琉太 さん プロフィール

  •  
琉太さん: うみばこブログ
ハンドル名琉太 さん
ブログタイトルうみばこブログ
ブログURLhttp://www.umibako.info/s/
サイト紹介文海水魚、イソギンチャクや甲殻類飼育。 海のいきものミニタッチプール&小さな移動水族館やってます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 79日(平均9.2回/週) - 参加 2017/09/04 07:51

琉太 さんのブログ記事

  • 沖縄行き検討。
  • 昨日やってきたハタゴイソギンチャク昨日よりさらに大きく開いてますカクレクマノミも粒餌を追いかけ、食べました今回、ハタゴには結構強めの水流が流れ込む配置になっています全体的に太い流れが当たるようなイメージです昨日活着して今のところ動く気配がないのでとりあえずは気に入ってもらえたのかな。。実際、ダイビングやシュノーケルでハタゴイソギンチャクを観察すると波で左右に強めに揺れているような場所に多いような気 [続きを読む]
  • ハタゴイソギンチャク飼育開始
  • この水槽、しばらく新しいいきものを控えてましたが、本日、予定通りハタゴイソギンチャクがやってきました!午前中に荷物を引き取り、さっそく開封です!寒波の影響で水温が低下してないか心配でした過剰ではないか?というほどの新聞でしっかり梱包されていて問題無しすぐに中身確認です袋が2つ。まず、大きなほうを開封立派な国産ハンドコートハタゴが入ってました状態はとてもよく、水温も23℃程度。。このモコモコがいいです [続きを読む]
  • ウツボ飼育水槽完成
  • 2日ほど前の記事のウツボ水槽http://www.umibako.info/article/454929302.html本日立ち上げました昼過ぎに60センチガラス水槽を持ち帰り、さっそく準備開始ですまずは底面ろ過を組み立て水槽サイズにしては小さめの30センチ水槽サイズのプレートなんですがサンゴ砂は半分程度だけしかひかないのでこれでいい。。そして、ろ過の上に白い濁りが取れるまで洗ったサンゴ砂を敷き詰めますおお、久しぶりの底面ろ過!いい感じ次に海水を [続きを読む]
  • いろいろやります!
  • 今週末はかなり寒いようで、、西日本でも積雪?寒いのは苦手ですそんな寒い週末からはいろいろやることが盛りだくさん!なぜなら、本業の仕事が来週に休暇を頂くため、その間に水槽のこと、ウミバコプロジェクトのことをやろうかと企んでますもちろん、家族サービスの合間に ですけどねまずはなんといってもハタゴイソギンチャクが到着します!大きめサイズのはずですので迫力があるはずそして、、先日も記事にしたウツボ水槽の立 [続きを読む]
  • ウツボ飼育水槽立ち上げ準備
  • ウミバコプロジェクトのミニ移動水族館、「危険なさかな」のひとつとして見せるためのウツボを飼育していますストック水槽にヘリゴイシウツボプラケース大にミナミウツボこれらを60センチ底面ろ過水槽で飼育する予定。。できれば移動水族館実施の際はわざわざウツボを別容器に移すことなく水を極力抜いて水槽ごと持ち運びしたいと考えています。自ら水上に上がってくるくらいですから短時間なら水が少なくても多少は大丈夫なはず網 [続きを読む]
  • フグが、、、
  • 本日2回目の投稿魚の水槽。過去の記事を見ていただいている方はわかるかもしれませんが、寂しい雰囲気です、、、、、大きなケショウフグが残念なことになってしまいました餌のアジやイカを食べても太らず、最期まで食欲はありましたが痩せていき‥内臓なのかストレスなのか犬のように慣れていただけにショックですが、大型フグの飼育、習性についていろいろ知ることができたかな指を噛まれると大怪我になる大きな歯は標本にしてウ [続きを読む]
  • ハタゴイソギンチャクの活着
  • 今週末にハタゴイソギンチャクが到着するので今から楽しみですが、気温が下がるようなので心配ですハタゴ導入予定場所水流もいい具合に当たるところなので居座ってくれればよいのですが、、今回は底砂をかなり薄く変更したので水槽底に活着しやすいはずです今までの経験上、ライブロックに活着するよりも、底に活着したイソギンチャクのほうがその場所から動かないです。他の要因やたまたまかもしれませんが。。再投入したクロナマ [続きを読む]
  • ニョロニョロ系は人気者!?
