サブロウ さん プロフィール

  •  
サブロウさん: 31歳からの介護職
ハンドル名サブロウ さん
ブログタイトル31歳からの介護職
ブログURLhttp://kaigo31.seesaa.net/
サイト紹介文正職員歴無しの31歳独身男性、まったくの未経験から始める介護職。
自由文まったくの未経験から介護職に挑む男のブログです。世間で言われているほど介護とは辛い職業なのか?介護職で食っていけるのか?そもそも未経験の31歳を雇ってもらえるのか?就職できたとしてそれが続くのか?介護に関するあらゆる疑問に、文字通り体当たりで挑もうと思います。ダメだったらその時は「ダメだった」ということがわかる!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 225日(平均1.7回/週) - 参加 2017/09/03 23:00

サブロウ さんのブログ記事

  • 続・デイサービス勤務 3日目 「進路と退路」
  • 新しい職場と前の職場で一番大きな違いはと言えば、「施設は年中無休・休日シフト制」から「施設は年末年始と土日休業・休日は土日制」に変わったことなのですが。新しい職場に来て間もない僕ですが、デイサービスで勤務するなら後者の方が絶対に良いと痛感しています。平日に休んで用事を済ませたり、或いは3日出勤して1日休むみたいな体力的なペース配分的なものでシフト制も一長一短だと思うのですが、そういう問題ではなく、デ [続きを読む]
  • 続・デイサービス勤務 2日目 「善意と壁」
  • 新しい職場で最初の一週間が終わりました。契約社員として入社した新職場ですが、労働量というかやるべき仕事の比率は旧職場の正社員並み。具体的に言うと、旧職場では利用料などの金銭管理やモニタリング、ミーティングの進行などなどはすべて正社員のみが行っていましたが、新職場ではパートもそれらを全部やると言った感じ。ただ人員配置などの細分化、スケジューリングの徹底などで、それだけパートに仕事を振ってもメチャクチ [続きを読む]
  • 続・デイサービス勤務 1日目 「リスタートの罪と罰」
  • 地獄のような出勤初日を終えました。本当に本当に幸運なことに新しい職場の方々も、初日でガチガチの僕に気軽に声をかけてくれたり、指導してくれる良い人ばかりでした。しかしそれでも、初日が地獄だったのは変わりません。なぜならば『何もできなかったから』。新しい職場でそんなことは当然だろうと思われるでしょうし、職場の先輩方も期待などしていなかったと思います。振り返ってみると、過去のデイサービス日記にも似たよう [続きを読む]
  • デイサービス勤務 28日目 「最初の最後」
  • どうもこんにちは。4月1日の更新ですが嘘ではありません。マジ話な記事でございます。先月をもって前の職場(以下A社)を退職した僕ですが、たった半年でも経験者として見て貰えたのか、次の職場はすぐに決まり、4月から新しい職場(以下B社)で働くことになりました。B社も前の職場と同じデイサービスですが、規模がA社よりさらに大きく、利用者も多いらしいので今までよりもっと大変なことになると予想されます。さらに次の職場は実 [続きを読む]
  • デイサービス勤務 27日目 「人から人へ」
  • 職員の入れ替わりの激しい我が職場ですが(その入れ替わりの一人に自分がなるというのはさておき)、入職からたった半年ちょっとで、気が付けば僕は新人を指導するという立場になっております。とは言え技術的なものは僕自身まだまだ人に教えるほど身についてるわけでもなく、教えるのは「この人は何の味付けのコーヒーが好き」とか「あの人は入浴時にこのルーティンを守らないと機嫌が悪い」とか、そういう利用者の個人的なことが中 [続きを読む]
  • デイサービス勤務 26日目 「決断」
  • クリスマス会や年賀状書き、書類整理に大掃除など怒涛の忙しさだった12月を終え、1月はホッとできる、かと思いきや今度は行事としての新年会や、辞めた社員の補填として外出行事の仕切りを任されたりと、まったく余裕が無く時は過ぎ去り、2月も半ばというこの時期ですが、僕は生きてます。どうもこんにちは。あけまして(略)のご挨拶から一度も更新できないほど疲弊するとは自分でも思っていませんでした。さて、そんな僕ですが、こ [続きを読む]
  • デイサービス勤務 25日目 「明けの明星」
  • あけましておめでとうございます。勤め先は年中無休なので年末年始も何も無く、ずっと仕事で今日ようやく休みみたいな状況でしたが、皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか。デイサービスの年末年始ってどんな感じなのだろうと思っていたのですが、いつもよりちょっと人が少ない程度で、ぶっちゃけ1日の過ごす方としてはいつも通り定時のはるか前に出勤してサビ残してと、何の変化もありませんでした。まぁ強いて違いを言うなら甘 [続きを読む]
