mixlog さん プロフィール

  •  
mixlogさん: 未経験者がフィリピンでレストランをオープン
ハンドル名mixlog さん
ブログタイトル未経験者がフィリピンでレストランをオープン
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mixlog
サイト紹介文日本でも飲食業無縁の普通のヒトが、フィリピンでレストランを始めた
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 77日(平均5.2回/週) - 参加 2017/09/03 23:24

mixlog さんのブログ記事

  • ミンチしましょう
  • いよいよフィリピンでのお惣菜展開が始まる。本店と支店とデリバリーを実施。週明けからスタッフへのレシピの伝授と仕入先の見直しに入る。ミンチを作るミンサーも探さなければならない。現地スタッフも豚肉等の仕入先を既に探してくれている。カビテには結構大きな豚肉工場があり直買だと結構安くなる。問題はミンチマシンだ。日本で既にミンサー(ミンチマシン)に使用実績が有るが、良いのに当たらないと色々と思い通りにならな [続きを読む]
  • イカが活きる アドボンプーシット
  • とにかく食べたくなるのがADOBO PUSIT。飯にも合う。酒にも合う。フィリピン人に生まれて良かったーと言う食べ物。(日本人だが)フィリピンでは基本アオリイカが食材。あの短い脚(手?)がまたコリコリ食感がたまらん。固からず柔らかからず最適な食感だ。シーズリングで当店でも出したいが仕入が高い。日本はイカの食材が豊富だから親しみが有るが、フィリピンだとそうでもないのか?私のイカ好きは有名で、前職では後輩が先に [続きを読む]
  • カビテでお惣菜の販売
  • しばらく色々あり筆が進ますBLOGを休んでしまった。さて既に始まっているフィリピンのクリスマス。12月はやはり1番の盛り上がりなので、カビテのレストランの営業形態の変更を検討している。惣菜販売に力を入れる予定だ。総論だが景気も良くなりより就労人口も増えて当然働き者のフィリピンの女性たちもより外に出て働く事にり就労時間も長くなり、仕事終わりに家族や子供たちの為にお惣菜を買って帰る頻度も上がるだろう。当方は [続きを読む]
  • フィリピン版「前略おふくろ様」
  • 最近「前略おふくろ様2」DVDを見返している。「前略おふくろ様1」でかすみちゃん(坂口良子)と三郎(ショーケン)が料亭内で同僚や皆に気づかれない様に愛を確かめ合うサインがあった。まずかすみちゃんが顎を人差し指で掻くと、三郎が鼻の頭を人差し指で掻く。これがかすみちゃんから「愛してる」のサインで、三郎からの「愛してるよ」のサインとなる。字面で書くと分からないがかすみちゃんからの大胆で積極的なサインを、照 [続きを読む]
  • 恋人はFacebook in pinas
  • 私は人とは直接会う派だ。仕事を進めたり個人的関係などコミュニケーションを直接取る方が円滑だし、第一ストレスが少ない。そのため直接会って話したくなる。これって会う事が大事なのだろうか?最近では携帯電話環境やSNSの利用で会わなくても人間関係が築けるのが普通になってきている。フィリピンでは一般庶民では海外での出稼ぎが多く長くは数年行ったきりと言うのも珍しくない。しかし夫婦や親子の家族の絆は堅くどんなに離 [続きを読む]
  • エンプティードはフィリピン版正月料理
  • エンプティード作るには、豚肉をミンチにして、数種類の野菜とピクルスを混ぜ味付けをする。そして絶対に欠かせないのがレーズン。それをペースト状にするしてコーンスターチや片栗粉を少しまぶして崩れないようにしてアルミホイルに入れ形を整える。形が整ったらスチーマーに入れ蒸せば出来上がり。テリーヌの様なものだ。熱が取れたらアルミホイルをはがし切り分ける。肉料理だがレーズンが入りほのかに甘く、両若男女みんな口に [続きを読む]
  • ムール貝のフィリピン流おつまみ
  • ムール貝をオーブンで焼くのが”ベークドタホン”だ。フィリピンでは自宅にオーブンがある人は少ないのでお店で食べる味となる。これはプルータン酒のつまみでワインにも合う。フィリピンではタホンはダンパなんかでは高いが普通の市場では値段も安く概ね500g単位で80ペソ位で売られている。パレットにくっつき防止でクッキングシートを敷いてタホンを規則正しく並べて、それぞれのタホンにチーズとバターとガーリックとオイルを入 [続きを読む]
  • フィリピンの朝はロンガニーサ
