ないない さん プロフィール

  •  
ないないさん: ないないの離婚日記
ハンドル名ないない さん
ブログタイトルないないの離婚日記
ブログURLhttp://nainai7171.blog.fc2.com/
サイト紹介文前夫の不倫発覚から探偵を雇い、真実を知りました。再構築も考えました。離婚成立までのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 169日(平均3.0回/週) - 参加 2017/09/04 13:34

ないない さんのブログ記事

  • 084 準備 6
  • 準備 6色々な妄想も錯綜していた。接近禁止命令を出してほしいとか、養育費を途中で減額されない方法とか、ローン名義がダメなら一括で払ってほしいとか。再犯しない念書とか、不貞行為の謝り文とか。。。とにかく、あれもこれもとメモった。その頃は、二度と会いたくないとそう思っていた。(今はそんなことすら忘れてる。会わなくてすんでるし。)慰謝料だって考えていた。慰謝料と言っても、結局学費に回るのだが。養育費がい [続きを読む]
  • 083 準備 5
  • 準備 5公正役場はこんな感じか。いろいろ調べてみると、公正役場に一緒に行かないで済む方法があった。委任状だ。その委任状も書式にしておいて、あとは前夫のサインだけ書けばいいように書類を作った。印鑑証明なども私が取れるように、委任状や申請書をそろえておいた。誓約書の書き方や、訂正の仕方などもマスターした。書類関係、やることはそろった。だが、肝心なところが定まらなかった。話し合いの仕方だ。事実を突きつけ [続きを読む]
  • 082 準備 4
  • 準備 4話がもしまとまったとしても、一番厄介だと思ったのが、公正証書だった。前夫の性格上嫌がりそうだと思った。でも、考えたら、この2年約束守ってもらったことあったっけ?ありまへーーーーーーーーんっ。だからこそ、乗り切らなければ!そこで、公正役場に行ってきた。近くの役場だった。まず、電話して、予約した。とにかく前夫には、サインだけしてくれればいいと思ってた。書類なんかで何度もてこずらせたくなかった。 [続きを読む]
  • 081 準備 3
  • 準備 3自分や相手がわかってきたら、おのずと考えることが決まってくる。まず、子どものこと。前夫は子どもと一緒に住むつもりはないとわかっていた。万が一、調停や裁判になっても母が親権を持つことが多かったので、あまり考えなかった。前回も書いたが、私の場合は、お金。であった。前夫は、仕事が大事だったろう。私たちの意見は、イコールなんじゃね?と思っていた。つまり、あなた働く、わたし育てるみたいな。(けれど、意 [続きを読む]
  • 080 準備 2
  • 準備 2まず、自分を知ること。いったい自分は何がしたいのか、何をしてほしいのか。自分を知るには、いい人ぶらないこと。このいい人ぶるってのは、凶器にも毒にもなる。自分はそんなにひどい人間じゃないって思えば思うほど、本質から遠ざかっていく。私の場合は、お金だった。お金に執着する人間だ。なので、お金にまつわる資料を作った。笑が、大きくなるまでの学費がいくらかかるか、私に何かあっても困らないように保険は何 [続きを読む]
  • 079 準備 1
  • 準備 1離婚するまでの準備にも時間がいる。(と思ってた)笑にこれ以上心配させまいと、仕事で休日に出たとき、ついでにファミレスで、資料や考え事で時間を費やした。いつも頭の中では、ぐるぐる考え事をしていた。この間、笑に、私の異常だったことを嫌いだったと言われた。バレバレでした。そうだよね。すまん。。。そのくらい、没頭していた。まだ、協議、つまり話し合いでいくつもりであった。何故なら、調停は養育費の基準が [続きを読む]
  • 078 鍵
  • 鍵前夫はかたくなに、自分の住んでいるカギを渡さなかった。なのに、なぜ自宅のカギを持たせる義務がある?ないない。そう、別居期間の問題があったからだ。もし、鍵を返してもらえば、そこから別居期間になる。そうも言ってられなくなった。別居から5年とか、7年とか、が経つと離婚確定するっていう判例も、どうでもよくなった。それより、一歩も家に入ってほしくなかった。私のいない間に、勝手に入られたくなかった。なので、 [続きを読む]
  • 077 仕事
  • 仕事もちろん基盤となる仕事を決めたことは良かったと思います。ただ、正社員になりたいがため無理をしてしまいました。休日が減っても仕方ないとか、無給残業も当たり前と思っていました。やりがいもあって、いい勉強になると思っていました。でも、離婚協議に向けての段取りと仕事で、家の事は何もできませんでした。そもそも、悩みばかりで何も手につかなかったのに。性格上、何かに夢中になるとそちらばかりになるので、結局、 [続きを読む]
