イイモ さん プロフィール

  •  
イイモさん: スイスすごろく++スタートはドイツ++
ハンドル名イイモ さん
ブログタイトルスイスすごろく++スタートはドイツ++
ブログURLhttp://do-sui.hatenablog.com/
サイト紹介文計らずもドイツからスイスへ 両国の生活を比べつつサバイバル方法をメモしていきたいとおもいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供342回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2017/09/04 18:17

イイモ さんのブログ記事

  • ヘリコプターの音で憂鬱
  • スイスに来てからよくヘリコプターの音を聞いている気がします。優秀な救助ヘリ組織があるというのはドイツに居た頃、たまたま見たドキュメンタリで知りました。その救助ヘリが飛んでいるのかもしれないし、牛がヘリで運ばれてるのかもしれないし、山の上の方に家を建てる人用に資材を運んでいるのかもしれません。アクセスの不便な山岳地帯ではヘリを利用する事が必然となるのかもしれません。山の多い国だからヘリをよく使 [続きを読む]
  • なぜか意味を予測できなかったドイツ語
  • ドイツ語でなんて言うんだろう?と思ったり、人と会話した後にさっきの単語どういう意味だろう?と思うのに、特に調べもせず何年も分からなかったドイツ語表現があります。まず…ブリッジ。体を後に倒して両手と両足を地につけて、アーチ型の姿勢になる…あれです。あれ、日本語ではブリッジと言いますよね。素朴な疑問として、ブリッジってドイツ語でなんと言うんだろう?と時々思っていました。でも調べようと思うほどでもない。 [続きを読む]
  • ユーロしか持ち合わせてない
  • 他の銀行の事は知らないのですが、ポストフィナンスという郵便局?の口座から出金する時に、通貨をユーロかスイスフランか選べます。スイス鉄道の券売機でもユーロとスイスフランの切符代が表示されて、どちらの通貨でも支払いができます。ただおつりはスイスフランのみみたいですが…。大手スーパー、MigrosやCoopのセルフレジでもユーロ、スイスフラン併記でどちらでも支払えるようです。おつりはもちろんスイスフランのみ… [続きを読む]
  • 中学時代、塾で普通クラスだった事を思い出す
  • 社内トレーニングへの招待状(ほぼ強制)が届いたので、参加してきました。以前、以下の記事で少し触れた社内トレーニングです。do-sui.hatenablog.comなぜか、入社間もない私がプロジェクトマネージメント講習というのに参加させられ。意味はそのまんま、プロジェクトのマネージメントを学ぶ講習なので、要は何か企画を管理する人を育成する、みたいなものですね。自分の管理さえできない人間なのに、プロジェクトの管理もくそも [続きを読む]
  • ドイツの人の英語
  • ドイツの人が英語を話すときの傾向話を。ドイツ語でよく使う表現をそのまま英語にして、同じように話そうとする。例えば unfortunately(不幸にも、残念ながら)を文頭に持ってきて話す。ドイツ語で、「残念ながら」の意味であるleider/ライダーを多用するので、それをそのまんま英語にして話す感じです。実際、英語圏の人がunfortunatelyを多用してるイメージには私にはあまりなくて、どちらかと言うとsorry とかafraidとかba [続きを読む]
  • 結婚の話から世界平和へ
  • 婚活の話題に関する日本のネット情報を見る度に、ふむふむ、なぜ婚活が昨今ここまでとりだたされるのか…と知りたがり人間なので気になって読むことが多いです。同時に自分の結婚の事とも照らし合わせて考えてみたりもしています。婚活の理由はひとそれぞれあると思うのですが、その理由を読む度に自分がいかに世の中の基準からそれたことを考えてきたのか…と思い知らされています。正直、結婚や子供にはまったく興味がありません [続きを読む]
  • 視線
  • 何年か前の冬に、パジャマのままソファーに座ってダラダラしていました。夫がキッチンに行って何かしてたみたいなので、念力? テレパシー?とかでついでにコーヒーでも持ってきてくれないか、と思って試してみたのですが何も起きませんでした。キッチンから帰って来た夫に、念を送ってみたんだけど気づかなかった?と聞いたら、何を言ってるんだこの人は?という表情のまま否定されました。こういうの、テレパシーって言うんだ [続きを読む]
  • おばちゃんらしく
  • 仕事で疲弊して、ふらふらしながら電車に乗って帰っていた時の話です。私がいつも乗る電車の座席は、向かい合った二列席(四人で向かい合って座れる座席)が、真ん中に通路を挟んで左右にあります。その座席の端っこに一人で座っていたら、通路を挟んだ反対側に座る人から「ニーハオ!ニーハオー!」と聞こえてきて、視界の片隅に手を振る人も見えるので、ふらふらしながら「ん?私にやってるのか?」と思ってチラ見したら「ニーハ [続きを読む]
  • スイスドイツ語の愚痴…