  • 自家製ロンガニーサを作っている。ロンガニーサはフィリピンのソーセージで元を辿るとスペイン料理だ。スペイン語ではLONGANIZA。色々種類が有るが当方ではSWEETとVIGANの2種類。一般的に朝食なので食べられるのがログシログと呼ばれ概ねSWEETと呼ばれるロンガニーサを甘く仕上げたもの。ログシログはプレーンライスかガーリックライスに2、3個と半熟の目玉焼きが付くのが定番。もうひとつはVIGAN。これはガーリックを効かした [続きを読む]
  • フィリピンで活躍!”Schweppes Soda Wate”
  • 私は炭酸が好きだ。酒にはもっぱら炭酸割となる。日本での通常は焼酎なら「いいちこ」ウィスキーなら「サントリー角瓶」。日本酒も時々チビチビやりたいし、ビールもグバーッとやりたい。お肉の時はワインをたしなみたいが、実は今年私は糖尿病のキャリアーになってしまったのだ。食事は当然だが酒による糖質摂取による血糖値が気になる。糖尿病と言い渡された時から医師の指導の下、集中的に食事と運動による減量が功を奏して数値 [続きを読む]
  • フィリピンのサッカーは、、、伸び白は、、有る。
  • フィリピンでサッカービジネスをマッチングさせるミッションが前に有った。私は少年時代にサッカーに打ち込んだが今はプレーは無縁だがスポーツビジネスは関りが少しある。私の知識でもフィリピンではバスケットボールとボクシングだ。他は無い。(女子はバレーボール)早速フィリピゲームの予定が分かる。ある日の週末 Rizal Memorial Stadium に向かう。ハリソンプラザの裏だ。行って見るとスタジアムの廻りからは人通りも無く [続きを読む]
  • 古株スタッフの退職希望
  • 数日前ある問題が起こった。フィリピンの古株のスタッフが退職したいと言ってきた。かれはキッチンをしっかりやってくれている大事な人材だ。名前はRJ。当方の待遇が問題なのか?何の事情なのか?マネージャーからの報告だと兎に角辞めたいと。落ち着いてじっくりと事情を聞き出す。彼のは母子家庭でその母親が蒸発したというのだ。小さい弟達の面倒を見なければならないので暫く休んで家で面倒を見ると。我々は彼に弟たちの面倒を [続きを読む]
  • 日本茶の海外進出は多難?
  • 緑茶が人気だ。うちの店に来るお客さんの中には自身が日本滞在経験が有ったり、ファミリーが日本に行って働いた経験が有る方々も多い。それで日本で食べた味を求めて来店される事も有る。人気はトンカツや生姜焼き、焼肉といったメニュー。そして創業間もなく数人のお客さんから日本茶は無いのかと質問された。しかもHOTなのだ。熱い緑茶をメニューに入れるなんて全く想定がだった。早速日本で急須と湯飲みのセットと煎茶を購入し [続きを読む]
  • フランチャイズでレストラン IN PINAS
  • じっくり頑張ってきましたが、やっとMIX SIZZLERSにフランチャイズのオーダーが来た。ウチの店を気に入ってくれたバコールのオーナーさんが是非丸ごとフランチャイズしたいとアプローチ頂いた。ま、全く縁の無い方では無くて、マネージャーの人脈からだ。もともとフランチャイズも視野にして、あえて日本食レストランじゃなく日本食とフィリピンフードのMIXフードの道を選んだ。フランチャイザーの彼はバコールに数件不動産物件を [続きを読む]
  • 中国製のMRT電車の買い間違い
  • フィリピンの上院は中国の鉄道車両メーカーからMRT用にの購入契約を担当した運輸当局者を提訴すべきだと怒っている。この時の契約で納入されたものは実際には使えないもので、上院はMRT首都圏3号線で使用する48両の車両を中国から購入した当時の運輸当局者を提訴すべきだと。5億ペソ以上の税金がこの3年のMRTプロジェクトに既に無駄になっていて、フィリピンに納入された48両の車両の内信号機システムが組み込まれていたの [続きを読む]
  • 新ジープニー導入は怪しい
  • なかなかグラブタクシーの返事が無い。ウチの車をグラブに登録し少しでも稼ごうと言う訳だが、登録をして未だ結論が出ていない。早くしてほしいものだ。ドライバーも直接電話したらしいが、まだとのこと。遅いのだ何事も。ところでジープは新車両移行に反対するデモが起きて大変だ。ドテルテ大統領は1月1日までに新しいジープニー車輛に変わっていなければ追放だと息巻いている。ずっと前から車輛近代化政策と称して決まっていた [続きを読む]
  • プエルトガレラのヨットクルーズ
  • 翌朝早起きし朝の珈琲と朝食を済ますとアニヌアンビーチからトライスキルでムエレ港に向かった。ムエレ港ではイギリス人の友人達が出迎えてくれた。バタンガスからのバンガーボートが付く小さな埠頭の脇に渡し船が存在する。この波静かなムエレ湾はヨットハーバーがあり30艇程度の大小のヨットが停泊している。陸上に上げたり埠頭に接岸しているわけではなく湾に湾底に沈めた錨でつながったブイの様なものに繋がっているのだ。なの [続きを読む]