  • 11月11日はチンアナゴの日だったようで、週末京都に行った際にこんなチラシを入手。チンアナゴ、かわいいですね意外と人気があるそうですそんなチンアナですが1年ほど前に飼育してました。でも、ある日、夜中に隙間から飛び出してしまい、朝、水槽横にニョロっと横たわる姿を見て、子どもが「ヘビが死んでるー!」って叫んだの覚えてます、、、ウツボやウナギ、マアナゴなどニョロニョロ系はウミバコプロジェクトのミニ移動水族館 [続きを読む]
  • 順調に立ち上げ中
  • ハタゴイソギンチャクを入れる予定の水槽、、ポンプ巻き込み対策をしたのでストック水槽に隔離していたクロナマコを戻しましたでも、やっぱり巻き込み、岩の下敷きなどサポニンを放出してしまう可能性はあるので心配入れては見たものの、やはり怖いのでまた隔離するかも。。今はクモガイがひたすら砂の茶コケを処理していますなにがあっても大丈夫なスターポリプも再び満開に!丈夫で水流にたなびく姿がきれいなのでサンゴを飼育し [続きを読む]
  • ハタゴ を迎える準備
  • 今日は水流ポンプのヴォーテック MP10に巻き込み防止のカバーを取り付けました9月のあの出来事はまだまだ忘れてません↓http://www.umibako.info/article/453486283.html今度迎える予定のハタゴ イソギンチャクも巻き込まれると大変ですから早々に対策しますということで、鉢底ネットを購入100円もしませんでしたポンプを取り外し作業開始!簡単に鉢底ネットを巻いて、結束バンドで締め、緩まないようにすることに。まずはハサミで [続きを読む]
  • ハタゴイソギンチャクがメインの水槽
  • 再リセット水槽のこと、ほぼ一からのスタートなのでどんないきもの中心のレイアウトにしようかと考えた結果、、、久しぶりにハタゴイソギンチャクとクマノミが主役の水槽にします以前にもクマノミ水槽はありました。ニモが上映される前でしたが、海水魚に興味がない人も覗いてくれて、それがきっかけで水族館に足を運ぶようになった方がいましたそんな魅了的な共生の不思議をもう一度!ということで、底砂を減らした時のよごれを吸 [続きを読む]
  • トウカムリ貝飼育中
  • 美味しいから飼育より食べた方がいい!と水族館スタッフから言われても、タッチプールで披露すべく飼育チャレンジ中のトウカムリ貝餌は生きたウニしか食べないとのことなので先日、ウニをあげてみました特に反応なし。。ま、いいか。なんとなく元気だしだってこれ!この黄色い物体。これ、貝から出てた足?の部分です足?口?よく分かりません、デカすぎてちよっと気持ち悪いかも、、こんな感じでデローンと貝殻からはみ出してます [続きを読む]
  • 小さないきもの発見
  • こちらの魚水槽、最近、なんとなくフグの色が悪くて嫌な予感がしてましたそして今日、、白い細かい点々が体に!目も濁ってます…今年の最初にも一度同じように白点が付きましたが自然治癒したので今回もしばらく様子見ですしっかり餌は食べるし、大きくて体力もあるから大丈夫だと。。そんなケショウフグを観察していると、岩の隙間に紫の小さな何かいきものを発見よーく見てみると紫のカイメンでした!しかも3つも。。この水槽、 [続きを読む]
  • どんな水槽にしようか、、
  • 底砂から再リセットした水槽濁りはすっかり無くなりました。ライブロック、少しのソフトコーラルは適当に置いてあるだけ魚はまだ隔離中最近見かけなくなっていたミニハタゴ、久しぶりに見かけましたガラスにくっついてます!!ポンプに吸い込まれないようにしなければ!さあ、この水槽、どんな風にしようかなー検討中、、、久しぶりにクマノミとイソギンチャクの共生とか?それがメインで傍らでハギや小魚の群れが泳ぎ回って、サン [続きを読む]
  • トマトを食べる魚〓?