  • 最近まったくスイスドイツ語が理解できません。たぶん一時的に興味を失ってるからだと思うのですが、スイスドイツ語会話を聞くと「カシャクシャクシャカシャ」という音にしか聞こえません。何か、はて?なんじゃこりゃ?という感じです。ミーティング中も一瞬気が抜けたらそのあとは「カシャクシャクシャカシャ」にしか聞こえません(ーー;)以前、スイスドイツ語の基本セットを私の独断と偏見で書いた記事があるのですが、 [続きを読む]
  • 文房具でタイムスリップ
  • スイスのスーパーマーケットに、カランダッシュ社の色鉛筆が売られているのをよく見かけます。日本に居た頃は、どこかヨーロッパの国のものとは知っていましたが、スイス製とは知らなかったので、こちらのスーパーで見かけた時にスイス製だと気づきました。日本の画材屋さんで見た時は高価なものだったので、さすがスイス製だけあって高価なものでもスーパーで買えるんだなぁ、と。そう思うと、特に色鉛筆は必要ないのに、日 [続きを読む]
  • 厄落とし的なものなのかも
  • 友達に会いに、以前住んでいたドイツの街までいきました。宿泊先は以前住んでいた家のすぐ近くのホテルをとりました。ここのブログに何度か書いてますが、以前住んでいた街がどうしても好きになれず、むしろ早く出て行きたいという思いが強く、いろいろと動いて結果的に引っ越したのが今の住まいのあるスイス、チューリッヒ州です。好きになれなかった街ではありますが、自分の住んでいた家の近辺の事は例外的に溺愛していま [続きを読む]
  • 500年前はこんな感じか
  • ヨーロッパの美術館へ行って、期間限定の企画展を早く見終わり気力があるときは常設展も見に行きます。常設展のいいところは、あまり人がいないところ。特に平日に行くとガラガラです。なのでゆーっくり、ぼーっと。近づいたり、はしっこだけ見たり。下から見たり。中央にあるベンチに座って遠くからぼーっと見たり。よくあるのは写実画の常設展示。西暦1500年代〜1600年代位の写実画を見ながら、4、500年前のヨーロッパの [続きを読む]
  • スイスでとても大事なこと
  • ドイツでも思ってたのですが、スイスでも大事だな、と思うのが挨拶。しかも礼儀正しくて少し控えめな感じ。ドイツでは、挨拶しないなんてどちらかというとありえなくて、挨拶して小話するのは「あなたは私の敵ではありませんよ。」と見せるツールとして非常に大事だったので、挨拶しておかないと何かめんどくさい事に巻き込まれた時にすぐに救出してもらえない、後回しにされちゃう!みたいな感じでした。ついでにプチ小話も。あな [続きを読む]
  • EUに入りたい国、入りたくない国
  • EU=ヨーロッパ連合の影響を避けてヨーロッパ生活を送るのは難しいかもしれません。以前の居住地、ドイツは加盟国でしたが、今住んでいるスイスは加盟国ではありません。それでもEUとスイス繋がりは結構あります。職場でドイツ人、オーストリア人、スイス人、と会議をしている時に、ドイツ人上司とオーストリア人上司が冗談で「次はスイスにもEUに加盟してもらって…」と言ったら、私の両隣に座っていたスイス人の同僚2人 [続きを読む]
  • カップル文化あるある? ちょいと切ない時
  • これまたカップル文化あるある?を書いていきたいと思います。友人の恋人や伴侶とも交流する、というカップル文化。例えば仲良しのAちゃんとその恋人C君がいて、Aちゃんとは数年来の友達関係。ときどきC君にも会って一緒に出掛けたり。この二人が別れることになったとき、Aちゃんとは今まで通り会えるけど、C君とはもう会えなくて少し残念に思う、というもの。このC君と気があったり、C君がいい人だったりすると、尚更切 [続きを読む]
  • 日本に帰りたいと思わないの?と聞かれます
  • 不思議とドイツではあまり聞かれなかったけど、スイスに来てからは時々聞かれるこの質問。たぶん、夫の転職に伴いスイスに来たので自由意志じゃない、と思われているのかもしれません。(本当は2人して前の街を飛び出したかったので、私の意志でもあります。)そして今後はスイスで暮らしていくの、ドイツなの?それとも日本なの?という意味が込められているっぽいです。日本の家族にも聞かれました。もう日本で暮らすこと [続きを読む]
  • 家路でほっとする
  • 週末にハイキングして船で川を下って、レストランでランチして。夕方頃に家路にて、最寄り駅近くにきた時にほっとしました。駅から家まで自転車で走りながら、この風景にほっとするようになったのかあ〜と感慨深くなりました。未だに、海外通販など利用するときに国名:スイスに変な感じがします。うーん。本当にスイスに住んでる実感が妙にない…。夫も未だに、ふとスイスに住んでるのか…と変な気分になるらしいです [続きを読む]
  • チームイベントに参加し改心
  • 何ヵ月か前に、会社全体のイベントがあって、1日全員が自然の中でイベントに参加する、みたいなのがありました。うちの部署がちょうど激忙しい時期だったのでうちの部署の人達はそのイベントに参加せず。まあ仕方ない、と思っていたところ別のチームイベントがある、との通達がありました。うちの部署と関係部署だけの1日イベントです。目的はチームの結束を固めよう、みたいな。でもスポ根みたいなのではなく、顔見知 [続きを読む]
  • カップル文化あるある?