  • 076 再度、逃亡す。
  • 再度、逃亡す。もう、一緒にいるのはまっぴらごめんだ。次に帰ってきそうな大型連休に旅行の予定を決めた。今回は、まるまる会わないように計画した。私は娘を守りたい。会わすわけにはいかない。うまい嘘も見つからなかったので、そのまま伝えた。またもや、俺がいたら嫌そうだね。と嫌味を言ってきたが、スルーした。旅行当日、今度は自分の部屋の全体が写るようにカメラを仕掛けた。こうなったら証拠集めに没頭するしかない。も [続きを読む]
  • 075 決断
  • 決断やっと決断できました。すぐに就職をし段取りを考えることにしました。★おせーよ。けれど、身内に犯罪者がいることが許せませんでした。警察に相談もしました。二度とやってほしくない。子どももいるのに。実名で報道されてしまっては困る、それだけでした。★また私は前夫をつるし上げようとしていた。やっぱり、あなたがひどい!けど、犯罪者であってもなくても、そういう人。世界中にいろんな人いますけど、近くにいたらど [続きを読む]
  • 074 真実 3
  • 真実3私は宙を浮くような感じだったが、ほかにもないか確認しました。。。。。ありました。舞子です。舞子との親密な写真が出てきました。恋人でしか取れない写真の数々。そら、手も降るわ。やっぱりねーと思いながら、チェックしていきました。ホッと胸をなでおろしました。これで、証拠になると思いました。しかし、社内の近いところで、ばれないと思っているのかな?晴子の耳にも入るだろうに。そういえば、前夫は以前社内不倫 [続きを読む]
  • 073 真実 2
  • 真実2正直、私が動くところは100パーセント何かあった。外さない。その場でチェックしたかったのですが、見つかってもまずいと思い、前夫がいなくなってからファイルを開きました。前回見た見覚えのある写真、アプリなどがでてきました。ところどころ知らない写真や、修復しきれなかった半分だけ見えている写真などがありました。その中に、晴子の写真が数枚出てきました。これで証拠になる。。。。どちらかというと、安堵に近 [続きを読む]
  • 072 真実 1
  • 真実離婚を踏まえて深く考えていたし、最悪裁判になることも念頭にありました。だから証拠がたくさんいりました。言い訳大魔王に打ち勝つくらいの証拠が。もうお金もなかったので自力で探そうと思いました。携帯だ。携帯しかない。。。。本当に心臓に悪い。これだけは、慣れなかったです。吐き気よりも、チャンス。帰ってくる前夫を今まで以上に大歓迎して迎えました。深夜まで起きている前夫。だから、朝の4時に目覚ましをかけ私 [続きを読む]
  • 071 現金を渡さない。
  • 現金を渡さない。笑の進級に学費がいるので前夫に払ってもらうように言いました。すると、証拠を出せ、と言いました。しかたなく、学校からのプリントを見せました。それでやっとお金が振り込まれました。結婚して10年もたつとあちこち家電がやられました。前夫に頼むしかありませんでした。。壊れていたけど言いづらくてたまっていました。とりあえず、頼んでみました。すると、前夫が選んで買って送ると言いました。前夫は私に [続きを読む]
  • 070 改めまして、超、疑い魔です。
  • 改めまして、超、疑い魔です。ここまで、私の感が当たるとは。。。。。疑うこと=悪い事、ではなくなってきました。今まで、外したことはなかったのです。ただ一つだけ、探偵さんに、ついでに痴漢行為もしていないか確認してもらったけど、それは大丈夫だったことだけでした。とにかく、これはもっともっと出てくるのではないかと思いました。もう、真実が何か知りたくて知りたくて仕方がありませんでした。ほかに何ができるのか、 [続きを読む]
  • 069 テープ起こし
  • テープ起こしほんと、腱鞘炎になりますよ。。。。たまりにたまった、テープを文字にすることにしました。何故なら、裁判になった時に焦らず証拠を提示できるから。もう、テープおこしは人に頼んで働いた方がいいと思いますが、内容が内容だけに。。。時給にするといくらだろう。晴子と話した内容、前夫と話した内容。何時間もありました。晴子との会話は、不貞行為の有り無しの証拠。前夫との会話は、ひどいな、と思ったことがあっ [続きを読む]
  • 068 疑う
