯にする予定だ [続きを読む]
  • ドイツで初めて落語を聞いた話
  • 日本で聞いたことがなかったのに、ここドイツで落語を聞ける機会に恵まれた。扇子と手ぬぐいしか小道具がない中で、こんなにも豊かな表現ができるのかと驚いた。ちょっとした声の抑揚、表情、間の取り方。「味噌豆」では見えないはずの定吉さんが現れ、昔の家屋やはばかりが目の前に浮かび、鍋で美味しそうに煮えている豆が香ってくるようだった。ちなみに味噌豆と言うのは味噌味に煮た豆かと思ったら、味噌を作る前の煮た大豆なの [続きを読む]
  • 大手口コミサイトの失態
  • アホちゃうか・・・・。これが私の率直な感想である。何かというと、大手口コミサイト トリップアドバイザーのお粗末な対応だ。以前からそこで口コミを書いては、ちまちまとマイルを増やすのがささやかな楽しみだった。そのおかげでフライトだけでは足りなかったマイルをのばし、楽天ポイントに変えホテルに安く泊まれたりもした。ところが数日前、ユーザーネームがいきなり知らない名前に変わっていた。いったい何が???焦る私 [続きを読む]
  • さくらんぼ風味のウイスキー
  • 少し前はジンに凝っていた夫だが、最近はウイスキーにシフトしている。といっても本人は「今度はウイスキーにしようかな♪」と言うだけで、実際にリサーチし、買ってくるのは私の仕事なのだ。今週のPennyというスーパーの売り出しにあった、JIM BEAM。(8.99ユーロ)なにやら3種類あり、ノーマル・はちみつ・さくらんぼとなっていた。珍しくさくらんぼが良いと言うので購入したのがこちら。ぱっと見さくらんぼ風味とは分からないが [続きを読む]
  • ドイツでも買えるビニール傘
  • 雑貨屋さんを見るのが好きで、用もないのに時々覘きに行く。たいていの町にある大手チェーン店 NANU NANA。→HP日本人から見れば「こんなん100円でもっと可愛いのが買えるわ。」という物ばかりだが、たまに見るには面白い。先日はとうとうビニール傘を見つけた。日本から長傘を持って帰るのは大変なので買ってもいいかと物色。ラマ。一角獣。フラミンゴ。目。雲。(-ω-;)ウーンどれも五十路のおばちゃんが持つにはちとキツイ‥‥ [続きを読む]
  • エステサロンの思い出
  • まだ日本にいて働いていた頃は、時々エステサロンに行っていた。お肌の悩みなど山ほどあるが、中でも気になっているのが毛穴の詰まり。 いわゆる『イチゴ鼻』だった。とある町にある小さいサロンを選んだのはクーポンが使えたことと、コース契約でなくその都度払うシステムだったから。初回に肌診断をしてもらい、次からはゆっくりと施術してもらいながらおしゃべりなんかを楽しんでいた。従業員は店長さんの他に1人だけだったろ [続きを読む]
  • スクラッチアートやってみた
  • ドイツのスーパーには食料品だけでなく、週によって変わる売り出しで、衣類や調理器具、文房具などが扱われている。涼しくなってきたからか、今頃は趣味の物が置いてある率が高くなった。そこで見つけた“Kratzbild” スクラッチアート。今までやった事はないが、8歳以上が対象と書いてあるのと猫に惹かれて購入。内容は絵が描いてある黒い紙と試しに削ってみる用のちっさい黒い紙。それとひっかき用のペンだけだ。やり方の説明も [続きを読む]
  • おごるのもおごられるのも苦手
  • 今日もスーパーでの出来事。前にいた女性2人がベルトコンベアーに商品をのせながら何やらもめていた。「あんたの分も一緒に払ってあげるわ。」「いいや、自分の分は払うわよ。」「いや私が…。」「いいえ、私が…。」そうこう言ってるうちにレジ係の前に到達。今度はレジの人に向かって「ここまで全部一緒に計算して。」「いいや、ここからは別にして。」とお互い譲らず何往復もやり取りが続く。レジの人は笑いながら「どっちが年 [続きを読む]
  • 旧市街からローマ遺跡へ
  • マインツ大聖堂前の屋外市場。 バックの建物がカラフルで絵になる。旧市街の一角には木組みの建物のワインレストランがある。そこからぶらぶら歩いていると奇声と共に現れたビアバイク。普通の車に混じってこんなのが走るのがドイツ。そして着いた隣駅はローマ時代の遺跡の横にある。戦争で破壊され埋もれていたため駅を建設中に発見されたらしい。なので駅の建設にはたいそう時間がかかり、予定していた駅名を変更してRömisches [続きを読む]
