mixlog さん プロフィール

  •  
mixlogさん: 未経験者がフィリピンでレストランをオープン
ハンドル名mixlog さん
ブログタイトル未経験者がフィリピンでレストランをオープン
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/mixlog
サイト紹介文日本でも飲食業無縁の普通のヒトが、フィリピンでレストランを始めた
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供153回 / 244日(平均4.4回/週) - 参加 2017/09/03 23:24

mixlog さんのブログ記事

  • マニラの都市型リゾート開発
  • マニラのあるホテルが売りに出ている。調べたところ8階建てで全63室。面積は760平米。価格は約9億円。購入にご興味の有る方と懇談させて頂いた。日本からのフィリピンへの投資は注目されている。投資に興味のある特に地方の方の意見としては全国主要都市からマニラへの直行便があり時間も3時間〜4時間。物件管理等を考えるとロケーションも重要。日本へ仕事に来られる方々の為に福岡・大阪・名古屋・東京から便を飛ばすフィリピン [続きを読む]
  • タンラッド=レモングラス
  • レモングラスはタガログで”タンラッド”。日本ではスタンダードでは無いがタイやフィリピンでは多くの料理に用いられる。柑橘類の風味と香りが肉料理にピッタリで豚や鳥などグリルやオーブン料理に使用される。長時間の料理ほどほのかな独特の香りが肉にしみこみ味の深みを引き出す。レモングラスは、最初に茎として知られている草の緑色の部分を捨て、白と明るい緑の部分を料理に使用。また冷凍して保存しても長持ちするので料理 [続きを読む]
  • マニラのホテルの火災
  • 残念だが私の以前の定宿マニラパビリオンホテルが昨日火災を発生させた。3人の方が亡くなったそうだが1階から3階に有るカジノの従業員とのこと。良く泊まっていたので心痛い。ジムのマシーンはしょぼいしプールも決してキレイとは言えないが、スタッフの対応も心地よいし食事もコスパが良い。何よりジョギングやウオーキングをする都合リザールパークに至近のロケーションが私をファンにさせていた。自分はギャンブルをやらない [続きを読む]
  • フィリピンの警察学校
  • フィリピンの警察官になるには主に警察学校がある。警察学校なんて気にした事が無かったが日本の警察学校分類上は、公安職公務員警察養成の職業訓練校という扱いになっていて学校ではなく、あくまで警察組織内の教養施設であり、警察官・一般職員に対する研修事務と言う立ち位置。かたやフィリピンの警察は警察官養成の専門学校だ。プライベートとパブリックがあり当然学費はプライベートの方が高い。大体年間100万円でパブリック [続きを読む]
  • 拳銃所持のセキュリティーガードは高給だ
  • フィリピンではレストランでもセキュリティーガードが居るお店が多い。お店にホールドアッパーが入って来るのを防ぐ事がメインだが、お酒を出して深夜まで開店する店は必須だ。フィリピン人は酒で乱れる。日本人なんて大人しいもんだ。特に喧嘩が多い。そんな時セキュリティーガードが居ると心強い。ところでセキュリティーガードもレベルが有る。拳銃を持っているセキュリティーガードはサラリーがお高いのだ。拳銃の所持免許を持 [続きを読む]
  • フィリピンの住宅地のセキュリティー
  • カビテやラスピニャスの様なマニラ周辺の郊外にはハイツと言う住宅地が多いしまだまだ開発が続いている。ラスピニャスはもう開発が終わった感があるが、特にカビテはまだ土地も多く急速に開発されている地域だ。ハイツはおおむねその住宅地自体が広大な塀で囲われハイツ全体のセキュリティーもセットになっており、24時間警備員が巡回し警備に当たっている。日本ではせいぜい集合住宅ではマンションならオートロック程度だが、残念 [続きを読む]
  • フィリピンでもサーモン人気
  • 偶然かも知れないが日本もフィリピンも同時に流行るはやるものがある。例えばブロッコリーとサーモン。日本では最近の若い人たちは寿司屋に行くとトロなどより真っ先にサーモンを頼む人が多い。日本ではノルウェー産が多いと聞く。ひと昔前は内臓に虫がいるなんて言われて、生じゃ危ないネタの筆頭だったが冷凍技術の進歩で定着している。フィリピンもサーモンは人気だ。フィリピンでは生では食べないのでソテーなんどが多い。ブロ [続きを読む]
  • アドボンプーシットをつくろう
