ないない さん プロフィール

  •  
ないないさん: ないないの離婚日記
ハンドル名ないない さん
ブログタイトルないないの離婚日記
ブログURLhttp://nainai7171.blog.fc2.com/
サイト紹介文前夫の不倫発覚から探偵を雇い、真実を知りました。再構築も考えました。離婚成立までのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 80日(平均3.1回/週) - 参加 2017/09/04 13:34

ないない さんのブログ記事

  • 048 離婚宣言
  • 離婚宣言11月22日→良い夫婦の日ですね!話がある、と言われました。そして、「晴子とは別れた。」と言われました。理由を聞くと、晴子が許せないことをしたからといっていました。★この男はどこまでも人のせいだな。そして続けて「離婚しよう」静かに、喧嘩腰でもなく、落ち着いて、前夫は言いました。やっと方向が決まったかと思いましたが、まだどうして動けばよいものかわからず時間稼ぎをしたかったので「考えとく」と伝え [続きを読む]
  • 047 非通知 2
  • 非通知 2無言電話は晴子からのアピールだったんですね。非通知連絡で、帰省するんだな、と思った矢先に旦那から帰省するとのメール。そのうち、真夜中なんかにも非通知があるので、イライラしているのだな、とか、病んでるんだな、と私はほくそ笑んでいました。ところが、今回私の誕生日の1月10日に非通知着信履歴があってから、毎月同じ10日に着信履歴が残るようになった。あれ?もしかして、第二の愛人?なんてね。。。非 [続きを読む]
  • 046 非通知&無言電話
  • 非通知&無言電話相変わらず非通知がかかってきました。私は、家にいるからこんなに非通知がかかってくると思っていました。結婚してからは、非通知が多いなーと気づき始めたのですが、前夫を恨んでいる友人だと思っていました。その時のことは、わかりませんが。でも、今になって思うと、もしかすると女だった?と思います。晴子はハッキリ言いました。電話もかけていないし、電話番号も知りませんと。。。。ただ、ただですね、前 [続きを読む]
  • 045 疑心暗鬼
  • 疑心暗鬼もう、この頃の私は病んでいました。とことんまで疑う。前夫が言うことすべてを疑う。もう、自分ですら訳が分かりません。妄想も混じってきます。まさかそこまでと疑いすぎても、本当だったりするので、さらに恐ろしくなっていきます。自分の物差しじゃわからなくなりました。前夫が、私の行動を監視してるのではないか?盗撮されているのではないかとまで思うようになりました。こそこそ証拠集めにいそしんでいたから、ば [続きを読む]
  • 044 騙しと、便宜
  • 騙しと、便宜★そのときは、だまされた!って思ったね。義家族はだますんじゃなくって、便宜と本気で思っているのだろう。なんで、内子は怒ってるんだ?大人げない、と思ってるかもね。その時は自分を守る嘘は最低と思ってた。別にいいんじゃね?って今は思う。今までに書いた通り、私はいい人ぶってた。私の家族も、いまだにいい人ぶるけど。義家族もまたそう。だから、話がややこしくなる。本音と建前?義家族はいい人ぶっってい [続きを読む]
  • 043 偽善者
  • 偽善者前夫は義家族の前で約束した子どものための貯金してくれているのか、不安になりました。私は勝手に、前夫は怖いと思っていたのでなかなか切り出せませんでした。★もちろん、暴れましたしキレまくりますが、今なら怖くありません。でも思い切って、前夫に通帳を見せてもらえるように伝えました。すると、は?なんで?と前夫が言いました。。。。。あれ?。。。。何を言っているのか呑み込めませんでした。もう一度考えます。 [続きを読む]
  • 042 バラバラな自分。
  • バラバラな自分。あれだけ、強気の勢いで乗り込んで行ったのに、あとは逆展開でした。ワタシドウナッテルノ?頭も体も、ばらばらです。逃げると追いかける習性がある動物も、獲物が急に振り向いてこっちに向かってこられると、慌てて逃げ出すそうです。そんな感じでした。自分が何かもわかりませんでした。何をすればいいのかも。だから、一生懸命怒りを殺し、いい人ぶって見ました。★???なんでそうなった???今なら、乗り込 [続きを読む]
  • 041 話し合いの結果は?