  • 疑う改めて疑うことを書いてみます。私は疑うという言葉が嫌いでした。でもほんとは疑い魔だったと思います。携帯を見れば、自分がショックになることがあるかもしれない。話し合いをして、真実を教えてくれたら、ショックを受けるかもしれない。だから、ショックを受けないよう、見ないのではなく、私は信じているから見ないのだと自分に言い訳けしていたのでしょう。前夫は結婚当初から平気で携帯見る人で、荷物まで荒らして、悪 [続きを読む]
  • 067 引き出し 4
  • 引き出し 4硬直していた私だったが、念のため早送りで先を聞いてみました。すると、また音が鳴りだしました。通常で聞き直すと、今度は、ッガガガガ・・・ガガガ・・・・。!!!ガガガガッ電動ドリルでこじ開けようとしておりました。そこまでするんだと思いました。これも開けられなかったようで、ようやくあきらめたようでした。レコーダーを仕掛けたことは、間違いじゃなかったと思いました。しかし何故探られているのかが訳 [続きを読む]
  • 066 引き出し 3
  • 引き出し 3あれから、ずい分と経ちました。レコーダーか。。。。結構時間かかるので面倒くさいんですよね。でも、何もなければ安心するかも?と、がんばって聞くことにしました。殆ど無声音なので早送りにしました。何時間も何時間もあります。少しずつ、私の心が良かった、と安堵を見せかけました。しかし、早送りの中から聞いたことのない雑音が混じり始めました。そこで、速度を通常に戻してもう一度聞きなおしました。レコー [続きを読む]
  • 065 引き出し 2
  • 引き出し 2もしかしたら思い過ごしでよかったと思えるかもしれない。そう願っていたように思います。もし、部屋荒らしをしていなかったら、前夫が帰ってくるたびに大事な書類を友達の家に持って行かなくて済む。と思いました。旅行中は、頭の片隅に前夫のことや、家に見られてはならないものがあるかと不安にもなりましたが、旅行へ行って良かったと思いました。笑も楽しそうにしていました。この幸せが嘘だったとしても、あの家 [続きを読む]
  • 064 引き出し 1
  • 引き出し体の限界を感じていた私でした。また長期休みには帰ってくる。。。。怒らさずに、前夫と会わない方法はないだろうかと模索しました。前夫はぎりぎりまで帰る日程を言わなかったのをいいことに、先に旅行の予約をしました。当然、嫌味を言われました。俺が嫌なのか?。。。。そうです、と言いたかったです。というより、なぜ俺が嫌じゃないと思えるのかの方が不思議でした。そして、自分の妄想を制止するため、安心のため、 [続きを読む]
  • 063 体の限界
  • 体の限界結構私の体は限界に近付いていた。もう家に帰ってほしくない。。。。私が仕事中に前夫が帰ってくるときなんて、気が気ではなかった。私が家から外に出ると、ホッとする半面、今、前夫が引き出しを開けて確認しているんだろうかとか、何かされていないかとか。。。。こんなことなら、帰ってこないで!って言いたかったです。でも、策略を立てていたのです。家に帰らなくなった時点で、別居とみなされ、何年間かたった後、強 [続きを読む]
  • 062 私の心
  • 私の心年が明けたからと言って何も変わらないのです。離婚してやると思った日もあれば、このままの方が楽かもと思ったり、もう決着しないといけないと強気になれば、もし離婚して後悔したらと弱気になったり。私は何で決断できないのだろうかと悩んだり、一種の自分探しをしたり。離婚を決めたことの責任を取りたくなかったのでしょう。後悔するより、人のせいにした方が楽に感じていたからです。ただ少しずつ、離婚の方向へ向かっ [続きを読む]
  • 061 おめでとうではない正月。
  • おめでとうではない正月。そんなこんなで、新たなる地獄の幕開け。前夫に、顔はにこにこしながら、早く赴任先へ帰って!心臓が持たない!と、思っていました。相変わらずーーーっとスマホを見ています。ん?どうも前夫は動画を見ているようです。私は家事をしながら、様子を伺います。前夫は早送りしたりしているようです。でも映画でもドラマでもなさそうです。どこかの監視カメラから撮った映像っぽいんです。いったい、何?会社 [続きを読む]
  • 060 大晦日
  • 大晦日そんなこんなで大晦日を迎えました。家にいるので、吐き気を我慢しながら。それでも、楽しいふりをしました。優しい奥さんのふりをしました。散歩のついでに誰かに連絡しているだろうと思いながら。そういえば、前夫は去年の大みそかも、ずっとスマホばかり見ていました。カウントダウウンが始まり、笑と顔を見合わせておめでとう!って言っているのにまだ前夫はスマホを見ています。私は、笑をないがしろにされた思いで、か [続きを読む]