  • アドボンプーシットを作る。ご飯も合うし酒にも合う。まず油をフライパンに入れガーリックのみじん切りを入れる。そこそこ炒めたら玉ねぎのみじん切りを投入ししばらく火を通す。油にしっかりガーリックと玉ねぎの味が付いたところ小降りに刻んだ我らがメインのイカを入れる。大ぶりのイカより小ぶりのイカの方が触感もバラエティーがあると私は思う。しばらく炒めたらココナッツビネガーを入れる。そしてフィリピンTOYO醤油と胡椒 [続きを読む]
  • SISIGシシグをつくろう
  • SISIGシシグをつくろう。まず豚の耳を1?ご用意、そして30分ボイルする。ボイルが終わったらフライパンで火を通す。水分が飛びカリカリとした状態になったら、全て微塵切りにする。微塵切りし火を通した豚の耳に、生玉ねぎ微塵切り、生ニンニクの微塵切り、を加えて混ぜる。その中にカラマンシー汁と唐辛子の輪切りを少し投入。それからレバースプレッドとマヨネーズも入れ、塩コショウを適量振ってさらにすべてを混ぜ合わせる [続きを読む]
  • フード屋台カートのフランチャイズ
  • とあるフード屋台カートフランチャイズの話。売り上げがミニマムで1日1500ペソと想定30日45000ペソ。粗利が30%と設定される。少ないのは全ての食材や半調理材料等を本部から借り入れるからだ。粗利が13500ペソとなる。そして屋台カートの毎月のレンタル料金が3000ペソ、人件費が4500ペソ、電気代と雑費が1500ペソ。オーナーの利益が毎月9000ペソとなる。身内にやれせれば4500ペソも相当抑えられる。売上の多いパターンは利益17300 [続きを読む]
  • フィリピン飲食店の開店準備OK?
  • フィリピンで飲食店の開店を目指す方がいらっしゃったら是非実現して頂きたい。仲間が増えるのはうれしい。ところで今は既に3月。フィリピンの場合は出店タイミングが非常に重要だ。日本では「ニッパチ」と言われ2月と8月は売り上げが落ちる月と言われる。フィリピンでも8月はともかく2月は落ちる。当店もあまり振るわなかった。フィリピンで決して営業を逃してはいけないのは12月。とにかくクリスマスやボーナスも含めて1年 [続きを読む]
  • ルガウはフィリピンのおかゆ
  • ラスピニャスのムーンウォーク市場に日本人の方が営むルガウのお店が有った。ずいぶん行っていないのでまだ営業されているか分からないが以前は朝ごはんに良く行った。ルガウはおかゆで飲んだ翌朝にはピッタリ。マニラのホテルでも朝食におかゆが出るがこれは中国系ではコンジー。基本日本のおかゆと一緒で味は無い。色々トッピングを入れて味を付けていくのが普通だ。しかしフィリピンのおかゆのルガウは味がしっかり有るのだ。細 [続きを読む]
  • フィリピンは強制撤去シティーに
  • 日本では路上駐車数は激減している。ひと昔前はレッカー移動なんてものもあった。2006年に駐車監視員なるシステムが導入されて、それまでの警察官での巡回では取り締まりできなかった違反車を、監視員達の小まめな巡回で取り締まりをすることで違反車が減った。ここで重要なのは快適な公共環境を得るためにはコストが必要なのだ。フィリピン特にマニラでは現在”clearing operations なるものがMMDAによって行われている。要するに [続きを読む]
  • マニラは喫煙者の地獄になるか
  • タバコの手放せない友人は最近のマニラでの喫煙出来ないレストランやホテルルームの多さに嘆いている。当方は喫煙しないので問題は無いし、同行者喫煙してもそんなに神経質になる事はない。しかしホテル予約が当方のミスかホテル側のミスか不明だが喫煙ルームに通されて部屋の匂いに我慢が出来ない事が2度あった。ひとつはエルミタのマニラパビリオンホテル。もうひとつパサイのヘリテージホテル。どちらも満室に近く禁煙ルーム [続きを読む]
  • ドテルテの内政手腕には問題有り
  • どうもドテルテのやり方はおかしくなり、歯車が狂ってきている。当方お店の有るカビテにも大きな公設市場が有るが、バギオ市の公設市場パレンケでは大きなPAALALA(注意警告!)のターポリンが出て鮮魚販売の下処理禁止令なるものが出た。市場で下処理を頼むと鱗とて内臓を取って購入したお客に渡す日本でも普通のサービスだ。しかしその後の鱗の廃棄が悪く排水溝が詰まり下水施設に障害が発生するのが理由だそうだ。市からの下 [続きを読む]
  • 成田空港で働く人々
  • 昨夜成田のホテルで来日中のフィリピンミンダナオのビジネス相手と面会した。10年ほど前に商談しそれ以来の再会。彼は成田を拠点に関東全域を仕事で連日飛び回り1週間成田の後、神戸に飛ぶそうだ。食事や軽いお酒もあるかと思い自動車を使わず京成電車で向かったが、彼も疲れている様子なのでミーティング後直ちに私も帰途についた。京成成田駅9時頃だったのでホームの乗客もまばら。ゆっくり座り一寝入りなど考えていると、来た [続きを読む]