  • 話し合いの結果は?不倫のお二人からの連絡は待てど暮らせど来ませんでした。で、二人で話し合った結果どうなったのか、どうしたいのか旦那に連絡しました。あいからずのらりくらりと話をかわされました。だが、晴子と別れるのか聞いたら、きっぱり、はっきり「別れない!」と。何がしたいのかわかりませんでした。この時、前夫はおかしいんだ、忙しくて疲れているんだと本気で思っていました。思考能力もなく判断できず、晴子にお [続きを読む]
  • 040 自分の家族にも言ってしまった
  • 自分の家族にも言ってしまった。もちろん、私の家族は、人一倍話を聞いてくれました。結婚してからも、うまくやってるのかな?どうかな、と思っていたそうです。今更ながら知った事ですが、前夫に話を振っても続かないし、すぐ親をバカにしていたそうです。出てくる出てくる、前夫への愚痴。もう、勘弁ならない。話をする!と兄が言い出しました。あ―――ちょっと待って、まだやらなければいけないことがあるから。。。おそらく、 [続きを読む]
  • 039 私は天使。
  • 私は天使。後日、何を思ったのか、そうだ!旦那を信じよう!信じなかったから信じてもらえないんだ!だからここにある子どものための貯金通帳も前夫に渡しておこう!―信じる―なんていい言葉、いい響き。信じている私って、天使のようでした。★くそが。この、信じた結果が、一番後悔となってしまった。信じた内容は、前夫も私と同じく大切な子どもへの思いが同じと思ったからです。★思い込みは、最大の敵。だろ?もし、ここで私 [続きを読む]
  • 038 義姉
  • 義姉前夫には姉がいました。良く出来た人でした。その義姉が私たちの騒動を聞きつけて、家に上がり込んできたのです。私は、あなたたちが離婚しようがどうなろうと勝手だけど、照和に頼まれてきたの。と言いました。彼女の立場はいつも上です。ここでも、私はいい妻を演じようとします。主にお金の話でした。根掘り葉掘り聞いてきました。義姉は一方的に話をし始めました。おそらく前夫もつじつまを合わせるためにあることない事を [続きを読む]
  • 037 義家族に相談 04
  • 義家族に相談 04★義家族に相談しようかどうか迷っている方も大勢いらっしゃるかと思います。どんなに良く出来た人でもよほどのことがない限り、子どもと他人を選ぶとすれば、子どもをとる。ましてや、少しでも溝があったなら、全部嫁が悪くなる。だから、いったい自分は何がしたいのかを考えた方がいい。言いたいだけなのか、わかってほしいだけなのか?結局、先々のことを考えているのなら相談しても意味のないことくらい気づく [続きを読む]
  • 036 義家族に相談 3
  •  義家族に相談 3とにかく生活費は死守せねばと思い、義両親交えていくらにするか話し合いをしました。いつの間にか3対1(私)になってずい分と減らされた金額が決まりました。私が物わかり良い嫁を演じてるのであっさりと。もちろん、将来のための教育費を旦那が貯め、通帳を見せてもらえることも前提。どれだけやりくりが大変かわかってくれたらいいと思っていた。私が貯めても、旦那が貯めても同じだからと合意。義家族は、そ [続きを読む]
  • 035 義家族に相談 2
  • 義家族に相談 2義家族はわかってくれるだろうと思っていったのです。わたしは義両親に、照和が暴れだして困っている。生活できないと訴えた。★この時も、ほら見てみ、あんたの息子はこんな奴やで!と言いたかっただけ。ところが、暴れた息子の話を聞いても義家族は微動だにしなかったのです。そして、顔色一つ変えず、淡々と義父の話が始まりました。義母がフォローで説明します。中身は、関係ない話と自分たちの思想です。義母 [続きを読む]
  • 034 義家族に相談 1
  • 義家族への相談新章 暗黒時代に突入です。ここにも、予想と違ったものがありました。前夫の態度でした。こんな状況でも、帰省する前夫でした。ただし、鬼の形相で。帰るコールもなく、いつも以上に乱暴にドアを開け、悪態がひどくなりました。★そらそうや。身から出た錆。おとなしくしろという意味ではない。いらんことはするなということ。するなら、賢く。最後の最後まで策を練ってから。何が一番の害かと言うと、相手のガード [続きを読む]
  • 033 乗り込み 6
  • 乗り込み 6前夫と、晴子と話し合って今後どうするか連絡をくれるように頼んで、話を終えました。店を出ると、晴子は待っていました。二人は軽く私に会釈し、同じ方向を向いて、並んで歩いて行きました。その時初めて、うしろから前夫の背中をドロップキックしたい衝動にかられました。★なに並んで歩いてんだよ!そもそも、なんでお伺い立てなあかんねん!私の対応が静かだったから晴子が余裕だったとかは関係ないです。TVに出て [続きを読む]
  • 032 乗り込み 5
