チャー さん プロフィール

  •  
チャーさん: 素敵にスキンケア生活
ハンドル名チャー さん
ブログタイトル素敵にスキンケア生活
ブログURLhttp://nurseskin.com/
サイト紹介文スキンケアや健康、ペットのことについて書いています
自由文看護師をしています。中高年になってやっとスキンケアに目覚めて、きづいたことを書いています。
ペットのことや、健康一般についても書いています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供223回 / 232日(平均6.7回/週) - 参加 2017/09/04 08:54

チャー さんのブログ記事

  • ストレスは老化の敵?
  • ストレスは免疫力を低下させる ストレスは免疫力の低下や心臓血管などに悪い影響を与え、細胞の中のDNAにも大きなダメージを与えます。 強いストレスが続くと病気にもなりやすく、老化に向かってまっしぐらという状況になってしまいます。 強い慢性的なストレスにさらされている人は、パーキンソン病や循環器疾患、がんの発症率が極めて高いというデータもあります。 また慢性的ストレスは、抑うつ、糖尿病、脳の機能障害な [… [続きを読む]
  • 若返りエクササイズって何するの?
  • 簡単にできる若返りエクササイズ 毎日続けることができる、老化防止の簡単エクササイズです。 自宅で、職場で、電車の中で、どこででも足腰を鍛えることができます。 ・つま先立ち 電車の中で、吊革につかまりながら背筋を伸ばし、かかとを浮かせます。 (この状態で10分間) 家の中なら、台所で立っているときに。室内でつま先立ちで歩くのもよいです。 ・空気椅子 壁や柱に背中をぴったりつけて足を開き、ひざが90度 […] [続きを読む]
  • フラダンスの先生はおしゃれ
  • 先生はおしゃれ フラダンスの先生は69歳とは思えないくらいに若々しいです。 第一外見が同世代の私たちとは違います。 ミニスカートも短パンも着用し、細い足をバンバン見せます。 そして服の色も赤とか原色を好んできているようです。 髪は茶色のポニーテールで、どうみても20~30代の格好をしています。 40代でも、ちょっとまねできないような外見です。 顔はアイシャドウもしっかりしていて、目の周りは青くなっ […] [続きを読む]
  • 乾燥性敏感肌のトラブル改善方法
  • 肌トラブル改善方法 どうして敏感肌になるの? 肌が乾燥すると、皮膚のバリア機能が低下して、肌内部の水分はさらに蒸発しやすい状態になります。 同時に外部からの刺激に対する肌の抵抗力も落ちて、様々な刺激が皮膚の内部に新収支、かゆみや炎症などのトラブルを起こしやすくなります。 室内で仕事をする人は、1日のほとんどをエアコンで乾燥したオフイスで過ごすため、1年じゅう乾燥性の敏感肌に悩むことも少なくありませ [… [続きを読む]
  • 噛んで脳を活性化する
  • 噛んで食べるだけで、寝たきりから回復 病気などで歩行が困難になっていた人が、入れ歯を入れ食事を噛んで食べるようにしただけで、一人で歩くことができるまでに回復した例は数多く報告されています。 例えば、寝たきりになったKさんに、入れ歯を入れ噛んで食べるトレーニングをしたところ、運動、記憶、思考、意欲までが改善し、元気に生活できるまでに改善したといいます。 ただ栄養を補給するのではなくて、噛んで食べると [ [続きを読む]
  • フラダンス教室の欠席者が多い
  • 欠席者が多かった 昨日のフラダンス教室は、生徒が4人しかいませんでした。 いつもは前列と後列の2列に並んで練習するのですが、昨日は一列だけです。 私の奇妙な動きが先生の目によく触れたようです。 人数が少ないので一人だけよく目立ったのだと思います。 いつもと違って、とてもたくさん注意され、覚えられないくらいです。 ・基本姿勢の両肘をまげて胸へ持ってくるときの肘が、後ろへ下がりすぎ。 ・手に添えて首を […] [続きを読む]
  • 更年期以降かかりやすくなる病気とは?
  • 更年期を過ぎてかかりやすい病気 生活習慣病になりやすくなる 更年期になると、それまで体をサポートしてくれたエストロゲンの分泌が減少します。 骨量が減って骨折しやすくなったり、善玉コレステロールが減ってコレステロール値が上昇しやすくなります。 さらに基礎代謝が落ちて太りやすくなったりします。 食生活の改善や運動を心がけて、健康を維持することが大切です。 糖尿病: 自覚症状がないままに進 […] [続きを読む]
  • マスクで花粉の予防効果を上げるには?