  • デイサービス勤務 24日目 「There's no easy way out」
  • 介護というお世辞にも評判の良いとは言えない業界に足を踏み入れ、実際にその厳しさや辛さと、反面確かに存在するやりがいや楽しさも体験した2017年でしたが。初任者研修に始まり、デイサービスで勤務を始めた僕が介護の世界に踏み込んだ動機は、「絶対にこの業界で頑張りたい」というポジティブなものではなく、「特別やりたいこともないし求人もたくさんある業界だし」というネガティブなものでした。そんな中で激務・薄給・人間 [続きを読む]
  • デイサービス勤務 23日目 「一難去って」
  • 30年以上生きて来て過ごした12月の中で最も苦痛だった・地獄のようなクリスマス期間が終わり、ようやく通常運行に戻りつつある我が勤め先ですが、受難はまだまだ続きます。何しろ僕が入社して以来すでに3人が退職し、来年早々にもう1人居なくなるのが確定しているという状況でして。一方新入社員の方は、介護福祉士も持ってて何でもできるベテランが中途で1人採用されましたが、まぁそれっきり。この新人であり先輩でもある方がい [続きを読む]
  • デイサービス勤務 22日目 「距離感」
  • せっかくの休日にやりたくもない(クリスマス行事の余興の)ダンスの練習を一人で黙々とやっていると、なんというか人生における疑問さえ浮かんでくる今日この頃です。その息抜きにこの記事を書いてます。ここのところ、この仕事における出会いと別れの虚しさを感じる出来事が相次いでます。利用者がデイサービスの利用を中止する理由は様々で、引越したとか、グループホームへの入所が決まったとか、入院して快復の目途が立たないと [続きを読む]
  • デイサービス勤務 21日目 「これまでと、これからと」
  • ご無沙汰しております。生きております。気が付けば12月に入り、師走の仕事に忙殺されてすっかり更新が滞っておりましたが、僕はいまだにデイサービスにて介護職員としての仕事を続けております。これまでの更新されてない間に色々な事がありました。退職者が続出・年末年始の書類整理や雑務の増加・雪による路面悪化のための送迎業務の遅れ・クリスマス会や新年会の準備などなどで仕事が完全にキャパオーバーしており、もはや定時 [続きを読む]
  • デイサービス勤務 20日目 「つらみ」
  • 介護をやってて辛かったことと言えば。前回の記事で「楽しかったこと」を挙げましたが、今度は逆に介護の現場だからこその独特であろう「辛かったこと」をさくっと書いてみたいと思います。・暴言を吐かれる「バカ野郎!」や「ボケ!」など、とにかく理屈ではなく感情の安直な罵倒を受けるというのはサービス業でもあまりない経験です。単純に相手の怒りの沸点や語彙力が低下しているだけではという感じではあるのですが、何しろそ [続きを読む]
  • デイサービス勤務 19日目 「楽しみ」
  • 介護をやってて楽しかったことと言えば。「なぜ介護業界が人材不足か」という話題がピックアップされると介護業界の劣悪な労働環境が語られ「そりゃ人も来ないわ」となって終わるわけですが、では「なぜ介護業界を続けてる人がいるのか」というと、「この仕事をやってて好きな部分があるから」だと思うのです。そんなこんなで、たまには僕がこの仕事をやってて楽しかったことを挙げてみたいと思います。・名前を覚えてもらえた僕が [続きを読む]
  • デイサービス勤務 18日目 「給料」
  • お久しぶりの更新になりましたが、生きてます。最近更新が無かった理由は疲労とかネタ不足とか色々ありますが、一番は仕事そのものへのモチベーションの低下にあったりします。お察しの通り、当ブログの記事の「勤務〇日目」というのはあくまで記事のナンバリングであり、実際に働き始めてからはすでに2ヵ月以上経過しております。そんなところで当ブログをご覧の方々の多くの方々が気になっているであろう、「介護職の月給」につ [続きを読む]
  • デイサービス勤務 17日目 「喉」
  • 介護職で酷使される体の箇所と言うと、やはり腰・ヒザ・肩などが挙げられると思いますが、最近僕が悩まされているのが喉の痛みでして。と言うのも、今までは接客時以外は黙々と仕事をしていた僕ですが、この仕事に就いて以来大きな声を出すことが劇的に増えました。高齢者が相手だとそもそも普通の会話も多少大きな声で喋らなければ伝わらないことも多々ありますし、入浴・着脱介助中に人手が必要になってもその場を離れるわけにも [続きを読む]
  • デイサービス勤務 16日目 「続々々・入浴」
  • 他のところでは人員などの都合で色々あるのかもしれませんが、僕の勤め先では基本的に入浴介助は同性同士でのみ行われます。ので、体を洗いながら色々会話したりしていますが、話題としてはまぁとにかく下ネタが多いです。平たく言うと女性経験とかそういう手の話題が圧倒的に多く、利用者さんにとっての“武勇伝”をよく聞かされます。人生経験を聞くのは好きと以前に書きましたが、恋愛経験も数えるほどしかない僕はその手の話に [続きを読む]