  • 乗り込み5二人で話し合いますって。。。。なんだか私は蚊帳の外でした。−何故?−そう思えたらよかったのですが、その時は何せ、物わかりの良い妻を演じなければなりませんでしたから、快諾してしまったのです。話が終わったころに、前夫は息を切らせながら戻ってきました。前夫はまだいたの?と私に言い、晴子にもう帰っていいと告げました。旦那との話し合い。恐ろしいもので覚えていないです。覚えているのは、のらりくらりと [続きを読む]
  • 031乗り込み 4
  • 乗り込み4当初は、こんな痛い目にもう会いたくないと思わせる目的で、慰謝料をもらう予定でした。でも、こんなに強気に出られるなんて思ってもいなかったし、慰謝料のことを言うのが恥ずかしくなったのと、前夫に馬鹿にされたくなかったので言えなくなっていました。★いや、いい人ぶっただけや。★慰謝料もらう予定って。。。相手がすんなり受け入れるわけないし。妄想がひどい。このまま帰れないと思ってはじめて、何しに来たっ [続きを読む]
  • 030 乗り込み 3
  • 乗り込み3苛立ちながら前夫はこういった。得意先から連絡があったから、今から行かなければいけない。そういって、晴子を残し喫茶店を後にしました。。。。。。。。女二人は、は?と思いました。―逃げた―情けない。私は責任の所在を知るために、晴子にどういう経緯だったかを聞きました。会って間もなく、前夫が毎日毎日口説いてきたそうです。お花や、プレゼントも頑張ってしていたそうです。妻とはうまくいっていない。とも言 [続きを読む]
  • 029 乗り込み 2
  • 乗り込み2やっと出た電話の前夫はとても不機嫌でした。私は、強気に、すぐ近くに来ているから女性も含めて話がしたい。と言いました。前夫はとぼけようとしていたが、私の強い口調に気付いたようでした。逆切れをする前夫でしたが、観念して三人で話をすることになりました。近くの喫茶店で会うことになりました。もちろんレコーダーを持っていきました。少ししてから、前夫と晴子がやってきました。前夫はおろおろとしていて、晴 [続きを読む]
  • 028 乗り込み 1
  • 乗り込み1探偵さんからのメールで女性の顔の確認をしました。ビンゴです。。。facebookにいた晴子でした。私の中では、ざまーみろと言うワクワク感にも似た、そして鬼の首を取ったような気分に浸っていました。前夫の暴言も、私を馬鹿にしたのも、この事実を隠すための、器のちいさな男だから仕方ないと思いまいた。やっぱり私のせいじゃない!人のせいにして!私が悪くなかった事が証明されて安堵しました。やがて一睡もしないで [続きを読む]
  • 027 探偵&乗り込み
  • 探偵&乗り込み普通で考えれば、探偵頼むなんて、異常ですよね。そこまで。。。でも、経験者は言う、早い段階で探偵に依頼せよと。勘違いであってもなくても、はっきりわかるから。それと。証拠があれば構え方が違ってくるからです。一つ問題なのがお金でした。結構高いです。でも、不安な気持ちでいるままよりはいいし、なにより、恨みのストレスから散財がしたかったんです。★散財は残念な考えですな遠い知りあいの探偵さんに頼 [続きを読む]
  • 026 乗り込み計画
  • 乗り込み計画よし!乗り込むわよ。そうしなければ、強い妻にはなれないわ!まずは、計画を進めなければなりません。女性のイメージをあまりしないまま、自分の都合のよいシナリオを作っていきました。思い込みとは本当に恐ろしいものです。その当時の私は、うきうきわくわくぞくぞくでした。どんな人物だろか。びっくりするだろうな。と。そんなイメージしかできなかったのです。ふつううろたえるでしょう。あやまるでしょう。やば [続きを読む]
  • 025 その当時の女性のイメージ
  • その当時の女性のイメージイメージするのはとても大事だと思いました。いろんなパターンを想定し、計画をたてればもう少しましな結果になっていたかもしれません。なのに、私は、自分に都合のいいイメージばかりしていた。これは危険極まりないものだと後になって思いました。私が思った浮気相手の当時のイメージですが、Fasebookを見た感想は、私を見て!っていう人だなあと思いました。もしかすると、私が訪問するかもしれないと [続きを読む]
  • 024 Facebook
  • Facebookこれもまた宝庫であることには間違いないが、ただ一つ自分が訪問したことがばれないようにしなければならないです。何度も入らないこと。相手の女性も妻が訪問するのを分かって書いていることもありますので、要注意。そして、必ずプリントアウトしておくことです。いつ閉鎖するかわからないからです。ちなみに、家のパソコン、スマホは使わず、ネットカフェでチェックし印刷していました。前夫に履歴を見られないように、 [続きを読む]