  • 効率よくマスクの予防効果を得るには 市販のマスクには、付け方次第でウイルスを防ぐ効果がちゃんとあります。 ウイルスのように、ごくごく小さなものは、何かにぶつかるとくっつく性質があります。(※分子間力という) マスクのフイルターは何層にも重なっていて、厚みがあるために、どこかにくっついて取れるというわけです。 ただマスクのつけ方が問題で、顔にぴったりと不意っとさせることが大切です。 予 […] [続きを読む]
  • 老化物質の正体とは何?
  • 老化物質の正体が分かった 「老化のカギを握る」といわれるメイラード反応とは、20世紀初めにフランスの科学者の研究で明らかにされた「おいしさの科学」のことです。 タンパク質と糖を加熱すると褐色の物質メラノイジンを生じ、これがおいしさを決めるといいます。 例えばパンや肉を焼くと、メイラード反応で香ばしさときつね色がプラスされ、おいしさが生み出されます。 食べ物ではおいしさを生み出すこの重要な物質に、老 [… [続きを読む]
  • フラダンス教室・つま先立ちで5分間の練習
  • つま先立ち練習 つま先立ちで毎日5分間の練習をするようにと、フラダンス教室の先生に言われました。 バランス感覚を養うためと下肢筋力をつけるためのようです。 その方法は、 ・何かにつかまり ・背筋を長く伸ばして ・首を伸ばすように ・お腹に力を入れてへっこめて ・つま先立ちになった時に内股にならないようにまっすぐに平行に立つこと なんだか、バレーの練習かしらと思ってしまいました。 でもこれで姿勢もよ […] [続きを読む]
  • ヨーグルト、料理に使うと無理なく食べられる?
  • ヨーグルト料理をおいしく無理なく食べる方法 ヨーグルトと同じ発酵食品は? 牛乳を発酵させて作るヨーグルトは牛乳より高蛋白質で低脂肪です。 ヨーグルトと同じ乳酸菌でできる発酵食品には、日本の伝統食ぬかづけがあります。 ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、腸の中で善玉菌のビフイズス菌を増やす働きがあります。 加熱しても効果はあるの? 実験により加熱したヨーグルトでも便通はよくなり、腸内の乳酸 […] [続きを読む]
  • 記憶力は、まだまだアップするって本当?
  • 記憶の仕組み 記憶は脳の買い場というところで形成されます。 海馬には多くの神経細胞があり、それぞれが信号を受信、送信する複数のアンテナを持っています。 情報は電気が流れるように神経細胞に送られ、脳の中でそれを保つために新しい回路が作られます。 この新しい回路が記憶です。 しかし、この回路は短期記憶で長持ちせず、覚えてもすぐ忘れてしまいます。 回路が長期記憶の倉庫に保管されて初めて長い間覚えておくこ […] [続きを読む]
  • 顎関節症かもしれない、口が少ししか開かなくなった!
  • 右の顎に違和感がある 朝から何となく右のあごに不快感があった。 しかし朝ごはんも食べれたし話だってできる。 特に問題はないので気のせいかもしれないと思っていた。 しかし、夕方になっても右のあごの違和感は治らない。 口を開けてみるが、いつもの半分くらいしか口を開けることができない。 無理に開けると痛いので、やはり開けられない。 変わったこととといえば、昨夜は顔を右下にしてうつぶせに寝ていたようだ。 […] [続きを読む]
  • ボケない脳の鍛え方とは?
  • ボケって何? ボケとは痴呆のことです。 60代以降に多くあらわれる老人性痴呆は、脳の前頭前野の活動の衰えが原因で起こります。 前頭前野は物事の認知、判断、決定をつかさどり、人間の知的な活動の司令塔の役割を果たしています。 記憶力は加齢で衰えるの? 単純記憶の年齢により衰えは少ない 一般的に高齢になると、物覚えが悪くなると考えられがちです。 老若男女400人による実験結果があります。 […] [続きを読む]
  • 物忘れ回避の記憶術とは?