  • プエルトガレラはダイバーとヨーロッパ人の人気スポット
  • サバンビーチに向かう頃はすっかり夜になり、お腹もほどよくすいてきた。ここには泳げる砂浜は無くメインはダイビング。ビーチを楽しむならホワイトビーチになる。港沿いにホテルやレストラン、バーやお土産屋がびっしり立ち並んでいる。そして我々のその夜のお目当ては「ヘミングウェイ ビストロット Hemingway's Bistrot」で私は初めてだが彼らは常連では無いが良く顔を出すらしい。ここのオーナーはドイツ人で肉料理とドイツビ [続きを読む]
  • プエルトガレラの素晴らしいホテルとレストラン
  • フィリピンで初のプエルトガレラ旅はは奮発して「サンセット アット アニヌアン ビーチ リゾート」に宿泊することにした。ホテルまで彼らが一緒にトライスキルで向かってくれる。ムエレ港からからトライスキル3人乗りで20分ほどするとホテルに到着した。トライスキルで向かうにはかなり遠く、同行のイギリス人の友人は身体が大きく、二人で座席に座るとかなりきつかった(笑)。到着したこのホテルは騒然とするホワイトビーチの西 [続きを読む]
  • バタンガス港からバンガーボートでプエルトガレラへ
  • バタンガス港からプエルトガレラまで船で向かう。船は細長いバンガーボートで左右にアウトリガーと言う転覆防止用の木製の腕を持ち、島々の多いフィリピンではスタンダードなボートの形で安定と高速が売りだ。ボートは概ね船首側からの乗船となる。バタンガス港は内海なので天候が少々悪くても波は高くないが、それでも風等強い日は船が上下して荷物が多いと乗船に難儀する。バスとボートの乗り継ぎはコロコロ付のスーツケースは運 [続きを読む]
  • プエルトガレラに向かうのだ
  • 私はプエルトガレラが好きだ友人のフィリピン人とイギリス人の住むプエルトガレラに初めて行ったのは3年前だ。彼らは数年前の大晦日にプエルトガレラに旅行して年越しの大騒ぎをしたらしいのだが、プエルトガレラで知り合ったニュージーランド人にヨットも乗れるしここ最高やでと口説かれて、大晦日の夜にサインしてなんとコンドを買ってしまったらしいのだ。それで是非遊びに来いとお誘いがあったわけだ。エルミタのシティステイ [続きを読む]
  • 豚の耳を炭火で焙ったシシグ
  • シシグSISIGが好きだ。もちろん健康に良い訳ない事は知っている。脂がやばい。でも好きだ。SHOWTIMEの様にジュージューいってテーブルに運ばれて卵を割り入れかき混ぜる。MIX SIZZLERSのシシグは自慢じゃないが美味しいと思う。豚肉を使うのだがウチのは豚耳だ。豚耳を使うと質の良い脂が味わい深くなり、固すぎずほど良い感触が有りボリュームもある。コリコリの食感がたまらない。我々は下ごしらえにひと手間掛ける。炭火で焙る [続きを読む]
  • 成田空港自動化ゲートの登録しました
  • 私の渡比は主にJAL利用の為、利用空港は成田となる。搭乗時JALチェックインを済ますと、出国審査前セキュリティーチェックの後出国審査に向かうことになる。ここで問題、出国審査の複数あるカウンターの出国者の列の進む早さの予想が重要だ。スーパーのレジ同様並んだ人の情報を瞬時にインプットしてどの列にするか予想して決定する。さして根拠は薄いが若い人、グループ、お年寄り、子供連れ、中国韓国系、欧米系、アラブ系などを [続きを読む]
  • サフランをフィリピンで購入すると30ペソ
  • 当店にもトンカツを開業時よりメニューに入れている。先日マニラでトンカツを注文したら酷いトンカツに当たった気の毒な人の話を聞き、一瞬ウチは大丈夫かと気になり、あわてて現地スタッフに確認した。トンカツは人気が出てきている。肉はフィリピンで勿論購入しているのだが、やはり固く繊維質が良くなく、低価格で仕入れるい。しかし部位によって限りなく日本の物に近づける事は出来ている。それとウチのトンカツソースは日本の [続きを読む]
  • ターポリン看板は1500?角で650ペソ
  • イムス当店MIX SIZZLERSがイベント等に使う店名入りのバナーはビニール系ターポリンにインクジェットで印刷して作ってものだ。よくよく見てみるとフィリピン中の店店の看板なんかが、ほとんどターポリン+インクジェットのディスプレイだらけだ。方や日本ではどうだろう。もちろん有るのだが店先なのではあまり見かけない。これには料金も影響していると思い、ネットで日本の業者を調べると1200?角サイズで7,560円。フィリピンだ [続きを読む]