  • エルどらんどの続き~何でしょうか?この丸い赤いもの実はこれ!そう、トマトなんですね!コロソマという魚が食べるそうで、魚にトマトを与える という貴重な体験ができましたぽいっと投げ入れると真っ先にピラルクが寄ってきて、、まさかトマトを食べるの?と思いましたが無視でした音で寄ってきたのでしょうかそして、コロソマがやってきて食べてくれました!モグモグとトマトを食べてますトマトをあげた後、先に進みますかなり小 [続きを読む]
  • 若狭たかはまエルドランド
  • 若狭高浜の「ふぐまつり」、、先日行ってきました!予想以上の来場者数にびっくりふぐ鍋、高浜の特産、料理、いろいろ店があったり、子どもたちにはいろんな重機に乗ったり、消防車に乗ったり、、日差しが暑くなってきたのでそうそうにその日は割引になっている「若狭たかはまエルどらんど」という植物園、淡水水族館に入りましたそれほど大きくない温室には本格的な熱帯雨林が広がっていて、大きな池に熱帯魚がたくさん放されてい [続きを読む]
  • 漂着物採集とふぐまつりに行ってきた
  • 昨日は福井県大飯郡高浜町で開催された「若狭高浜ふぐまつり」に行ってきました!ついでにまつり開催場所の「若狭たかはまエルどらんど」という熱帯雨林と淡水魚の水族館にも行きました割と朝早く出発、少し早く着いたのでふぐまつりの前に近くの砂浜を散策です城山公園というところへ行きました若狭高浜観光ガイドによると、名勝「明鏡胴」や広い芝生広場があり、公園内には遊歩道が整備されています。遊歩道を歩くと、さまざまな [続きを読む]
  • この機会に底砂から水槽再リセット
  • 三連休の初日、気持ち良い晴れだったので福井の海まで行って海岸で何かに使えそうなもの拾ってきましたそれはまたまとめて記事にしますそれより、、シアノバクテリアが酷かった水槽、数日前からようやく落ち着いてきました茶色いコケは普通のコケです砂に白さが戻ってきました!でも、こまめな換水のせいかチョウチョウウオに白点病発生!残念なことになってしまいました。。なので、この機会に一度底砂から見直すことに!長年の水 [続きを読む]
  • 巨大貝の飼育
  • これ、、かなり大きな貝、貝殻じゃなくて生きてますご厚意で譲っていただきました。タッチプールに最適?の巨大さですトウカムリ という貝で浅い海の砂底に生息している貝とのこと。。千年貝とも言われているらしい加工されて装飾品では売られてます多分、個人的に飼育している方はいないのではないでしょうか?飼育方法を検索してもぜんぜんヒットしませんでしたから、、なのでいつもお世話になっている水族館に問い合わせました [続きを読む]
  • サザエワリ?
  • 本日のネコザメさんドチザメさんサメ水槽はヒーター無しなので現在水温は、、これくらいです。一番冷え込む2月で水温約15℃前後ですが毎年サメたちは夏と変わりない食欲で元気ですねところで、このネコザメ、他の呼び名をご存じですか?「サザエワリ」臼歯状の歯でウニやサザエ、貝などの殻を砕いて中身を食べるところからそう呼ばれているようで。タッチプールでも実際の歯を見せながらそんなお話をします水からあげてますが一瞬 [続きを読む]
  • サケを育てて放流!
  • もうすぐ寒い冬がやってきますね寒いのは苦手なんでちょっと嫌。。寒くて海や川に出かけることが少なくなりますが冬だからこそ飼育にチャレンジしやすいいきものがいたり、まだ実現していませんが冬だからできる移動水族館やタッチプールイベントも検討したり。。ウミバコプロジェクトでは特に、海から遠いとか海のいきものは滅多に見ないといった地域の幼稚園、保育園の子どもたちに海のいきものに実際に触れて、見て、知ってもら [続きを読む]
  • フグの齧りクセ
  • 12年ぶりに黒潮が大蛇行してるようです。漁業や気候に影響があるとか。海のいきもの関係でいうと太平洋側で見られる死滅回遊魚にも変化があるのでしょうか。さて、この黒いパイプの後ろに見える白い棒これ、何か分かりますか?サーモスタットのセンサー部なんです普通は黒いゴム膜のような素材でカバーしてありますでも、全部かじり取られてしまいました!もちろん、このケショウフグに。外部フィルタの吸水口スポンジもかじり取っ [続きを読む]
  • ウツボ捕獲
  • 先日、ツノダシにかぶりついてしまったミナミウツボの件、近々ウツボ水槽を用意してから隔離しようと計画していましたがとりあえず急遽隔離することにしました昼間の捕獲は逃げ回って困難なので夜中に捕獲しました水槽から飛び出そうになり慌てましたが問題なく捕獲!ライブロック保管中の大きなプラケースへ入ってもらいました器用に岩と岩の間を縫うように泳ぎ回っていますウツボにとってはこういうレイアウトがいいかもしれませ [続きを読む]
  • いろいろあった1日
  • 先日、新しく迎え入れたオトメハゼ、砂をいい具合に掘り返してくれて、、シアノも消えてくれました!でも、、、本日の夕方に子どもから報告有り。「お父さん、おさかなが床で死んでる」・・・凹みます、わずか一日でこんな事になるなんて。。ここ最近は、水面近くしか泳がないオニボラ↓の飛び出し防止でガラスフタを設置していたのに隙間からきれいに飛び出たようです悲しい気持ちを引きずりつつ、シアノバクテリア対策で水の淀み [続きを読む]
  • 新しくいきもの追加しました
  • 今日は休みだったので久しぶりに大阪までいきもの調達に行きましたまずはこれ袋がふたつ水合わせ中まずはヒトデ!マンジュウヒトデの子どもですブログタイトル「ウミバコ」はマンジュウヒトデのの沖縄の呼び方です!シアノバクテリアに対していい方向に何か作用しないかな?と思って。。この形からまん丸まんじゅうの形に大きくなるなんて不思議ですそして、コケにまみれたサンゴ砂の撹拌に!オトメハゼ です!砂ごと口に含みエラ [続きを読む]