  • 物忘れは回避できる? 物忘れが気になるこの頃ですが、昔の偉人たちはどのようにして物忘れをなくしたのでしょうか? 参考までに調べてみました。 アリストテレスの記憶術 現在では記憶は脳の働きであることが常識になっています。 しかし古代のギリシアの哲学者アリストテレスは心臓の働きだと考えたようです。 優れた記憶力を持っていたアリストテレスは、弟子たちに記憶術を説いたそうです。 その方法とは […] [続きを読む]
  • 梅干しパワーで胃がんを抑制する
  • 梅干しパワーとは 梅干しに期待される効果は結構多いです。 ・疲労回復効果 ・血液サラサラ効果 ・食中毒予防 ・食欲増進 ・整腸作用 ・胃がん予防 ・高血圧予防 梅干しに胃がん抑制効果 胃がんを発生させるピロリ菌の活動を抑える 梅干をよく食べている人と食べていない人の、胃の消化酵素量を比較した実験結果があります。 その結果、梅干を食べていない人の胃に消化酵素が多かったです。 胃に炎症な […] [続きを読む]
  • 足の肉球を鍛えて安定したフラダンス
  • 肉球を鍛える 肉球というと動物の足の裏を思い浮かべてしまいます。 しかし、人間にも足の裏に肉球があります。 その肉球を鍛えると、安定して立位になったり踊れるし、転倒もしないそうです。 足の指を動かし鍛えると外反母趾も治るそうです。 フラダンスの先生はつま先立ちや足の指を動かす練習をしていてひどい外反母趾を治したといわれます。 フラダンスのカオの時などに、片足をつま先立ち […] [続きを読む]
  • 先輩がフラダンスの本をくれた
  • 親切な教室の先輩たち 先輩といっても、私よりも年齢的には若いのだから、フラダンス教室の生徒さんは皆先輩なのだ。 その先輩の一人が「もう使わなくなったから」と言ってくれた本は、フラダンス初心者向けのステップの基本を書いた本だった。 先生に習って踊ってもほかの生徒さんについていけない。 先生は「初めから踊れたら先生はいらないから、恐縮しなくてもよい」と言ってくださるのだが、引け目に思って […] [続きを読む]
  • 自覚症状がないのにピロリ菌がいた!
  • ピロリ菌がいた! 次男の胃にピロリ菌が棲んでいた。 長男の胃にもピロリ菌が棲んでいた。 それで、母親である私にピロリ菌が棲んでいる可能性が高いことがわかった。 次男のピロリ菌は除菌2回目で退治することができた。 長男のピロリ菌は現在除菌中で薬を飲んでいる最中だ。 それで、母親である私はすぐにピロリ菌検査をすることに決め、クリニックに電話で検査予約をした。 最も早く検査が […] [続きを読む]
  • フラダンスの先生に注意されることが理解できない
  • ダンスの振付の練習 曲を聴きながら、曲に合わせてダンスの練習をほとんど毎日している。 ダンスの振付の順番も大体覚えた。 あとは細かな手の動きや足の運び、腰の振り加減などを、先生に注意してもらいながら直していけばよいのかと思う。 フラダンス教室に通い始めてから3か月たったが、3か月たつと、振付の順番も覚えられるようになるのかもしれない。 私は初心者だからわからないけれども、先輩たちには […] [続きを読む]
  • 91歳の母と40歳の息子が四十肩になった!
  • 91歳の母の四十肩 91歳の母が最近右肩が痛くて、上に腕が上がらないという。 毎朝、私に湿布の貼付を依頼する。 湿布を貼って、毎日無理をしないようにして生活している。 具体的には、テレビとストーブの前に、お気に入りの椅子を置いて腰かけ、テレビを見たり聞いたりしながら、厚めのチラシなどの紙をはさみで切っている。 大きな紙をそのまま捨てるとごみが増えるといい、また、はさみを […] [続きを読む]
  • 免疫力をアップする涙の効果について
  • 涙で副交感神経をアップ 朝何気なくテレビを見ていたら、涙の効果についての話をしていました。 涙の出る映画などを見た後と前とでは、交感神経と副交感神経のどちらが優位になるかという実験をしていました。 その実験結果、涙を流した後には、急激に副交感神経が上がることがわかりました。 副交感神経が優位になるということは、精神的にリラックスできるということです。 精神的にリラックス […] [続きを読む]