  • デイサービス勤務 15日目 「不協和音」
  • どうも苦手な利用者ができてしまったというお話。僕の勤務先における利用者さんたちは認知症の程度の差はあれど、大体が比較的おとなしいタイプで、帰宅願望から頻繁に不穏な行動をすることはあっても、それが認められないために大声で喚く、などの行動に出る人はほとんどいません。しかしながら1人だけ、突然大声を出すタイプの男性がいるのですが、どうも僕を徹底的に敵視している様子で。例えば朝の送迎で「おはようございます [続きを読む]
  • デイサービス勤務 14日目 「怒り」
  • 仕事中においてイライラするということが実はほとんどない僕です。それは初体験の業界ゆえか、「スットロい・やり方が違う・段取りが悪い等々怒られても仕方ない」というある意味開き直りというか卑屈というか受け入れというか、とにかく気持ちの面で受け止めることができているし、次は怒られないように努力しようという反省に繋げる意志が、今のところはあります。もっと言えばどちらかと言うと怒られてもどんどん落ち込んでネガ [続きを読む]
  • デイサービス勤務 13日目 「勉強会」
  • 医療・福祉系の仕事でとかく多いと聞いていた「勉強会」という奴に参加してみました。「してみました」というのは、この勉強会自体は参加が任意であったということです。とは言え職場の空気の問題で半強制的に参加になることもあるのでしょうが、ともかく今回に関しては自分の意志で出席しました(その時間の残業代もフルで出ると言うし)。結論としまして、やる意味が無かったと思います。これまで経験してきた職業でも多々ありまし [続きを読む]
  • デイサービス勤務 12日目 「続々・入浴」
  • 水虫の話。入浴介助による水虫の感染を防ぐのは可能か、という話を介護職の先輩である知人にしてみたのですが、絶対無理という素敵な回答を得られました。ゴム手ゴム長、浴室用スリッパにビニール手袋等々、保護する道具は多々あれど、とどのつまりお湯に触れず介助するのは不可能ってことなんですよね。そもそも自分がお湯に触れるというのは利用者が体に触れるお湯の温度を確認するという理由もあるので、むしろ触れてなければな [続きを読む]
  • デイサービス勤務 11日目 「腰痛」
  • 腰が痛い。重いものを持ち上げた時にビキッとやらかしたとかそういう痛みではなく、単純に立ち仕事を長時間してジワジワと凝ってしまった、みたいな痛み。「いわゆる腰やヒザなどのサポーターはヤバくなってから付けるのでは遅い。健康なうちから、というか今すぐにでも付け始めて悪化を防ぐもの」と先輩にアドバイスを頂戴したことがあり、なるほど自分も早々に準備しなければと思っているのですが、何しろお金がない。おちんぎん [続きを読む]
  • デイサービス勤務 10日目 「別れ」
  • 相変わらずサービス残業は積み上がる一方で、離職と継続の天秤は揺れ動いているものの、先輩職員が優しく・怒らず・熱心に指導してくださるおかげで何とか仕事は続いています。この一点は今までいくつか経験してきた他業種の職場と比較しても本当に恵まれていると感じており、もしこの環境でなければおそらく1週間くらいの時点で誰に何の相談もなくバックレていたと思います。「優しい=適当でいいんだよ」ではなく、しっかり指導 [続きを読む]
  • デイサービス勤務 9日目 「続・入浴」
  • 施設ごとの規模や方針によって様々あるのかもしれませんが、僕の勤め先では利用者を1度に最大4人程度まで浴室に入れます。前回書いた通り、見守るだけでいい人から介助必須の人まで様々な要支援・要介護の利用者がいるので、とどのつまり要介護度の高い・自立度の低い人ばかりをまとめて浴室に招かないということが重要になります。もちろん現時点ではその辺の調整は先輩職員が行ってくれているし、そもそも自分が1人で大勢を見な [続きを読む]
  • デイサービス勤務 8日目 「入浴」
  • 利用者さんの顔と名前も少しずつ一致するようになってきたわけですが、今日から入浴介助の仕事が始まりました。何しろ初任者研修では足浴しかしていないので不安でいっぱいでしたが、それ以前の問題というか現実に直面することになります。そもそも服を脱ぐところから風呂に入って体を洗い、出て着替えるところまで1人でできる人も普通にいるということ。イメージとしては「利用者は風呂に入る際に全員何らかの介助が必要だから施 [続きを読む]
  • デイサービス勤務 7日目 「未来」
  • 介護業界で勤め始めてから1週間が経過しました。職場の先輩方は本当に優しく、右も左もわからない自分に熱心に指導をしてくれているし、話しやすい方たちばかりで常に助けてもらっていて本当に感謝しています。利用者の皆さんとも今のところはなんとかやっていけてる、という印象です。まだまだ入れ歯洗浄などの口腔ケア、便失禁など鬼門となりそうな業務にもほとんど触れていないので(もっと環境に慣れるまではと先輩方が意図的に [続きを読む]