  • フィリピンの高級バーガーブーム
  • 以前とあるカビテ周辺のフードコートの視察にスタッフ皆で行った。最近マカティやボニファシオなどおしゃれな地区にはハンバーガーショップが多く出店されている。東京でもハンバーガーが2000円なんて店はざらになってる。我々が視察した店は郊外店なのでリーズナブルだが70〜180peso。カレンデリアの料金を基準にするとかなり高いのと、同様なバーガーショップの出店が多い。最近の若いPINOYはパン食なのだろうが、しかし競争過多 [続きを読む]
  • マカティの労働者を支える料理はフィリピンの経済を支える
  • フィリピンでよく見かける屋台やカウンターだけのお店はカレンデリア。お店では開店前に鍋で料理して、主に作り置きの料理を出す。鍋の料理が売切れたら閉店が通常。私はさすがに食さないが、満足な水道施設が無い店舗では、メラミン食器にビニールを張り汁ものなどそこにおかずを入れる。それにご飯をセットして出す。大体10pesoからの値段。ランチタイムはカレンデリアのお世話になる人が多い。写真の様にマカティでも屋台が有る [続きを読む]
  • フィリピンで緑茶セット
  • イムスMIX SIZZLERSでは緑茶セットが有る。健康志向と日本志向でオーダーするお客様も多い。やっぱり高級品では無いが、ちゃんと急須と湯呑を用意したのも良かったのかもしれない。カビテの皆さんには好意的に受け取って頂いている。昨年マニラのコンラッドホテルのモールに私の地元の「辻利茶舗」が出店しカフェを運営中。徐々に日本の緑茶の魅力がフィリピンにも浸透してきているのだろう。昨年福岡の八女に仕事でうかがって歴史 [続きを読む]
  • フィリピンでは携帯電話の管理にお気をつけください
  • 九州のガラの悪い街で育った自分が中学の時、街の路地で高校生の3人組に囲まれた。彼らは言った「貴様ん、今俺団の事見よったろうが!」俺「はっ?」「お前金もっとろうが?」俺「はぁ」「なんぼか貸せや」てな具合で、カツアゲに会ってしもうたのだ。はるか昔ながら結構忘れられない記憶だ。フィリピンのニュースでチンケな泥棒の映像を見た。トラシクルに乗ったグループが、なんと学生に因縁をつけて、携帯電話を獲ったのだ。映 [続きを読む]
  • フィリピンプロバレーボールリーグの日本人女子選手たち
  • フィリピンのテレビ中継で近年露出の多いのが女子バレーボール。フィリピンのプロリーグだがプロ契約の選手とアマチュア契約の選手がいて、昔の日本の実業団チームの様な構成。通称PSL(PHILLIPINE SUPERLIGA)。現在数人の日本人女子選手が活躍中だ。福田ゆり選手と吉岡みなみ選手他の方々。こんな記事も。http://vbm.link/14414/アタッカーはヨーロッパやアメリカからの移籍選手が多いが、リベロは日本人選手が重宝されている様 [続きを読む]
  • タホ売りの当たり屋
  • つまんない事ですが、twitterで見つけた映像。タホ売りの当たり屋、新手の仕業。Modus o lehitimong aksidente? pic.twitter.com/YyzZyaHY3s― ABS-CBN News (@ABSCBNNews) 2018年2月19日 倒れた時のタホが路上に広がるので、売り物にならないアピールはドライバーへのインパクトは大。ご覧の様に自動車側のタホのバケツは下に設置。転がり方もわざとらしい。フィリピンは景気は良いが、人口も増えて庶民の生活の競争は激しい。事 [続きを読む]
  • レートUP PESO>YEN
  • 今日は4900peso、by10000Yen。レート変わりましたなー。これもお金が有れば意味がありますが。ところで都内のガソリンはさっき入れに行きましたが、ウチの場合ハイオクなんで150円で満タンで10000円超え。どんだけ高い!しかしレートはワールドワイドでは同時に展開しているわけで、同時に損と徳も存在する。原油価格と為替レートは別物だがレートは世界と密着していることは実感できる。しかしこれはフィリピンでいくら稼いでもレ [続きを読む]
  • フィリピン料理にマントーマスソース
  • フィリピンでチキンを食べる時、ジョリビーなどのファーストフードから高級レストランまで通称マントーマスソース(mang tomas)がついて出てくるのだ。フィリピン国民の万能ソースであらゆる料理にも合う、日本で言えばウスターソースの様な存在だ。特に豚料理に向きローストポークソースとも言われる。マン・トーマスさんは実在の人物でレチョンをメインに初めてレストランを開業し成功し、後の歴代の大統領に献上までしていたの [続きを読む]