  • ドイツの秋の味覚 フェダーヴァイサー 
  • ドイツで秋を感じる物の一つに発行途中のワイン、Federweißer フェダーヴァイサーがある。イタリア産に一足遅れて登場する、地元産のフェダーヴァイサーを飲みに久々にマインツの中心部まで出た。大聖堂前の広場。そこに毎年2軒のスタンドが立つ。 土曜ともあって大賑わい。グラス1杯2ユーロ。 1ℓ入りの瓶で5ユーロ。 その瓶を持ち帰る場合4ユーロ。ノンアルコールのモストもある。赤と白があるが、白を頂いた。 写真を撮る [続きを読む]
  • ドイツのIKEA
  • 車を持たない我が家にはあまり縁のないIKEA。それでもたまーに行きたくなるのは、暇つぶしにちょうどいいからだ。電車とバスを乗り継いで片道1時間ちょっとなので、小旅行気分になる。途中には見渡す限りの畑がありとっても長閑。まずは軽く腹ごしらえ。 ソーセージ2本バージョンのホットドッグもあるが、ノーマルな方を食べた。ケチャップ、マスタード、フライドオニオンはかけ放題。特別美味しくもないが、こういうふわふわのパ [続きを読む]
  • ばつが悪かった夫
  • ドイツには網戸がない。上階に住んでいるせいか蚊には悩まされないが、困るのがスズメバチ。人間の食事を狙ってくるので、特に食事時にブンブンと食卓の周りを飛び回り、下手したら口元を刺されると聞くので落ち着いて食事ができない。網戸の代わりになる虫よけネットを取り付けようと何度も夫に提案したが、「そんなのどうやって窓に付けるんだ!ここの窓には無理だよ!」と言って全く取り合ってもらえず仕方なく我慢していた。数 [続きを読む]
  • ロッテンマイヤーさんに仲間入り
  • 老眼鏡が欠かせなくなってきた。あっちで使い、こっちで使いしていると、どこに置いたか分からなくなるので、安い老眼鏡があちこちに置いてある。夫も私より強い老眼鏡を使うので、狭い家の中が眼鏡だらけだ。かけたりはずしたりも面倒で、外した時に頭の上にあげているとその眼鏡を探し回るという、なんとも古典的なお笑いのような事になってしまう。仕方なく、以前買ってそのままにしていた100均の眼鏡チェーンを付けてみた。こ [続きを読む]
  • 有り難い病院の無料送迎サービス
  • 昔から高齢者のたまり場は病院の待合室だと言ったが、今でもそれは同じようである。母の場合、徒歩10分くらいの所にある内科・整形外科の病院が行きつけで、今はもうそこまでも1人で歩いていけないので自宅まで送迎してもらっている。その送迎は無料で、3人いる運転手が手分けして近所を巡回し、ピックアップして送り届けてくれるのだ。いつもは月・金に行って簡単なマッサージとリハビリを受け、110円を払って帰ってくる。トータ [続きを読む]
  • 美味!リンツのフルーツ入りチョコボール
  • スイスのチョコレートブランド、リンツ。ドイツでも至る所で売っているが、少々お高めなので自分用にはめったに買わない。でもこの新製品にはアンテナが激しく反応したので、迷わずカゴに入れた。センセーションフルーツ。 150g 3.99ユーロ(500円)フルーツゼリーをダークチョコレートで包んである、いわゆるチョコボールだ。お味は甘すぎず酸味が程良くて、パクパクいくらでも食べられてしまう。 今の時期、冷蔵庫に入れてい [続きを読む]
  • ごちゃごちゃな頭の中
  • はっきり言って毎日暇だ。子供がいなくて専業主婦だと言うと、よく「毎日何してるんですか?」と聞かれる。正直、これというほど何もしていない。掃除・洗濯・買い物・炊事など家事はしているが、一日中かかるわけでもなく、余った時間はぼーっとテレビを見ているか、ネットサーフィンをしている。人間、暇だとろくなことがない。考えるのはネガティブな事ばかり。今一番の悩みの種は母の事だが、それ以外にも老後の暮らし、特に日 [続きを読む]
  • できれば別々に寝たいけど
  • 更年期に入ってから寝つきが悪く、眠ってもちょっとしたことで目が覚める。かたや夫はベッドに入って3分もたたずに寝てしまうので、私の苦しみが全く分からない。それだけなら仕方がないが、あの手この手で睡眠の妨害をしてくる。ある時はおなら。 くさっ(-"-)ある時は寝返りを打ちながら私の頭をたたく。 痛っ(-"-)そして昨夜。いつものように先にベッドに入り、本を読んでそろそろ眠れそうだと電気を消して数分後「あ、明日宅 [続きを読む]