  • カップル文化ゆえに気づいた事をひとつ。例えば友達Aちゃんに、美味しいレストランに食べにいこう、と誘われるとAちゃんの彼氏もついてくる、というカップル文化。うちでプチパーティーやるから、と友達Bちゃんを誘うと当たり前のようにBちゃんの旦那さんもやってくる、というカップル文化。で、こういう事は逆も然り、で私の夫の友人の彼女の誕生日パーティーに呼ばれて、参加者をほぼ知らずに「誰?」と思いつつ参加するのも、 [続きを読む]
  • 明るいうちに酔っぱらう
  • このあいだ書いた、ディアンドルがドイツから届いたのですが、あまり何も考えず着てみたら思いのほか心が躍りビックリしました。な、なんなの!?可愛いじゃないのさ!!と。こんなメルヘンチックな民族衣装でここまでテンションが上がるとは思いませんでした。こ、これは…!このまま放置はまずい。これを着て街に繰り出さねば!もうすぐオクトーバーフェストの時期じゃないか。スイスにもなんちゃってオクトーバーフェスト [続きを読む]
  • マイペースな食事
  • 知り合いのドイツ人でちょっと信じられない位、食べるのが遅い人がいます。何度か一緒に食事をした事がありますが、食べ終わるのを見たことがありません。誰でもある程度は一緒に食事している人のペースに合わせることは、あると思います。私はドイツでは割とゆっくりな方なので、人を待たせてしまって慌てて早めに食べる、などは時々ありました。前述のドイツ人の知人は食べはじめて40分位経っても三分の一位しか食べていませ [続きを読む]
  • スイスドイツ語/チューリッヒ方言 基本セット
  • 需要があまりないのかもしれないのですが、私のメモ帳兼、どなたかのお役に立てばいいなぁ、と思いつつスイスドイツ語/チューリッヒ方言の基本セットをここに書き綴りたいと思います。まだまだスイスドイツ語は理解できないことが多いので人にアドバイスできるような立場ではないのですが、とりあえずこの基本セットを知っている事で生活がだいぶ楽になったので、ご興味のある方は良ければご欄下さい。今のところ私が知ってるの [続きを読む]
  • 日常にひそむ芸術家達
  • スイスで暮らし始めて、もう山の景色はお腹いっぱいだわ、もう当分見なくても大丈夫、と思ってるのにやっぱり感動する山の景色を見ることがあります。そうなると感動も大きく、あぁ〜なんて美しいのかしら〜、とウットリ。そして、ふと思い出すオランダの芸術家(だまし絵で有名)、M.C.エッシャー。彼は海があるオランダが大好きだったのですが、息子さんの病気療養のためにスイスに引っ越して来たそうです。そして、山々の景 [続きを読む]
  • 甘酸っぱい民族衣装えらび
  • すっかり忘れていたのですが、ドイツで勤めていた会社から、お餞別にクーポンを貰っていました。オクトバーフェストなどで、女性が着ているディアンドルという民族衣装があるのですが、その民族衣装のネット販売クーポンをいただいておりました。一年以上前の事だからか、スッカリ忘れていました(ーー;)。クーポンには期限があるのでもう使えないかも!と思いつつ、慌ててサイトを見に行ってみたら、なんと一年以上経った今で [続きを読む]
  • はたらく環境
  • 埃をかぶっているのですが、私の職場の机の上にはラップトップが乗っています。家で仕事する場合用(ホームオフィス用)に持って帰れるようになっているのですが、未だ私はホームオフィスを出来ていません。数年前に働いていた会社は、基本ホームオフィスだったので出張以外は家で仕事をしていました。私みたいに家に居るのが好きな人間にはなかなか良いシステムだと思っていました。今は通勤で絶景を見れるのも楽しみにしてい [続きを読む]